タグ:バックラッシュの生贄 ( 35 ) タグの人気記事

c0166264_131365.jpg『バックラッシュの生贄』(三井マリ子・浅倉むつ子編、旬報社)を読んだ。フェミニスト館長を雇止めしたバックラッシュ勢力を相手に裁判をして、最高裁で勝つまでの記録である。

私が著者の三井マリ子さんに初めて会ったのは、2001年8月に高知市で開かれた「全国フェミニスト議員連盟」の夏合宿だった。ボーイッシュでカッコいい女性という印象だった。

同年の春に愛媛県のある町の町議になった私は、4年に満たない町議時代に、三井さんを愛媛県知事にという運動が沸き起こり、私も様々な場所で三井さんと会う機会があった。私はその後、合併後の新町長選に立候補して落選。次に新町議選にも落選した。三井さんが大阪府豊中市の男女共同参画センター「すてっぷ」館長をしていた時期と私が町議をしていた時期は、だいたい一致している。

『バックラッシュの生贄』のあとがきで、三井さんは、提訴を決意した時に、かねてから気になっていたドイツのラーフェンスブリュックにある女性だけの強制収容所を訪ねたことを書いている。虐殺された女性たちの無念の場所に立った三井さんは、彼女たちから勇気と励ましを与えられたに違いない。

しかし、提訴までどれだけ三井さんが苦しんだか、身体中に湿疹ができ、それがアザのように残ったという事実が如実に物語る。人間は弱い動物だ。でも、どんなに弱い動物でも、闘わなければならないときはある。時代を覆う不正で理不尽な同調圧力に屈してしまっては、計り知れないほど大きな禍根を残すことになる。

三井さんを首にしようと画策した市議会議員やその後援会会長は、日本会議系列の人物だったという。日本会議まで視野に入れて闘ったことに、深い敬意と感謝の気持ちを表したい。

岩崎 美枝子(元地方議会議員)


「日本会議」に向かって闘いを挑んだ本(加島康博)
読者は二つの怒りを体験する:『バックラッシュの生贄』を読んで(高坂明奈)
標的は憲法9,24条: 『バックラッシュの生贄』を読んで(高開千代子)
インパクションに『バックラッシュの生贄』(田中玲)
一気に読んだ、勉強した、考えた:『バックラッシュの生贄』を読んで(小枝すみ子)
バックラッシュ思想は女性のあらゆる権利を奪う(森崎里美)
豊中バックラッシュは国家的プロジェクトの一環だった:『バックラッシュの生贄』を読んで(伊藤由子)
今も続く右翼的攻撃の楯となる本:『バックラッシュの生贄』を読んで(岡田ふさ子)
男女平等を嫌う反動勢力の実像~日本にはびこるバックラッシュ現象~(三井マリ子)
ファイトバックの会(館長雇止めバックラッシュ裁判)
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-26 15:19 | その他


c0166264_14370418.jpg

『バックラッシュの生贄』(三井マリ子・浅倉むつ子編、旬報社)を一日で読み終えた。不謹慎かもしれないが、まるで推理小説を読んでいるような錯覚を覚えた。

「ジェンダー」「フェミニスト」そして「バックラッシュ」。最近これらの言葉が、普通に新聞や雑誌に登場するので、いつの間にか、それらを知っているというより理解しているつもりになっていた。

が、いざ「それらは何ですか?」と問われたら、実はなにも答えられないというのが私の場合だった。しかし、 『バックラッシュの生贄』を読み、その具体的内容がわかった。

「はじめに」で、浅倉むつ子さんが、バックラッシュとは、「フェミニズムが力を得て、男女平等意識が高まり、女性の社会進出が進みました。ところが、それを阻む『反動、揺り戻し』が起き、ファルーディはこれを『バックラッシュ』と呼んだのです」と解説している。

ジェンダーについては、三井マリ子さんが、1995年の国連世界女性会議で採択された「北京行動綱領」を例に出して説明している。社会的文化的につくりだされた性のことだという。

