113c0166264_11293656.jpg日、受け取ったチラシ(左)は、2017年の「アースデイ」の顔見世への参加を呼び掛けていた。


「後援:名古屋市・第88回愛知県中央メーデー実行委員会」と、「秘宝館」「ストリップ」に強い違和感を持った。私は、すぐ名古屋市に「名古屋市はストリップを後援するんですか?」と問い合わせて、抗議の意思を伝えた。


共産党系「愛知県中央メーデー実行委員会」にも問い合わせた。2団体とも後援している事を否定しただけでなく、ストリップについては「何のことやら?」状態だった。チラシを手に、「後援を中止するか、ストリップを止めるか、どちらかではないでしょうか」と迫った。


相手側の事実確認を待つ間に、「名古屋市男女平等参画推進室」に電話を入れた。チラシの内容と私の抗議意図を伝えて「男女平等」の視点から環境局に働きかけて欲しい、と依頼した。「ストリップを含む内容で名古屋市が後援をすることはあり得ない」との返答に「安心していていいんですね」と念を押した。


その直後、「ストリップ」はすでに2015年に実施されており、動画がインターネットで公開されているという情報がはいった。すぐ視聴した。アースデー会場で、着物の女性が体をくねらせながら徐々に脱いでいく、いわゆるストリップ・ショーそのものだった。


ショックを受けた私は、自分が参加する女性運動のメーリングリストに、動画リンク先を添付して、知恵と助けを求めた。メーリングリストでのすばやい応答に励まされながら、抗議の趣旨説明と交渉のやり直しにかかった。


1
27日、朝日新聞は、社会面でこの件を報道した。翌日には全紙が名古屋市環境局への取材を行ったらしい。テレビのニュース番組でも短時間ではあるが報道され、「ラジオで聞いた」と言う人もいた。さらに朝日新聞は、翌28日、2015年には名古屋市と愛知県の両教育委員会が後援していたという事実も追って報道した。


今回の抗議運動の成果だと思われるが、名古屋市、愛知県、「愛知県中央メーデー実行委員会」は、次のような対応をとった。

1)名義の無断使用、後援の趣旨に反した「ストリップ」の実施とインターネット公開に対しての強い抗議

2)「ストリップ」動画のネット削除要請、今年の後援はしない旨の通告


中日新聞によると、名古屋市は「アースデイを行う予定の公園の使用についても対応を検討する」とまで言っていた。


抗議活動をしてわかったことがある。私の抗議やメディアの取材に対して、主催者や後援者が口にしたのは「公序良俗」であり「公然わいせつ」であり、「環境保全」であり、「教育の振興」であった。そこには、人集めに女性の体を使ってよしとする女性蔑視についての反省はなかった。「
環境保全」を掲げても「女性蔑視」には鈍感な、日本の縮図を見せられた思いだった。


ただ、朝日新聞には、「自治体が後援すれば、『女性蔑視』を推進する側に立つことになる」との私の発言が紹介されていた。また、海外向けの同紙英字版には、「名古屋市が後援するということは、女性の物体化を推進するという意味になる」と
の英訳で私の発言が紹介されていたと聞いた。


岡田ふさ子(市民運動家)

c0166264_11380306.jpg
▲フェイスブックで出回った朝日新聞デジタル記事。写真は2015年アースデーにおける「秘宝館」のストリップショー。Youtubeの動画は現在見ることはできない。


Striptease show may leave eco event without any city support
名古屋市後援イベントでストリップ 動画サイトに投稿




[PR]
by bekokuma321 | 2017-02-10 11:51 | その他