詩織さんを応援します

ちょうど1カ月前、詩織さんは、山口敬之氏を告発する記者会見を開いた。全国フェミニスト議員連盟は、6月21日付で、詩織さんを応援する声明文を、東京検察審査会、東京地方検察庁、東京地方裁判所に届けた。

◆◆◆◆ 詩織さんを応援し、性暴力犯罪を起訴・処罰することを求めます ◆◆◆◆

東京検察審査会 担当審査会会長様
東京地方検察庁 検事正 堺徹様
東京地方裁判所長 奥田正昭様

5月29日、東京・霞が関の司法クラブで詩織さんが記者会見を行いました。詩織さんと面識のあるジャーナリスト山口敬之氏を準強姦の容疑で訴え、東京地方検察庁により不起訴となったことに対して、検察審査会に不服申し立てするものでした。

私たちは、詩織さんの勇気に心からの拍手を送り、不起訴処分に強く抗議するとともに、検察審査会での公正な審査を求めます。

強姦は面識のある相手が加害者であることが多いというデ―タがあります。しかし、知り合いからの性暴力被害について、実名を明らかにして訴えることは、日本社会では極めて困難です。視聴した会見報道によると、詩織さんは実名を出し大勢の記者団をまっすぐに見つめて、こう訴えていました。

「本当に変わるべきは一般的な考え方。こういう事件に遭ったら恥ずかしい、黙っていた方がいい、君が傷つくだけ、と言われる」「取り調べ中も被害者らしく振る舞いなさいと言われたが、被害者が悲しい、弱い、隠れなきゃいけないという状態にあることに疑問を感じた」「性犯罪の被害者が隠れていなければならない現状を変えたい」。

詩織さんの力強さに、性暴力にあって声を上げられないでいる多くの人々が励まされていると私たちは考えます。

私たち全国フェミニスト議員連盟は、1992年以来、女性の政治参画を推進し、女性の声を政治に反映することで、誰もが尊重される多様で平等な社会の形成をめざし活動をする、市民と議員の団体です。これまでも、メディア等で繰り返される「性暴力表現」「性の商品化」などを問題にし、“性暴力許容文化”を許さない姿勢を示してきました。また、政府や自治体に対し、性犯罪防止につながるまちづくり、法制度の改善、性犯罪にあった当事者や家族への支援体制を求める活動をしてきました。

女性向けインターネットサイト「ウートピ」の調査では、回答者の1/3が性暴力を受けたことがあると答えています。一方で、内閣府調査によると、女性で、異性から無理やり性交された経験を「あった」と回答した6.5%のうち、「相談しなかった」人は67.5%。「相談した」31.6%のうち「警察」に相談したのは、わずか4.3%だけです(2014年度)。性暴力犯罪にあった人に対する法的な権利保障や支援体制が不十分であるうえ、被害者にも非があったなどの偏見による“二次被害”が多いからだと考えられます。

多くの「詩織さん」を孤立させず、被害から回復に至るまで当事者中心の支援体制の充実を政府、自治体に求めていくことを、私たちは誓います。加えて、このたびの改正刑法は、告訴しなくても起訴できるようになったこと、厳罰化されたことなど画期的ですが、暴行・脅迫要件が残ったため被害者の抵抗が要求されることや、時効制度も手つかずであるなど課題が指摘されています。3年後の見直しを待たず一刻も早い更なる改正を求めます。

なによりも詩織さんの被害を「なかったこと」にさせてはなりません。私たちは、詩織さんに対する性暴力が犯罪として認められ、加害者が厳正に処罰されることを、関係三機関の皆さまに強く訴えます。

2017年6月21日

全国フェミニスト議員連盟
共同代表 ひぐちのりこ(宮城県仙台市議)
同 上  日向美砂子(東京都小平市議)
事務局   小磯妙子(神奈川県茅ケ崎市議)

c0166264_22434278.jpg
 ▲検察庁のパンフレット「犯罪被害者の方々へ」。イメージは被害者寄りのようだが。


詩織さんの告発
[PR]
by bekokuma321 | 2017-06-29 22:50 | その他

先日、米ミズーリ州で、黒人を射殺した白人警察官が不起訴と決まりました。不起訴に怒った市民たちの抗議運動が全米で起きていますね。

殺されたのは、マイケル・ブラウンさん。18歳。今年8月、ミズーリ州セントルイス郊外のコンビニから自宅に帰る途中に警官から発砲されて、その場で死亡したそうです。若者から未来を奪った警察官が不起訴とは。あきれてものが言えません。