フェミニストとは、「サッカーよりもママごと遊びをしたい男の子がいてもいいではないか、男の子だからって男らしくあれと強制されるのはおかしい、と言ってるのだ」という三井さんの言葉のように、性による押しつけはおかしいとする主張する人だ。

本書を読んで、これらの言葉の重みを知るとともに、それを主張するためには「反動、揺り戻し」勢力と闘わなければならないこと、しかもその闘いがいかに困難なものであるかを知った。

三井マリ子さんはその闘いに挑んだ。本書で、明らかになったのは、三井さんは、日本最大の右翼組織である「日本会議」の思想や実践に向かって闘いを挑んだということだ。てごわい敵だ。

先頭に立って闘う人だから、前線において実弾を受けて負傷する。しかし負けてはいない。怪我をものともせず、再び闘いに身を投じてゆく。

その闘う姿にどれだけ多くの女性が力を得ていることだろう。少なくとも私も応援する一人の人間として、三井さんから勇気をもらった。

加島 康博(秋田市、さみどりの会

読者は二つの怒りを体験する:『バックラッシュの生贄』を読んで(高坂明奈)
標的は憲法9,24条: 『バックラッシュの生贄』を読んで(高開千代子)
インパクションに『バックラッシュの生贄』(田中玲)
一気に読んだ、勉強した、考えた:『バックラッシュの生贄』を読んで(小枝すみ子)
バックラッシュ思想は女性のあらゆる権利を奪う(森崎里美)
豊中バックラッシュは国家的プロジェクトの一環だった:『バックラッシュの生贄』を読んで(伊藤由子)
今も続く右翼的攻撃の楯となる本:『バックラッシュの生贄』を読んで(岡田ふさ子)
男女平等を嫌う反動勢力の実像~日本にはびこるバックラッシュ現象~(三井マリ子)
ファイトバックの会(館長雇止めバックラッシュ裁判)

[PR]
by bekokuma321 | 2016-05-25 11:16 | その他

c0166264_1739115.jpg『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』の書評が、女性共同法律事務所「2012・夏 ニュースレター」に掲載された。書いたのは、同法律事務所の高坂明奈弁護士。

高坂弁護士の許可を得て、全文を紹介する。

■『バックラッシュの生贄―フェミニスト館長解雇事件』三井マリ子・浅倉むつ子編(旬報社)を読んで        

本書は、「すてっぷ」(豊中市男女共同参画推進センター)の非常勤館長であった三井マリ子さんが、自身が館長職から排除された背景にあるものを明らかにされた書籍である。

豊中市「すてっぷ」館長不当雇い止め事件について(当事務所の宮地弁護士が三井さんの代理人として活動し、事務所ニュース(13号・18号)でも記事にしている)、三井さんが裁判で勝訴されたことなど、ニュースや新聞報道などでも見たが、その背景にあった事実がこれほどおぞましいものとは本書を読むまでは知らなかった。

私は、怒りで心が震えたとき、喉の奥がきゅっと閉まり、体温が上昇する。本書を読んでいるとき、私は喉の奥が痛くなるほど閉まり、座っていた椅子は熱くなっていた。

この本の読者は、二つの怒りを体験する。

一つは、バックラッシュ勢力のやり口の卑劣さに対する怒り、もう一つは、そのような勢力に対し本来立ち向かうべきはずの行政(豊中市)が屈服したことへの怒りである。

男女共同参画に関するバックラッシュ勢力とは、「狙いを定めた地方自治体において、一般市民を装いながら歪曲したデマを流しつつ、特定の個人を名指しで攻撃する行為をしつこく繰り返し、ときには地方自治体の一部議員と連携しつつ行政や男女共同参画拠点施設の職員等に対する執拗で陰湿な攻撃・批判を行うもの」(本書182頁参照)である。

歪曲したデマというのは、男女共同参画は、「鯉のぼりやおひなさまを否定する」「性教育は子どもにセックスを勧めている」「男女の区別を否定することだからトイレ・風呂が共用になる」などである。

