タグ:バックラッシュ ( 28 ) タグの人気記事

c0166264_11234421.jpg

私は日本会議系の政治家を恐れる。

彼・彼女らは、改憲、元号法制化、国民の国防義務化、夫婦別姓反対などバックラッシュ(反動)の先兵である。「優勢」と報道される都知事候補小池ゆり子さんは、その日本会議につらなる政治家だ。

日本会議は、とりわけ男女平等が嫌いである。夫婦同姓を強制する現民法を改正して夫婦別姓を選択できるようにしようという動きに対しては、「夫婦別姓は家庭を崩壊する」という。これが本当なら、西欧諸国はとっくに消滅しているはずだ。こんなデマゴーグに252万もの署名を集めたというから、この国はどうなってしまったのだろうか、と改めて思う。

地方議会の日本会議系議員たちは、「議会質問」という名で行政に圧力をかけ、職員たちを震えあがらせる。この手口で、男女共同参画推進条例が骨抜きにされた自治体がいくつかある。

この系列の政治家の国会での集合体が「日本会議国会議員懇談会」で、副会長が小池さんだ。『日本会議・日本会議国会議員懇談会設立十周年記念大会』では、「誇りある国づくりのため、皆様の叡智を結集していただけますよう祈念しています。貴会議の今後益々のご発展と、ご参集の皆様の尚一層のご健勝をお祈り申し上げます」と挨拶している。

国連は、こうした日本のバックラッシュを懸念して、日本政府に対する「所見」でこう指摘している。

「委員会は、締約国において男女間の不平等が根強く存在しているにもかかわらず、女性の人権の認識と促進に対する『バックラッシュ』が報告されていることに、懸念を有する。」(2009年8月、国連女性差別撤廃委員会CEDAWの総括的所見 第29項)

都知事候補のなかで、男女平等政策や人権政策に強い関心を寄せているのは、私の見るところ鳥越俊太郎さんである。彼は、「社会的に不利な立場の人々」のために働いてくれそうな気がする。

2016年7月25日 三井マリ子(元東京都議会議員)


山谷えり子国家公安委員長と在特会幹部増木重夫の関係
安倍改造内閣の女性たち
男女平等を嫌う反動勢力の実像~日本にはびこるバックラッシュ現象~
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-26 11:26 | その他

新聞報道によれば、男子学生5人が女子学生に性暴力をふるったかどで、警視庁に逮捕された。東京地検は、うち3人を起訴。他2人を不起訴処分にしたが、なぜか不起訴理由を明らかにしなかった。(以下、全員、敬称略)

起訴された男性は、東大生の松見謙佑容疑者(22)、河本泰知(22)、東大院生・松本昂樹(23)。性暴力による心の傷は生涯癒えることがない。被害女性の屈辱は察するに余りある。加害者への厳正な裁きと更生教育を徹底すべきだ。

さて、不起訴2人のうち1人は、国家公安委員長だった山谷えり子の親戚にあたることをフェイスブックで知った。地検が前国家公安委員長山谷えり子の意向を忖度した? もしそうなら、とんでもないスキャンダルだ。

私は、かねてから山谷えり子の言動は国民の代表にふさわしくないと思ってきた。理由は、以下の通り(旬報社『バックラッシュの生贄』三井マリ子・浅倉むつ子編参照)。

c0166264_1712729.jpg1)山谷は福井出身であり、同郷の増木重夫一家とは懇意。増木重夫は在特会関西支部長(注)、その他さまざまな右翼的組織を動かす。豊中市の男女共同参画推進センター・すてっぷ館長だった私は、増木一家やその周辺の「自称市民団体」や市議らによって悪質なデマを流布され、いやがらせをされた。山谷は、その増木関連団体が主催する集会に何度もやって来ては、男女平等推進行政をやっつけた。

2)山谷は国会で「過激な性教育」「夫婦別姓は家庭を崩壊する」などとレッテルはりをして、科学的性教育を教える教員や、同姓強制に困っている女性たちをズタズタにしてきた。同じころ増木らは、高く評価されていた吹田市(豊中市に隣接)の性教育を担当する教員を恫喝。あげくに教員を口汚くののしり憎悪に満ちた“ヘイト・ビラ”を配布した。