思い出すのは、20年以上前、1992年の日本人留学生殺害事件です。ルイジアナ州に留学していた服部剛丈君がハロウインパーティで、間違って訪れた家の前で射殺されたのです。射殺した家人は起訴されましたが、正当防衛を主張して無罪でした。しかしながら、その後の民事裁判では、刑事とは正反対の結果となり、相手は敗訴しました。

どちらの事件も、加害者は白人、被害者は有色人種です。加害者は、ミズーリ州事件では「不起訴」、20年前の事件では起訴後「無罪」となりました。この不当な結果に、有色人種を白人の下に見る差別意識がアメリカ社会にいまだ存在していて、だから白人の罪に甘いのだ、と思わない人はいないはずです。

さて、三井マリ子さんが告発した松浦大悟氏秘書らの「有印私文書偽造・同行使・詐欺事件」も不起訴とされてしまいました。不起訴と聞いて、私は、怒りでふるえました(注1)。

c0166264_16565855.jpg


松浦氏は当時参議院議員で、昨年落選した今も、なぜか民主党秋田県の代表という地位についています。証拠不十分だから不起訴だそうですが、警察や検察が松浦氏側に甘い結果を下したのは、松浦氏側を上に、マリ子さん側を下に見る意識があったからではないか、と思ってしまいます。

松浦氏はさっそくネットで「三井氏には正しい対応をしてまいりましたので、不起訴になったことは大変喜ばしいと思っております。これからも誠実に対応してまいります。」と書いていました。マリ子さんを「全身全霊で支える」と懇願して秋田に移住させて、落選後ただちに秋田から追放した上、選挙収支を見せてほしいというマリ子さんの依頼を無視してきたことが、「正しい対応」だったというのでしょうか。

松浦氏の秘書が、「三井さんの委任状を持って口座を開設した」と警察官に言ったそうですが、その委任状はなかったことが、先月の民事の裁判で判明しています。松浦氏秘書は警察官に偽証したわけですね。

さらに先月の民事裁判で、今まで「三井さんが言う“隠し口座”などない。三井さんには書面を見せながらその口座について説明して了承を得てから開設した」と言い張っていたのですが、それが嘘だった、と松浦側は認めました。

ちゃんと起訴をして、法廷で審判を下すべき刑事事件であるとつくづく思います。刑事でいったん不起訴や、無罪とされた事件を覆すのは困難をきわめます。民事で攻めていくしかなく、家族・周囲の人たちの並々ならぬ努力が必要で、あきらめてしまいそうになります。

20年前の服部君事件では、両親や友人たちは刑事で負けてもめげなかったのです。長い間の努力によって、民事のほうで、あらたな証拠が次々に見つかり、ついに相手を敗訴に追い詰めたのです。頭が下がります。

c0166264_20332396.jpg大倉 由紀子 さみどりの会(注2)

【写真上:2012.11 三井候補と松浦大悟氏の“事前ポスター”。三井候補の”事前ポスター”はわずか300枚しかなかった。写真右:2014.11 秋田市内で】

(注1)三井さんの告発を機に発覚した別の事件は、起訴・不起訴が決まっていない。こちらは、三井候補のポスター貼りを請け負った民主党秋田県連(代表松浦大悟)の幹部が、ポスター貼りをしてない架空の人たちを貼ったことにでっちあげて1人1万円を自分の懐に入れた横領事件

(注2)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。裁判報道は左下のMoreをクリック。
c0166264_15134969.jpg

