タグ:女性差別 ( 30 ) タグの人気記事

c0166264_2017499.jpgジュリア・ギラードがオーストラリア首相を辞任した。オーストラリア初の女性の首相だった。

臨時議員総会で労働党の党首選が行われ、ギラード首相がケビン・ラッド(前首相)に敗れたのだ。9月の国会議員選挙に、彼女は立候補しないと政界引退を表明した。残念だ。

ギラード首相は、養子縁組強制の公式謝罪や障がい者保障法など画期的な政治をなしとげた。しかし労働党内では、政敵ケビン・ラッド前首相の非協力的姿勢に苦しんだ。さらに、野党党首トニー・アボットの女性差別や女嫌いにさらされつづけた。

彼女の「女性差別糾弾国会スピーチ」は、余りにも有名。国会で、野党党首トニー・アボットを指さし、「私は、この男に、女性差別や女性嫌いを聞かされたくない」と、彼の露骨な女性差別を次々にあげては、強く抗議し批判した。

トニー・アボットは、といえば、憤激を率直に表す彼女(一国の首相だ)の目の前で、うすら笑いをうかべて座っていた。この国会中継は世界中に流され、フェミニストは大喝さい、多くの男性たちを驚かせた。

首相辞任あいさつでの次の言葉は、女性リーダーのいばらの道を物語っている。

「スタッフのみなさん、あなたがたは国家につくしただけでなく、初の女性首相に仕えてくれました。それに感謝します」

「私の次の女性首相、その次に来る女性首相は、楽になるだろうと、思います」

http://www.guardian.co.uk/world/video/2013/jun/26/julia-gillard-ousted-prime-minister-video
◆「女性差別糾弾国会スピーチ」の録画
http://jezebel.com/5950163/best-thing-youll-see-all-day-australias-female-prime-minister-rips-misogynist-a-new-one-in-epic-speech-on-sexism
◆ギラード首相の身体をのせた女性蔑視メニュー
http://www.guardian.co.uk/world/video/2013/jun/12/julia-gillard-liberals-sexist-menu-video
◆オーストラリア首相の謝罪演説
http://frihet.exblog.jp/19707751/
◆オーストラリア首相、養子縁組強制を謝罪
http://frihet.exblog.jp/19706940/
◆豪、ギラード首相の続投
http://frihet.exblog.jp/14995859/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-06-27 20:24 | アジア・アフリカ

ドイツのケルンの大司教ヨアヒム・マイスナーが、とんでもない発言をした。今週号のStuttgarter Zeitungが掲載。

「ドイツ女性は、外に出て金を稼いだりキャリアを磨いたりせず、もっと子どもを産んでほしい」

「しっかりと家にとどまり、3人か4人の子どもを育てなさいと促されている女性はどこにいますか。ここは介入すべきです、この国の人口問題の解決を移民でしてはいけません。メルケル首相がしているようにではいけません」

「われわれは、死にゆく国民であり、それなのに妊娠中絶の完全な法律機構をもっている。これは社会の自殺ではないか」

出生率アップには、女性が子どもを育てながら無理なく仕事を続けられる職場環境/保育サポート体制がもっとも大切だ。高い出生率を誇る北欧諸国を見よ。

日本の男性政治家も、同様の発言をたびたびしてきた。たとえば西村真悟議員や、柳澤伯夫前厚労相。どこの国にも、女性を出産の道具に見る古色蒼然たる男性はいるものだ。ケルンの大司教はもうすぐ80歳。

http://www.stuttgarter-zeitung.de/inhalt.interview-mit-kardinal-meisner-grosse-reformen-wird-es-kaum-geben.b3071016-c448-411a-8481-d406fc4fed9d.html

◆ノルウェー家族政策の礎を築いたカリン・ストルテンベルグ
http://frihet.exblog.jp/19135840/
◆保育園と職場のある町が若いママをひきつける
http://frihet.exblog.jp/18060220/
◆ルポ「世界で最も住みやすい町」
-若い女性たちが住み続けたくなる町は極寒の地だった―
http://mitsui-mariko.jp/file/file01.pdf
[PR]
by bekokuma321 | 2013-05-24 22:24 | ヨーロッパ

c0166264_12352565.jpg3月27日、水曜日、パキスタンの女教師が銃殺された。シャーナズ・ナズリ、41歳。公立女子小学校の教員。

通勤途中の女教師に、バイクに乗ってやってきた男たちが銃を向け発射。学校まで200メートルだった。ペシャワールの北西部でアフガンとの国境。

この女教師殺人事件は、マララ事件を思い出させる。昨秋、当時14歳の少女マララ・ユサフザイは、中学校から帰宅するバスの中で、ガンを持った男たちによって銃撃されたが、奇跡の生還をとげた。タリバンを公然と批判するブログを発信していたことが、襲撃の的になったとされる。

タリバンは女子の教育を禁じている。しかし、それでも、「勉強したい」という女の子、「女生徒を教えたい」という女教師は多い。マララも、学校に通うことを悟られまいと、教科書を服の下に隠して通学していたという。命がけだ。

そうした少女・女性たちをタリバンは武力で脅迫し、女子校を焼き払い爆弾を落とし続ける。怒!


