タグ:全国フェミニスト議員連盟 ( 55 ) タグの人気記事

8月1日(月)、全国フェミニスト議員連盟は、女性議員が一人もいない九州の直方市を訪ねた。女性の政策決定への女性参画を訴えるためだ。

夕べ、花火大会で大賑わいだったという川沿いを右に見ながら、車で市役所にむかった。(以下、敬称略)

「人口6万人の市ですので、女性議員が2人ぐらいはいていいはずなのです」と、毛利良幸総合政策部長(男性)は言った。続けて「昭和30年から野副(のぞえ)マスクリさんという女性議員が長年議会にいました。一時は女性議員2人時代もありました。今年は市制80周年でもあり、何でだ、という気持です。残念でならないのです」と表情を曇らせた。隣に座る小林康雄市民協働課長兼働く婦人の家館長(男性)も、強くうなづいた。

直方市は、男女共同参画推進条例もつくった。男女共同参画推進計画もつくった。その重点目標は政策決定への女性参画だ。それにも関わらず、この4月の統一地方選で女性議員ゼロの自治体になってしまった。しかも女性の立候補者はたった1人だった。

c0166264_18424066.jpg
部長は、「夢ネットという女性団体があります。そこがなんでたった一人の女性議員を落としてしまったのだろう…と悔しいのです」と、また嘆いた。全国フェミニスト議員連盟は、「女性ゼロ議会をなくし、女性議員増を」求めるアピールを市に提出し、ともに努力することを誓った(市に手渡した連盟のアピールは末尾左のMoreに)。

そのたった一人の女性候補者の竹松房子と、女性団体「夢ネット」の会員に会った。竹松は農家だ。地産地消を願って「農家の食卓」というお店を経営し、幼稚園やディサービスに昼食を宅配する。

竹松は、農家の“嫁”として、息苦しさを体で感じてきた。農家の嫁の立場をよく知る者が政治の場で声を上げることが必要だと思ってきた。男女共同参画推進条例づくりにかかわり「女性ゼロ議会」はおかしいと思った。しかし誰も手を挙げる人がいなかった。2003年、立候補を決意して、初当選した。紅一点だった。身を粉にして働き、2期目は票を上積みして再選。しかし、3期目に挑戦した今年100票足りなかった。

竹松房子惜敗の主因は、「同じ地域に37歳の新人男性が立候補し、票をさらってしまった」ことではないかと周囲は考える。それにしてもたった1人の現職女性議員が排除された、その根底には、「女性が政治になんて」という古い体質があるからだ、と口々にいう。

たとえば、「あそこの嫁は何しとるとよ」というような監視の目がまだ強い。80年代頃までは「年子で産んでみっともない。ひとりおろしなさい」とささやかれた。農業委員は本来選挙だが、定数だけ候補を決めてしまうのでほとんど選挙にならない。農家の"嫁"の経済力を高める「家族経営協定」も浸透していない。100自治会のうち、女性の会長はわずか3人だけだ。「夫はとても理解あるほうです。それでも『昔からの嫁はそうじゃ』という長年の慣習や伝統の力にはかなわないところがあります」と竹松自身、語った。

さらに、この春の選挙では、竹松や後援会長は、根も葉もない嘘の噂にも苦しめられた。「いいね、3期当選したら年金もらえるらしいね」「年金もらうために、出るってね」……。候補者を落とすための、いわゆる“ネガティブキャンペーン”だ。

c0166264_18433938.jpg

しかし、そんな逆境をはねのける動きが直方市に出てきた。

「議会に女性を送る会」という愛媛県の女性団体にならって「議会に女性たちを送る会」というような会を立ち上げ、女性を当選させることに勢力を注ぐ組織をつくるという。竹松の尽力で、農業委員19名中、2名は女性枠にするなどの試みも動き出した。行政も、「人材バンク」への女性登録者を増やし、審議会など政策決定につながる場に推薦できる女性をどんどん増やすという。


参考
http://www.city.nogata.fukuoka.jp/index.html
http://www.afer.jp/
http://jyoseitoseiji.jugem.jp/

写真上:直方市担当部長に「女性議員を増やそう」アピールを手渡す全国フェミニスト議員連盟ゼロ撲キャンペーンの西武節子。直方市役所にて。
写真下:市の現状と今後について熱をこめて話す前議員の竹松房子(左)。直方市働く婦人の家にて。

