c0166264_1362819.jpg「男女平等ランキング、日本は過去最低111位」
「男女格差 フィリピン7位 日本111位」
「日本の男女格差、111位に悪化 G7で最下位」

メディアは、こんな見出しで、2016年の「ジャンダー・ギャップ指数」を報じた。ダボス会議で知られる世界経済フォーラム(World Economic Forum)が、毎年、経済、教育、政治、健康の4分野で、女性と男性の間に格差がどのくらいあるかを調査して、発表している。

1位アイスランド、2位フィンランド、3位ノルウェー、4位スウェーデン、5位ルワンダ。トップファイブには、常連の北欧諸国が並ぶ。例外はルワンダだ。この国は内戦後、新憲法にクオータ制を明記して女性議員を増やし、今では女性国会議員が5割を超える。

さて、この数年、トップに輝き続ける国はアイスランド。北海道ほどの島に人口33万人が住む、北欧の国だ。

アイスランドは、この土曜日、国会議員63人を決める選挙がある。2016年4月、「パナマ文書」で首相の資産隠しが露呈。それに国民の怒りが爆発。首相を辞任に追い込んだ。新首相シグルドゥル・インキ・ヨーハンソン(注)は、改選を約束して政権を発足させた。その結果の総選挙だ。

注目されるのは海賊党。党首はビルギッタ・ヨンスドッティル(Birgitta Jónsdóttir )というフェミニストの運動家だ。最新世論調査は21%の高支持率で、ひょっとすると18人から21人の議席を獲得しそうだ。

その政策は急進的で、完全なる透明性、直接民主主義、商標登録制度反対などだ。既存の政治や政党にうんざりしている国民をひきつける点では、世界で台頭するポピュリスト政党なのだろう。

ビルギッタ党首は、「ネットで意見をつのって新憲法草案をつくるなど、これまでのシステムの根本的変革に同意する政党なら、どの政権とも連立を組む用意がある」と語る。選挙後が楽しみだ。

政治ばかりでなく、文化にも、フェミニストの風が吹いている。ネットで評判になっているのがダンス「少女たちへ」だ(左上写真)。女子中学生自身が作詞作曲をし、振り付けもした。

父権社会のモラルの押しつけや、女性の体のモノ化、など「性のダブルスタンダード」に対して、舞台で怒りまくる。見る人は、少女たちの力強い訴えに圧倒される。Youtube Elsku Stelpur (Dear Girls)で見られる。英語サブタイトル付

もうひとつ。アイスランドの公式ホームページにある、動画「アイスランドの男女平等」も一見に値する。

初の女性大統領だったフィンボガドッティルを出演させて、「女性のゼネスト」や女性解放運動を紹介する。そうした過去の闘いが男女平等社会につながっていることが浮かび上がる。そしてアイスランドに生まれて幸せだ、と若い女性が語る。

c0166264_1553332.jpg


さて、日本。世界144カ国中111位とは、この国の政策がいかにゆがんでいるかの証拠だ。なかでも「経済」は118位と、前年より12も下げた。日本の女性たちが、不安定で低賃金の非正規労働に押し込められている現状に、政治が見てみぬふりをしてきたことを示す。

人口の半数の人たちが、たまたまその性に生まれたがゆえに、これほど格差ある地位におかれていることは、犯罪的ですらある。

"Dear girls" - The sensational performance translated into English
アイスランドが、今年も世界一平和な国
日本の男女平等度、世界101位
アイスランド女性がいっせいに休んだ日
百田氏よ、恥を知れ!
日本142カ国の中で104位
女性の雇用率の高い国は
男女格差、世界136カ国中105位
1位アイスランド、98位日本
アイスランドが違法ノルウェー人に市民権

【注】この政権の前は、会社員をしながら労働組合運動に従事して政治家となった、ヨハンナ・シグルザルドッティルJóhanna Sigurðardóttirが首相だった。彼女は同性愛であることを公表した世界初の首相といわれた。パートナーは作家。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-10-27 02:17 | 北欧

c0166264_1441180.jpg世界経済フォーラムWorld Economic Forumが、男女平等の世界ランキングを発表した。いわゆるジェンダー・ギャップ。

日本は145カ国中101位(→)。「昨年は104位だったから3位上がった」と、小さな声で友人に告げたが、余りに情けなくて笑いがもれた。

朝日新聞は見出しも紙面扱いも目をひいた。もっと大きく扱っていい。国際会議で日本の実態をいくら知らせても、国内メディアの関心が低くては、日本人にグサリと届かないからだ。

