タグ:三井マリ子 ( 27 ) タグの人気記事

4月4日(金)午後6時台に秋田県で放映されたNHKニュースは、三井裁判について次のように報道した。

■■■■■■ 選挙資金裁判 争点絞られる ■■■■■■

おととしの衆議院選挙で落選した三井マリ子氏が民主党県連の松浦大悟代表らに選挙資金の不明朗な会計処理をされたなどと訴えた裁判が4日開かれ、争点が絞られてきました。

c0166264_1619394.jpgおととしの衆議院選挙の秋田3区で民主党公認で落選した三井マリ子氏は選挙資金を実質的に管理していた民主党県連の松浦代表の当時の秘書らに不明朗な会計処理をされたと主張して、2700万円あまりを賠償するよう求めています。

4日秋田地方裁判所で2回目の裁判が開かれ、三井氏側は選挙後に秘書らと交わした会話の録音データなどを証拠として提出し「秘書らが党本部から政党交付金が振り込まれる口座を隠していたことは明らかで、翌年の松浦代表の選挙にあてようとしていた」と主張しました。

裁判の争点は松浦代表の秘書らが口座の存在を説明していたかどうかに絞られてきました。

松浦代表側は「三井氏の承諾を得ており、支出の内訳も説明している。三井氏の主張は決めつけだ」と主張し、全面的に対立しています。

一方、三井氏側は選挙の供託金300万円が県連から返還されていないとも訴えていましたが、三井氏の弁護士によりますと、4日の裁判の後の協議で裁判長から「県連から三井氏に返還してはどうか」と提案があったということです。

この提案について民主党県連の松浦代表は「県連で検討します」とコメントしています。

■■■■■■■ 写真は秋田地裁 ■■■■■■■■■

c0166264_15134969.jpg
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-06 16:29 | 秋田

c0166264_15134969.jpg2月8日、秋田では昨日に続いて、各紙が三井さんの告発した事件を報道しています。

今日は、秋田の地元紙「秋田魁新報」が大きくとりあげており、これで秋田の多くの人に知ってもらえると思いうれしかったです。

 
▲秋田魁2014.2.8 (クリックすると拡大されます)


▲読売新聞秋田版2014.2.8(クリックすると拡大されます)


▲毎日新聞秋田版2014.2.8(クリックすると拡大されます)


▲朝日新聞秋田版2014.2.8(クリックすると拡大されます)

今日の記事で気づいたのは、ポスター貼りの虚偽記載・横領事件と、有印私文書偽造・同行使・詐欺事件とを分けて書いていることです。秋田魁と読売は見出しも2つつけ、別の刑事事件であることをわかりやすくしています。

また、読売は、「陣営の取りまとめ役の男3人」と表現する一方、「松浦氏の元秘書の女性」と表現しています。朝日は、「書類送検は4人」とはっきりした見出しです。違反容疑者は、男性3人、女性1人と書いています。毎日は、有印私文書のほうに触れておらず、「男3人」とのみ書いています。

テレビのニュース番組でも報道されたようです。そのうち、AABニュース(テレビ朝日系)をネットで見ました。驚いたのはアナウンサーが次のように言ったことです。

「松浦氏の元秘書の女は、開設の権限がないにも関わらず、三井マリ子氏の名義で口座を作り、通帳をだまし取った有印私文書偽造などの容疑です」

ほんの数分のニュースですが、こういう場面で「女」と表現されると、違法行為の容疑者なんだと頭にすっとはいるから、不思議です。

                岡田夫佐子@名古屋  さみどりの会(注)事務局

(注) 「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」。女性は子どもを産むだけではない、世界を産み出すのだという阿木津 英の短歌です。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいました。三井さんを支援する会の愛称「さみどりの会」の由来です。右上のマークは「さみどりの会」のロゴ(ふじみつこ作)。

秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
        
[PR]
by bekokuma321 | 2014-02-08 18:46 | 秋田

c0166264_15134969.jpgやったー! 選挙関係者が書類送検されたという報道(↓)を読みました。

ようやくここまで来たって感じです。次は検察の調べになります。それが終わったら刑事裁判でしょうか。

毎日新聞は、事件が三井・松浦の2選挙に渡ることから、過去の選挙でも同様の違反があったのではないかと指摘し、民主党秋田県連の説明責任に言及しています。

三井マリ子さんが刑事告発、および民事訴訟に踏み切った動機と重なります。

 
▲毎日新聞秋田版2014.2.7 (クリックすると拡大されます)


▲朝日新聞秋田版2014.2.7(クリックすると拡大されます)

毎日の記事は、小林洋子・松本紫帆の女性記者2人が書いています。解説欄を書いた小林記者は1月24日の裁判説明会でも質問をしていました。

秋田の地で、男女平等を進める活動を思い描いていた三井さんにとって、女性記者の熱意ある取材と、毅然とした主張はうれしいに違いありません。

ことに、「低迷が続く民主党。ここでうみを出し切らなければ、さらに厳しい選挙戦を迫られるだろう」は力強い。全く同感です。有権者をバカにするな!と言いたい。涙が出てきました。同時に、生きる力が湧いてきました。

