c0166264_234628.jpgオリンピックだ。毎日、メダルのニュースばかりだが、なかにはメダルよりも強く輝く報道がある。

BBCが報道した、ブラジルのラファエラ・シルバの記事。柔道女子57キロ級で優勝した黒人女性だ。

彼女は、リオデジャネイロのファベーラと呼ばれるスラム街で生まれた。オリンピック開催地の近くだ。映画「神の町(Cidade de Deus)」(写真)によって世界にその悪名がとどろいたらしい。そこにあるのは、麻薬と暴力。

食うか食われるかの生活のなか、親がラファエラを無料の柔道スクールに通わせたことが人生の転機となった。「バスに乗るお金がなく、柔道スクールまで歩いて通った」彼女だが、メキメキと頭角を現した。

ラファエラ・シルバは2012年のロンドンオリンピックに出場した。しかし、ルール違反をしたため撤退せざるをえなかった。その後、彼女には悪辣な嫌がらせが投げつけられた。

「猿の居場所は檻の中だ。オリンピックではない」

屈辱、侮蔑。このメールに彼女は完全に落ち込んだ。引退まで考えたと書かれている。

ブラジルは、先住民、ポルトガル人の子孫、アフリカ奴隷の子孫、ヨーロッパやアジアからの移民・・・と、人種のるつぼである。その中で、神の町に住むのは有色人種ばかり。貧困と差別から生涯抜け出せない人が多いのだ。

ブラジルのWeb新聞によると、8月8日、近所の人たちや親せきが、彼女の通った柔道スクールに集まって、テレビで試合を観戦していた。スクールのトレーナーは、「ここに住んでいる子どもたちに、どれだけ力と勇気を与えることか」と叫んだ、と報道されている。

ラファエラ・シルバは、神の町(Cidade de Deus)を、「女神の町(Cidade de Deusa)」にした。

Rio 2016: Brazil's first gold from the City of God favela
From Rio’s Slums, a Judo Champion Is Mining Olympic Gold
Cidade de Deus reclama de juiz e comemora ouro de cria Rafaela Silva
[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-11 23:56 | 中南米