戦後すぐの1946年4月、日本女性は投票所に足を運ぶことを初めて法で許された。

その衆議院議員選挙で、全国から79人の女性が立候補し、何と39人もが当選した。秋田では和崎ハルが立候補して、ダントツのトップ当選だった。 

c0166264_20591676.jpg

上は、女性初の代議士・和崎ハルを描いたミュージカル「ハルらんらん♪」のポスターだ。劇団わらび座が、「女性参政権行使70周年」である本年を記念して、ミュージカルにした(注)。

和崎ハルは美容師だった。ポスターでは、白い割烹着を身につけ、右手にハサミ、左手に櫛を持っている。夫の死後、5人の子どもを育てるために秋田で初の美容院を開業した。

髪を結いに来る芸者さんたちから身の上相談を持ちかけられた。遊郭に売られる貧農の娘、字が読めないばかりにだまされる娘、前借金を返せずに苦界に沈む芸者…。憤りを隠せなくなった彼女は、矯風会秋田支部を創設した早川カイとともに公娼制廃止運動にのめりこむ。

さらに、知人の選挙応援をして、政治腐敗を目の当たりにする。1 票約3円の買収、警察から不当監禁されての自殺。怒った和崎は、新聞や雑誌に「女性が政治に参加していくことが選挙の浄化に最も効果がある」と投稿する。こうして和崎ハルは、次に女性参政権運動にまい進する。彼女の新聞投稿には、こんな名言がある。

「女性が参政権を求めるのは一部特権階級の手にのみ委ねられて居る今日の政治の改善を図りたいからである」

女性参政権獲得から70年たった。しかし女性議員率は世界で最低レベルのうえ、「政治とカネ」のスキャンダルは底なし沼だ。兵庫の野々村県議事件、猪瀬都知事事件、甘利大臣事件、小渕優子事件、日歯連事件、舛添都知事事件、富山市議の政務活動費領収書偽造事件、富山県議の政党交付金横領事件・・・。私自身も、2012年衆院選で政党交付金がらみの忌まわしい事件に遭遇した。

100年前に書いた和崎ハルの文章は、残念ながら、今でも強い説得力を持つ。


本記事は「 I 女のしんぶん」に連載中の「叫ぶ芸術」を再構成したもの。「叫ぶ芸術」はネットでも読める:■叫ぶ芸術:ポスターに見る世界の女たち 同シリーズのなかの「女性参政権行使70周年を祝えるのか」(日本)

【注】ミュージカル「ハルらんらん♪」は、「あきた芸術村」で来年1月まで公演中だ。私は、7月、全国フェミニスト議員連盟有志や女性の政治参画に関心を寄せる仲間たちと観劇した。この「女性参政権行使70周年記念観劇・温泉ツアー」には、遠くは遠くは京都、名古屋、函館、東京……近くは秋田県内から、あきた芸術村のわらび劇場にかけつけた。観劇のあとは、劇場と同じ場所にあるホテルで、温泉につかって、そして秋田の美酒で食事を楽しんだ。チケット予約など詳しくはこちら

参考リンク
「祝!女性参政権行使70周年」記念はがき
和崎ハル:廃娼運動と婦選運動
参院選2016年と女性(2):女性参政権行使70周年
参院選2016年と女性
和崎ハル_1 武塙三山
和崎ハル_2 武塙三山
和崎ハル_3 武塙三山
和崎ハル_4 武塙三山
和崎ハル_5 武塙三山
普通のおばちゃんの三井裁判傍聴記_佐々木厚子
[PR]
by bekokuma321 | 2016-10-27 21:56 | 秋田

女に仕事を!

1960年代から80年代まで、世界のあちこちで女性解放運動の嵐が吹き荒れた。

デンマークでは、レッド・ストッキングという女性グループが、その重要な役割をになった。

厚化粧、女らしさを誇張した服装、ハイヒール、セックスアピール、へりくだった態度---こんな「いびつな女らしさ」で飾って目抜き通りを行進。終着地でそれらをひとつひとつ脱ぎ捨てていく。この度肝を抜くデモンストレーションは、レッド・ストッキングの名を特に高めた。

