6月13日(火)、アメリカの配車サービス会社ウーバーUberの取締役はセクハラ発言を詫びた、とする報道が届いた。

セクハラ発言者は実業家のディビッド・ボンダマン(David Bonderman)。ウーバー社のイベントで「女はよくしゃべる」という意味の発言をしたという。

ワシントンポスト紙によると、その偏見に満ちた発言は、不祥事続きの会社を変えるために開かれた、セクシャルハラスメント防止や職場環境改善をテーマにした会議席上だったという。

会場で、新しく取締役になった女性アリアナ・ハフィントン(Arianna Huffington)が、女性取締役は会社にとってプラスになるという文脈で話していた。ノルウェーに端を発した「経済界の決定の場である取締役会にクオータ制を」という方針を世界の企業が取り組もうとしているが、その一環と思われる。

彼女は、「多くのデータによると、1人女性が取締役になると、また次に女性取締役を入れるようになります」と言った。それに合いの手を入れるように、ディビッド・ボンダマンは、「実際、よくしゃべりますんでね」と冗談を飛ばしたらしい。

彼は社員に対して、自分の発言を「不適切だった」として、「同僚の取締役に対して、敬意を失したコメントをしてしまったことを謝罪したい」とメールを出したという。

米各紙が大きくとりあげていて、フェイスブックでは、「50年代のことだ」「こういう男性がいるから、フェミニズムは今なお必要だ」「真実は、あらゆる場で女性よりも男性のほうが多く発言しています」と、けんけんごうごう。開いた口がふさがらないらしい。

c0166264_1453454.jpg ところが、日本で余りに露骨なセクハラ発言を耳にしている私は、彼の発言は聞き流してしまいそうだった。いま思い出すだけでも…。

「 “文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものは「ババア」”なんだそうだ。“女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です”って」(石原慎太郎都知事)

「産む機械っちゃあなんだけど、装置がもう数が決まっちゃったと。……別に、この産む役目の人が一人頭で頑張ってもらうしかないんですよね」(柳沢伯夫大臣)

「日本女性は家庭で働くのが喜び。日本文化だ」(中山義活政務官)

知事に、大臣に、政務官。彼らの発言に批判はあがったが、彼らが公に謝罪した、という記憶はない。

ちなみに、ウ―バ―は多国籍企業。アジアにも進出している。国家戦略特区諮問会議で、安倍首相は「過疎地などで観光客の交通手段として、自家用自動車の活用を拡大する」と述べて、タクシー業者ではない一般人が自分の車で「有料相乗り」できるようにと、ウ―バ―方式の規制緩和を示唆した(2015年)。

Uber board member cracks ‘inappropriate’ joke about women at company event on sexual harassment
Uber's sexual harassment case shines light on a startup's culture of defiance
Uber chief to take leave from company
ガンバッテネ、男性諸君!
大衡村のセクハラ、公務災害に
三菱商事、ノルウェーの会社から女性取締役を追放
ヨーロッパを動かしたノルウェー「取締役クオータ」
ドイツ誌「シュピーゲル」、ノルウェーのクオータ制を特集
“取締役クオータ制”、ついにEUに

【写真】三井マリ子著『セクハラ110番』(集英社)の表紙
[PR]
by bekokuma321 | 2017-06-14 11:37 | USA

c0166264_17143215.jpg
今日のアフテンポステン紙は、「取締役クオータ制」について報道している。

ノルウェー内閣は半分以上が女性だ。国会・地方議会も約40%が女性だ。その女性パワーを経済界に吹かせたのは、2003年の会社法改正だ。

それによってノルウェーの企業は2008年から、会社の取締役に女性を4割入れなければならなくなった。いわゆる「取締役クオータ制」を、会社法に入れたのだ。

違反企業には改善勧告書が届き、守らなければ閉鎖、とされた。導入当時、株式上場企業の取締役女性はわずか6%だった。

時を2002年初めにもどす。当時、ノルウェーは保守中道内閣。保守党の産業貿易大臣アンスガール・ガブリエルセン(写真上)は、ある日、記者団からこう水を向けられた。

「会社の取締役に女性を増やそうという議論が盛んです。スウェーデン政府は25%というクオータ制を考えているようですが……」

すると大臣は言った。

「25%じゃダメだね。40%にしなくては」

この一言を新聞が「爆弾発言」として報道した。

実は、取締役に女性を増やして男性偏重の経済界を改善しようという動きは、労働党政権時代に何度もあった。女性団体や男女平等オンブッド(オンブズマンのこと)も、おやじネットワークのせいだ、と長年批判してきた。しかし、保守党や経済界は反対の矛先をゆるめなかった。

