c0166264_18421527.jpgテレーザ・メイがイギリス保守党党首となり、首相に就任した。イギリス史上2番目の女性の首相だ。1番目のサッチャーとは違って、リベラル派のようだ。

党首選や、党首就任での彼女の演説には、保守党とは思えないような表現がいくつかあった。ほんの少し和訳して紹介する。

「もしも、あなたが、貧困家庭に生まれたら、そうでない人たちより9歳若く死亡し、
もしも、あなたが、黒人なら、白人よりも、きつい刑事司法手続きに苦しめられ、
もしも、あなたが、白人男性なら、誰よりも大学に進学する可能性は高く、
もしも、あなたが、公立校卒なら、私立校卒よりも高いポストにつくことは少なく、
もしも、あなたが、女に生まれたら、男より賃金が低く抑えられ、
もしも、あなたが、精神病なら、十分な手助けは得られず、
もしも、あなたが、若者なら、自分の家を持つことは、かつてなく困難です」

「社会は、すべての人たちのためにあります。私たちは、人々を再びとりもどさなくてはいけません。金持ちと貧しい人、北部の人と南部の人、都会の人田舎の人、若い人と年老いた人、男性と女性、黒人と白人、病気の人と健康な人、公務員と民間会社人、技能のある人とない人」

「保守党はすべての人たちのためにあります。我々、保守党員は、すべての人のために働く政党の党員であってはじめて、すべての人たちのための社会をつくりあげることができるのです」

過去の報道を読むと、かねてから、彼女は、同一価値労働同一賃金の推進し、同性婚を認め、DVへの警察対応の強化をせよ、などと公言してきた。男女平等大臣としても活躍した。

選択的夫婦別姓さえ目の敵にし、憲法24条を骨抜きにする勢いの、日本の、自民党女性大臣・女性国会議員とは、ずいぶん違う。

ちなみに、テレーザ・メイは、20代のとき、ディスコで出会ったフィリップ・メイ(夫)の家が靴の卸売業だったことから靴に関心を持ち、以来、靴にこっているという。どうでもいいことだけど・・・。

This is what Theresa May said about the kind of Prime Minister she'll be – and what she really meant
Theresa May’s economic medicine
Britain’s Theresa May says to narrow pay gap if appointed PM
Can Theresa May get the wheels of British business turning again?
イギリス次期首相への侮蔑発言
イギリス、同一価値労働同一賃金へ
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-17 18:44 | ヨーロッパ

BBCによると、イギリス労働党時代に成立した平等法が実行に移されるという。朗報だ。

平等法は労働党時代に成立した。経済界から批判が多いうえ、現平等大臣のテレサ・メイが、野党時代、難色を示していたこともあり、その成り行きが心配されていた。

ところが、テレサ・メイ大臣は、さきごろ、「平等法は、企業の反差別規則を守りやすくさせる」と、宣言。予定どおりこの10月に実行すると語った。政権交代しても、差別撤廃への意欲を示そうというものだ。

この法律の重要な特徴のひとつは、企業が女性社員に男性社員に同額支払っているかどうかを公開させる義務を負っている点だ。男女同一価値労働同一賃金へのイギリスの試みに期待したい。


http://news.bbc.co.uk/2/hi/politics/10496993.stm
http://www.equalities.gov.uk/equality_act_2010.aspx
[PR]
by bekokuma321 | 2010-07-03 19:25 | ヨーロッパ

c0166264_15105289.jpgノルウェーの公務員は女性が圧倒的に多い。その職場の賃上げを求める労働組合は、ストライキも辞さない構えだ。

アフテンポステン紙によると、2010年5月26日深夜が、賃上げ団体交渉の最終段階だ。オスロのcitadal校は、ストライキをして同一価値労働同一賃金を求めようとしている。「女性の多い職種の賃金を男性と同じにするため、ストライキをすることに賛成」だと、教員Katrine Nelsonは覚悟を語る。「昨年の選挙で、同一価値労働同一賃金を約束したのは政治家たちです。イェンス・ストルテンベルグ首相が解決すべきだ」

全労働者連合LO(日本の連合にあたる)は、5月3日から始まった交渉労使だが、双方の要求のへただたりがいつになく大きく、溝を埋めることは困難だと語る。

http://www.aftenposten.no/okonomi/innland/article3665090.ece
http://www.unio.no/kunder/unio/mm.nsf/lupgraphics/Unios_notat_om_likelonn.pdf/$file/Unios_notat_om_likelonn.pdf