オリンピックやスポーツで、日本が世界100位以下だとしたらどうか。ショックが国中を覆うのではないか。スポーツ界のお歴々が頭をかかえて陳謝し、テレビは特集を組み、専門家はやれ歴史的にはあーだこーだとさぞ騒々しいことだろう。

ところが、である。国民の半数以上を占める人――女性――の地位が、世界100カ国の仲間入りできないというスキャンダルに、この国は平気な顔をしている。

なぜ日本は101位なのか。

経済活動参加と機会106位、教育84位、健康と生存42位、政治参画104位。政治・経済界の「男の牙城」が崩れないからだ。

日本は、この調査が始まったころの2006年には、115カ国中79位だった。分母も増えたから単純には言えないが、この歩みの遅さ。愕然とする。メディアは、女性議員増に長年運動してきた全国フェミニスト議員連盟などの女性団体にコメントを求めるとか、女性候補者増に責任を有する政党や、女性雇用推進に責任を有する経団連や連合にこれまで何をやってきたか、今後はどんな対策をとるかなどを取材して、もっと騒ぐべきだ。

上位にはいつものように北欧諸国が並ぶ。ただしデンマークは今回はいらなかった。

1 アイスランド 
2 ノルウェー 
3 フィンランド  
4 スウェーデン
5 アイルランド

Global Gender Gap Report2015
How equal are you?
Global Gender Gap Report2015(冊子にすぐアクセスできる)
日本142カ国の中で104位
男女格差、世界136カ国中105位
百田氏よ、恥を知れ!
北欧に対する偏見
[PR]
by bekokuma321 | 2015-11-19 14:52 | 北欧

さきごろ、世界ジェンダー・ギャップ2013が公表された。世界経済フォーラムが、毎年発表している国際比較だ。あいかわらず、上位は北欧諸国。5カ国すべての国がトップテンにランクインしている。

日本は、136カ国中105位。経済、教育、健康、政治の4分野の平均だ。そのなかで、最もひどいのは政治的分野で、世界118位だ。健康分野が世界34位とまあまあ上位にあるため、総合では105位にあがった。

注目すべきは、日本は、7年前80位だったものの、どんどんランクを落としていることだ。日本が、いかに男女格差の解消に対して鈍感かを、これほどはっきり示す事実はない。

これはもはや風土病といえる。この病いを治しなさいと、国連をはじめ世界機関が何度もくりかえし、日本政府に対して改善を勧告してきた。しかし、政府は馬耳東風。この現実を真剣に報道してこなかった報道機関にも非がある。

その陰で、おびただしい数の女性たちの懊悩を思わずにはいられない。

世界ジェンダー・ギャップ上位国
1 アイスランド
2 フィンランド
3 ノルウェー
4 スウェーデン
5 フィリピン
6 アイルランド
7 ニュージーランド
8 デンマーク
9 スイス
10 ニカラグア
c0166264_9561995.jpg

http://www3.weforum.org/docs/WEF_GenderGap_Report_2013.pdf

(注) このニュースは以前も載せたが、国際女性デ―にあたって日本の世界における位置を再確認したかったため、再掲した。
[PR]
by bekokuma321 | 2014-03-09 10:02 | その他

日本136カ国中105位

c0166264_10455170.jpgダボス会議という名で知られる「世界経済フォーラムWorld Economic Forum」から、ジェンダーの世界ランキングが、10月25日発表された。

日本は136カ国中105位。上位にはいつものように北欧諸国が並んでいる。


『国際男女格差レポート2013 The Global Gender Gap Report 2013』日本語版は、こう記す。

「日本は前回よりも順位を4つ下げ、第105位でした。これは、女性議員が減少したことにより、経済活動への参加と機会でのスコア向上が目立たなくなったことが主な原因です」

レポートは、男女間の不平等格差の大きさを次の4分野から測定したもの。

1)経済活動への参加と機会– 給与、参加レベル、および専門職での雇用
2) 教育 – 初等教育や高等・専門教育への就学
3) 政治への関与– 政策決定機関への参画
4)健康と生存– 寿命と男女比