3)山谷は、自民党の東京都参議院比例区第84支部の支部長である。この支部には、国民からしぼりとった公金である「政党交付金」が入金される。政党交付金は、「政党の健全な活動のため」という美名のもと、毎年政党に320億円が送金されて政党支部に還流されるからだ。使い残したら国庫返還が原則だ。しかし、舛添都知事の公私混同ぶりで明らかなように、国会議員の多くは国庫返還せず、貯めこんでいる。

山谷の貯めこみは、尋常ではない。以下、総務省の「使途等報告書」より。

2014年 2705万1161円
2013年 2018万3827円
2012年 1333万5194円
2011年  820万8802円
2010年  443万3405円

c0166264_1643155.jpg
▲2013(平成25)年分の使途等報告書。小川恵理子という本名が書かれている(山谷は、夫婦別姓に猛反対しながら、自らは夫の姓である小川を名乗らない)

山谷えり子国家公安委員長と在特会幹部増木重夫の関係
「日本会議」に向かって闘いを挑んだ本:『バックラッシュの生贄』を読んで
祝! ヘイトスピーチは人種差別の判決

【注:在特会とは、在日特権を許さない市民の会】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-04 17:20 | その他

12月9日、在特会(在日特権を許さない市民の会)のヘイトスピーチは人種差別だとする判決が、最高裁で確定した。本当によかった。

ヘイトスピーチとは、差別と憎悪に満ちた攻撃的言葉をさす。京都にある在日朝鮮人学校の生徒がそうした攻撃を受けて苦しんでいることを知ったのは、2009年ごろだったと思う。

在特会の関西支部長だった人から攻撃された経験を持つ私には、他人事ではなかった。

私は、2000年から大阪府豊中市の男女共同参画推進センター館長をしていた。あるときから、豊中市議会で、議員質問の体裁をとった男女平等攻撃が始まった。いわゆるバックラッシュ(男女平等推進への反動)である。

c0166264_10333661.jpg

議会でバックラッシュ攻撃をくりかえしたのは北川悟司議員らだ。と同時に、センターには自称市民という人たちがやってきて、受付の対応・施設利用方法・ライブラリー蔵書などに、いちゃもんをつけてきた。自称市民のなかには、増木重夫在特会関西支部長がいた。増木支部長は、なんと、北川議員の選挙を長年にわたって仕切ってきた参謀でもあった。

バックラッシュ攻撃は、陰湿で組織的だった。誹謗中傷の噂を流す、嘘八百ビラを配る、男女平等行政を攻撃する指南本をつくる・・・。一例をあげる。

ある土曜の夜、私は豊中市役所の会議室に呼び出された。そこには、北川豊中市議会議員、そして彼が代表をつとめ、増木重夫が事務局長をする「教育再生地方議員百人と市民の会」の人たちがいた。この会は「日本会議」、「新しい歴史教科書をつくる会」と密接な関係を持つ右翼的組織である。顧問をつとめるのは、山谷えり子参議院議員だ。

そのひとたちの嫌がらせ的攻撃は、ほぼ3時間にわたった。最後のほうで、北川議員が要求を通そうとテーブルをバーンと殴打した。閉庁日夜のひと気のない豊中市役所廊下に、彼の強打した音が鳴り響き、人権文化部の部屋にいた幹部は「ここまで聞こえた」と言った。

後に、豊中市議会議員らのバックラッシュに屈した豊中市行政幹部によって首を切られた私は、1年後に大阪地裁に提訴。足かけ7年、最高裁で、私の勝訴が確定した。

裁判を通じて、在特会など日本の右翼的組織が、なぜわがもの顔に悪行を続けられるかがわかってきた。

右翼的組織と議員はもちつもたれつの関係にあるのだ。議員は、選挙の集票活動に右翼的組織がほしい、組織は悪行を通すために議員がほしい。

こうして、右翼的組織の無理難題は、議員を通して、行政へと伝わる。議員の言動に過敏な行政幹部は、右翼的組織による違法的言動だとわかっても、手を打たない。

私が経験した豊中市のバックラシュ攻撃は、一地方自治体の嵐というだけでない。日本列島を吹き荒れるファシズム的運動の一断面なのだ。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-12 11:29 | その他

