タグ:国際フェミニスト・ブックフェア ( 1 ) タグの人気記事

アメリカ大統領選の結果に怒りがおさまらない。次期大統領は、徹底した差別主義者だ。その彼に誰より先に思いっきりしっぽを振ってアメリカまで飛んで行った日本の首相。さらに怒りがわいてきた。

大統領選の真っ最中、テレビ討論会で、共和党のトランプが、民主党のクリントンの発言をさえぎって、こんな横槍をいれたーーー「なんて嫌な女だ」

その昔「嫌な女」呼ばわりされたことがある私は、トランプのような男性から「嫌な女」と言われるのは勲章かもしれない。そんな気分にもなって討論を聞いた。そして思い出したのが、このポスターである。
c0166264_21194322.jpg

「いい女は天国に行ける。でも嫌な女はどこにでも行ける」(三井マリ子意訳)。

作者も作成年代も発行元も不明。所持していたのは親友のノルウェー人マグニ・メルヴェール。先々週も、私はノルウェーの彼女の家に投宿したのだが、今もバスルームの壁に飾られてあった。

マグニは大学卒業後、ノルウェーの中都市エルヴェルムにある図書館で司書をしていた。1986年夏のこと、オスロ大学で開かれた「国際フェミニスト・ブックフェア」で、このポスターを見つけた。

国際フェミニスト・ブックフェアは、1984年ロンドンで初めて開かれ、続く2回目はオスロ。オスロ大学キャンパスを使って1週間催された。

女性によって書かれたありとあらゆる本が世界中から集められて、展示販売された。「女性解放と表現」をテーマのセミナーや、世界中の著名なフェミニスト作家を囲んでの、作品を論じ合う講座も設けられた。マグニが今でも忘れられないのは、エジプトの作家ナワル・エル・サーダウィの話だ。

サ―ダウィの話を聞いた後、マグニはこのポスターを買った。なぜか。その答えは、「叫ぶ芸術:ポスターに見る世界の女たち」嫌な女はどこにでも行ける(国際フェミニスト・ブックフェア)

アメリカ大統領選と「嫌な女」
[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-18 21:30 | ヨーロッパ