タグ:フランス ( 41 ) タグの人気記事

c0166264_10145199.jpgフランスに、久しぶりの社会党大統領が誕生した。そのオランド大統領を支える新内閣閣僚が発表された。

5月16日、フランスの女性団体は、フランスの歴史初の「パリテ内閣誕生」と、「女性の権利省の新設」を歓迎した。

この2大テーマは、「フェミニズム運動」という名で、女性団体が連帯して強く要請してきたもの。「パリテ」は男女半々という意味。憲法改正によって、その確保がうたわれている。

しかし、「あえてフェミニズム」という女性団体などは、34人中女性17人の「パリテ内閣」を祝ったものの、法相クリスティーヌ・タウビラを除き、女性閣僚は、いわゆる女性的分野とされてきた省にかたまっていることを、批判している。

さらに、同女性団体は、ただちに、こう女性たちに呼びかけた。

「オランドは、男女平等推進に40項目を約束した。今後、男女平等が、遅滞なく、確実に推進されるよう、何週間も何カ月も、目をこらして監視していこう!」

首相はジャンマルク・エロー。外務相はローラン・ファビウス。財務相は、ピエール・モスコヴィッシ。しかし、社会党党首であり、党内でオランドと大統領候補を競ったマルティーヌ・オブリ(女性)は大臣就任を拒否した。彼女は社会党の党首は続行するという。

女性の権利省は、フランス語でMinistre des droits des femmes 。「女性の権利」という端的でわかりやすい言葉だ。

c0166264_054049.jpgそして、その輝く言葉を冠した「省」を獲得するまでがんばってきたフランス女性団体の運動に、心から敬意を表する。

それにオランド大統領の私生活にも注目したい。彼のもっとも近いところにいる女性はフェミニストだ。現パートナーは事実婚のジャーナリストで政治分野に精通している。彼の元パートナーは、前回大統領選でサルコジに負けた社会党初の女性大統領候補マリー・セゴレーヌ・ロワイヤル。そのときも、2人は事実婚だった。ロワイヤルの大統領選最中に、オランドと現パートナーとの仲がバレ、ロワイヤルは「出ていけ」と彼を追い出した、と報道されている。彼は、“強い女”たちと親密な関係を築いてきた男性なのだ。

■French PM Jean-Marc Ayrault names new government
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-18084978
■Osez le féminisme ! salue la nomination d’un gouvernement paritaire et d’une Ministre des droits des femmes : nous attendons désormais des actes.http://www.osezlefeminisme.fr/article/osez-le-feminisme-salue-la-nomination-d-un-gouvernement-paritaire-et-d-une-ministre-des-droi
■Féministes en Mouvements
http://ellesprennentlaparole.blogspot.jp/
■Un gouvernement paritaire et élargiUn gouvernement paritaire et élargihttp://www.slate.fr/france/56269/gouvernement-ayrault-paritaire-elargi

◆ノルウェー内閣またしても男女半々
http://frihet.exblog.jp/12715338/
◆フランス社会党党首選、2女性で決選投票
http://frihet.exblog.jp/10182669/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-17 09:58 | ヨーロッパ

c0166264_23513899.jpgフランスとベルギーからクオータ制のニュース2本。出典はフランスの「ル・フィガロ」。

フランス政府は、5月2日の官報で、3月12日に決定した、高級官僚登用に、クォータ制を採用する決定を公表した。それによると、2018年までに、毎年任用・登用される高級官僚の40%を女性にする法案を下院(国民議会)で可決した。クオータ制を実行してない場合、9万ユーロの罰則付き。このクオータ制によって約5000人に影響が及ぶという。

ちなみに、サルコジ大統領は、2011年1月、ノルウェーの「取締役クオータ」にならって、企業に対して、3年以内に取締役の20%、6年以内に40%を女性にするクオータ制を課すことを決定している。

■Quotas de femmes hauts fonctionnaires
http://www.lefigaro.fr/flash-eco/2012/05/02/97002-20120502FILWWW00439-quotas-de-femmes-hauts-fonctionnaires.php

ベルギー政府は、3月29日、2013年まで政府の高級官僚登用にクオータ制を採用し、33%を女性に引き上げることを決定した。現在、ベルギー政府のトップ官僚のうち女性はわずか13%しかいないからだという。

■Haute administration/parité: quota belge
http://www.lefigaro.fr/flash-actu/2012/03/29/97001-20120329FILWWW00682-haute-administrationparite-quota-belge.php