今回、三井さんに仕掛けられた攻撃の中にも、「三井さんが豊中の小学校のトイレの色を同じにしたため男子がどちらに入ってよいか分からずおしっこをもらした。」という全く事実無根の噂を流されるということがあった。

また、一般市民を装った男性が「ジェンダーフリーの危険性を学ぶ」という勉強会をするので部屋を貸して欲しいとすてっぷにやって来るということがあった。会館の使用目的に反していると断ると、男は市議を使ってなぜ使えないのだと迫った。結局、市は、貸し出しを認めてしまう。三井さんは、この弱腰がバックラッシュ勢力を勢いづかせたと言う。

当初、バックラッシュ勢力に注意するよう関係各所にFAXを送るなどしていた三井さんの直属の部下(市役所からの出向)だが、豊中市がバックラッシュ勢力に屈服すると三井さんの首切りプロジェクトに回る。

三井さんは非常勤職員であり簡単に首を切れると踏んだ豊中市は、当該部下に首切りの案を練らせ、後任の館長を探し、三井さんを雇い止めにしている。

なぜ、豊中市は、バックラッシュ勢力に屈服したのだろうか。

その背景には、豊中市が、男女共同参画推進条例を議会で通すために条例に難癖をつけていた議員と交わした密約の存在があった。男女共同参画推進の象徴的存在である三井さんを排除するという密約である。

このような仕打ちに対して、三井さんは屈服しなかった。戦うという決断をされるまでにどのような思いをされただろうかと想像するとまた、体温が上がった。

そして最後には、一審から逆転勝訴の高裁判決を受け、生贄から奇跡の生還を果たされたことの感動で体温が上がった。

最近は女性も男性も冷え性の人が多いので、身体の中から熱くなりたい人におすすめの一冊だ。

高坂明奈(弁護士)
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-08 21:54 | その他

c0166264_1739115.jpg『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』の書評が、「女性共同ニュースレター vol 22」(2012年7月25日)に掲載された。

執筆者は、女性共同法律事務所の高坂明奈弁護士。

高坂弁護士によると、「私は、怒りで心が震えたとき、喉の奥がきゅっと閉まり、体温が上昇する。本書を読んでいるとき、私は喉の奥が痛くなるほど閉まり、座っていた椅子は熱くなっていた」。

全文は、「女性共同ニュースレター vol 22」をどうぞ。
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-27 14:35 | その他

c0166264_1739115.jpg『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』を、完読した。

読者にすら これ程心に重いものを残したのだから、当の筆者三井マリ子は、心身共にどれだけ疲弊したことかと思った。彼女の強さに心より敬服する。

唯一幸いだったことは,彼女の命が無事だったことだ。公職の身である議員ですら,卑屈卑劣低俗の極み。日本はこんな輩に、まっとうな意見が妨害されているのかと思うと、憤りを通り越して、表現しがたい感情がとめどもなくわき出てくる。

本当に日本は前途多難だ。しかし、ここまでとは全く知らなかった。でも決して諦めたらいけない。なんとか向かっていかなければならない。でなければ、相手の思うつぼなのだ。

先日、高尾山の薬王院に「高貴な人間は自分自身に,平俗な人間は他人に要求を課す」と書かれているのを目にした。正にその通りだ。

原 三枝子
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-13 18:30 | その他

c0166264_1739115.jpg『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』は、豊中市の男女共同参画推進センター「すてっぷ」館長であった三井マリ子さんの雇い止め裁判の記録である。

三井さんは2000年に全国公募に応じて初代館長(非常勤)に採用されたが、彼女の活躍が気に入らない勢力の圧力を受け、センターの体制強化のために常勤館長とするというシナリオのもと不当解雇された。

豊中市と男女共同参画推進財団を相手に訴訟を起こしたが一審では敗訴。しかし、大阪高裁で勝訴し、2011年に最高裁が市と財団の上告を棄却し高裁判決が確定した。

本書のタイトルは、豊中市が男女共同参画推進条例制定をバックラッシュ勢力(反動・揺り戻し)の市議会議員に認めてもらうことと引き換えに、館長を生贄として解雇したことに依っている。