日本女性の寿命の長さや、教育程度の高さは定評がある。世界105位とは、それらを吹っ飛ばすどす黒い力――女性差別――があるからだ。これは、もう、この国の風土病としかいいようがない。政治家たちのネグレクトに強い憤りを覚える。

■The Global Gender Gap Report 2013
http://www.weforum.org/reports/global-gender-gap-report-2013
■日本、世界131カ国中101位
http://frihet.exblog.jp/18603988/
■日本の女性議員率、世界163位
http://frihet.exblog.jp/19872037/
■1位アイスランド、98位日本
http://frihet.exblog.jp/17052883/

今年と昨年の上位20カ国は、左下Moreをクリック。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-25 10:36 | その他

日本、世界131カ国中101位

c0166264_23373268.jpg10月24日、世界ジェンダー・ギャップ指数の2012年版が公表された。日本は、131カ国中101位。のけぞってしまうほどの低いランキングだ。

日本の101位は、100位マレーシアと102位ベリーズ(中米にある英連邦王国)の間だ。日本は2011年98位、2010年91位だった。年々、順位を下げている。あー、情けない!

世界で第1位はアイスランド、2位フィンランド、3位ノルウェー、4位スウェーデン、5位アイルランド。あいかわらず5カ国中4カ国が北欧諸国が占めた。

「世界ジェンダー・ギャップ指数」とは、経済分野、教育分野、政治分野、保健分野の4つの分野のデータから男女格差を測定。上位ほど男女格差が小さく、男女平等が進んでいるといえる。「世界経済フォーラム」が、2006年から毎年、調査・発表している。

1.Economic Participation and Opportunity(経済活動の参加と機会)
給与、経済参加レベル、および専門職への雇用
2.Educational Attainment(教育)
初等教育や高等・専門教育への就学
3.Health and Survival(健康と生存)
健康と寿命
4.Political Empowerment(政治への参画)
政策決定機関への参画

◆The Global Gender Gap Index 2012
http://www3.weforum.org/docs/GGGR12/MainChapter_GGGR12.pdf

■日本の「男女平等」国際ランキングhttps://docs.google.com/file/d/0B7taBkByawKZNDRjN2FjNjMtYjQyNi00MjUzLTljNzYtYzUyZjcxMzY4YjJm/edit?hl=ja&pli=1

■日本の女性議員率、世界136位
http://frihet.exblog.jp/18511613/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-25 23:44 | アジア・アフリカ

ダボス会議という名で知られる「世界経済フォーラムWorld Economic Forum」から、ジェンダーの世界ランキングが発表された。上位はいつものように北欧諸国。

日本は98位。驚くべきは、経済分野は世界100位、政治分野は、な、なんと101位。健康が1位だから、かろうじて98位と、三桁にならなかった。調査対象は137カ国

1 アイスランド
2 ノルウェー
3 フィンランド
4 スウェーデン
5 アイルランド
6 ニュージーランド
7 デンマーク
8 フィリピン
9 レソト
10 スイス

■Global Gender Gaphttp://www.weforum.org/issues/global-gender-gap

■2010年のランキング
男女平等世界1アイスランド、日本94位http://frihet.exblog.jp/15281882/
■2009年のランキング
男女平等世界トップテンhttp://frihet.exblog.jp/12767406/
■2008年のランキング
世界で最も男女平等の国はノルウェー
http://frihet.exblog.jp/10122349/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-04 01:02 | 北欧

c0166264_12152432.jpg
世界で男女格差の最も少ない国はどこか? 今年はアイスランドで、85%だった。世界経済フォーラム「世界ジェンダー・ギャップ指数2010」による134カ国の調査だ。世界経済フォーラム所長サーディア・ザヒディは、「世界一でも85%。まだ男女平等の国は世界に存在しません」と語る(写真)。

日本は94位で、65%。その内訳は、経済101位、政治101位、教育82位、健康1位。つまり、日本女性は世界で最も長寿であることから健康分野で首位にあるものの、経済、政治では134カ国101位と著しく低い。

日本女性の経済・政治分野における進出を促す特別な措置が必要であることがまたしても裏付けられた。

今年の特徴は
1)相変わらず北欧諸国がトップにランクされている
2)レソト、フィリピンがトップテンにランクイン
3)5位までのランクは2009年と全く同じ
4)1位アイスランド、スイスは、国内で男女平等推進を懸命にがんばっている
5)男女格差は健康・教育分野で非常に少なくなっているものの、政治経済では依然として男女格差が大きい。