                    岡田夫佐子@名古屋  さみどりの会(注)事務局

(注) 「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」。女性は子どもを産むだけではない、世界を産み出すのだという阿木津 英の短歌です。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいました。三井さんを支援する会の愛称「さみどりの会」の由来です。

三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-02-07 15:22 | 秋田

1月24日、秋田地裁における、「三井候補秋田追放事件を究明する裁判」を報告した岡田夫佐子です。

三井マリ子さんが、法廷で、最後に言った重要な点を書き忘れました。

三井さんは、選挙資金の大部分は政党交付金で、それは全国民が1人あたり250円を出し合った血税だ、だからこそ明らかにすべき、だと言いました。

私は、この部分を聞いて、本来民主主義実現のための政治システムである選挙を、自らの政治資金に取り込む道具にしたのではないか、と思えてなりませんでした。生身の人間である三井さんを使って。

この裁判が、そうした私の疑念を明らかにする裁判であってほしいと切に願います。


岡田 夫佐子  さみどりの会(注)事務局

(注) 「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」。女性は子どもを産むだけではない、世界を産み出すのだという阿木津 英の短歌です。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいました。三井さんを支援する会の愛称「さみどりの会」の由来です。

c0166264_10311261.jpg
▲2014年1月24日、秋田市内にて。撮影岡橋時子

三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判c0166264_15134969.jpg
[PR]
by bekokuma321 | 2014-01-30 10:34 | 秋田

 
▲朝日新聞 秋田版 2014/1/25 (クリックすると読みやすくなります)


▲毎日新聞 秋田版 2014/1/25 (クリックすると読みやすくなります)


▲河北新報 2014/1/25 (クリックすると読みやすくなります)


記事に書かれている裁判については、岡田ふさ子さんの投稿をどうぞ。

三井候補秋田追放事件を究明する裁判c0166264_15134969.jpg
[PR]
by bekokuma321 | 2014-01-28 21:42 | 秋田

1月24日、午後2時、秋田地裁で、「三井候補秋田追放事件を究明する裁判」が始まりました。

開廷後、まず報道陣向けカメラ撮影がありました。松浦大悟さんは、被告席からじっと傍聴席側のカメラに視線を向けていました。

次に、裁判官3人と原告・被告側とで書面を確認しあった後、原告三井マリ子さんの陳述がありました。

三井さんは、だいたい次のように述べました。

民主党新人の当選など絶対ありえなかった一昨年、民主党・松浦大悟議員から度重なる立候補勧誘を受けたこと。

「盤石の支援体制がある」と言われて、秋田の女性が仕事と家庭を両立できるような政治活動をする意義があると、秋田移住をついに決意したこと。

落選後も秋田での活動を表明していたものの落選した5日後に松浦議員らから追い出されたこと。

追放された後、選挙収支内容を知らせてほしいと何度も松浦議員に要求してもなしのつぶてだったこと。

やむなく秋田に通って調査したら、さまざまな疑惑が見つかったこと。

一方、被告松浦さんは、傍聴席にパネルを向けて政党交付金の中味を説明しました。一見落ち着いて話しているようでしたが、原稿を繰る時の手が小刻みに震えるのが見てとれました。

特別傍聴席8席と、一般席19席のほとんどは、原告側の傍聴人で埋まっていました。法廷内に入りきれず、法廷の外で待機していただいた方も数人いました。新聞を見てという方、ホームページを見てという方もいました。

c0166264_1114848.jpg
裁判後には、場所を移して、裁判説明会がありました。三井さんの弁護士3人と三井さんが横断幕の前に座りました。90人の部屋は報道陣や支援者でほぼ満席でした。

近江直人弁護士は「隠し口座については証拠があります」と、報道陣の質問に答えていました。

秋田地方では、24日午後6時台のテレビニュースで放映されました。翌25日、ほぼ全紙が報道しました。それによると、被告側は、「全面的に争う」ということ。松浦さんの言葉によると「三井さんは誤解されている」とのことです。

この裁判は、ふるさと秋田に平等と福祉を根づかせたいと落選覚悟で立候補した三井さんの心をもてあそび、三井さんに著しい苦痛を負わせた被告らに損害賠償を求めるものだと、私は思います。

なんとしても三井さんに勝ってもらわねばなりません。

次回は4月4日(金)14時、秋田地裁です。 

岡田 夫佐子  さみどりの会(注)事務局

(注) 「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」。女性は子どもを産むだけではない、世界を産み出すのだという阿木津 英の短歌です。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいました。三井さんを支援する会の愛称「さみどりの会」の由来です。

【写真:2014年1月24日、秋田市内にて。撮影岡橋時子】

関連記事は左下Moreをクリック。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2014-01-28 11:17 | 秋田

