テレビ報道はフランス大統領選ばかりだが、北欧フィンランドの選挙について一言。

c0166264_22443087.jpg
 
4月9日(日)、首都ヘルシンキ議会で、フェミニスト党の代表カチュ・アロKatju Aroが初議席を得た。

フェミニスト党は、スウェーデンでFeminist Initiativeの名で誕生以来、北欧各国に生まれている。「国境なきフェミニズム」とも呼んでいる(上の写真)。既成政党が力を入れてこなかった男女平等を中心に、難民を含むすべての人の間の差別撤廃を掲げる。これぞ、本当の改革派だ。

Katju Aroのモットーは「すべての政治は、人間の尊厳を守るためにある」

フィンランド・フェミニスト党は、国会議員選挙で票を伸ばした右翼の「フィンランド党」に危機感を抱いて、2016年夏から活動を開始し、年末に公認されたばかりだ。2017年4月の統一地方選では、ヘルシンキをはじめ9市で候補者リストを出した。全体で6856票、0.3%、1議席をえた。

このような理想主義的政党が、わずか4ヶ月ほどの政党活動で、9市の議会に大勢の候補者を出し、首都の議会に議員を誕生させたとは驚きだ。比例代表制選挙ならでは、といえる。

Feministinenpuolue
Feminist Parties Moving Forward in the Nordic Countries
真っ赤なリュージュで男女平等
イギリス6割が選挙制度改革に賛成 
「育児パッケージ」がはぐくみ育てる平等の社会
アバのベニー・アンダーソン、フェミニスト党を支援
選挙制度は政治を根本から変えた(ニュージーランド)
高校生も立候補するカネのかからない選挙
[PR]
by bekokuma321 | 2017-05-08 22:56 | 北欧