■フランス取締役クオータ制、可決(下院)
http://frihet.exblog.jp/13593648/
■フランス、取締役クオータに着手
http://frihet.exblog.jp/13181636/
■現地ルポ 「ノルウェー民間企業の取締役は4割が女性!!」の背景を見る
http://janjan.voicejapan.org.jp/world/0812/0812173697/1.php
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-04 23:22 | ヨーロッパ

フランス大統領選挙がやってくる。投票は4月22日だ。過半数をとる候補者がいない場合は、5月6日に上位2名による決選投票が行われる。

有力候補6人が、メディアで報道されている。6人中2人が女性だ。その女性候補は、極右の国民戦線のマリーヌ・ル・ペンと、緑の党のエヴァ・ジョリだ。2人は、まったく異なるイデオロギーの持ち主だ。

エヴァ・ジョリは、生まれも育ちもノルウェー。フランスにやってきてオペアをしながら勉学を続け国際判事となった。今は欧州議会議員だ。反核を掲げる。ノルウェー出身ということから、何度かFEM-NEWSは、記事を掲載してきた。

■Profiles: 2012 French presidential election candidates
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-16730494

■フランス次期大統領候補にエヴァ・ジョリー
http://frihet.exblog.jp/16591937/
■メイドからフランス大統領に
http://frihet.exblog.jp/15192680/
■フランス大統領候補にエヴァ・ジョリーか
http://frihet.exblog.jp/14991356/
■世界的汚職ハンターはノルウェー女性
http://frihet.exblog.jp/11112560/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-04-20 15:46 | ヨーロッパ

フランスで、第2のチャンス・スクールが、若者の失業対策に効果をあげている。BBCの記事。

第2のチャンス・スク-ルとは、1999年、EUのアイデアで始まった。社会からドロップアウトした若者たちに、もう一度やり直しのチャンスを与えて社会に復帰させようという学校だ。EU、加盟国の地方自治体、その地方にある企業が協力しあって設立運営する。

職業訓練校と専門学校とを合わせたような学校だろうか。

学校に残ることも、就職もできない若者たちが、生きていくための実学を求めて入学する。学費は公的支援がある。

フランスを例をあげると、フランス全国に100のスクールがあり、12000人が通学。学生の多くは、社会的にも家庭的にも恵まれない子が多い。退学者は非常に少ないという。

10か月コースにはいっている20歳のモーリーンは、「探しても仕事が見つかりませんでした。今は、資格がないと就職できないのです。高校中退して2年がたち、もうこれ以上ぶらぶらしているわけにいきません。だから、第二のチャンス・スクールに入学しました」

10か月学び、その後、学生の関心にあった会社に、3週間配置される。

第2のチャンス・スクールは、フランスの元首相エディット・クレッソンがEUコミッショナーだった際、彼女のイニシアティブで、誕生したという。そのせいもあろうが、EU内で、フランスが最も成果をあげているようだ。

日本でも、若者の失業対策は急務だ。

■France's second-chance schools give hope to unemployed
http://www.bbc.co.uk/news/business-17667325
[PR]
by bekokuma321 | 2012-04-13 02:19 | ヨーロッパ

c0166264_11493416.jpgフランスで、マドモアゼルの使用禁止が、ついに国レベルに広がった。そもそも、ブルタ―ニュ地方にあるセッソン・セヴィニエ市から始まった。

Fem-Newsは、1月12日、フランスのセッソン・セヴィニエ市が公式に使用禁止を決めたニュースを知らせた。その後、1カ月して、国レベルに波及した。

全国運動を展開したのは、「あえてフェミニズム」「雌の番犬」などのフランスのフェミニスト運動団体。やったね! おめでとう!

★あえてフェミニズム
http://www.osezlefeminisme.fr/
★雌の番犬
http://www.chiennesdegarde.com/
★マドモアゼル禁止全国キャンペーン
http://www.madameoumadame.fr/

■マドモアゼル使用禁止
http://frihet.exblog.jp/17307361/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-02-13 09:55

マドモアゼル使用禁止

c0166264_11493416.jpgフランスのブルタ―ニュ地方にあるセッソン・セヴィニエ市は、公的文書でマドモアゼルという敬称を女性につけることを禁止した。今後は、すべての女性にマダムが使われる。BBCのニュース。


英語では、男性の敬称はミスターひとつだが、女性はミスとミセスの2種類があり、未婚・既婚で区別している。60年代、アメリカで、それは女性差別であるとして、ミズが誕生し、今では、ミズの使用を好む女性が増えている。ミズという敬称を女性解放の象徴として、フェミニスト雑誌「Ms.」が創刊され、今も健在だ。

ドイツでは、70年代に、英語ミスにあたる敬称frauleinが公的文書で使用禁止された。

■The beginning of the end for the mademoiselle?
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-16503341
■21世紀のマリアンヌ
http://frihet.exblog.jp/10271551/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-01-12 11:49 | ヨーロッパ