Global Gender Gap Index Rank 2010
1  アイスランド
2  ノルウェー
3  フィンランド
4  スウェーデン
5  ニュージーランド
6  アイルランド
7  デンマーク
8  レソト
9  フィリピン
10 スイス

■Global Gender Gap Networkhttp://www.weforum.org/en/Communities/Women%20Leaders%20and%20Gender%20Parity/GenderGapNetwork/index.htm
■2009年http://frihet.exblog.jp/12767406
■2008年http://frihet.exblog.jp/10122349/
■2007年以前 http://www009.upp.so-net.ne.jp/mariko-m/fem-news.html
[PR]
by bekokuma321 | 2010-10-13 12:05 | その他

男女平等世界トップテン

2009年の男女平等世界トップ10は、以下のとおり。驚くべきは、昨年22位だった南アフリカが6位に急上昇したことだ。日本は75位。

スイスに本部を置く世界経済フォーラムが、134カ国を調査した。これによって、男女格差をなくすために1年間、どの国が努力したか、しなかったかがわかる。調査の英語名はGlobal Gender Gap report 2009.

1  アイスランド
2  フィンランド
3  ノルウェー
4  スウェーデン
5  ニュージーランド
6  南アフリカ
7  デンマーク
8  アイルランド
9  フィリピン
10 レソト

c0166264_13143850.jpg


出典http://www.weforum.org/en/media/Latest%20Press%20Releases/PR_GGG09
過去のデータはこちら
http://frihet.exblog.jp/10122349/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-28 13:21 | その他

日本の地方自治体の4分の1に、女性議員が誰もいません。信じられないことですが、本当です。

地方自治体は、人間の誕生から保育、教育、保健、福祉、死にいたるまで、日々の暮らしを支える基礎的行政の場です。その政策や予算を決める場に、女性議員がいない議会が25%近くもあるのです。地方自治体は民主主義の学校といわれることがありますが、人口の半分以上を占める女性の代表がおらずして、民主主義はありえません。

全国フェミニスト議員連盟が長年取り組んできた「女性ゼロ議会をなくそう!」グループの調査でわかりました。(全国フェミ二スト議員連盟

昨年公表された世界経済フォーラムの「ジェンダー・ギャップ指数」によれば、日本の世界ランキングを下げているのは、政治経済への女性進出の遅れです。2008年では、政治が107位、経済が102位と、見るも無残な低さです。しかも、これは国レベルだけを比較したものです。地方自治体を含めたら、もっと下がるのではないでしょうか。

日本女性は長寿世界一ともてはやされ、健康分野だけはトップでした。しかしそうした調査とは異なり、このジェンダー・ギャップに注目した健康調査は、2008年世界で38位。かならずしも高いわけではありません。その理由は原典によれば、女の子の出生数が少ないことがあげられています。

女性が安心して暮らせる社会をつくるためにも、女性の政治進出は欠かせません。とくに地方議会に女性議員を増やすために、大運動をする必要があります。


■日本のジェンダー・ギャップ世界ランキング■

c0166264_17384797.jpg


出典 
世界経済フォーラムhttp://www.weforum.org/en/index.htm
全国フェミニスト議員連盟http://www.afer.jp/
図表デザインは Mitsuart
世界経済フォーラム記事はこちらにもhttp://frihet.exblog.jp/10122349
[PR]
by bekokuma321 | 2009-08-22 03:46 | その他

世界98番目

「今すぐ批准されたとしても世界98番目」と、先日、書いた。まだ政府が批准していない「女性差別撤廃条約選択議定書」について、である。

世界98番目というランクは、実は、世界経済フォーラムの男女格差で示された日本の順位と同じだ。国際的経済団体が公表したもので、日本は130カ国中恥ずべき98位だった。

この世界経済フォーラムの男女格差ランクについてはhttp://frihet.exblog.jp/10122349/ 

130か国中98位ーーーこれは大相撲でいえば、「序二段68枚目に相当する」。さとうしゅういち記者の調べだ。序二段68枚目と言われたら、綱を締めなおしてがんばろーとなるはずだ、と思う。ところが、どうもこの国は、女性に関する限り、世界でどんなに指弾されようと平気の平左らしい。l
[PR]
by bekokuma321 | 2009-06-19 09:33 | アジア・アフリカ