c0166264_23132198.jpg「タンポンに税金をかけるな」

「私の子宮に税金をかけるな」

「私の血が流れる、そのたびに国がうるおう」

「重税なしに血を流したい」

報道によると、11月11月(水)、パリのド真ん中で、こんな抗議のプラカードが何枚も大空を舞った。プラカードだけでない。トップに赤いペンキがぬられたサンドバッグのようなドでかいタンポンを立てたり、血で染まったように塗られたパンティをズラリとものほしロープにほしたり・・・。

フランスでは、タンポンや他の生理用品に20%の消費税がかけられていた。先月、国会に、5.5%引き下げる改正案が出されたものの、それが否決されてしまった。それに怒った女たちによる、アイデアあふれる抗議。

女性たちの多くは薄給だ。タンポンは女性の必需品。これ以上、国から金をしぼりとれるのは御免。わかるなぁ!

【写真:Youtubeで放映されるデモンストレーション「血を流そう」より。動画の接写】

Taxe tampon : «Laissez-nous saigner sans nous surtaxer»
'I bleed, the state wins': Paris tampon tax protest
Laissez-moi saigner (Monday, Tuesday)
フランスの政党交付金は男女平等化資金に
政治は男のものではない
フランス、新しい男女平等法へ
仏、「歴史上の偉人に女性を増やせ」
フランス、性差別賃金会社に罰金刑
フランス「パリテ内閣」、「女性の権利省」誕生
21世紀のフランス革命
フランス議会は男女半々(パリテ)へ
[PR]
by bekokuma321 | 2015-11-13 23:17 | ヨーロッパ