アジア女性情報センター(AJWRC)が、「外国人に家事をさせようとしている政策に反対しよう」と呼びかけている。賛同者は、署名フォームからどうぞ。

●拙速な「外国人家事支援人材」受け入れに抗議し、 ILO家事労働者条 約の批准を求める共同声明●

c0166264_21294983.jpg日本政府は6月24日に新たな成長戦略「日本再興戦略」(改訂2014)を閣議決定しました。

私たちはこの政府方針に盛り込まれた、国家戦略特区での「女性の活躍推進」を名目とする「外国人家事支援人材」受け入れが家事労働における男女の平等な参加を妨げるものであることに抗議するとともに、喫緊の課題として日本政府がILO「家事労働者のためのディーセント・ワークに関する条約」(第189号条約、2011年6月採択)を批准することを要求します。

1)政府方針は家事労働における男女の平等な参加を妨げる

日本はOECDの中で男性の家事労働時間が最も短く、有償労働時間が最も長い国のひとつです。過労死が頻発するほどの男性の長時間労働が標準とされてきたために、家事負担は女性だけにのしかかり、平等な就労を妨げてきました。ILOその他の国連人権機関は、男女が平等に有償労働と無償労働を分担できるよう、長時間労働の是正や、非正規労働者の均等待遇を日本政府に何度も勧告してきました。

【つづきは、左下Moreを】

More
[PR]
by bekokuma321 | 2014-06-27 21:39 | その他

パパ・クオータが減る

ノルウェーの育児休業がゆらいでいる。

現在、ノルウェーは、子どもを出産したら、100%有給で46週間(または80%で56週間)の育児休業をとることができる。これとは別に12歳以下の子どもが病気になったら、100%有給で病気休暇をとれる。

46週間の育児休業のうち、14週間は父親だけしかとれない。パパは100%給料をもらって子育てにまい進できるのだ。つまり、パパにだけ割り当てられているため「パパ・クオータ」と呼ばれている。クオータは、英語quotaのことで、割り当てと言う意味だ(ノルウェー語はfedrekvote)。

c0166264_14513916.jpgところが、保守政権に交替したとたん、この寛大な休業政策にメスがはいることになった。

現男女平等大臣は、進歩党のソルベーグ・ホルネ(45歳)だ。彼女は、就任早々「私はクオータ制に反対です」と公言した。

最近、「14週間のパパ・クオータを10週間にします。父親がとれない場合、母親がかわってとれるようにします」と発表した。

「それぞれの家庭の選択にまかせたい」と。パッと目には柔軟になるようだが、働く女性たちには異議が多い。

「パパ・クオータ」は、1993年、世界にさきがけて、ノルウェーが法制化した。最初は4週間だった。

当時の男女平等大臣グレーテ・ベルゲは、これを「男性への愛の鞭です」と言った。男性が育児休業をとって家事育児の主たる担い手になることによって、男性が子育ての大切さに理解を示すようになる。これこそ究極の愛だと。

ノルウェーは、男女平等社会をめざし、あらゆる職場への女性の進出を、進めてきた。同時に、家事育児への男性参加を、パパ・クオータによって促してきた。成果が少しずつあがった。そして、現在、ノルウェーの男性の家事時間は世界で最も長く、女性が世界で最も働きやすい社会となった。

現在、平等・反差別オンブッド事務所で働く元男女平等大臣のグレーテ・ベルゲ(写真下)は、この政策変更をただちに厳しく批判している。

「パパ・クオータが4週間減る、というだけの問題ではないのです。育児休業の根底が崩れようとしているのです。20年間、苦闘しつつ作り上げてきた政策であり、男女平等への道すじをつくる最強のツールが、パパ・クオータなのです。この国の精神がゆらごうとしています。男女平等へのバックラッシュといえます。とても残念です」

c0166264_1944018.jpg


Nå skal mor få overta fars permisjon
世界で最も家事をしない男性は日本人
女性が働きやすい国、日本はブービー賞
男女平等大臣、クオータ制反対を公言
パパ・クオータ、7月1日から14週間に
ノルウェー、父親の育休14週間に
ノルウェー女性運動、バックラッシュに勝つ
Gender in Norway National Legislation
[PR]
by bekokuma321 | 2014-06-27 19:50 | ノルウェー

町田で、「バックラッシュの動きと男女平等のゆくえ」について話をした。企画は、男女平等フェスティバルの実行委員会。50人近い市民が参加した。

(クリックすると大きくなります)