More
[PR]
by bekokuma321 | 2014-11-28 17:13 | 秋田

今朝の読売新聞を見て、驚きました。

秋田地検は、松浦大悟元参議院議員の秘書だった女性を「嫌疑不十分で不起訴にした」そうです。

選挙口座の開設について、本人の了解なしに通帳を作って活用したことは、裁判所に提出した録音テープを調べると明白です。なぜ不起訴なのか、疑問です。

 [クリックすると大きくなります]

テープ起こし原稿を読むと、誰でも、松浦大悟参議院議員秘書(当時)が、「受入口口座」という口座を隠し続けてきたことがわかります。

  「三井: 新しくつくったのが,三井個人口座ですね。
  T: 個人口座,それから三井マリ子と進む会。
  三井: 後援会ですね。
  T: 後援会というよりは,政治資金団体です。
  三井: 政治資金団体ね。
  T: これは選管に届けてあります。ですので,選管にどのように使ったか,
     誰から何をもらったかということを届け出る義務があるということです。
     それと,あの,
  T,K: 民主党秋田県第3 総支部。
  三井: じゃ,3つですね、4つではなかったですね。
  T,K: 3つです。はい,3つ。いまのところ3つです。それで,今日あらたに
      発生するのが,年をまたぐので,第4の口座として,民主党秋田県
      第3総支部基金。
  三井: 基金と言うものを作りたいということですね。
  K: 考え方としては,3番の第3総支部の口座と,基金口座というのは
     ワンセットなんです。
  T: 連動します。
  K: 年をまたぐということになるとワンセットになるんですね。
  三井: ふーん。」

これを読めば、検事や警察官なら、すぐわかるはずです。数時間にわたる録音なので、ほかにも同じように銀行口座について話されていますが、そのどこにも、「受入口口座」の名は出ていません。何が何でも隠さなければならなかったのでしょう。

今日の決定は、よく証拠を調べもしないままに幕引きを図ったように思えてなりません。

あれだけ三井マリ子さんを苦しめ、それでも足りないというのでしょうか。それに加担した形になる警察や検察のやり方には不信を抱きます。許せません。

三井さんは、秋田から衆院選候補にと、松浦大悟参議院議員から、三顧の礼をつくして(つくしたかのようにして)説得につぐ説得を受けました。断っても断っても、さまざまな議員や関係者を通じて、勧誘は続きました。秋田の人たちがそこまで自分を待っているならば、と、秋田に骨をうずめるつもりで秋田移住を決意したそうです。

人生をかけた決断ですから、落選したからハイサヨウナラと秋田を去るなど思ってもなかったのは当然です。それなのに、松浦大悟参議院議員は、三井さんが落選したわずか5日後に、「ここから出て行くように」と三井さんを追い出したのです。

元秘書は不起訴になりましたが、三井さん追放の影に違法的行為があったことはぬぐいされない、と私は思います。民事裁判で、かならず明らかにされるはずです。

三井さんは、「残念。弁護士と相談して、検察審査会に不服を申し立てるか、(口座無断開設などに関して損害賠償を求める)民事裁判に集中するか検討する」と、読売新聞にコメントしています。

2012年12月末、まるで夜逃げ同然のように、三井さんは秋田を去りました。私は、その引越を手伝いました。

三井さんは、打ちのめされていました。同様に、私もとことん打ちのめされました。あの時の辛さを思い出すたびに、私は思います――この裁判は絶対に負けられない、と。

大倉 由紀子 さみどりの会(注)


(注)衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。裁判報道は下を。
c0166264_15134969.jpg
裁判と人格攻撃
私も悔しい
改ざんしたかのように言ってきた
青天の霹靂
「政治とカネ」にメスを入れる三井裁判
政党交付金の残金を国庫に返還
今朝の読売を読んで 「解散・返還は当たり前」
澤藤弁護士ブログを読んで
決定的証拠が裁判長に提出された
供託金は秋田おばこのデモクラシーに
秋田おばこのデモクラシーに大賛成
マラッカ海峡より
裁判をしなかったら供託金はどこに?
「供託金もどって一安心」_5.21読売新聞
女は使い捨ての駒か
5月10日のNHK、11日の朝日、読売、魁
供託金、もどった
秋田おばこのデモクラシー
4月15日の毎日新聞
裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-10-15 11:05 | 秋田