観たい、観たいと思っていた映画「むかしMattoの町があった」(*)をやっと観る機会を得た。

観終わった後、胸に湧き上がった思いは複雑だった。観られてよかったという思いの一方、事実を知った重み、そして主人公たちが抱える課題は、日本の現状とも重なり胸が締め付けられた。

この映画には複数の人生が描かれている。精神科医のフランコ・バザーリアと、妻であるフランカ・バザーリア、当事者のマルゲリータとボリス、そして看護師のニーヴェス。フランコの精神病院改革運動に、それぞれの人生が絡み合って映画は進んでいく。

私には看護師ニーヴェスの生き方がとても印象に残った。他の看護師と同じように従来の拘束・投薬・電気ショックなどの精神病治療を踏襲していた彼女が、院長となったフランコの進める改革による患者の変化を目の当たりにして徐々に目覚めていく。

目覚めた彼女が立ち上がって自分の感じことを堂々と述べる姿は本当に凛々しい。一度は夫の助言にしたがってフランコを裏切った彼女だが、再びフランコと働くことを決意、夫の元を離れ子どもを連れてやってくる。仕事にやりがいを感じて打ち込む彼女に、家庭に注ぐ時間は多くない。夫は法律を後ろ盾にして子どもを奪い取る。彼女が女性でなかったら、そんなことにはならなかっただろう。やるせなさとともに憤りを感じた。

マルゲリータも、そしてその母も、女性であるが故に引き受けなくてはいけない苛酷な人生があった。娘を「悪魔の子」として精神病院に入れる母親、病院内に監禁される若い娘。なぜ、そこまで辛い人生になってしまったのだろうと涙がこぼれてとまらなかった。

私たちは、なにかというと、すぐに分けたがる。女と男、健常者と障がい者、大人と子ども…。でも、もっとシンプルな同じ人間だということを忘れがちではないだろうか。

精神病院を出て労働者として働き出した元患者たちが「同一労働、同一賃金」を要求するシーンがあった。同じ働きをしたら同じ賃金を支払う。その仕事を誰がしたかは関係ないはずだ。男性と同じ仕事をしても女性であるだけで低賃金である場合が多いことを知っている私には、障がい者の叫びが痛いほどわかった。生きにくさをつくり出しているものの1つに、「区別」があるのではないかと強く感じた。

障がいは、社会環境・制度がつくり出しているものだと聞いたことがある。映画にもあったが、自分の感情や基準を超えた経験が不安や恐怖を生みだし、通常とは異なった言動に走ってしまった人たちが、施策や法律によって精神病院に隔離・拘束される。そこでさらなる不幸を生み出している。

この映画を観たことが終わりでないと思っている。障がいとはいったい何で、人がその人らしく生きるということは、どういうことかという根源的な課題を、改めて突き付けられた。

2015年11月10日

岩嶋 寿子 (女性と障がい者の生き方・働き方を支援するキャリア・アドバイザー)


c0166264_956957.jpg (*)イタリア語Mattoは狂気を持つ人、Mattoの町は精神病院を意味する。イタリアは精神病院を廃止した。革命とも称される精神病院解体。そこに至るまでの経緯をドラマにしたイタリア映画。NHKにあたる公共テレビRAIでイタリア全土に放映され、21%の高視聴率をあげた。今、世界中で自主上映されている。

上記映画会は、11月7日、八王子勤労者福祉会館によって「女たち、女親の視点から」見ようと企画された。主催者によると、「三井マリ子さんは、バザーリア法を日本に紹介した大熊一夫さんと2010年4月、英語版の本映画を見て、日本上映のきっかけをつくった。誰にも感動と勇気を与えるこの作品を、女性の視点から見て、当事者のかかえる問題と社会の課題を考える」(上映会チラシ)。



バザーリア映画を上映する180人のMattoの会
映画「むかしMattoの町があった」
精神病棟を使わずにクライシスに対峙するには
[PR]
by bekokuma321 | 2015-11-14 10:17 | ヨーロッパ

c0166264_1748179.jpg


2015年11月7日(土) 10時~  東京都八王子労政会館ホール

プログラム:   
10:00~  「むかしMattoの町があった」(字幕:日本語)1部
12:00~  休憩
13:00~  「むかしMattoの町があった」2部
15:00~  三井マリ子さんトーク
16:30    閉会 

資料代1000円  運営費500円

主催:一般財団法人 八王子勤労者福祉会館、バザーリア映画を自主上映する180人のMattoの会
協力:RAIフィクション、フランカ&フランコ・バザアーリア記念財団、トリエステ精神保健局
後援:イタリア大使館

申込み:
TEL・FAX・メールで一般財団法人 八王子勤労者福祉会館まで
TEL・FAX 042-628-4909 メールBCF02752@nifty.com

問合せ:
一般財団法人 八王子勤労者福祉会館
TEL・FAX・ 042-628-4909 メールBCF02752@nifty.com

主催者より:
イタリアは精神病院を廃止しました。その精神保健改革に至る初期の
20年を描いたイタリア映画です。イタリア語のMattoは狂気を持つ人、
Mattoの町は精神病院を意味します。