バックラッシュ勢力の攻撃や行政への圧力を三井さん自身がまとめたドキュメンタリー、共に闘った2人の弁護士の論説、高裁に提出された浅倉むつ子早稲田大学教授の意見書で構成されており、一気に読めるものとなっている。

1999年に男女共同参画社会基本法が成立し、2000年頃から男女共同参画への攻撃が全国的に吹き荒れた。

徳島県議会でもジェンダーフリーや男女混合名簿に対しての批判が繰り返され、議員の言動に戦々恐々とする県職員の姿を垣間見た私は、その様子を三井裁判の陳述書として大阪高裁に提出した。バックラッシュ勢力による地方自治体の意思決定への陰湿な介入・圧力を断罪した高裁判決に、少しは資することができたかと思っている。

徳島では、2010年4月に「在日特権を許さない市民の会(在特会)」が徳島県教組書記局を襲撃する事件が発生したが、本書には三井さん攻撃の急先鋒であった市議と在特会元関西支部長との関係も、暴かれている。

男女平等を理解できない保守系議員が単に騒いでいるだけでなく、明確に憲法9条、24条を標的にしている勢力がバックラッシュを企て広げていることがよく分かる。


高開 千代子(男女共同参画社会をすすめる会@徳島)

【「週刊新社会」に掲載された書評を、著者の許可を得て転載しました】

館長雇止め・バックラッシュ裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-10 17:17 | その他

飯田しづえさん

c0166264_22173263.jpg「飯田しづえさんがいらしたら、この豊中市の惨状をどう思ったでしょうね」

ある女性が、私にこう言った。2012年6月30日、豊中市のすてっぷにて、集会「バックラッシュをはねかえそう!」が終わった後だった。

バックラッシュとは「反動」という意味で、男女平等を逆流させようとする動きを指す。集会は、『バックラッシュの生贄ーフェミニスト館長解雇事件』(旬報社)の出版をきっかけに、豊中市民が企画した。

私は、2004年3月、バックラッシュ勢力に屈した豊中市によって職場から追放された。こんな仕打ちを許してはならないと思った私は、提訴した。そして昨年1月、最高裁で勝った。

6月30日の会で、私は、人格権侵害をした豊中市の犯罪的行為が判決という形で未来永劫残ることになった、と伝えた。

判決の中身を聞いた参加者の1人が、昔、豊中市議会で活躍した故飯田しづえさんを思い出したのだろう。往年の飯田しづえさんの顔がパーっと浮かんだ。

私が豊中で働くようになったのは、2000年秋。その後まもなくだったと思う。飯田しづえさんを伴って私のところにやってきた友人のおかげで、私は直接飯田さんに会ってお話することができた。すでに飯田さんは90歳を過ぎていた。今から10年前のことだ。

都議会議員2期を務めた私は、飯田さんの議員時代の働きぶりに関心を抱いた。飯田さんについて調べた。飯田さんは、1955年という早い時代に市議会議員に初当選。以来、7期も連続当選した。

働く女性にとって不可欠だった保育所の問題、合成洗剤追放など暮らしの問題、さらには伊丹基地撤去運動などの平和運動----市民運動と議会の間を行ったり来たりしながら闘ってきた女性だった。20代の頃、左翼演劇活動に参加したからという理由で、教職の場を奪われるという経験もした。

当時、私は、男女平等についての講演をよく頼まれた。世界、日本、そして豊中市の女性の闘いの歴史が一目でわかる年表をつくって資料として配布しようと思い立った。

豊中市がすでに作成していた書面を取り寄せた。見たら、そこには女性議員についての記載はない。豊中市に初めて女性議員が誕生したのはいつなのだろう。調べたら、1955年だった。その初の女性議員は、私が親しくお話した、あの飯田しづえさんだった。

