ナイジェリア人による国際犯罪シンジケートの親分3人(女性)がマドリードで逮捕された。

1月4日の報道によると、彼女たちは、自国ナイジェリアの少女たちに、スペインのビルバオ(ビスカヤ県)とベニドルム(アリカンテ県)のクラブや路上で性産業に従事させていた。

その手口はこうだ。

ナイジェリアの極貧の地に住む少女たち(年齢不明)に対して、ヨーロッパに行けば、きちんとした仕事で給料もいい職業につけると嘘をついて騙す。

嘘とは知らず承諾した少女たちを、ブードゥー教(民間信仰)の儀式に連れて行く。そこで魔術をかけて、組織に絶対忠誠を誓わなければ、少女たちやその家族がひどい目に合うことになると告げる。

その後、ナイジェリアの隣国ニジェールに移動。そこからさらに隣国リビア経由でイタリアに向かう。イタリアへは危険な船旅で、溺れ死ぬ人も多い。

イタリア到着後、いったん公的な移民シェルターに入る。シンジケートのメンバーがそこから連れ出して飛行場に。別のナイジェリア人少女の違法パスポートを使って、飛行機でスペインに渡る。

今回スペインで救済された少女たちは7人だった。

少女たちは、4万から4万5000ユーロかかっていると告げられて、返済に売春を強要された。1日14時間の休みなしの性労働だったという。

国際移民機構IOMによると、ナイジェリアからイタリア海岸に流れ着く何千人もの女性の80%は、人身売買の被害者であるという。以前、イギリスを中継地点として、世界各国に少女や女性を人身売買するナイジェリア犯罪組織について報道されていたが、今度のニュースはイタリアが中継地点だ。

現代の奴隷労働が、スペインで救済された少女たちの告発から明らかになりつつある。

Liberadas 7 jóvenes nigerianas obligadas a prostituirse en Bilbao y Benidorm por una organización dirigida por 3 mujeres
Voodoo threats and prostitution: The plight of Nigerian girls seeking new life in Spain
ガザ地区、ナイジェリア北部に緊急援助
「少女らの誘拐は神の意志」 
ノルウェーの買春禁止法の問題 

c0166264_1418812.jpg
     ▲国際移民機構のナイジェリア・リポート(上の内容は書かれていない)
[PR]
by bekokuma321 | 2017-01-09 14:36 | アジア・アフリカ

c0166264_22111879.jpgソマリー・マム。1971年ごろカンボジアに生まれた女性で、人道支援家として世界中で活躍している。

日本でも、彼女の本が、『幼い娼婦だった私へ』(高梨 ゆうり訳)となって、文芸春秋社から2006年に出版された。2008年には来日講演もした。

彼女は、ベストセラーとなった本や、それに基づく講演などの収入で、自分の名を冠した「ソマリー・マム財団」を創設。有名スターや著名人をはじめ世界中から、何百万ドルという寄付金を受けてきた。

さて、5月30日発行のニューズウィーク誌は、そんな彼女の半生はつくりものである、と発表した。

記者Simon Marksは、ソマリー・マムが生まれたカンボジアの村で、彼女を教えた教師、親せきなどたくさんの村人への入念な取材をもとに、彼女が語ってきた半生は嘘だったとする長い記事を発表した。

ソマリー・マムの語る略歴はこうだ。

「カンボジアの少数民族としてモンドルキリ州に生まれる。父母の消息は不明。見知らぬ老人に引き取られ、14,5歳で兵士と結婚させられる。まもなくして売春宿に売られる。拷問を受け、暴行される日々が8年近く続く。やがてフランス人と結婚。フランスで暮らした後、1996年、女性救援組織「AFESIP(アフェシップ)」をカンボジアに設立」

彼女は、この壮絶な半生が、女の子や女性に対する人身売買の根絶活動の動機となったとしている。彼女の創設した「AFESIP」は、苦境に立つ女性のための行動という意味だ。人身売買の被害者たちを救出し、リハビリと技能職業訓練を通じて、社会復帰の道をつくっているとされている。本部はカンボジア。拡大をつづけ、現在では、ラオス、タイ、ヴェトナム、フランス、スイスにまで支部があるという。