このTV映画は、制作者クラウディア・モーリという女性なしには誕生
しえませんでした。クラウディア・モーリは元女優で、1999年TV制作
会社「チャオ・ラガッジ!」を創設しました。映画は、イタリアの公共放
送ライと「チャオ・ラガッジ!」の共同制作です。クラウディア・モーリの
執念が、精神保健という複雑な問題をTV映画にしてお茶の間に届け
たのです。

誰にも感動と勇気を与えるこの作品を、特に女性の視点から見て、
当事者のかかえる問題と社会の課題を三井マリ子さんと考えます。

三井マリ子さん:
女性政策研究家。バザーリア法を日本に紹介した大熊一夫さんと
2010年4月、英語版の本映画を見て、日本上映のきっかけをつくりました。
[PR]
by bekokuma321 | 2015-10-17 18:26 | ヨーロッパ

原発反対57%、賛成30%を大きく上回った。

女性の原発反対65%、男性は49%だった。

10月は原発反対48%だった。今回、反対が初
めて過半数となった。

女性の反対は65%と、初めて6割を超えた。
国民全体の平均が原発反対に舵を切ったのは
女性の強い反対が持続しているからともいえる。

一方、男性の反対は49%と過半数に満たない。
原発に関して、性による格差は余りに明らかで
ある。

とはいえ、男性の反対49%は、10月調査の反
対38%から大幅に増えた。しかも、男性の賛成
は43%であり、反対が賛成を初めて上回った。
男性もゆっくりだが、原発の危険性を真剣に
受けとめ出したといえる。

2011年12月13日朝日新聞に掲載された朝日
新聞世論調査。原発の質問は事故後の4月から
調査開始。

本調査について、「内閣不支持43%、支持率
を上回る」という見出しで、内閣に関しては
一面に掲載されたが、原発については2面だっ
た。ネットでも内閣についての記事は見られる
ものの、なぜか原発についての記事は見つから
ない。


■原発反対、女性50%、男性34%
http://frihet.exblog.jp/16503613/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-12-13 10:07 | 紛争・大災害

またノルウェーのエジプト選挙報道から、簡単に和訳する。

「私は、ここに自分の声が何か今回は役だつような気がしてやってきました。こんなことはこれまでなかったことです。この国が、民主主義に向かって、一歩前に進むように」(ベールをかぶった中年の女性)

「投票のボイコットには反対です。初めての選挙ですから完璧ではありません。でも、よりよい選択をしなければ。選挙の方法は評論家たち言うようには、複雑ではないです。投票することで、民主主義への重要な一歩を踏みだすのです」(26歳の女性活動家)

イスラム社会ではなかなか表に出ない女性の姿や意見を、丁寧に取材する報道姿勢に心から敬意を表する。

■Egyptisk velger: - En historisk dag
http://www.aftenposten.no/nyheter/uriks/Egyptisk-velger---En-historisk-dag-6708664.html

【参考】
■NRKとNHK:報道と女性
http://frihet.exblog.jp/17018798/
■エジプト市民革命と女性たち
http://frihet.exblog.jp/15857242/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-29 11:32 | 中東

日本学術会議東日本大震災対策委員会から、先ごろ「救済・支援・復興に男女共同
参画の視点を」が公表された。

それによると、「復旧・復興を通じて、男女共同参画を踏まえ、青年の参加を促進し、
子ども、高齢者、障がい者、外国人等への配慮とその参加を確保すべきである」と
提言されている。

全文はhttp://www.scj.go.jp/ja/info/jishin/pdf/t-110415.pdf
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-20 00:58 | 紛争・大災害

エープラスの吉崎さんからのお知らせです。

■私たち全国女性相談研究会は現在は埼玉県・東京都内の避難所を中心に活動し
ています。来週、福島県内の避難所を回ります。引き続きカンパ、ご支援よろ
しくお願いします。

5月15日(日)午後から、港区の女性センターリーブラで「災害時における女性相談
のあり方について(仮題)」という避難所からの報告会を行います。

詳細が決まりましたらまたお知らせしますので、皆さん是非お越しください。正直なと
ころ、ブログなどで発信できないことがたくさんあります。そういうことを共有できれ
ばと思います。

よろしくお願いします。

エープラス(吉崎)


FEM-NEWSより
浄財が女性のために役だつように使われてほしいと思う方へ!
●女性のための義援金http://frihet.exblog.jp/16095241/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-15 23:27 | 紛争・大災害

エープラス 吉祥です

いつもは東京でDV被害者支援の活動をしていますが、今回は埼玉の弁護士さんからの要請で3月19日~3月31日までさいたまスーパーアリーナで主に福島県の被災女性と子どものために支援・相談活動をしてきました。