◆Pakistani Teacher Becomes a Martyr for Girls’ Education
http://www.thedailybeast.com/articles/2013/03/26/pakistani-teacher-becomes-a-martyr-for-girls-education.html
◆Diary of a Pakistani schoolgirl
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7834402.stm
◆Global Malala Day to call for girls' education
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-birmingham-21713210
◆パキスタン少女、襲撃される
http://frihet.exblog.jp/18546819/
◆パキスタン、少女への学校教育禁止令
http://frihet.exblog.jp/10498544/

【写真はBBCよりパキスタンの小学校】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-04-02 12:43 | アジア・アフリカ

パキスタンで、14歳のマララ・ユサフザイがタリバンに襲撃された。

マララは、数年前から、通学する学校がタリバンによって脅かされたことに抗議を続けていたという。タリバンは、「女に教育はいらない」と、学校をつぶしにかかっていた。

マララは重態だが、命に別条はないもよう。彼女を知る人は、「回復したら、マララは、また闘うでしょう」とBBCに語っている。

10代の少女が「男の子と同じように勉強したい」と叫ぶと、圧殺されてしまう国。それを知った私たちに、何ができるのか。一日中、考え込んでしまった。

◆Malala Yousafzai: Pakistan activist, 14, shot in Swat
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-19891396

■パキスタン、少女への学校教育禁止令
http://frihet.exblog.jp/10498544/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-10 10:07 | アジア・アフリカ

c0166264_9201679.jpgサウジアラビアで発行されているイケヤのカタログから女性が消された。

それに対し、スウェーデンが本部であるイケヤは、「女性を排除したのは、本社の基本方針に反します。すべての人間の権利が尊重されるべきであり、いかなる差別も受け入れられません」と即刻抗議をした。

ヨーロッパのメディアが10月1日、報道した。

上の小さな写真は、ノルウェーの主要紙アフテンポステン紙が掲載した2枚の画像。左イケヤの元の写真、右サウジアラビア版。2つを見ると、右には女性がいない。サウジアラビアが検閲したのだ。

サウジアラビアで出回っているイケヤカタログを探した。Webにイケアカタログがあった。問題のサウジアラビアで出回っているアラビア版イケヤカタログが見つかった。下だ。これだけを見ると、女性がいない政治の写真になれっこの日本人なら、「おかしい」と思わないかもしれないが…。
c0166264_9212579.jpg


サウジアラビアは、女性の参政権も最近になって認めた国だ。ロンドンオリンピックでは、サウジアラビアの伝統にのっとり女性の出場を認めなかったが、その差別によってサウジアラビアの参加自体が認められないという危機に陥り、初めて女性の出場を許可した。

とはいえ、サウジアラビアには、まだ数多くの女性差別が残っていると言われる。たとえば現在なお、女性は車を運転することを禁止されている。こうした厳しいサウジアラビアの社会で、「運転をしよう」と果敢に運動を続ける女性が少なからずいる。逮捕覚悟の行動に、心から敬意を覚える。

http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-19786862
http://www.aftenposten.no/nyheter/uriks/Kvinner-fjernet-fra-IKEA-katalog-i-Saudi-Arabia-7005925.html
http://onlinecatalogue.ikea.com/SA/ar/IKEA_Catalogue/


■サウジアラビア、女性にオリンピック出場を許可
http://frihet.exblog.jp/18145847/
■宗教と自由
http://frihet.exblog.jp/17471934/
■宗教新聞、クリントン長官写真を削除
http://frihet.exblog.jp/16307392/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-02 09:34 | 北欧

 (クリックすると読めるサイズになります)

★★★ 営業ウーマンの逆襲 ★★★ 

聞いてください ! リコー子会社のセクハラ&パワハラの 730日

日時:2012年4月 6日 (金) 18:30~21:00
場所:東京ウィメンズプラザ視聴覚室 

夏井香織さんは、リコー子会社の大勢の男性営業職のなかの、たった一人の女性
でした。上司や同僚から度重なるセクハラ・パワハラを受け続け、極度のストレ
スに。それでも仕事を頑張ってきた彼女を会社は首にしました。裁かれるべきは
セクハラ・パワハラを放置してきた会社であり、夏井さんではありません。これ
は日本のすべての働く女性の問題です。真相を知る会にぜひご参加ください。

●「女は身体で仕事をとってない!」夏井 香織(元リコープロダクションプリントソ
リユーションズ・ジャパン㈱ 社員)
●「意見書を提出して」浅倉 むつ子(早稲田大学大学院教授)
●「本裁判の経緯と展望」滝沢 香(弁護士)
●「女性差別裁判に勝つには」三井 マリ子(館長雇止め・バックラッシュ裁判元原告)
司会:伊藤 みどり (働く女性の全国センター代表)

東京ウィメンズプラザへのアクセス
東京都渋谷区神宮前 5-53-67 03-5467-1711
●交通のご案内●
JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩 12分
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩 7分
都バス (渋 88系統):渋谷駅からバス 4分青山学院前バス停下車徒歩 2分

