c0166264_131365.jpg4月初め、“オランダ・ベルギー、ルクセンブルク”に花のアート鑑賞に行ってきました。長旅は絶好の読書の機会です。今回は、旅のお連れに三井マリ子さんの『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』を持っていきました。

あっという間に読み終わりました。ああ、そうだったのか、ああ、あれはこういうことを言っていたのか、といろいろ思い出しました。

後半の山本瑞枝事務局長が、「三井さんを裏切りました」と白状したあたりから、三井さんが豊中市や財団から追い詰められてやめさせられてゆく姿が目に浮かぶようで、涙がとめどなく流れてきました。同性である女性の部下の長期にわたる裏切り行為、市長の意を受けた幹部たちの隠密裏に運んだ三井潰しの日々、それを初めてさとったときの悪夢の瞬間―――胸に、ヒシヒシと伝わってくる内容です。嗚咽が続き、隣の席の人に気づかれたかもしれません。

実は私は三井さんの裁判を支えてきた一人です。7年間の裁判闘争の中では辛いこともありましたが、全国から800人もの人たちがこの裁判勝利をめざして、最後まで運動をつづけたことは、近来まれにみる女性運動だったのではないかと自負しています。

長く支えてきた裁判が、こうして本になった。それを読むことができてほんとうによかったと思います。豊中市に象徴される地方自治体の男性優位社会、女性を解雇することや女性の人権を蹂躙することなど問題視してない政治や行政。三井さんが裁判で訴えたがゆえに、そして、本を発行したがゆえに、白日のもとにさらされたのです。

上田 美江(館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会元代表)
[PR]
by bekokuma321 | 2012-04-26 17:22 | その他



昨年、最高裁で、「理不尽かつ陰険な首切りは人格権の侵害」という歴史的勝利判決が確定しました。日本中を席巻する男女平等つぶしに対して、初めて、反撃の一打を浴びせることができました。

歴史的判決を勝ち取った、この事件についての本、『バックラッシュの生贄――フェミニスト館長解雇事件』が出版されました。1冊1400円。

この本は、大阪地裁に提出した三井マリ子の「陳述書」を「面白いけれどぞっとする読み物」と評した旬報社社長の発案で、できあがりました。

陳述書をもとに書き下ろした私の拙文、浅倉教授による「人格権侵害論」、訴訟を指揮してくださった寺沢・宮地両弁護士の裁判を振りかえる達意の文章、そして、年表で構成されています。バックラッシュのチラシ、新聞、写真、解雇をカムフラージュする文書ーーも含めました。

バックラッシュ勢力は全国のあちこちで男女平等推進政策を踏みつぶしては、快哉を叫んでいます。行政は萎縮し、自己規制に走り、日本の男女平等政策は推進どころか後退に次ぐ後退。

そんな現場のひとつが豊中市でした。同市はバックラッシュの攻勢に屈服して、センターの館長である私を生贄として差し出しました。

男女平等という切り口から見える「ファシズムの恐ろしさ」を感じ取っていただけましたら、幸せです。

■バックラッシュの生贄 (フェミニスト館長解雇事件):
http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/750?osCsid=b436dc50390d2445404f4600f91eac21

三井 マリ子

■YouTube豊中市女性センター館長の不当解雇 三井マリ子さん最高裁で勝訴
http://www.youtube.com/watch?v=LBkvy8Wzg-4

                     
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-30 13:34 | その他