強姦、性的搾取、人身売買の被害者が、地獄からはいあがって、自分と同じ境遇の少女たちのために人生を捧げる――涙なしには聞けないソマリー・マムが語ってきた自らの人生。

その彼女がペテン師だったとは。ニューズウィーク誌を読む限り、その可能性は高い。

ニューズ・ウィーク誌の記事が出版されるとわかって、ソマリー・マムは、財団のすべての役職を辞すると発表したという。なんとも救いようがない嫌な感じが漂う。

しかし、カンボジアの少女たちが置かれた悲惨な現実は、嘘でもペテンでもなく、存在する。

Somaly Mam: The Holy Saint (and Sinner) of Sex Trafficking
Anti-sex slavery hero in Cambodia resigns after Newsweek exposé
http://www.somaly.org/
http://www.afesiplaos.org/
国際子ども権利センター15周年事業 ソマリー・マムさん招聘事業各地で大盛況!
日本からAFESIP(アフェシップ)に寄付された事実
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-31 22:24 | アジア・アフリカ

c0166264_1044819.jpg
4月3日、国連は、「ぞっとするような人間の虐待である人身売買」の根絶に向け、各国政府、民間、メディアなどに、一層の努力を要請した。

ユーリ・ヴィクトロヴィチ・フェドートフ(国連薬物犯罪事務所事務局長)は、こう語る。

「人身売買の被害者の80%は性的奴隷にされている」
「人身売買被害者の17%は強制労働に従事させられている」
「犯罪組織は毎年32兆ドルの利ザヤを稼ぐ」
「犠牲者の3分の2は女性である」
「人身売買被害者の100人に1人しか救助されていない」

■U.N.: 2.4 Million Human Trafficking Victims
http://www.time.com/time/world/article/0,8599,2111053,00.html
■General Assembly President calls for redoubling of efforts to end human trafficking
http://www.unodc.org/unodc/en/frontpage/2012/April/un-general-assembly-president-calls-for-re-doubled-efforts-to-end-human-trafficking.html?ref=fs1

【追記 20120407】4月5日段階で、日本のメディアにも、国連薬物犯罪事務所サイトにも、この発表が見当たらなかったため、FEM-NEWSは、独自に和訳して紹介した。それに対して、世界に冠たるノルウェーはどうか。主要新聞は、この国連薬物犯罪事務所からの発表を大々的に報道した。さらに、ノルウェーの元男女平等大臣グレーテ・ベルゲはfacebookでとりあげ、リンク先を載せている。
[PR]
by bekokuma321 | 2012-04-05 10:35 | その他

オハイオ州の人身売買

アメリカのオハイオ州から、悲惨な調査結果が公表された。

人身売買調査団体によると、毎年、オハイオ州では、アメリカ生まれの子ども1000人が性産業を強要され、800人の難民が性的搾取をされ単純労働を強制されているという。

ボストン・グローブ
[PR]
by bekokuma321 | 2010-02-14 02:35 | USA

2月12日、国連薬物犯罪事務所(UNODC)は世界人身売買報告を発表した。155カ国を調査したもの。

それによると、性的搾取が79%と最も多く、次に強制労働という形態である。また、人身売買をされる人の60%は女性であり、13%は少女である。まさに、21世紀の女性問題である。

さらに目をそむけたくなる事実が明らかになった。ジェンダーについて統計を出した国の中で、人身売買の加害者の多くは女性だという点だ。女性は、他のどの犯罪よりも人身売買において、主要な役割を果たしている。

国連薬物犯罪事務所代表は、次のように述べている。
「過去の被害者が加害者となっていることはショックである。なぜ、女性が女性を奴隷に引き込もうとするのか、その心理的、経済的、抑圧的原因を理解する必要がある」

http://www.unodc.org/unodc/en/frontpage/unodc-report-on-human-trafficking-exposes-modern-form-of-slavery-.html
[PR]
by bekokuma321 | 2009-02-21 02:28 | その他