c0166264_14184438.jpgフランス大統領選の1回目が終わり、中道政党「前進!」のエマニュエル・マクロンと、極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペンが残った。

決選投票は5月7日だ。フランス国民はマクロンを選ぶだろうと予測されている。

次期大統領と目されるマクロンは、高校時代に教師と大恋愛。「何があっても、僕は先生と結婚する」との誓いどおり、2007年、結婚した。彼女の名はブリジット・トロニューBrigitte Trogneux。20歳(24歳という説も=注)年上で、前夫との間の子ども3人の母親だ。マクロンは、「僕が彼らの母と愛し合うことを認めてもらえてうれしい」と語っている。

彼女の教え子だった彼は、選挙中も彼女のアドバイスをよくきいていたとか、大統領になったら誰かは未定だが女性首相にする予定だ、とかさかんに報道されている。ユニークなのは私生活ばかりではない。無名の若者・・・という報道のとおり、彼は一度も国会議員に当選したことがないのだという。候補者になったかどうかは不明だ。

ここで、フランスの国会(下院)の話を少し。

国会議員に占める女性は25.8%で、世界63位。日本はたったの9.3%で世界163位だから、それに比べればいい線なのだが、フランス女性には屈辱の数字のようだ。

彼女たちは、政界を男女半々にするため、まず2000年、憲法に「パリテParité 男女同数」という言葉を盛り込ませた。次に政界への男女平等アクセスを推進する「パリテ法」を定めた。これによって比例代表制をとる欧州議会(EUの準立法府)、州議会、人口1000人以上の市議会は、候補者名簿が北欧のように男女が交互に並ぶことになった。欧州議会はもともと女性が多かったのだが、加えて、州議会や市議会は、限りなくパリテに近づいた。

一方、小選挙区制の国会と県議会はパリテがうまく働かなかった。そこで県議会(女14%)の選挙は、突飛というべきかおしゃれというべきか、選挙法を改正して「男女ペアで立候補しなければならない」とした(2013年)。

フランス語でビノームbinômesというらしいが、ダンスを踊るときのように、男性(女性)はペアを組む女性(男性)を探して立候補する。ポスターも、恋人か夫婦のように男女ペアで並ぶ。ペアを組む相手は同政党より異なる政党や政治団体であることが奨励されている。当選後は、独立して別々の議員活動をする。

小選挙区で最高得票をとった1組の「男女ペア候補」が当選となる。2015年に県会選挙があった。その結果、フランス全県会議員4108人中、女性2054、男性2054。みごとなパリテである。

大統領選は国中からたった1人を選ぶ選挙だからパリテにはなじまない。ところが、決選投票は期せずしてパリテとなった。フランスは、選挙までちょっとセクシーだ。


自由の国のおしゃれな改革(フランス) (叫ぶ芸術:ポスターに見る世界の女たち)
選挙制度は政治を根本から変えた(ニュージーランド)
国会議員年収も政党交付金も世界最高額
フランス地方選で極右台頭
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい

【注】追記だが、マクロンが次期大統領と目されるなか、妻との年齢差の報道が多く見られる。妻ブリジット・トロニューは夫マクロンより25歳上らしい。女性が受ける年齢差別は男性のものの数ではないことを考えると、今後も何かにつけて騒がれることだろう。




[PR]
by bekokuma321 | 2017-04-24 14:35 | ヨーロッパ

5月9日、オバマ大統領は、同性婚を支持すると公表した。

アメリカを二分する議論となっているテーマで、半年後に控えた大統領選挙への影響が注目される。

同性婚は、ニューヨーク、ニューハンプシャ―、マサツ―セッツ、アイオワ、バーモント、ワシントンDC,コネクティカット、メリーランド、ワシントンやアイオワの9州で合法化されている。一方、キリスト教の保守派の反対の声が根強い31の州が、州法などで同性婚を禁止している。

世界で初めて同性同士の結婚の権利を法的に認めた国は、オランダ。10年以上前だ。その後、ベルギー、スペイン、カナダ、南アフリカ、ノルウェーと続く。

■Obama says same-sex couples should be able to marry
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-18014102

◆世界初の同性婚から10年
http://frihet.exblog.jp/16137905/
◆保育園の教材に同性愛登場
http://frihet.exblog.jp/14329208/
◆アメリカのバーモント州議会、同性婚法を可決
http://frihet.exblog.jp/11251807/
◆ノルウェー新婚姻法
http://frihet.exblog.jp/10573646/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-11 14:06 | USA

フランス大統領選挙がやってくる。投票は4月22日だ。過半数をとる候補者がいない場合は、5月6日に上位2名による決選投票が行われる。

有力候補6人が、メディアで報道されている。6人中2人が女性だ。その女性候補は、極右の国民戦線のマリーヌ・ル・ペンと、緑の党のエヴァ・ジョリだ。2人は、まったく異なるイデオロギーの持ち主だ。

