トランプ効果

アメリカの大統領選は、トランプ候補の当選に終わった。実はクリントン候補が180万票ほど多く取った、にもかかわらず。

選挙制度のせいである。各州で1票でも多くとったほうに選挙人全員が割り当てられるため、トランプの選挙人は300人以上。過半数270人をはるかに越える。たとえば、ある州でトランプ50.1%、クリントン49.9%だったとすると、その州の全ての選挙人は、トランプに回って、クリントンには1人も行かない。

死に票がごっそり出る選挙制度だ。無慈悲にも、「勝者総取り方式 Winner take all」と呼ばれているらしい。

選挙制度が歪んでいる上に、アメリカでは、投票集計に何か問題があったのではないかという疑いが浮上している。ウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州の3州で、票の数え直しの要求があり、実際、ある州では再集計が行われているという。

c0166264_20362446.jpg一方、トランプ候補の女性差別、人種差別、イスラム差別、同性愛差別に対して、反トランプ・デモが続けられている。11月8日だけで、全米30市、16大学で大きなデモがあった(Wikipedia)。アメリカ国外にも広がっている。

おもしろいのは、北欧ノルウェーだ。

大統領選の結果がわかった11月8日、ノルウェー労働党はただちにデモをした。スローガンは、こうだ。

「今朝のアメリカの選挙にがっかりしているあなた。来年の9月12日はがっかりしないように」

「投票日まで300日。新しい政府に変えよう」

トランプ当選のような悪夢をみたくなかったら、選挙で態度を示そう! なるほど「民主主義度、世界一の国」の国民は考えることが違う。

このデモに呼応するかのように、労働党を先頭にほぼすべての左派政党で党員数が伸びていると、報道されている。現在ノルウェーは保守党を軸とする右派政権であり、労働党は野党だが、今、選挙をしたら、左派92議席、右派72議席と、左派中道政権に戻る。トランプ効果だ。

ここで強調したいのは、ノルウェーには解散がないことだ。国政選挙は4年ごと。9月の月曜日と定められている。選挙のある年の前年暮れには政党が候補者を決めて、メディアで公開される。そう、ちょうど今頃、来秋の選挙の候補者が決まる

9月の選挙では、投票者は政党を選ぶ。だから、候補者個人が、顔や名前を売ったりする必要は全くない。これから9月まで300日。その間、じっくりと時間をかけて、政策を伝えては論争をして、党員を獲得する。これがノルウェーの選挙運動だ。もちろん、選挙期間はない。こういう選挙だから、育児休業中の女性も当選できる。

日本は、小選挙区制という死に票の多い選挙であるうえ、選挙期間が驚くほど短い。それに首相に解散権があるため、選挙日程はギリギリまでわからない。突然の解散・短期決戦となると、現職が有利なのは目に見えている。新人ーーとりわけ女性には新人が多いーーは、有名タレントか世襲でない限りほぼ絶望的だ。

日本の女性の国会議員数は世界で最低ランクだが、この制度が続く限り、女性議員を増やすことは、これまた絶望的だ。

制度を変えるのは容易ではない。でも、イギリスを除く多くのヨーロッパ諸国は、比例代表制に移行している。ノルウェーは、100年ほど前に小選挙区制を捨てて比例代表制にした。元祖小選挙区の国イギリスでも小選挙区制への不満がわき起こっているという。


c0166264_2114393.jpg
▲ノルウェー国会の前で遊ぶ小学生

豊かさとは
世界一民主的な国
イギリス6割が選挙制度改革に賛成
Emigrate now - to Ringerike(「ノルウェー自治体へ移民を」と、米大統領選挙後の移住希望者を勧誘する緊急サイト。アメリカ人とりわけノルウェー系アメリカ人に呼びかけている)
[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-26 21:47 | ノルウェー

「政権をとった暁には、保育園(幼稚園)をタダにしたい」

こんな公約こそ、少子化に歯止めをかける最も効果的な政策だ。というより、これ以上有効な方法などありえない。しかし、日本の政界では、こうした政策は隅に追いやられている。世界で最も少子高齢化に悩む国のひとつというのに…。

一方、イギリスは違うようだ。冒頭の「保育園の無料化」は、つい先日、イギリス労働党党首エド・ミルバンドが新年に向けて述べた公約だ。

c0166264_11471834.jpg
ミルバンド党首を支える影の保育大臣ルーシー・ポーウェルは「保育に公的資金を回すことは、長い目でみてかならず報われる。なぜなら母親たちが労働市場に増えるから」