(市や女性団体との面談には三原ゆかり係長にたいへんお世話になった。総合政策部市民協同カ男女共同参画推進係)

More
[PR]
by bekokuma321 | 2011-08-02 12:10 | その他

7月30日、31日、女性議員を増やそうと超党派で活動している「全国フェミニスト議員連盟」が北九州市小倉リーセントホテルにて、夏合宿を開催した。全国の女性議員など150人が参加し、交流し学び合った。以下、敬称略。

1日目は、福島みずほ(参議院議員、社民党)の講演「政治に女性の力を」に引きつづきシンポジウム。シンポジストは、堤かなめ(福岡県議会議員、民主党)、山本真理(北九州市議会議員、ローカルパーティ)、姫野敦子(岩国市議会議員、民主党)の3人。

2日目は、3つに分かれての学習会と活発な討論があった。
分科会1「政策決定にもっと女性の声を!~クオータ制を考える」
分科会2「震災と女性~これからの地域づくり」
分科会3「ESD(持続可能な開発のための教育)の視点から防災教育とエネルギー環境教育を再検討」

分科会1報告者は、三井マリ子、西武節子、村山由香里の3人。分科会2は、伊藤ゆう子、槌田久好、太田まさこの3人。分科会3は、村上真平、三宅博之、川島伸治、石角聡の4人。

c0166264_18493039.jpg
最後に、3分科会代表より概要が報告されたのち、直方市元市議会議員竹松房子によって読み上げられた「大会アピール」を満場の拍手で採択された(写真上)。九州における女性議員の少なさ、女性ゼロ議会の多さがあらためて注目され、今後、クオータ制を含む女性議員増策にとりくむことを誓った。(大会アピールは「女性ゼロ議会の直方市訪問」のMoreを参照)

午後からは、バスと徒歩で北九州市や門司市の視察。古い伝統と新しい文化をかいま見た。

企画・運営は同実行委員会。代表は森本由美(北九州市議)。総合司会は三隅佳子(北九州市立男女共同参画センター「ムーブ」初代所長)、第1分科会司会は冨安兆子(高齢社会をよくする北九州女性の会 代表)。

c0166264_18525962.jpg
北九州市の男女共同参画推進センター「ムーブ」を視察。開催中の大きな行事の看板が、玄間で一行を迎えた。しかしその写真が全員男性だったため、驚いて苦笑する全国フェミニスト議員連盟会員の神永礼子と吉祥真佐緒。2011年7月31日ムーブ前にて。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-08-01 08:31 | その他

「2011女性と政治キャンペーン」のチラシができました。東京は3月6日渋谷駅前集合! 

ご存じでしたか? 日本の地方議会の約4分の1は、女性議員が誰もいない「女性ゼロ議会」です。

これでは、子どもたちの保育所不足、老親介護への支援不足、セクハラ・DVの横行、非正規1700万人の7割が女性…など深刻な社会問題の解決が後回しになるのも当たり前です。

女性ゼロ議会を今度こそなくしましょう。女性1,2人の議会は女性議員を増やしましょう! あなたの町には女性議員はいますか。女性がいなかったら、あなた挑戦しませんか。近所の女性を議会に送り出しませんか。

クリックするとチラシをダウンロードできます
■チラシ表:http://www.afer.jp/news/2011/0214/img/3.6campaign_F2.pdf
■チラシ裏 http://www.afer.jp/news/2011/0214/img/3.6%20campaign_B.pdf

c0166264_13464762.jpg


女性と政治キャンペーンは、全国フェミニスト議員連盟の会員を中心に90年代に始まりました。女性議員をふやしたいと願う全国の仲間たちとともに、続けられてきて、今年が4回目です。

■2011女性と政治キャンペーン・ブログhttp://jyoseitoseiji.jugem.jp/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-02-16 12:00 | その他