ドミニク・ストロスカーンの初公判がニューヨークで開かれた。黒い車から降りた被告人はニュースキャスターの妻とともに手をつないで裁判所にはいった。

彼は、ニューヨーク市内のホテルで、掃除に入室した女性従業員を強姦した犯罪容疑にかけられている。法廷では、予想どおり、ドミニク・ストロスカーン側は、「合意の上だった」として罪状を否認した。

被告人ドミニク・ストロスカーンは、5月までIMFトップだったフランスの経済学者であり、国際的著名人。フランス社会党の重鎮であり閣僚経験者。逮捕までは次期フランス大統領選の有力候補だった。

一方、強姦被害を訴えた女性は、10代の娘を育てるシングルマザーでギニアからの移民。

6月5日付ニューヨークタイムズによると、ドミニク・ストロスカーン側は、マンハッタンきっての辣腕弁護士による弁護団を組み、高額の探偵機関「ガイドポスト・ソーリューション」に調査を依頼。女性の過去や背景を徹底的に洗い、法廷でのやりとりに備えるという。

性暴力や性犯罪は密室で起こる。目撃者がいないことが多い。よって法廷では、多くの場合、「彼は…をした、彼は…と言った」、「彼女は…をした、彼女は…と言った」などと、言った言わないの争いが続けられる。女性側には非常に過酷な事態となり、第二次被害ともいわれる。途中で降りる可能性もないとはいえない。

法廷前では、マンハッタンのホテルメイド組合の女性たちが集まって、「恥を知れ」などと叫び、DSKに対して抗議をした。

■The Strauss-Kahn Case: Sizing Up a Legal Clash’s Many Facets
http://www.nytimes.com/2011/06/06/nyregion/the-strauss-kahn-case-sizing-up-a-legal-clashs-many-facets.html?ref=dominiquestrausskahn
■The Strauss-Kahn Case: Recreating an Encounter
http://www.nytimes.com/interactive/2011/05/22/nyregion/hotel-diagram.html?ref=nyregion
■Ex-IMF chief Strauss-Kahn pleads not guilty
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-13667064
■Dominique Strauss-Kahn denies attempted rape and sexual assault
http://www.guardian.co.uk/world/2011/jun/06/dominique-strauss-kahn-not-guilty

【参考記事:IMFストロスカーン事件】
仏デモ、「性差別よ出て行け、女性よ祝おう」
IMF元トップ、無実を主張
IMF専務理事とプライバシー保護法
IMFトップのセクシャル・ハラスメント
「彼は盛りのついたチンパンジー」
IMFのストロスカーンがした愚劣な行い
IMFトップ、性暴力容疑で逮捕
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-07 10:30 | USA

「元閣僚が、モロッコで幼児と性交した」。こんな爆弾発言をテレビでしたのは、リュク・フェリー。フランスの著名な哲学者で元教育相だ。サルコジ大統領支援者でもある。

リュク・フェリーは5月30日夜、テレビで、「モロッコのマラケーシュで少年たちを捕らえて乱交パーティを行い、ペドフィリア(小児性愛)があった」と話した。子どもとの性行為は、フランス国外であっても違法である。しかし、リュク・フェリーはその政治家の名前を明かすことはなかった。

モロッコのNGO組織、「私の子供にさわるな」と「私たちの子供にさわるな」は、告訴をする模様。

次期大統領と目されていたIMF専務理事(当時)のホテル従業員強姦容疑ニュースに続き、フランスの大物政治家の違法な性行為が次々に明るみになっている。


■Gossip v privacy for the powerful in France
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-13641624
■France's women put sexism on trial in wake of Dominique Strauss-Kahn case
http://www.guardian.co.uk/world/2011/jun/03/france-women-sexism-strauss-kahn
■Why Anne Sinclair is standing by Dominique Strauss-Kahn
http://www.guardian.co.uk/world/2011/jun/03/anne-sinclair-dominique-strauss-kahn
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-05 10:06 | ヨーロッパ

5月22日午後5時、パリで、女たち3000人がデモをした。

ストロスカーン逮捕に関する女性差別的対応に怒る女性たちだ。提唱したのは、「あえてフェミニズム!」と称する女性団体。

「性差別よ出て行け、女性よ祝おう!」というスローガンのもと、現在15000人以上の署名も集まった。

署名の趣旨はこうだ。「あえてフェミニズム!」のホームページから和訳する(Fem-News訳)。

【フランスにストロスカーン逮捕のニュースが届いたやいなや、彼に対する法的リンチ事件だとか、政治的謀略だという声が「洪水」のように流された。その一方で、マンハッタンのホテルのスイートルームで、彼が強姦をしたとされる32歳の女性従業員は無視されたままだ。