北欧の選挙、日本の選挙

北欧と日本の政治の違いを、国政選挙の実体験もとに探ります。2月16日(土)午後2時、大阪府豊中市のすてっぷにて。すてっぷは阪急宝塚線豊中駅おりたら、すぐです。

c0166264_21201870.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-12 21:30 | 北欧

c0166264_131365.jpg4月初め、“オランダ・ベルギー、ルクセンブルク”に花のアート鑑賞に行ってきました。長旅は絶好の読書の機会です。今回は、旅のお連れに三井マリ子さんの『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』を持っていきました。

あっという間に読み終わりました。ああ、そうだったのか、ああ、あれはこういうことを言っていたのか、といろいろ思い出しました。

後半の山本瑞枝事務局長が、「三井さんを裏切りました」と白状したあたりから、三井さんが豊中市や財団から追い詰められてやめさせられてゆく姿が目に浮かぶようで、涙がとめどなく流れてきました。同性である女性の部下の長期にわたる裏切り行為、市長の意を受けた幹部たちの隠密裏に運んだ三井潰しの日々、それを初めてさとったときの悪夢の瞬間―――胸に、ヒシヒシと伝わってくる内容です。嗚咽が続き、隣の席の人に気づかれたかもしれません。

実は私は三井さんの裁判を支えてきた一人です。7年間の裁判闘争の中では辛いこともありましたが、全国から800人もの人たちがこの裁判勝利をめざして、最後まで運動をつづけたことは、近来まれにみる女性運動だったのではないかと自負しています。

長く支えてきた裁判が、こうして本になった。それを読むことができてほんとうによかったと思います。豊中市に象徴される地方自治体の男性優位社会、女性を解雇することや女性の人権を蹂躙することなど問題視してない政治や行政。三井さんが裁判で訴えたがゆえに、そして、本を発行したがゆえに、白日のもとにさらされたのです。

上田 美江(館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会元代表)
[PR]
by bekokuma321 | 2012-04-26 17:22 | その他

●連載● クオータ制は平等社会への一里塚 第3回

インドの目標は33%

                   三井マリ子(全国フェミニスト議員連盟国際部)


2012年1月3日、私のメールボックスに「女性33%クオータ制を明記したインド憲法修正案、下院で否決」というニューヨークタイムズのニュースが届いた。90年代から憲法改正をめざして闘ってきたインドの女性たちのがっかりした顔が浮かぶ。でも、インド女性の長い運動をみると、きっと次なる闘いに励むに違いない。

インドは13年間の大議論を経て2010年3月、「国会議員の33%を女性に割り当てる」という憲法改正を可決した。賛成191票、反対1票だった。多くの女性団体が「私たちの運動の勝利」を疑わなかったのだが、下院はこれを否決した。

インドは、上下院とも女性議員は約10%。クオータ制を求めての闘いを私が知ったのは、1998年フィリピンのマニラだった。女性の政治参加を世界的規模で進める戦略を話し合う国際会議「女性の政治参画:責任と指導力」に、参加要請されて、全国フェミニスト議員連盟会員を中心に同行者を募った。参加国45カ国、335人。15人の日本代表は3日間にわたる討論に参加した。会場を沸かせたのは、カラフルなサリ―姿のインド代表だった。

「みなさん、今、インドで、女性たちが国会を取り巻まいています。私たちは、1994年、全ての地方議会(panchayati)の33%を女性議員にする法律を制定させました。次の目標は、国会議員の33%を女性にする憲法改正です。これまで、一握りの男性議員に邪魔されて法案がたなざらしになってきました。業をにやした女性たちは、今、怒りの声を国会に届けているのです」

インド女性の就学率は日本よりはるかに低く、貧困層も比較にならないほど厚い。女性の政治参画に女性たちが体をはって運動をしている、という生の報告は衝撃的だった。

日本の15人は、丸テーブルを囲んで日本ではどうしたらいいかを話し合った。そして、1999年の統一地方選から女性議員を増やすための大キャンペーンをしようと決意した。そのプロジェクト名は「女性の政治キャンペーン」と決まった。私たちは、一人ずつ財布から1万円札を出して、テーブルの真ん中に置いた。

帰国後、この15万円を元手にした「女性の政治キャンペーン」が動き出した。

(全国フェミニスト議員連盟「AFER」 72号 2012.2.25 より転載)




 
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-30 16:23 | アジア・アフリカ

ヨーロッパで最も女性の就業率が高く、そして子どもを産み育てやすい国。それがノルウェーです。

保育園や老人サービスセンターで働く女性は安心安定の公務員。でも、地方議員は無給のボランティア。そんな不思議な国の元気な女性たち映像を見ながら・・・。少人数のミニセミナーにいらっしゃいませんか。

●「いま、ノルウェーの女性たちは」(三井マリ子)
●2012年3月17日(土曜日)午前11時~12時
●文京シビックセンター3F
●どなたでもお気軽にどうぞ


クリックすると読めるサイズに変わります。

5月末からのフィンランド、ノルウェーの女性の生き方を探る旅に向けての研修です。一度は行ってみたい憧れの北欧。ミニセミナーだけの参加も大歓迎!
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-15 18:22 | ノルウェー