ナイジェリア人による国際犯罪シンジケートの親分3人(女性)がマドリードで逮捕された。

1月4日の報道によると、彼女たちは、自国ナイジェリアの少女たちに、スペインのビルバオ(ビスカヤ県)とベニドルム(アリカンテ県)のクラブや路上で性産業に従事させていた。

その手口はこうだ。

ナイジェリアの極貧の地に住む少女たち(年齢不明)に対して、ヨーロッパに行けば、きちんとした仕事で給料もいい職業につけると嘘をついて騙す。

嘘とは知らず承諾した少女たちを、ブードゥー教(民間信仰)の儀式に連れて行く。そこで魔術をかけて、組織に絶対忠誠を誓わなければ、少女たちやその家族がひどい目に合うことになると告げる。

その後、ナイジェリアの隣国ニジェールに移動。そこからさらに隣国リビア経由でイタリアに向かう。イタリアへは危険な船旅で、溺れ死ぬ人も多い。

イタリア到着後、いったん公的な移民シェルターに入る。シンジケートのメンバーがそこから連れ出して飛行場に。別のナイジェリア人少女の違法パスポートを使って、飛行機でスペインに渡る。

今回スペインで救済された少女たちは7人だった。

少女たちは、4万から4万5000ユーロかかっていると告げられて、返済に売春を強要された。1日14時間の休みなしの性労働だったという。

国際移民機構IOMによると、ナイジェリアからイタリア海岸に流れ着く何千人もの女性の80%は、人身売買の被害者であるという。以前、イギリスを中継地点として、世界各国に少女や女性を人身売買するナイジェリア犯罪組織について報道されていたが、今度のニュースはイタリアが中継地点だ。

現代の奴隷労働が、スペインで救済された少女たちの告発から明らかになりつつある。

Liberadas 7 jóvenes nigerianas obligadas a prostituirse en Bilbao y Benidorm por una organización dirigida por 3 mujeres
Voodoo threats and prostitution: The plight of Nigerian girls seeking new life in Spain
ガザ地区、ナイジェリア北部に緊急援助
「少女らの誘拐は神の意志」 
ノルウェーの買春禁止法の問題 

c0166264_1418812.jpg
     ▲国際移民機構のナイジェリア・リポート(上の内容は書かれていない)
[PR]
by bekokuma321 | 2017-01-09 14:36 | アジア・アフリカ

韓国の旅客船沈没事故で、亡くなった人248人、行方不明者54人に上る。多くは高校生だ。近親者の悲しみや怒りは計り知れない。

c0166264_13532411.jpg一方、欧米のメディアによると、ナイジェリアで10代の子どもたちが300人近くも誘拐されたまま、行方がわかっていない。こちらは、全員女の子だ。

今朝のBBCやガーディアンによると、イスラム過激派「ボコ・ハラム」の領袖が女生徒らを誘拐したと犯行声明をするビデオ映像が公開された。

「ボコ・ハラム」とは、「西洋の教育は禁止」という意味の現地語だという。「ボコ・ハラム」の領袖と称する男は、次のように宣告した。

「少女らのいるところは学校ではない、少女らは結婚すべきだ」

「神の意志により、少女たちを連れ去った。少女たちは神の所有物であり、私は神の教えを遂行している」

「女性は奴隷である。イスラム教の同志たちに、奴隷はイスラム社会では許されることを教えこみたい」

ガーディアンによると、誘拐事件はナイジェリア北東部のボルノ州でおきた。女生徒たちは、寄宿舎にいるところを襲われた。ほとんどが16歳から18歳で、最終学年の生徒だという。襲われたのは、韓国船沈没の4月16日。犠牲者もほぼ同年代だ。

誘拐されて車に乗せられた少女たちの中には、混乱にまみれてトラックから飛び降り、サンビサ森林地帯を逃げることのできた子、逃げる途中で蛇にかまれて死んだ少女もいるという。

イスラム過激派の、この常軌を逸した女性差別!

Boko Haram claims responsibility for kidnapping Nigeria schoolgirls
US 'outrage' as calls grow to help rescue Nigeria schoolgirls
https://www.facebook.com/bringbackourgirls
怒! パキスタン女教師殺害される
パキスタン少女、襲撃される
イスラム教冒とく罪の少女、釈放
パキスタン、少女への学校教育禁止令
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-06 11:44 | アジア・アフリカ