c0166264_17262070.jpg


その反対の急先鋒だった保守党の大臣が、「40%にしなくては」と報道陣を前に公言したのである。これぞ、保守党内のクーデターだった。

こうして「取締役クオータ制度」が世界で初めてノルウェー国会で成立した。効果てきめん。その影響は、国内ばかりではない。ヨーロッパ諸国をも動かした。

アフテンポステン紙によると、クオータ制度を調査研究する「企業多様性センターCenter for Corporate Diversity」マリット・ホーエル所長は、世界の変化をこう説明する。

●スペインとオランダは、ノルウェー制定後すぐに同様の40%クオータを制度化した
●フランスは、2014年まで20%、2017年まで40%とする新法を制定した
●イタリアは、2015年まで3分の1を女性にするとした
●ドイツは、昨年11月、一方の性を少なくとも30%にすると決定した
●フィンランドは、国営企業にのみ課した

女性国会議員8%の我が国では、夢のまた夢だろう。それでも、夢は、夢をみる人がいないことには始まらないのだから、夢見る夢子ちゃんになろう。

Norsk «kvinnetvang» i styrene har beveget Europa
Toppleder: - Kvoteringsloven var helt nødvendig
“取締役クオータ制”、ついにEUに
取締役クオータ制:北欧の最新ニュース
男性だけの取締役会議が女性40%に
ノルウェー世界初の民間企業クオータ制
■ノルウェーの取締役クオータについては『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)に詳述されている

c0166264_19145773.jpg【写真上:ノルウェー国会前のガブリエルセン大臣。筆者撮影】
【写真中:1990年代の啓発ポスター「がんばってね、男性諸君」と男性のみの有名企業取締役会を皮肉る】
【写真下:上の写真はトリミング前こうだった。彼は「やったね、クーデター成功」と私に親指を立てた】
[PR]
by bekokuma321 | 2014-01-09 17:43 | ノルウェー

c0166264_13171347.jpgメルケル首相のもと連立を組むことになる2大政党の家族政策担当は、会社取締役におけるクオータ制について結論に達したもようだ。

11月17日(日)、次期政権の主要政策となる取締役会の男女平等のため、「2016年から、上場株式会社の取締役の少なくとも30%は女性にしなければならない」と妥結した。

さらに、「上場株式会社は、2015年から役員、トップ管理職などに女性を増やすための強制的な数値目標を決めて、出版しなければならない」とも決めた。

こうした新制度は、雇用における女性差別をなくし、働きやすい労働界をつくることになるとする。もっともだ。

ドイツのシュピーゲル紙、またローカル紙ドイツによる。

それにつけても、日本の政治は! いま、秘密保護法案というとんでもない法律を通そうしている。市民の権利をしばることにやっきで、市民の権利を広げる家族政策など見るも無残だ。婚外子差別を容認している民法は違憲であるとした最高裁決定さえ、無視するありさま。あ~、なんて国だ。

http://www.spiegel.de/politik/deutschland/koalitionsverhandlungen-einigung-auf-frauenquote-in-aufsichtsraeten-a-934099.html
http://www.thelocal.de/20131118/merkel-and-spd-agree-on-womens-quota-in-coalition-talks-germany-boardroom-company
http://www.thelocal.de/20131030/womens-quotas-closer-in-coalition-talks
■ドイツ女性国会議員229人、36.3%
http://frihet.exblog.jp/20816895/
■ドイツ国会、クオータ制を否決
http://frihet.exblog.jp/19880828/
◆比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
http://frihet.exblog.jp/20789791/
◆ドイツの町のジェンダー規定
http://frihet.exblog.jp/20001461/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-20 13:17 | ヨーロッパ

イギリスのキャメロン首相(保守党)は、「会社の取締役に女性を増やすと強欲な態度が減る」などと、財界トップへの女性進出を促した。

「男性が男性仲間の肩を押し、順繰りに男性を要職につけるような慣行をやめることが、会社の姿勢を改善する。もっと賃金体系を透明にし、もっと説明責任を果たし、株主にもっと権力を」などと語った。

「今年3月から10月まで、会社の取締役に女性は23%しか就任していない。FTSE100社のトップのトップに占める女性割合は、昨年の12・5%から、今年14.2%にまでしか増えていない」と統計を出して、女性の登用を奨励した。