レッド・ストッキングは、女らしさに異議をとなえる文化運動から、経済運動、政治運動まで次々に展開。その多様で新鮮なスタイルは、一世を風靡した。

このポスターは、そんなレッド・ストッキングの多様な運動を表す1枚。「女たちに、まともな仕事をよこせ」と訴えている。

c0166264_332494.jpg


詳しくは、「叫ぶ芸術 ポスターに見る世界の女たち 女に仕事を!」を。
[PR]
by bekokuma321 | 2015-12-28 04:13 | 北欧

欧州警察機構が、警察官のセクハラ根絶に向けて国際会議をした。20年以上前のことだ。その時のポスターがこれ。オランダの世界的に著名な風刺画家の作品だ。

c0166264_19484670.jpg

主催は「ヨーロッパ女性警察官ネットワーク」。EU加盟国の女性警察官の地位向上のために創設された女性団体だ。

国際会議が開かれたのは1993年だから、日本ではセクハラという言葉さえ定着してなかったころだ。ましてや女性が極端に少ない警察官の職場で、セクハラ被害を受けてもそれを訴える女性警察官などいなかっただろう。

そんな時代にセクハラをテーマにした国際会議とは驚くが、EUのイニシアティブあっての企画だった。

時を経て、ヨーロッパ女性警察官ネットワークの現代表は、「ヨーロッパでは、警察官全体の30%から40%が女性となった。女性を警察官や幹部にもっと増やして、警察の世界に新しい視点を入れたい」と語る。

c0166264_10423612.jpg毎日、難民の大移動がネットで私のところにも届く。その光景を見ながら、難民キャンプの安全問題、難民女性や少女たちがかかえる身体の問題、難民女性たちへの性暴力対策、さらには難民の家族内暴力への対応まで、女性警察官の国境を越えての出番は、確実に増えていると思う。

日本だが、最新の調査では女性警察官は全体の7・7%だとか。衆院と同じく90%以上が男性だ。警察庁や警視庁が、警察官のセクハラ被害調査をしたというニュースは、まだ聞かない。


詳しくは、I 女性会議 叫ぶ芸術「セクハラに悩む欧州の警察」

【写真下:パリの女性警察官】
[PR]
by bekokuma321 | 2015-09-21 20:03 | その他

c0166264_16531362.jpg

この20余年、世界の行く先ざきで集めたポスターを、女性紙「I 女のしんぶん」に解説をまじえて紹介している。

世界の女性運動ポスター・シリーズ「叫ぶ芸術」だ。

ポスターは、どれも、それぞれの国で、女性解放運動や男女平等推進に使われたもの。ポスターが貼られた当時、女たちが何に怒り、何を求めていたかが伝わってくる。

今日の1枚は、ドイツのベルリンで見つけた。題して「いかれた女よ、臆病者よ、かわいこちゃんよ、おしゃべり女よ、集まれ!」

ドスのきいた女たちがこちらを睨んでいる。その上に赤字で書かれている「いかれた女、臆病者・・・」という言葉と、なんというミスマッチ。いったい何のために? 女性紙「I 女のしんぶん」のホームページをどうぞ。

「叫ぶ芸術:ポスターに見る世界の女たち」
叫ぶ芸術
ドイツの町のジェンダー規定
[PR]
by bekokuma321 | 2014-03-14 17:04 | ヨーロッパ

叫ぶ芸術

I 女性会議編集者の手で、『叫ぶ芸術』がネットで見られるようになった。今、「I 女のしんぶん」に連載中の世界の女性運動ポスター・シリーズだ。

ポスターは、どれも、それぞれの国で、女性解放運動や男女平等推進に使われたもの。ポスターが貼られた当時、世界の女たちが何に怒り、何を求めていたかがわかる。

新聞は白黒だが、ネットではポスターの色が鮮明に出て、実物にちょっと近づいている。

それでも、やはり本物のポスターはかなわない。大きな1枚のポスターから女たちの叫びが聞こえてきそうな気がする。

「楽しみに読んでます」というたくさんの読者にこたえて、ポスター展ができたら、と編集者と考えている。一緒に企画してみたいかたいませんか。連絡先は、「FEM-NEWSについて」にある、メルアドにご連絡を。

c0166264_9393436.jpg
▲上は、最近アップされたスウェーデンのポスター。男女同一賃金同一価値労働がテーマ。詳しくはI 女性会議「叫ぶ芸術」
[PR]
by bekokuma321 | 2014-02-28 10:00 | その他

I 女性会議の編集者が、「I 女のしんぶん」に連載中の世界の女性運動のポスター『叫ぶ芸術』をネットで見られるようにして下さいました。

c0166264_2052857.jpg


世界の女性政策を研究している三井マリ子さんが足で集めたポスターを、三井さんの解説をまじえて紹介します。ポスターは、どれも、それぞれの国で、女性解放運動や男女平等推進の広報に使われたものです。ポスターが貼られた当時、世界の女たちが何に怒り、何を求めていたかを感じ取ることができます。

叫ぶ芸術
[PR]
by bekokuma321 | 2014-01-22 21:01 | その他