先週、福井県在住の新聞記者から取材を受けた。女性議員ゼロの福井県議会について注目して取材しているという。

いかに、これが異常な事態であり、深刻なことあるか、問題意識を共有した。女性議員ゼロの弊害、女性議員がいることのプラス、その改善策などを話し合った。

女性が議会に増えることによる変化は、3点あげられる。
1)政治課題にならなかった深刻な問題を政治課題にさせる(DV、セクハラ、シングルマザー・・・)
2)政策の優先課題になりにくい女性政策や生活福祉政策の優先順位をあげる
3)男性の牙城である政界分野の環境を、男女共存環境に変える(女子トイレがない、芸者さんをはべらせての宴会、深夜までの「ノミニケーション」など・・・)

全国フェミニスト議員連盟は、女性ゼロ議会をなくそうと、運動を続けている。私もそのメンバーだ。連盟の本来の目標は、世界の目標値である30%から40%の女性議員にすることである。しかし、日本には、女性参政権獲得60年を経、いまだただの1人も女性議員を出せない地方自治体が多く、この改善を同時に運動している。

活動の成果があって、県議会レベルでは女性ゼロ議会は、福井県ただ1つとなった。しかし市区議会では57議会、7.1%。町村議会では379議会、37.9%が女性ゼロである。

女性ゼロ議会をなくそうキャンペーン(全国フェミニスト議員連盟)

地方議会における女性議員の状況

市区町村議会における女性議員の状況

地方公共団体の議会の議員及び長の所属党派別人員調

地方議会における女性議員割合の推移
[PR]
by bekokuma321 | 2010-12-14 14:01 | その他



愛媛新聞2010年11月25日
2回クリックすると読めるサイズになります

関連記事
女性ゼロ議会の今治市に申し入れ
愛媛県の地方議会に女性を増やすために
愛知県の女性ゼロ議会訪問記
[PR]
by bekokuma321 | 2010-11-28 00:57 | その他

千葉県知事が「堂本」から「森田」に変わった時、千葉県の男女平等政策が大きく後退するだろうことは想像できた。あれから1年半、その本性が露わになった。

今夏8月3日、「千葉県男女共同参画推進懇話会」が開かれた。いわゆる審議会で、県の男女共同参画行政に影響を与える。そのメンバーは、長谷川三千子埼玉大学教授、渡辺利夫拓殖大学学長などだ。その議事録を見てみよう。終始、男女平等推進を阻害しようとするような発言が目だつ。

「単なる男女平等というのは実はかえって社会の活力を削いでしまう」(長谷川三千子埼玉大教授)[この人は、反差別より反平等を進めようとしているらしい]

「伝統的に積み上げられてきた社会制度・慣行というようなものを見直すというのは、非常に危険ですね」(渡辺利夫拓殖大学長)

「県議会議員95人で女性がこれだけというのは、自分で立候補した人が民意で選ばれなかっただけだ」(関口喜一連合千葉副事務局長)

「『学校における男女平等の教育の促進』は、・・・運動会等でも男女一緒の騎馬戦などと性差をなくすようなかたちで行っていくことでした」(瀧田敏幸県議)[これは虚偽である。あえてこうした虚偽情報を広めるのは日本会議やそれに連なる右翼団体=編集部注]

いつ、このようなメンバーを選んだのだろう。メンバーが決まったとき、千葉県の女性議員たちは反対をしなかったのだろうか。女性県議たちは、「千葉県男女共同参画推進懇話会のメンバーが誰か全くわかりませんでした。情報がこないのです」と、嘆く。堂本時代のメンバーからほぼ全員が変わったらしい。

この「千葉県男女共同参画推進懇話会」からおよそ1カ月。9月、千葉県のホームページに「千葉県男女共同参画計画」の骨子案とポイントが発表された。なんと、肝心かなめの「男女平等」が抹殺されていた。

c0166264_16333389.jpg9月28日、女性議員を増やして男女平等の社会づくりをめざしている市民団体「全国フェミニスト議員連盟」(矢澤江美子・中村まさ子代表)は、この骨抜き計画に憤激し、千葉県庁に申し入れに行った(写真)。

かねてから怒り心頭に発している大野博美、小宮清子両県議も同席した。

連盟は、骨子案を根本から改善し、11月に公表されるという原案を、女性差別撤廃条約を遵守した中身にしてほしいと、要請した。応対したのは、県男女共同参画課の佐近優子課長、根本由香里室長。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2010-10-01 13:25 | その他