エヴァ・ジョリは、生まれも育ちもノルウェー。フランスにやってきてオペアをしながら勉学を続け国際判事となった。今は欧州議会議員だ。反核を掲げる。ノルウェー出身ということから、何度かFEM-NEWSは、記事を掲載してきた。

■Profiles: 2012 French presidential election candidates
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-16730494

■フランス次期大統領候補にエヴァ・ジョリー
http://frihet.exblog.jp/16591937/
■メイドからフランス大統領に
http://frihet.exblog.jp/15192680/
■フランス大統領候補にエヴァ・ジョリーか
http://frihet.exblog.jp/14991356/
■世界的汚職ハンターはノルウェー女性
http://frihet.exblog.jp/11112560/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-04-20 15:46 | ヨーロッパ

イラン大統領選挙と女性

6月12日、イラン大統領選挙があった。まだ結果は不確定。

現職の保守強硬派アハマディネジャド大統領に、対外協調を訴える改革派ムサビ元首相が挑戦した。国会議員の、290人中およそ200人が現職大統領支持を表明している下での選挙だが、日増しに、挑戦者ムサビ元首相の勢いが増してきていた。

この選挙では、ムサビ元首相の妻ザハラ・ラフナバルZahara Rahnavard さんが、夫の選挙運動の前面に立ち演説をした。これは、報道によるとイランで初めての歴史的事件だという。

ザハラさんは、テヘラン大学教授。選挙集会では、どこでも、「女性の権利拡大」を訴えている。相手陣営から、「グラデュエイト・コースの入試を受けないなど大学の規則に違反している」などと攻撃を受けたことに、強く憤り、「私への侮辱は女性全体への侮辱だ」と、提訴も辞さないかまえだ。

CNNの動画には、ムサビ大統領候補側が集まったアリーナにおいて、大勢の女性が興奮しながら支援している姿が写っている。その一人は取材陣に、「私がムサビを応援しているのは、彼がザハラ・ラフナバルを妻にしているからです」とキッパリ。

他の報道によると、ザハラ・ラフナバルは、女性解放に向けて明解なメッセージを発している。

「なぜ、、イランの大統領候補に女性が一人の候補にもならなかったのでしょう? なぜ、内閣に一人の女性もいないのでしょう? なぜ、家庭の主婦が保険で保障されないのでしょう?」

「これらは変えなければなりません。差別をなくし、男性と同じ権利を要求すること、これこそが、イランの女性たちにとって最大の優先課題なのです」

当然、自由を求めてやまない若い女性たちを中心に、支持が拡大している。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/8093366.stm
http://www.smh.com.au/world/irans-michelle-obama-zahra-is-the-countrys-new-political-star-20090612-c5mc.html
http://www.nytimes.com/2009/06/08/world/middleeast/08iran.html?_r=2
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/may/05/iran-elections-women
[PR]
by bekokuma321 | 2009-06-13 10:43 | 中東

「男女平等主義者オバマ」という記事を書きました。こちらで読めます http://janjan.voicejapan.org/world/0811/0811070987/1.php 

以下は、それを書く際、参考にさせていただきました。米国大使館レファレンス資料室からの情報です。


◆◆
2008年11月4日米国で行われた大統領選挙の結果、選挙人の半数以上を獲得した米民主党のバラク・オバマ候補が第44代米国大統領に選出されました。副大統領候補のジョー・バイデン上院議員と共に2009年1月20日、就任宣誓する予定です。

オバマ氏の勝利演説
Barack Obama’s Victory Speech
Chicago, Illinois. November 4, 2008
Bureau of International Information Programs, U.S. Department of State
http://www.america.gov/st/elections08-english/2008/November/20081105101958abretnuh0.580044.html?CP.rss=true
オバマ新大統領の経歴や家族などを写真入りで紹介している小冊子 (国務省国際情報プログラム局作成)
Barack Obama, 44th President of United States
Bureau of International Information Programs, U.S. Department of State
http://uspolitics.america.gov/uspolitics/elections/index/obama_bio_low_res.pdf (PDF 774kb, 16p.)
大統領選挙結果についてブッシュ大統領のステートメント
President Bush Discusses Presidential Election
The White House. November 5, 2008
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2008/11/20081105.html
CNNがまとめている2008年米大統領選挙、連邦議会議員選挙、知事選挙の結果
CNN Election Center 2008 - Results
http://www.cnn.com/ELECTION/2008/results/president/

◎この情報をウェブサイトに転載する場合は、資料室までご連絡ください。
◎過去1年分の"U.S. Information Alert" (最新の米国政策情報)は、以下のサイトにまとまっています。
URL: <http://japan.usembassy.gov/j/irc/ircj-select.html>
◎お知らせした情報で、米国政府の公式サイト以外で提示されている記述や内容は、
米国政府の政策や見解を必ずしも反映したものではありません。
*************************************************
米国大使館レファレンス資料室
U.S. Embassy Reference Service
*************************************************
[PR]
by bekokuma321 | 2008-11-10 17:46 | USA