イギリスより何年も早くノルウェーは、世界にさきがけて取締役への女性40%参画を立法化した。ノルウェーの「取締役クオータ制」は、EUに波及していった。

日本は、経済の女性活用はいったいどうするのか。日経連よ、連合よ、具体策を示すべきだ。

■Cameron says more women in the boardroom would help curb greed
http://www.guardian.co.uk/money/2011/nov/03/cameron-women-boardroom-curb-greed

■“取締役クオータ制”、ついにEUに
http://frihet.exblog.jp/16802719/
■男女共同参画白書とクオータ制
http://frihet.exblog.jp/16534317/
■「ウーマノミクス」とノルウェー
http://frihet.exblog.jp/15754920/
■取締役革命、いまだならず
http://frihet.exblog.jp/15293156/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-03 10:54 | ヨーロッパ

この10人の若者たちは、みな10代から20代の学生だ。この中から、もうじきトップが決まる。学生組合ではなく株式会社のトップだ。

c0166264_10171158.jpg


ノルウェーのアデコ株式会社は、取締役のトップ専務理事をインターネット投票で決めるという。アデコ株式会社は、スイスに本社がある人材サービス企業。日本を含め世界中に支社がある。

ノルウェーでは管理職のトップであろうと受付業務であろうとほぼすべての職種は公募だ。アデコ・ノルウェーも例外ではない。また、ノルウェーは、労働者は誰でも休暇をとることを厳しく規定されており、夏期休暇は4週間とるように義務づけられている。

5月25日のノルウェー国営放送NRKによると、今回のアデコ・ノルウェーのケースは、夏期期間に限定された取締役の専務理事だという。「能力と創造性に富んだ学生を望む」と会社は宣伝する。

応募した学生10人の写真をクリックすると履歴や自己アピールが読める。ネット投票で高得点を得たひとから、トップが決まるという。報酬は月10万クローネ、約150万円。学生なら年俸でもおかしくないほどの高額だ。

ただし、この奇抜ともいえるやりかたは、アデコ・ノルウェーが侵した違法事件により社内改革を求められていることが背景にあるようだ。ビジネス大学の大学教授は、「おかしな動きだ。メディア受けをねらったにすぎない」と批判的だ。

さてノルウェーは、会社取締役の40%は女性でなければならない。会社法で性別クオータ制を定めているからだ。それにふさわしく、専務理事候補の10人のうちの4人は女子学生である。

日本の社会経済は今、大変革を求められている。ネット投票は急進的すぎるものの、ノルウェーの公募制や女性参入制など学ぶべき点は実に多い。

http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/ostlandssendingen/1.7646780
http://www.konsernsjefen.no/
http://www.adecco.no/Pages/Default.aspx
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-26 10:11 | ノルウェー

2010年1月21日Asiaoneニュースによると、20日(水)、フランス下院は、会社取締役会のクオータ制案を可決した。上院で可決されると、フランスではノルウェーに次いで、私企業の決定機関の男女平等が加速される。

フランスでは、女性は、ブルーチップCAC-40 Index(パリ証券取引所の時価総額ランキング40位までの銘柄)では10%、トップ500社では8%しかはいっていないという。

フランスは、「ノルウェー方式Norway Way」を踏襲したいようだ。しかし、選挙法を改正してパリテ(50%にする制度)を入れ込んだにも関わらず、政党の多くは、守らないで罰金を支払う方を選んだ苦い経験がある。その結果、下院の女性国会議員はわずか18%しかいない。

女性がわずか18%しかいない国会で、取締役クオータ制が通過したことを喜ぶべきかもしれないが。

http://business.asiaone.com/Business/News/Office/Story/A1Story20100121-193346.html

http://www2.kwdi.re.kr/kw_board/skin/news/view.jsp?bp_board=news&bp_bbsNo=287

Fem-News「フランス、取締役クオータに着手」
[PR]
by bekokuma321 | 2010-01-28 09:12 | ヨーロッパ

ノルウェー政府は、2002年3月8日の国際女性デーにあわせ、経済界に対して「取締役会の40%以上を女性にせよ」と勧告しました。

この世界に類のない勧告は、「国営企業は1年以内、他は3年以内に」という内容です。もし達成できない場合には、男女平等法を改正してクオータ制(割当制)を導入するといっています。

詳しくは
http://www009.upp.so-net.ne.jp/mariko-m/nor_jjyoseiyuyaku.html
[PR]
by bekokuma321 | 2002-09-24 15:28 | ノルウェー