日本の地方議会には、どの程度、女性議員がいるだろうか。日本の、「低すぎる女性議員率、高すぎる女性ゼロ議会率」が公表された。それによると、女性議員はわずか10.9%。女性議員が誰もいない女性ゼロ議会は4分の1に登る。調査したのは、NGO全国フェミニスト議員連盟。

◆低すぎる女性議員率http://www.afer.jp/news/2010/0915/20091231.html

◆高すぎる女性ゼロ議会率http://www.afer.jp/news/2010/0915/20100801.html
[PR]
by bekokuma321 | 2010-09-16 18:09 | その他

日本の政党とクオータ制

全国フェミニスト議員連盟が、全政党にクオータ制を実行する気があるかを尋ねたところ、大政党を中心に、やる気はまったく見えなかった。その詳しい結果が同連盟HPにアップされたhttp://www.afer.jp/

日本の政党には、非常に残念だが、女性議員率を上げねばならないという認識が希薄であることを裏づけた。

結果のあらましは:
(1) 11政党中回答したのは6政党(民主党、自民党、共産党、社民党、公明党、日本創新党)
(2) 民主党、自民党、公明党、日本創新党はクオータ制を取り入れることを考えていない。
(3) 社民党、共産党 は党独自で既に取り入れている。
(4) 党内最高機関における女性の割合は、10%~20%と非常に少ない。

1992年創設以来、全国フェミニスト議員連盟は女性議員増の実現には「クオータ制」の導入をと、政府、各政党に対し繰り返し訴えてきた。昨年誕生した新政権は、『第三次男女共同参画基本計画策定にあたっての基本的考え方(答申)』に、「クオータ制」を日本政府としては初めて明記した。また政府は2020年まで全分野の方針決定部門に女性を30%にすると目標をたててはいる。
[PR]
by bekokuma321 | 2010-09-16 18:02 | その他

c0166264_20362836.jpg日本の大政党には、クオータ制を実行しようという気がない。こう憤慨するのは全国フェミニスト議員連盟(写真)。

同連盟は、今夏、11政党にクオータ制についてアンケート調査をした。それに、民主、自民、公明の3大政党は、実行予定も、何%にするかも「未定」と回答してきた。日本の主政党には女性議員率を上げねばならないという認識が希薄であることを裏づけた、と同連盟は分析する。

日本は、女性国会議員の世界ランク186カ国中121位である。目を覆いたくなるが、政党の今回の調査を見る限り、当然のなりゆきだ。この汚名を返上できる日はまだまだはるか先だろう。

しかしこれでは、暮らしにくさにあえぐ女たちはたまったものではない。保育所・学童保育不足、女性の貧困、セクハラ・DVの横行、非正規職場に追いやられる大勢の女性、介看護職の高離職率、女性差別民法・・・などが放置されたままとなる。こうした深刻な社会問題が政治の優先課題にならないからだ。

それにしても、一歩でも改善に近づけようという姿勢が、主要政党にまったく見られないのは、女性有権者をなめきっているとしかいいようがない。

女性差別撤廃条約を日本政府が批准してから、25年になる。同条約は、あらゆる分野における女性差別を撤廃するための国際法だ。その第4条に、実質的な男女平等のためにとるべき「暫定的特別措置」が規定されている。クオータはそのひとつで、一方の性がたとえば40%となるように割り当てる措置のことを指す。これまで、日本政府は、女性差別撤廃委員会から、何度も、この「暫定的特別措置」の実行を勧告されてきた。批准国全体に出す「一般勧告」にも、その実行が明記されている。

国会議員は、国民の先頭に立って法(国際条約も)を遵守すべき立場ある。その国会議員を誕生させるマシーン――それは政党だ。その政党がクオータ制に無頓着なのは、女性党員の力不足もあるが、奨励策を講じてこなかった過去の日本政府の怠慢にある。

『第三次男女共同参画基本計画策定にあたっての基本的考え方(答申)』に、「クオータ制」が明記されたが、日本の政府として初めてのことだった。

Moreをクリックすると、全国フェミニスト議員連盟の政党アンケート結果の詳細が読める。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2010-09-10 20:35 | その他

神永礼子書評(AFER 2010.8.15)

[画像にマウスを置いてクリックするとサイズが大きくなります]
AFERは全国フェミニスト議員連盟のニュースレター。

ノルウェー女性情報満載。
読んでみたい方は 『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-30 13:36 | ノルウェー