「しかし、全員無料の保育園にはいれるようにするには、きわめて膨大な予算がいる。一朝一夕ではなしえない」と長期的展望でと、くぎを刺した。

とはいえ、すでに労働党は、銀行への課税金を使って、1週間に25時間分を無料にするという具体策に取り組んでいる。さらに、労働党が議会を握るマンチェスターでの「シュア・スタート・サービス」の経験も生かすという。

「シュア・スタート・サービスSure Start Serevice」は、すべての子どもが、最善の人生のスタートを切れるようにする公的プログラムだ。5歳以下の子どもやその親たちが利用する。幼児教育、育児、健康、家庭支援など子育てのありとあらゆることに関して、あちこちに設置されたシュア・スタート・サービス・センターに連絡すると、幅広く柔軟に手助けが得られる。

労働党の影の保育大臣は、こうも語る。

「無料の保育園が提供されるなら、子どもたちが幸福になるだけではなく、経済効果もあがる」

「OECD内で母親の就労率が最悪の部類にはいっている。それが解消される。すると、女性が中途退職をしなくなるから、国庫に収入を増やすことになる。長い目で見て得だ」

日本は、女性の6,7割が第1子出産後に離職する稀有な国だ。私たちに最も必要な政治は、こういう政策を唱え実行する政治ではないか。

来年も、また、しつこく、繰り返し言って行こう!

◆Labour sets its sights on free childcare for all
http://www.theguardian.com/politics/2013/dec/30/labour-free-universal-childcare-miliband
■福祉は経済を発展させる
http://frihet.exblog.jp/17581845/
■日本男性の家事時間、OECD加盟国で最短
http://frihet.exblog.jp/20325708/
■男女賃金格差100対37 
http://frihet.exblog.jp/18011136/
■OECD事務総長「日本の最優先課題は、女性の社会復帰」
http://frihet.exblog.jp/17895410/
■保育園と職場のある町が若いママをひきつける
http://frihet.exblog.jp/18060220/
http://www.asahi.com/diversity/data/
http://www.european-agency.org/sites/default/files/Gen_Education_in_Norway.pdf

【写真はオスロの一家族。左端は4人の子の母。彼女の生き方については→シングル・マザー、107倍の難関に合格
[PR]
by bekokuma321 | 2013-12-31 11:48 | ヨーロッパ

c0166264_19191847.jpg


9月になって、ノルウェーのメディアは、国民がどの政党を支持するかの世論調査を大きく報道しはじめた。

それによると、現首相である労働党党首イェンス・ストルテンベルグ(写真右)の人気が下降気味だ。一方、保守党の党首エルナ・ソルベール(左)の人気はいつになく高い。

保守党のノルウェー語は「ホイエ 右翼党」だ。日本の自民党にあたる。でも、保守党は、福祉政策や平等政策に関しては、日本の民主党より理解があるような気がする。すでに1991年、女性を党首にした。

労働党と連立政権を組む中央党も左派社会党も支持が下がり続けていて、ともに4%ちょっとだ。この調子だと、保守党党首のエルナが首相になるかもしれない。すると、グロ・ハーレム・ブルントラント以来、同国史上2人目の女性首相の誕生となる。

ノルウェーの選挙ニュースを読むと、国政選挙が近いのかと思ってしまう。しかしそうではない。選挙は、まだ1年も先だ。

ノルウェーには解散がない。国会議員は任期4年をまっとうする。2009年に選挙があったので、次は2013年だ。投票日は憲法で9月第2月曜日と決められている。議案審議のため2院制となっているが、選挙は日本の衆議院議員にあたる1院のみだ。

政党中心の完全比例代表制をとるため、選挙キャンペーンは政党の政策中心に闘わされる長期戦だ。

投票日の半年前に「県の候補者選定会議」で政党のリスト(候補者名簿)を選挙管理委員会に提出しなくてはならない。

順番としては、まず各市の「市の政党会議」でリスト候補を決めて、それが「県の候補者選定会議」にあげられる。つまり、今頃から、各政党内で「私も出ようかしら」「彼・彼女が国会議員に出てほしい」というような自薦他薦がスタートする。リストは、性、居住地、職業、年齢などに偏りのないように作ることが理想なので、どの党もスンナリは行かず、時間がかかるようだ。国会に女性議員が約40%を占めるのは、このリスト作成段階で政党がクオータ制を守っているからだ。

