今年も「政治とカネ」に怒髪天をつく日が多かった。氷山の一角だろうが、報道されただけでも・・・。

松本文明元内閣府副大臣は、「自身が支部長である政党支部の事務所家賃」の名目で妻への支払い6年間で1360万円。

安倍首相の1445万余円をはじめ閣僚による政党交付金の貯め込み7000万円。

民進党富山県連(旧民主党)の政党交付金不正支出、4525万余円。

政治交付金を含む政治資金を、家賃名目で自分や家族に回していた国会議員24人。

政党交付金8700万円をダミー政党に預けて国庫返還逃れを図った維新の党支部。

白紙領収書をもらって1875万円分を勝手に書いていた菅官房長官、同じく520万円分の稲田防衛大臣。

政党交付金不正支出200万余円の山尾政調会長(民進党)の秘書。

そのほかに、政務活動費で私腹を肥やしていた議員のなんと多かったこと。兵庫県議のように号泣こそしなかったが、「老後の心配から」と屁理屈を並べていた。

c0166264_0271332.jpg
 ▲政治資金事件を報道する記事、2016年秋から12月半ばまで

政党交付金は「政党の健全な発展をうながすため」にできた。総額は年に約320億円。日本の総人口に250円をかけた額の税金だ。

できたときは「250円なんてコーヒー1杯分。政治がクリーンになるなら安いものじゃないか」と言われたとか。政党がクリーンになっていないことは、誰の目にも明らかだ。

政党交付金の趣旨や名前は、「政党活動を支援する金」を連想させるが、実態は別。政党本部から政党支部に送金されたカネは、選挙になれば支部長権限で支部長個人に寄附できる、つまり政治家個人の銀行口座にカネを移せる。政党交付金という名の公金は、まるで手品のように、政治家個人の私有財産に変えることができるのだ。これは、小選挙区制と密接にかかわる。

税金だから残金が出たら国庫返還義務があるのだが、そんなことをする人はまずいない。選挙のないときは貯め込んでおける「基金」という手がある。収支報告書も大甘だ。人件費に使ったら領収書は不要だ。5万円以下に小分けすれば、これまた領収書は不要だ。会計監査は秘書や家族など身内でもかまわない。

こんなお手盛りが許されるザル法だから、手慣れた秘書ならおちゃのこさいさいだ。

それに、日本の政党交付金は世界で最も高額らしいことも驚きだ。朝日新聞「日本の国民負担は? 各国の政党交付金」というコラムは、政党交付金の総額と1人当たり負担額を円に換算して6カ国を比べている(Globe 2013.5.13)。

c0166264_13221998.jpg

総額と1人当たりの金額は以下のようになる。
日 本(320億円、250円)
ドイツ(157億円、190円)
フランス(74億円、118円)
スウェーデン(21億円、218円)
オーストリア(16億円、190円)
イギリス(2.6億円、4円)

さらに、日本の国会議員の年収が、これまた世界最高額であることを知ったら、怒らない国民がいるだろうか。イギリスのガーディアン紙が、各国の国会議員の年収(歳費)を英ポンドに換算して比較している。日本の国会議員は年2200万円。「日本の国会議員は、わが国の国会議員の2.5倍の収入を得ている」と書く(The Guardian 11 July 2013)。

c0166264_23523150.jpg

そのうえ、寄付集めのパーティはもちろん、企業献金も一時自粛ムードだったが堂々の復活だ。

いかに日本の国会議員が巨額のカネを手にする人種であるか、一目瞭然である。このままでは女性やマイノリティにポストを譲ろうなどという議員はごくごく少数だろう。女性参政権行使70周年の幕が閉じられようとしている今、政治の世界に女性が増えない最大の要因を知った。


1年前の今日、政党交付金裁判を終えて
甘利議員の政党交付金から考える
女性議員増めざして制度改善を
「どうする政党交付金」
普通のおばちゃんが考える「政党交付金、基金、国庫返還」 
政党交付金裁判
ためこんで翌年一気に使う「政党交付金」
民主主義度1位ノルウェー、23位日本

【注:政党交付金の棒グラフにミスがあり更新しました。文中のイギリス総額2.6億円を、26億円と間違ってコピーして図表作成したためです。訂正してお詫びいたします】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-12-31 01:15 | その他