Fem-News関連記事
http://frihet.exblog.jp/12185363/
http://frihet.exblog.jp/12157928/
http://frihet.exblog.jp/13635687/
[PR]
by bekokuma321 | 2010-05-27 15:15 | ノルウェー

c0166264_1550556.jpg4月27日BBC、28日Gurdianによると、イギリス・バーミンガム市職員約5000人が、同一価値労働同一賃金を求めて市を訴えていた事件で、職員側が市当局に勝利した。イギリスの労働裁判所による判決。

5000人の多くは市に雇用されている女性職員で、掃除、料理、介護補助などいわゆる典型的女性職に従事している。男性も少しいる。

賠償金は6億ポンドに登る。すべての労働者にとって「偉大な勝利です」と、弁護士は述べている。

ソールトレイ学校の洗濯職員として25年勤務するテレサ・ダーリィさんは、BBCにこう語る。
「いやになっていました。長い間、私は男性と同じように一生けん命働いてきました。彼らが私よりも多く支払われているなんて不公平です。すべてがうまく整理され、私たちが何か獲得できることになると、とてもうれしいです」

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/west_midlands/8647072.stm
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/west_midlands/8338304.stm
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2010/apr/28/birmingham-council-equal-pay-women
http://www.bbc.co.uk/birmingham/content/articles/2008/02/06/strikers_stories_feature.shtml
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2010/apr/30/equal-pay-fair
[PR]
by bekokuma321 | 2010-05-03 13:47 | ヨーロッパ

小さな差は本当はデカイ

c0166264_2345895.jpg

ノルウェーの主要紙アフテンポステンは、男女の賃金格差を、なかなかおもしろく報道している。

まず、タイトルが新鮮だ。「小さな差は本当はデカイ」という意味のノルウェー語Den lille forskjellen er ganske stor が大きな字体でせまる。次に目にはいるのはド迫力のイラスト。若い男女が、アイスクリームを持っている。男性のアイスクリームは、女性のよりちょっと小さい。男性は困ったなという顔を見せ、女性はニコニコ顔(図)。

しかし、記事の中身は、イラストとは全く逆。

昨年の平均賃金は男性が100に対して女性が85(現金にすると438400クローネで、女性372700)。そのせいか、男性は、将来の経済的見通しについて、女性よりはるかに明るいと、アンケート調査をもとに述べる。

結果、女性のほうが銀行の預金利子に関心があり、食べ物の値段が自分の経済に影響があると心配している・・・。

私は、この記事を読んで、わずか15の差が、実はいろいろな差を生むのだなあ、とあらためて考えた。そして、どうしても日本の賃金格差に向かう。

ノルウェーの100対85は、フルタイムだけでなくパートも含めた数字だ。日本は、フルタイムだけで男性100に対して女性66だ。パートを含めると100対50前後となる。

日本なら見出しは、どうするか。「大きな差は本当にどうしようもなく超デカイ」? イラストはどう描く?

■イラストだけでも見ごたえがある男女賃金格差の記事http://www.aftenposten.no/pengenedine/article3564270.ece
[PR]
by bekokuma321 | 2010-03-15 22:52 | ノルウェー

日経新聞によると、川島織物セルコンの元社員(女性)が賃金差別をされたと提訴。

女性であることを理由に、賃金差別を受けたとして、東証1部上場の川島織物セルコン(京都市)に勤めていた元社員の女性(57)=奈良県=が20日、同社に男性社員の賃金との差額や慰謝料など総額約1700万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。賃金差別を申し出たことを理由に、早期退職を余儀なくされたとも訴えている。

訴状によると、元社員は1990年、同社に吸収合併される前の別の企業に入社。今年3月に退職するまで主に営業職として男性と同じ仕事をしてきた。しかし勤続年数がほぼ同じで若い男性社員より賃金が低く、男性に支給される住宅手当などもなかったという。

会社側に是正を求めると、「辞めたら済む」などと言われたという。川島織物セルコンの話 訴状が届いていないのでコメントは控えたい
[PR]
by bekokuma321 | 2009-11-25 01:44 | その他