こうしたフランス国内のコメントは、強姦の深刻さを矮小化し、合意だったかも、ちょっとすべっただけかも、というように事実をぼやけさせてしまう。そして、現在・未来の被害者に、「不平を言うな」というメッセージを送ることになる。忘れてはならない、強姦と強姦未遂は犯罪である。

これらのコメントは、女性に対する暴力への無知をさらけ出しているにすぎない。この社会を指導しているとするエリート集団は、とくに注意が必要だ。フランスでは階級や年齢を問わず、毎年75000人が強姦されているのだ。共通項は女性であるということだけだ。そして加害者はみな男性であるいうことだ。

これらのコメントは、性的自由というものと、女性への耐えがたい暴力とを混同している。暴力的行為、強姦、強姦未遂、性的嫌がらせは、女性の体を支配しようとする男性の欲望の表れである。それを混同することは、危険であり不謹慎である。すなわち、男女平等を妨害するため道徳的秩序に揺り戻そうとする勢力に、道を譲るだけだ。

ステレオタイプ(女または男はこういうものだという決めつけ)を主張する公人は、全女性に対する侮辱であるばかりか、人間の尊厳を大切に考え女性が男性と平等であるように日々闘っているすべての人間に対する侮辱である。】

ストロスカーンは、IMFホームページで、これまで公職で得た財産を、合意の性交だったことを証明するために使うと言っている。彼の財産? それはフランス人の税金であり、われわれ日本人の税金からの拠出金もあるIMFからの報酬である。

女性や社会的弱者を侮辱しても公職に居座ってきた男性政治家は、ストロスカーン前IMF専務理事に限らない。たとえば石原都知事、中山義活議員、小泉元首相…などが浮かぶ。こうした人間は公人である政治家にふさわしくない。これを機に、政治家の資質を考え直すべきだ。

■Osez le féminisme !
http://www.osezlefeminisme.fr/article/sexisme-ils-se-lachent-les-femmes-trinquent
http://www.politis.fr/Affaire-DSK-Osez-le-feminisme,14176.html
■Independent紙
http://www.independent.co.uk/news/world/europe/feminists-anger-at-chauvinism-of-strausskahn-affair-2287820.html


【参考記事:IMFストロスカーン強姦事件】

仏デモ、「性差別よ出て行け、女性よ祝おう」
IMF元トップ、無実を主張
IMF専務理事とプライバシー保護法
IMFトップのセクシャル・ハラスメント
「彼は盛りのついたチンパンジー」
IMFのストロスカーンがした愚劣な行い
IMFトップ、性暴力容疑で逮捕
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-23 15:27 | ヨーロッパ

IMF元トップ、無実を主張

国際通貨機関IMFトップのドミニク・ストロスカーンは、ホテル従業員を強姦した容疑で逮捕され、IMFを辞職した。

彼は、フランス大統領サルコジに対抗する社会党大統領候補としても超有名な政治家であり、報道は過熱する。

逮捕後、ニューヨーク地裁に出廷する様子が報道されるや、フランスでは「まだ容疑者なのに、侮辱だ」「彼はメディアに殺された」に始まって、「これは政治的謀略だ」という説まで、彼を擁護するような記事もあいついで出ている。彼の失脚によって、最も得をするのはサルコジ大統領といえるからだ。

世界最強の男性政治家が、ギニアから移民してホテルで働くシングルマザーを襲ったという事件は、マスコミだけでなく、私も強い関心がある。性暴力は男女の支配関係に起こるとされているが、この事件ほど男女の力の差が巨大なケースはかつてないと思われるからだ。

そんな中、ストロスカーンは、「私は、すべての力と時間とエネルギーを集中して、無実を証明する」とする記者向け文書をIMFホームページを通じて公にした。

彼は、清掃に入室した女性従業員を全裸で追いかけ、襲いかかり、ベッドに突き倒して強姦したなど、7つの犯罪容疑に問われている。彼が無罪を主張するには、彼女と合意の上で行った行為だと証明していくことになる。被害女性に対する、さらなる暴力が、今度は法廷を舞台に行われるともいえる。

■IMF Managing Director Dominique Strauss-Kahn
http://www.imf.org/external/np/sec/pr/2011/pr11187.htm
■Venter på et glimt av Strauss-Kahn
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7642779
■Fallet fra makten til «Le Perv»
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7641535
■Strauss-Kahn kunne spise og drikke for 5 millioner,
uten at noen sjekket
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7639776
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-23 04:28 | ヨーロッパ