全体のバランス上、固有名詞は書かないほうがいいと考え、「1955年、豊中市に初の女性議員誕生」と書いた。同時に、増えるたびごとの選挙年を書き入れ、女性議員増の歴史を一目でわかるようにした。それ以来、飯田さんに、豊中市女性議員第1号の印象を聞きたいと思うようになった。しかし、飯田さんの体調が思わしくなく、願いはかなわなかった。

さて2012年6月30日、豊中市の講演を終えた私は、京都の友人宅におじゃました。友人は、翌朝、居間にかけたカレンダーを1枚めくって7月にした。すると飯田しづえさんが、こちらを見て笑っているではないか。

「姉妹たちよ 女の暦2012」(ジョジョ企画)7月号は、飯田しづえさんだった。

自宅にもどった。同じカレンダー「女の暦2012」が、洗面所の壁にかかっている。私は、6月のカレンダーをめくって7月にした。そう、飯田しづえさんの笑顔が、また目の前に表れた。

飯田しづえさんは、「おもしろかってんよ」と、私を励ます。今朝も・・・。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2012-07-13 22:41 | その他

(クリックすると大きくなります)

I 女のしんぶん 6月25日号。

最新刊『バックラッシュの生贄』発行にちなんで、中村ひろ子記者が、最高裁勝利裁判についてインタビューしてくれた。

本は、『バックラッシュの生贄ーフェミニスト館長解雇事件』(旬報社) をクリックしてどうぞ。

ファシズム的政治勢力が、全国の地方自治体で、どのように男女共同参画つぶしをしたか。闇につつまれていた政治と行政の男女平等つぶしを初めて明らかにした本。

橋下徹や石原慎太郎周辺のファシズム的勢力について知りたい方にとっても必読。
[PR]
by bekokuma321 | 2012-07-12 20:22 | その他

(クリックすると大きくなります)

(クリックすると大きくなります)

『インパクション』 2012年6月号。田中玲さんの書評。

本のお求めは、『バックラッシュの生贄ーフェミニスト館長解雇事件』(旬報社)
[PR]
by bekokuma321 | 2012-07-08 21:56 | その他

c0166264_1739115.jpg『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』、一気に読みました。神保町の東京堂書店で購入しました。読み終えた後、同僚の岩佐りょう子(千代田区議)に貸したところ、読んでいて、悔しくて、とため息を漏らしていました。

男女平等の流れを逆流させようとする勢力――バックラッシューーの圧力で解雇されて、裁判で勝った三井さんの闘いぶりがよくわかりました。

通常は、こういう仕打ちにあっても、声も出せずに泣き寝入りです。司法に訴えても勝てない、があたりまえの世の中です。でも、三井さんは、弁護団や浅倉先生と共に、しっかり打ち返した。本当にアッパレです。奇跡と言ってはまずいかもしれませんが、奇跡に近いです。

本を読んで、手段を選ばないバックラッシュ勢力のすさまじい陰湿さ、横暴さ・・・・を勉強させられました。そして、あらためて三井さんの裁判はすごいことだったんだと思いました。浅倉先生の意見書にあるように、三井さんがバックラッシュ攻撃を受けていたのですから、雇い主である市は、職場環境を保持すする義務者として、三井さんを攻撃から守るべきでした。議員と職員という関係の中でも、環境保持義務が首長にあるということを首長側は知るべきだと思います。

さらに、私たちは、このバックラッシュに、どうしたら、効果的な闘いができるのか、を考えさせられました。次の10年では、私たちの側の効果的闘いが見えてきたらいいなと思っています。

c0166264_21455295.jpg6月1日の国会集会があって、目を覚まさせられました。その後、駒場東大での黒岩さん主催の会があり、日独文化研究所のフェーベさんから『民主党政権と男女平等政策』に関する取材を受けたりと、男女平等というテーマに向き合った6月でした。


小枝すみ子(千代田区議)
http://www.koeda-sumiko.net/index.html

(FEM-NEWSより:小枝さんは、6月1日の「バックラッシュを跳ね返して新しい政治を」の企画運営に奔走してくださいました。写真は6月1日を報道したふぇみん記事より)
[PR]
by bekokuma321 | 2012-07-08 17:40 | その他