クオータ制が実行されているため、メディアの政治面には女性の顔が満載だ。日本の政治風景とはずいぶん異なる。それだけではない。いつ解散があるかわからず、それしだいでいつ選挙かわからない国の選挙制度とは、本当に違う。

c0166264_17591453.jpg


■Rekordmange vil ha Erna som sjef
http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.8274075
■Blå kjempeledelse ett år før valget
http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.8311243
[PR]
by bekokuma321 | 2012-09-06 17:59 | ノルウェー

ノルウェーは、9月12日に地方選挙を控えている。7月22日のテロ事件後、全政党は、8月13日まで選挙キャンペーンを自粛することを約束した。

ノルウェーの選挙は、個人への投票ではなく政党への投票だ。全政党は、地方の委員会で候補者リストを決定し、3月31日まで選挙管理委員会に提出済みだ。候補者リストはすでにメディアや各市のHPで公開されている。選挙運動は、各党のリストのトップにあがっている候補がそろって討論会を開いたり、戸別訪問をしたり、政策チラシを配布したり・・・さまざまだ。日本のように候補者名の連呼による短期決戦といったふんいきはない。

8月10日、全国民はまだ喪に服しているといっていい。そんな中、ノルウェー労働党の人気が高まっている。専門家は「同情票を集めるのは、当然です」と分析する。

c0166264_23311018.jpg
世論調査による各政党支持率。上から労働党、進歩党、保守党、キリスト教民主党、赤党、中央党、左派社会党、自由党、その他(NRKより)

さて、3月11日、日本は大震災。7月22日、ノルウェーはテロ襲撃。2カ国は、ともに、前代未聞の事件に国をあげて対処している。しかし、2カ国には大きな差もある。それは、国家の危機に対処する女性の数だ。ノルウェー女性は、あらゆる職場に進出しているだけでなく、男性に劣らず責任あるポストに昇進していることがわかる。

c0166264_02554.jpgミサが開かれたオスロの教会のトップ2人。右は女性

c0166264_11113154.jpg選挙運動の自粛を決めた政党の代表者。主要7政党のうち4党首は女性

c0166264_11115690.jpgノルウェー警察安全保障サービス(PST)代表のJanne Kristiansen

c0166264_11124794.jpg襲撃事件にあったトロンハイム出身の少年少女たち、被害者の家族に対するケアをただちに実行した同市市長リータ・オッタヴィック




◆Jens får drahjelp fra sofaen
http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.7745135

FEM-NEWSのノルウェーテロ事件記事
◆ソマリア系女性の葬儀
◆テロリストの理想は日本
◆地方議会で活躍していたはずの女性たち
◆ノルウェー首相「魔女狩りはやめよう」
◆哀悼に包まれたノルウェー、ベルゲンより
◆ノルウェー:首相「価値を守り続ける」
◆テロ容疑者のターゲットはブルントラント元首相か
◆ノルウェーの若者の政治参加いっそう高まる
◆ノルウェーからの報告:追悼デモに参加して
◆「彼はガンで、私たちは愛で」
◆テロ事件は人々の団結に
◆テロ事件から2日
◆テロ事件の背後に
◆ノルウェー労働党青年部の夏合宿
◆ノルウェー労働党を狙ったテロ事件
◆ノルウェー襲撃犯と民主主義
◆ノルウェー襲撃される
[PR]
by bekokuma321 | 2011-08-11 23:36 | ノルウェー

c0166264_13182887.gif9月8日(火)午後8時、ノルウェーのスクール・エレクション結果が公表された。

381校が参加し、投票率は77%だった。トップは労働党だったが、進歩党の獲得した票とほぼ拮抗。進歩党の強さを見せられた。

http://www.nrk.no/nyheter/innenriks/valg/valg_2009/1.6766056
http://www.nrk.no/nyheter/innenriks/valg/valg_2009/1.6764305
http://www.samfunnsveven.no/skolevalg/delta/liste?aar=2009

P.S. 上記データはNRK(ノルウェー放送協会)による。集計管理をしている団体「社会ウエブ」によると、参加校は396となっている。左表は「社会ウエブ」作成のスクール・エレクション政党別得票率
[PR]
by bekokuma321 | 2009-09-09 03:36 | ノルウェー