現在は、アリーナから点在してしまった県内の避難所を回ったり、都内の避難所を回って、支援物資を配ったり、相談活動や情報提供をしています。

避難所での人間関係もできてきていて、そのおかげか、ぽつぽつと少しずつですが、女性たちが国や政治や東電や東京の人間たちへの長年の怒りを語り始めました。

ご存知の方も多いと思いますが、さいたまアリーナには、地震の被害・津波の被害・原発の被害を受けた方が混在していました。避難者の間では、出身地で差別され、原発の町、大熊町や双葉町の人たちは肩身の狭い思いをして生活していました。

原発の町 双葉町は丸ごと越してきました。原発関係の仕事をしていた人も多く、アリーナでは原発の話は公然のタブーとされていたのです。

「私たちは東京の人たちの犠牲になったんだ!」「補助金補助金と、鼻先に人参ぶら下げるようなことをずっとされてきたけど、いつまでたっても私たちのところにお金なんて入ってこなかった。私たちはずっと騙されてきたんだ!」「安全安全と言われ、それをずっと信じてきたのに…」

私はアリーナに行くまで、原発のことなんて何も知りませんでした。スイッチをつければ電気はつくものだと思っていました。

私たちができることってなんだろう?
毎日それを考えています。
本当はできることなんて何にもないのかもしれません。

でも彼女たちのために何かしなくてはいけないと思います。

4月22日~24日の日程で、福島県内の避難所にも、エイボンさんが提供して下さった、女性用下着や基礎化粧品や寄付して下さった医薬品などを届けに行きたいと思っています。その他の地域にも時間とお金の許す限り、物資を届けたり、情報提供していきたいと思います。

「ここにも来てー」という要請、大歓迎です。

そのためには物資購入費やガソリン代や高速代となる活動費も必要です。是非ご協力をお願いします。

ゆうちょ銀行
10150-71567221

他行からは
ゆうちょ銀行
018店7156722
口座名義 エープラス

通信欄に「震災」と書いてください。

応援してくださっている皆様には、日々の活動を報告させていただいています。

よろしくお願いします。


2011.4.9.エープラス(吉祥真佐緒)
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-13 09:56 | 紛争・大災害

全国フェミニスト議員連盟会員、郡山市議会議員の蛇石郁子さんから、届きました。福島県知事に対して女性の人権を見つめた避難所対策について要望書を出しました。


■福島県災害対策本部 御中                   2011年4月2日 

佐藤 雄平 福島県知事 様

郡山市議会議員 蛇石郁子
963-8846 郡山市久留米4-110-5
TEL:024-945-7096 

大地震と原発大事故被災者支援と復旧対策に従事されるみなさまのご苦労に心より敬意を表します。

避難所生活も3週間を迎え、被災者のみなさま方には、疲労も大変蓄積していることと案じております。

各避難所では、女性が、医療・衛生・プライバシーの保護も含め、人権に配慮した生活がおくれるように格段のご配慮をお願いいたします。


1、女性専用の居場所を設けること

2、女性専用の温泉宿泊所等を用意すること

3、各避難所に女性相談窓口を設置すること

4、女性支援NPO等と連携協力すること


「レイプクライスネットワークの緊急アピール」を添付いたします。

避難者支援にさらに善処されるようお願いいたします。

(レイプクライスネットワークの緊急アピールは、下記Moreをクリック)

More
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-03 10:32 | 紛争・大災害

《男女共同参画局から》男女共同参画情報メール第238号(H23.3.17発行)‏が、今日、届いた。その中に情報提供があった。しかし、ただ紹介をするだけでなく、局として独自に、女性の視点から国際的視野に立って、被害者の半数以上の女性代表を、被災後の復興支援策の決定の場に入れることを含め、あらゆる政策立案をすべきであろう。


====
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。現在、政府を挙げて、全力で対応を行っているところです。男女共同参画局では、避難所等での生活に関する対応を中心に、女性や子育てのニーズを踏まえた災害対応について取りまとめ、関係機関に配慮をお願いいたしました。

なお、女性の視点に立った災害対応については、様々な調査・提言などが行われておりますが、いくつかHPを紹介したいと思います。

■「避難所生活での工夫」/「女性の視点からの防災対策のススメ」 大分県生活環境部県民生活・男女共同参画課  http://www.againstgfb.com/disaster_and_women.html
■「わたしの防災力ノート」 男女共同参画センター横浜南  http://www.women.city.yokohama.jp/pdf/bousainote2.pdf
■「災害と女性 情報ネットワーク」 ウィメンズネット・こうべ http://homepage2.nifty.com/bousai/index.html
■中央防災会議地方都市等における地震防災のあり方に関する専門調査会 (平成23年3月1日) 宗片委員提出資料「災害時における女性のニーズ調査~なぜ 防災・災害復興に女性の視点が必要か~」http://www.bousai.go.jp/jishin/chubou/toshibu_jishin/6/index.html


3番目の「災害と女性 情報ネットワーク」のウィメンズネット・こうべの正井礼子さん記事はこちらを
■「災害と女性 情報ネットワーク」を活用しよう
http://frihet.exblog.jp/16048120/
■災害後の救援策に女性の視点を
http://frihet.exblog.jp/16049208/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-03-17 23:22 | 紛争・大災害