リコープロダクション性差別裁判を支援する会(仮)
台東区東上野1-20-6 働く女性の全国センター気付(03-6803-0796)

More
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-21 11:11 | その他

ムカつくとしかいいようのないニュースを2本。

ひとつは、19歳のアフガン女性が、強姦した男との結婚を承諾することで、12年間の刑を恩赦されたというニュース。恩赦を下したのはカルザイ大統領。

監獄から出られたのは、うれしい…。恩赦に至ったのは、“道徳に対する罪”などというあきれた罪状で投獄されているアフガン女性たちの現実を告発してきた、内外の女性運動がある。

むかつくのは、そもそも被害者の女性が収監されたことだ。強姦した男性ではなく、強姦された女性の側が、婚姻外性交渉をしたという罪をきせられたのだ。彼女が控訴したら3年間の刑が12年間に延長された。女性は強姦によって妊娠し、監獄で出産した。以前、彼女は、強姦加害者と結婚したら刑を免れることができるという裁判所からの和解案を拒否していたが、今回、認めた。

2つ目は、サウジアラビアの保守的機構「Shura Council」(諮問評議会という和訳あり)は、「女性が車を運転する権利を与えられることは、ヴァージニティを失うことを意味する」というとんでもない報告書を提出した。今でも、サウジアラビアの女性たちは車を運転すると、逮捕される。

この背景には、女性にも車の運転をさせよ、という女性運動が内外で激しくなり、アブダラ国王は、女性の運転を緩和する方向に舵を切ったことがある。そうはさせないと、保守派がかみついた。

まだまだ国家による究極の女性差別はつづく。女性たちが真実をつかみ、運動を続けない限り…。

http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-16011926
http://www.huffingtonpost.com/2011/12/01/hamid-karzai-afghanistan_n_1123656.html?icid=maing-grid10%7Chtmlws-main-bb%7Cdl5%7Csec1_lnk3%7C117100e
http://www.nytimes.com/2011/12/02/world/asia/for-afghan-woman-justice-runs-into-the-static-wall-of-custom.html?_r=1
http://news.bbc.co.uk/2/hi/8771605.stm
http://frihet.exblog.jp/17079737/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-12-04 01:01 | アジア・アフリカ

イラン、女性運動家逮捕

オランドのラジオ・ザマネRadio Zamanehよると、先週、イランの女性運動家マ―リヤム・ビグデリMaryam Bigdeliは、当局に逮捕された。この2年間で2度目。

彼女は、女性差別の法律改正を求めて運動していた。罪状は「イスラム共和国に反対するプロパガンダ」。

マ―リヤム・ビグデリは、「百万人署名運動」の担い手であり、名誉殺人によって殺される若い女性を守る運動家。「百万人署名運動」は、女性差別の法を改正し男女平等の法律を求める運動。

http://www.feminist.org/news/newsbyte/uswirestory.asp?id=13138
http://www.changeforequality-ca.org/english.php
[PR]
by bekokuma321 | 2011-07-30 07:45 | 中東

運転する女たちWomen2Drive

c0166264_1859149.jpg
今日、6 月17 日は、サウジアラビアの女性たちが運転席に座る日だ。

ツィッターやフェイスブックで広まった「運転する女性たち」は、「助手席や後部座席ではなく運転席に座ろう」と呼びかける。

しかし、キャンペーンに加わると、当局からの嫌がらせ、村八部など
が待ち受けている。実際、どのくらい参加するかは不明。

サウジアラビアでは女性は車の運転を禁止されている。CNNによると
法律で禁止されてはいないという。しかし実際、5月21日に運転した
マナル・アル・シャリフは、当局に止められ「二度と運転しません」と
いう調書をとられたあげく、2 週間収監された。

マナル・アル・シャリフは、この運動で、黒人解放運動家ローザ・パー
クスのようだと称されている。

ガンバレ、サウジの女たち!

http://edition.cnn.com/2011/WORLD/meast/06/16/saudi.women.drivers/
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/jun/03/saudi-arabia-women2drive-women-driving
http://www.aftenposten.no/nyheter/uriks/article4149939.ece
■Women2Drive (Saudi Arabia)
http://www.youtube.com/watch?v=QHzLi9LCX2E
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-17 18:43 | 中東

イギリスの女優ヘレン・ミレン(勲章をもらってからはデイム・ヘレン・ミレン)は、辛らつな言葉で、ズバリ、女性差別を批判した。

「ハリウッド映画は、さほど変化していません。いまだに18~25歳の男の子と、そのペニスをあがめ続けているだけです」

「世界の、女性に対する態度は大きく変わってきています。私が、年をとってきていいなと思うことは、世界の変化を感じ取れることです」

ビバリーヒルズの朝食会で開かれた、「女性と娯楽」賞の受賞スピーチでのこと。彼女は65歳。

今年最高のパワフルなスピーチに大きな拍手!

■ヘレン・ミレンのスピーチはこちら
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-11957493
http://www.guardian.co.uk/film/2010/dec/09/helen-mirren-sexism-hollywood-penis
[PR]
by bekokuma321 | 2010-12-10 12:54 | ヨーロッパ