私は、男女共同参画推進センター・すてっぷの館長職を首にされた。その背景には、豊中市の男女共同参画推進条例に反対していたバックラッシュがあった。バックラッシュとは、男女平等推進に反対する動きをさすが、その勢力の議員や議員の支援仲間らによる豊中市やすてっぷ財団への圧力があった。

豊中市はこの条例制定過程で、すてっぷ館長排斥の密約を交わし、隠蔽工作を図り、情報操作、虚偽情報の流布、悪質なデマの放置等を行った末に首切りをした。

法廷での真相解明を願った私は大阪地裁に提訴した。1審は敗訴だったが、2審は逆転勝訴。最高裁まで行き、2011年、勝利が確定した。

大阪高裁の塩月秀平裁判長は、判決で、バックラッシュ勢力の横暴で悪質な言動を驚くほど詳細に認めた。

「反対の勢力による組織的な攻撃が行われており、その方法は、直接的に反抗することのできない被控訴人らの職員に畏怖感を与えるような行動に出たり、嫌がらせを行ったり、虚偽に満ちた情報を流布して市民を不安に陥れたりするなど陰湿かつ執拗であった……」(判決文p34)など、など。

暴力的威嚇的言動で、市民をまどわせたり、人の職場を奪ったり、事業企画を邪魔したりなど、嫌がらせを続けるバックラッシュ勢力。ターゲットを定め、根を上げるまで執拗に嫌がらせをする。その陰に国粋主義的、性差別主義的、全体主義的な右翼政治勢力がある。司令塔は、「日本会議」という政治組織だ(浅倉むつ子『意見書』)。

バックラッシュ勢力の言うことは、町田市の、「生きよう! 一人ひとりが、その人らしく」に反すること、この上ない。

フロアから、「はじめて聞いた」「似たような怖れを感じていて、その背景がわかった」「男女平等の条例がなぜ制定されないか、わかってきた」というような発言があった。

会の終了後、男性の皆さんの作ったカレーライス、おでん、バナナの春巻きデザートなどをいただいた。おいしかった。

◆館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会(判決文など全情報が読める)
http://fightback.fem.jp/index.html
◆『バックラッシュの生贄』http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4845112612/junposha-22
◆バックラッシュの生贄から生還して
http://frihet.exblog.jp/18218281/

【写真は、裁判所で採用された証拠書類。バックラッシュ勢力がつくって頒布した新聞号外。男女平等社会とは恐ろしい社会だという、とんでもないデマでいっぱいだ】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-08 15:03 | その他

北欧に対する偏見

c0166264_1233824.jpg右翼系の出版物やネットには、北欧嫌いが多い。福祉と平等の国がいやでたまらないようだ。

こうした勢力をバックラッシュという。あきれるのは、この勢力は、虚偽の情報をまき散らしつづけることだ。

たとえば、「スウェーデンは犯罪率が世界一高い」というものだ。もちろん虚偽だ。

左は、『バックラッシュの生贄』(旬報社) に掲載されている、右翼系出版社の定期刊行物の見出しだ。

この手のメディアは、虚偽の前提にたって、さらに「犯罪率が高いのは、北欧女性はみな外で働いていて家庭でのしつけができないから」という暴論を導く。

犯罪率の国際比較は難しい。見つかった比較は以下のOECD諸国の比較だ。これだけ見ても、北欧の犯罪率は世界一でも、二でもない。

c0166264_1395811.jpg

また、「スウェーデンは少年犯罪率が世界一だそうだ」ということも言われた。しかし、それも、私が調べた限りではまったく事実とは異なっていた。

起訴された人の中に、どれだけ少年がいるかの国連調査によると、以下が少年犯罪率上位5か国だ。

ウクライナ44%、スコットランド27%、アルバニア24%、オーストリア21%、タイ20%。

同じ調査によると、北欧の少年犯罪率は高くない。スウェーデン14%、ノルウェー8%、フィンランド5%、アイスランド4%。(デンマークは未調査)。

要するに、右翼系出版物は、女性が社会で活躍する社会を否定したいがために、でっちあげをしているのだ。その嘘がネットで拡散され、それを信じる人がいる。

日本は、女性が働き続けるにはあまりに過酷だ。だから、一日も早く社会的支援策を前に進ませる必要がある。しかし、以上のようなデマに惑わされる政治的指導者や議員が多い。中には、自らまき散らしている政治家も。これでは、前に進まないのは、あたりまえ。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2788.html
International Statistics on Crime and Justice
United Nations Office on Drugs and Crime(UNODC)
2010 
[PR]
by bekokuma321 | 2012-09-27 02:20 | その他

c0166264_9473145.jpg
大阪の「慰安婦」写真展は、ニコンによって中止になっていた。上は、21日の朝日新聞記事。

下を見てほしい。写真展の写真は、高齢女性たちだ。彼女たちは、第二次大戦の時、従軍慰安婦として、朝鮮から中国に連行され、そこで日本軍から売春を強要され、あげくの果て置き去りにされた。壁の右に見える大きいサイズに写っている女性は、13歳で朝鮮半島から連れ去られ、見知らぬ中国の地で、17歳まで4年間、日本軍の性暴力の対象とされた。

(クリックすると大きくなります)

この事件は、東京ニコンの中止宣告から始まる。ニコン側が、新宿にあるニコンサロンでの写真開催まじかにせまったとき、中止を言ってきた。

在特会などによる執拗な圧力に、ニコン側が屈したにちがいない。その筋の人たちは、ニコン側に、「売国的だ」などと執拗に攻撃をした。写真を見れば、わかる。いったいどこが「売国的」なのか。全くのいいがかりにすぎない。

写真家の安さんは、泣き寝入りしなかった。中止しないよう東京地裁に仮処分申請。東京地裁は、ニコンに対し、「会場使用を認めなさい」と仮処分決定を出した。こうして、やっと6月、新宿のニコンサロンで写真展が開かれた。

しかし、写真展を開いたニコンサロンには在特会らしきメンバーが押しかけ、ものものしい雰囲気につつまれたらしい。同時に開催するはずだったトークもできなかった。

そこで9月、江古田にあるギャラリー古籐が、独自に、「慰安婦」写真展と、トークをシリーズで開催。その1人に、私も招かれた。

私のタイトルは、「慰安婦写真展を中止したかったのは誰か」。男女平等や在日外国人を毛嫌いする政治勢力について、「バックラッシュ裁判」でわかったことを、報告した。

「バックラッシュ裁判」は、昨年1月、最高裁で勝った。判決は、横暴で執拗な右派勢力の攻撃のほぼすべてを驚くほど詳細に認定した。その暴力的攻撃をした人は、写真展に圧力をかけた在特会などと同じメンバーだ。その裏に存在する、日本会議につらなる組織的政治的動き・・・。そこには、安倍晋三、石原伸晃、橋下徹などの姿がちらついていた。


【写真は、9月7日、江古田のギャラリー古藤にて。撮影:高橋三栄子】


■ニコン「慰安婦」写真展とバックラッシュ事件をつなぐもの
http://frihet.exblog.jp/18432050/
■橋下徹市長の「慰安婦」発言に抗議を
http://frihet.exblog.jp/18414770/
■石原伸晃議員、橋下徹市長とバックラッシュ
http://frihet.exblog.jp/18441393/
■今晩7時 「写真展を中止しようとしたのは誰か」
http://frihet.exblog.jp/18428394/
■今日、豊中すてっぷ、14時~
http://frihet.exblog.jp/18166731/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-09-22 10:03 | その他

(クリックすると大きくなります)



(クリックすると大きくなります)

安さんは、「慰安婦」写真展を、ニコンから中止するように言われた。ニコンから依頼された企画だったのになぜ? 慰安婦写真展の中止騒動の陰に何が?

練馬区江古田のギャラリー古藤でトーク、「慰安婦写真展を中止したかったのは誰か」があった。男女平等や在日外国人を毛嫌いする政治勢力について、バックラッシュ裁判でわかったことを、三井が報告した。

ギャラリー古藤のオーナーの英断がなければ、この企画は不可能だった。感謝、感謝。写真は、ギャラリー古藤のトーク風景。左が司会の永田浩三教授(武蔵大学)、右が報告者三井マリ子。


【写真撮影:高橋三栄子】


■ニコン「慰安婦」写真展とバックラッシュ事件をつなぐもの
http://frihet.exblog.jp/18432050/
■橋下徹市長の「慰安婦」発言に抗議を
http://frihet.exblog.jp/18414770/
■石原伸晃議員、橋下徹市長とバックラッシュ
http://frihet.exblog.jp/18441393/
■今晩7時 「写真展を中止しようとしたのは誰か」
http://frihet.exblog.jp/18428394/
■今日、豊中すてっぷ、14時~
http://frihet.exblog.jp/18166731/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-09-12 18:09 | その他

c0166264_131365.jpg 石原伸晃議員が、日本の首相になるかもしれない。橋下徹市長かもしれない。実に恐ろしい事態だ。なぜか。以下に、そのわけがよくわかる文を再掲する。『バックラッシュの生贄』 の書評だ。

■生贄にされた本人の手で、その地獄のような実態が明らかにされた。21世紀の女性史に燦然と輝く裁判闘争記である。

1999年、男女共同参画社会基本法が制定された。皮肉にも、この法律ができたから事件は起きた。なぜか。女性にとって待望の法律が、男女平等を嫌う政治勢力にとっては、とんでもない悪法だったからだ。

制定以来、行政は男女平等を進めるため、全国各地に条例をつくり、センターもつくった。私には遅々たる歩みに見えたが、バックラッシュ勢力の側は違った。苦虫をつぶしながらこの歩みを見ていた。そして攻撃開始。時は2002年夏ごろ。舞台は、大阪府豊中市女性センター「すてっぷ」。バックラッシュの生贄にされたのは初代館長三井マリ子さんである。

バックラッシュ勢力とは何か。それは、「日本会議」、あるいは「新しい歴史教科書をつくる会」、「在特会」、「教育再生地方議員百人と市民の会」など、さまざまな名前を持つ右派政治組織である。憲法改悪を目標にし、日の丸・君が代の強制、夫婦別姓反対を運動に掲げる。

そのひとつである新生佛教教団は、保守王国山口県山口市にある。本文157ページの注に詳しく書かれている(石原伸晃が出現する:編集部)。山口県宇部市の男女共同参画推進条例案が改悪され、無残な条例に変わり果てたのはあまりにも有名である。

バックラッシュ勢力は、女性が、経済的に自立して自分の人生を生きられるような世の中になることが気に入らない。この筋の人たちは、男女平等になるとフリーセックスになり、トイレや更衣室が男女いっしょになるなどとでたらめをいう。家庭や社会が崩壊するなどと叫ぶ。こんな真っ赤な嘘を、自分たちの新聞で、本で、講演会で、チラシで、広める。

行政職員も議員も含め日本人の多くは、男女平等を真剣に考えたことなどない人ばかりだ。そのすきをねらうように、嘘やデマの宣伝がこれでもかと届けられる。こうしてバックラッシュ勢力のデマは一気に日本列島に広まった。行政はビクビクし、男女共同参画政策を進めるどころの話ではない。金も人も使った国家的プロジェクトと言える。そのひとつが豊中市だったのだ。

三井さんは、二度と自分のような生贄を出してはいけないと、地獄からはいあがって、自分の経験を本にした。私たちは、この本のおかげで、初めてバックラッシュ勢力の実態を手にとって読めるようになった。

現在、関西から勢いを全国に広げる大阪維新の会につらなる議員には、バックラッシュ勢力が多い。前述した「教育再生地方議員百人と市民の会」のホームページを見たら、理事長は大阪維新の会の辻淳子議員であるという。

本を読んだばかりの私は、この会の前理事長は豊中の北川悟司議員(三井館長を3時間にわたり恫喝した:編集部)で、事務局長は増木重夫在特会関西支部長で、この会がどういうことをしてきたかを、よくよく知っている。こうした人たちが政治を牛耳るようになったら、さらに生贄は増えるだろう。

ひとりでも多くの人にこの本を読んで、バックラッシュの実態を知ってほしいと願わずにはいられない。

私は幸いにも、第1回の裁判から最後までほぼすべてを傍聴し、約6年あまりを著者である原告と行動をともにした。であるから、この本は、私自身の人生のひと時ともなっている。

勝又みずえ(全国フェミニスト議員連盟会員)




上の記事は、↓を再掲したもの:
■女性史に輝く裁判闘争記:『バックラッシュの生贄』を読んで
http://frihet.exblog.jp/18157523/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-09-11 08:56 | その他