タグ:スウェーデン ( 37 ) タグの人気記事

さあ、一緒に行こう!

深い闇に包まれた白い大理石の像。赤い手書きのNU GÅR VI! は「さあ、行こう!」。下のポスターだ。

1975年に国際女性年を記念して行なわれたスウェーデンのポスターコンテストで優勝した作品だ。

スウェーデン政府(正確には下部機関)が募集・審査した。女性差別撤廃の運動をもりあげるためだった。作者は美術教師のイヴォンヌ・クラソン。

このポスターの作者イヴォンヌ・クラソンの名を、最近のスウェーデン紙で発見した。彼女の記事のタイトルは「首相と外相への公開質問状」。スウェーデンはNATO非加盟なのだが、それにもかかわらずNATO友好国ぶった危ない動きをする政府への痛烈な反論だった。そして、彼女は、1975年のポスターを言及して「さあ、行こう!」と読者に政府への抗議デモを呼びかけていた。

私も、1975年に描かれたポスターを思い出した。それがこのポスターだ。

女性像2体が、ギリシャ神殿の上部を支えている。屋根を支えるために使われた人柱で、カリアティードと呼ばれる。この絵は、アクロポリスの丘に建つエレクティオン神殿の有名な6体の一部だろう。

この続きを読みたい方は「叫ぶ芸術ーーポスターに見る世界の女たち:『さあ、一緒に行こう(スウェーデン)」をどうぞ。

c0166264_23174830.jpg

叫ぶ芸術ーーポスターに見る世界の女たち
Öppet brev till Löfven och Wallström


[PR]
by bekokuma321 | 2017-02-13 23:28 | 北欧

c0166264_23475285.jpg海賊の格好をした男の子、黒い下着に黒いハイヒールの女性。こんな写真を載せたチラシを宣伝に使ったおもちゃ店は、先日、そのチラシの撤去を命じられた。性による役割を固定化し、男女の尊厳を傷つけているから、という理由だ。

日本なら、この類の広告は野放しだが、これは、スウェーデンのニュース。

昨秋、スウェーデン北部の都市ウメオの大学生Amanda Eklundは、郵便受けでおもちゃ店Lekiaの宣伝チラシ見て、女性の性を商品化するものだと考えて、広告オンブズマン(写真)に訴えた。とくに子ども向けのおもちゃの宣伝にこのようなチラシを使うことは、子どもたちに間違った性のイメージをおしつけることになる、と彼女は思った。

オンブズマンとは行政活動に不服を抱く市民からの訴えを受けて、調査して行政をチェックする公的機関。市民の権利の代理人と言える。

ウメオのケースを扱った広告オンブズマンは、おもちゃ会社Lekiaの広告を調査し「性差別的である」と結論づけた。スウェーデンには性差別広告を禁止する法律はないが、国際商工会議所の広告規定を参照したという。

おもちