タグ:バックラッシュの生贄 ( 35 ) タグの人気記事

c0166264_131365.jpg 4月、三井マリ子+浅倉むつ子 編著『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』が出版された。

その読後感を、おひとりずつ紹介していく。 バックラッシュとは、男女平等の流れを逆流させようとする動き。今日は、裁判を支援して下さった岸和田市民から。


■■ バックラッシュに勝つための「手引き書」 ■■

5月1日のメーデーの日に、三井マリ子さん・浅倉むつ子さんの新刊『バックラッシュの生贄』を読み終えました。

「提訴する」と三井さんが決めたので、大阪クレオに集まった日のことや、訴状を大阪地裁に提出しに行った日のこと、中之島公園を横切って裁判所に行った暑い日、寒い日のことを思い巡らしました。

1審の敗訴判決が出された時には、落胆したのではなく、心底からの「怒り」が湧き出てきて、私の胸の中に満ち溢れました。「このままでは引き下がりたくない!!」と、高裁への控訴を求めたい気持ちが充満していました。それを原告が、更なる大変な状況を覚悟しつつ、支援者との連帯+連携を信じて控訴を決意した、と思っています。

1審のひどい判決を出したあの時の裁判長の表情や、被告席側に座っている豊中市側の弁護士さんたちの表情が浮かびます。豊中市側の弁護士3人は、自分たちの方が勝つのだと分かっていたかのような余裕綽綽で、何となく裏側で繋がっているのかもしれないと疑ってしまった、あの日の法廷内の状況や、判決後に豊中市側が勝ち誇った顔をしていたことなどをも、また思い出しながら読みました。

読み終えた時には、バックラッシュ勢力に打ち勝つための「手引き書」になる本だ! と思いました。

今、私の住む岸和田は、小篠綾子さん物語「カーネーション」が高視聴率だったので、市内に観光客が増え、以前よりも少し賑わっています。市長も現在のところ、女性センターを消滅させるような考えはしていないようです。でも、「だんじり祭り = 男尊女卑のシンボル」なんだという理解など、ほとんど誰もがしていない市なので、難儀な所です。この先々は、可能な限り 自分の目と耳で、男女平等に反するバックラッシュ的動きを見張っていなくてはと思っています。


小林 知津(岸和田市民)


■院内セミナー「 バックラッシュを跳ね返して新しい時代へ 」のご案内
http://frihet.exblog.jp/17916127/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-06 13:42 | その他

c0166264_131365.jpg 三井マリ子+浅倉むつ子 編著『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』を読んで下さった方から、感想が少しずつ舞い込んでいる。 

バックラッシュとは、男女平等の流れを逆流させようとする動き。今日は、自身もバックラッシュ攻撃を受けた千葉県船橋市の元市議会議員から。

■■ 行政職員に読んでもらいたい ■■

一気に読みました。
私自身がバックラッシュ攻撃を受けた時の悔しさもあり、胸が詰まりながら、読み終えました。

そして、また繰り返し読んでいます。

7年間、裁判に真剣に取り組んだマリ子さんに脱帽です。
弁護団のみなさま始め多くの人びとひとり一人が素敵でした。

浅倉むつ子先生のファンになりました。ありがとうございます。

さて、私をターゲットにした相手も、まるで同様の特徴の持ち主です。
根っこは見えました。

日本は戦後、あのファシズムへの検証が不十分だったのでしょう。残念。

そして今、未曽有の大震災・原発事故を経験した日本は、敗戦時と似ています。
これから政治や経済を立て直して行くためには失敗から学びましょう。
新たな視点で男女共同参画社会、共生社会を構築することが急務です。
世界は平等社会へ進んでいます。

もう黙っていられません。
男女共同参画推進を担う行政職員、必読だと思いましたので、
行政職員に奨めます。

多くの方に読んでいただきたいです。
さて先日、「営業ウーマンの逆襲」集会に参加しました。
女性蔑視という同様の根っこにある、労働問題を三井さんは
真摯に受け止め孤立無援の夏井さんをしっかりサポートしています。
ワタシは、この姿に三井さんのホンモノを見ました。
裁判は勝ちましたが、その勝敗を越えて、日本社会の根本問題を
えぐり出し、それを見えるようにしてくださっています。

さとうももよ (元船橋市議/全国フェミニスト議員連盟会員)


■院内セミナー「 バックラッシュを跳ね返して新しい時代へ 」のご案内
http://frihet.exblog.jp/17916127/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-06 13:25 | その他

c0166264_131365.jpg先月、旬報社から発行された三井マリ子+浅倉むつ子 編著『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』。感想が少しずつ舞い込んでいる。

ムラタ・キョウコさんという方がネットに感想を寄せていた。共通の知人が教えてくださった。こういう読後感をいただくと、筆者冥利につきる。


■■ そうだ、私たちはファシズムと戦っているのだ ■■

この事件についてはMLで逐一報告されていたのを途中からだけどリアルタイムで追っていて、今回一冊にまとめてもらったって感じでした。

しかし改めてまとめて読むと、攻撃してくる側(バックラッシュ勢力)がいかに卑劣な手を使うかということでガク然と…。

特別なことを言っているのではなくて、単純に「平等にして」「公平に扱って」ということがどうしてこうまで叩かれなくてはならないのか…。でも、公民権運動しかり、歴史上、そういうことはずっと行われてきたのだなぁとも改めて思った。

「自分はファシズムの生贄だった」という筆者の三井さんの言葉が心にささった。そうだ、私たちはファシズムと戦っているのだ。「戦いにあきらめは禁物」という言葉も肝に銘じておきたい。

巻末の、「永遠のファシズム」という本からの抜粋、ファシズムの特徴「知的社会に猜疑心をいだき」「女性や弱者を蔑視し」「対立する意見に耳を貸さず」「人種差別主義的で」「陰謀の妄想に取りつかれ」「平和主義を悪とし」「伝統を崇拝する」……。

ああこの道はいつか来た道なのか…という危機感で、最近気持ちが暗くなって仕方ないんだけど、とりあえず自分のできることから。おかしいと思うことはおかしいと言う、ということだけでも自分は折れずにいようと思った。

ムラタ・キョウコ
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-03 17:47 | その他

c0166264_131365.jpg4月初め、“オランダ・ベルギー、ルクセンブルク”に花のアート鑑賞に行ってきました。長旅は絶好の読書の機会です。今回は、旅のお連れに三井マリ子さんの『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』を持っていきました。

あっという間に読み終わりました。ああ、そうだったのか、ああ、あれはこういうことを言っていたのか、といろいろ思い出しました。

後半の山本瑞枝事務局長が、「三井さんを裏切りました」と白状したあたりから、三井さんが豊中市や財団から追い詰められてやめさせられてゆく姿が目に浮かぶようで、涙がとめどなく流れてきました。同性である女性の部下の長期にわたる裏切り行為、市長の意を受けた幹部たちの隠密裏に運んだ三井潰しの日々、それを初めてさとったときの悪夢の瞬間―――胸に、ヒシヒシと伝わってくる内容です。嗚咽が続き、隣の席の人に気づかれたかもしれません。

実は私は三井さんの裁判を支えてきた一人です。7年間の裁判闘争の中では辛いこともありましたが、全国から800人もの人たちがこの裁判勝利をめざして、最後まで運動をつづけたことは、近来まれにみる女性運動だったのではないかと自負しています。

長く支えてきた裁判が、こうして本になった。それを読むことができてほんとうによかったと思います。豊中市に象徴される地方自治体の男性優位社会、女性を解雇することや女性の人権を蹂躙することなど問題視してない政治や行政。三井さんが裁判で訴えたがゆえに、そして、本を発行したがゆえに、白日のもとにさらされたのです。

上田 美江(館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会元代表)
[PR]
by bekokuma321 | 2012-04-26 17:22 | その他



昨年、最高裁で、「理不尽かつ陰険な首切りは人格権の侵害」という歴史的勝利判決が確定しました。日本中を席巻する男女平等つぶしに対して、初めて、反撃の一打を浴びせることができました。

歴史的判決を勝ち取った、この事件についての本、『バックラッシュの生贄――フェミニスト館長解雇事件』が出版されました。1冊1400円。

この本は、大阪地裁に提出した三井マリ子の「陳述書」を「面白いけれどぞっとする読み物」と評した旬報社社長の発案で、できあがりました。

陳述書をもとに書き下ろした私の拙文、浅倉教授による「人格権侵害論」、訴訟を指揮してくださった寺沢・宮地両弁護士の裁判を振りかえる達意の文章、そして、年表で構成されています。バックラッシュのチラシ、新聞、写真、解雇をカムフラージュする文書ーーも含めました。

バックラッシュ勢力は全国のあちこちで男女平等推進政策を踏みつぶしては、快哉を叫んでいます。行政は萎縮し、自己規制に走り、日本の男女平等政策は推進どころか後退に次ぐ後退。

そんな現場のひとつが豊中市でした。同市はバックラッシュの攻勢に屈服して、センターの館長である私を生贄として差し出しました。

男女平等という切り口から見える「ファシズムの恐ろしさ」を感じ取っていただけましたら、幸せです。

■バックラッシュの生贄 (フェミニスト館長解雇事件):
http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/750?osCsid=b436dc50390d2445404f4600f91eac21

三井 マリ子

■YouTube豊中市女性センター館長の不当解雇 三井マリ子さん最高裁で勝訴
http://www.youtube.com/watch?v=LBkvy8Wzg-4

                     
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-30 13:34 | その他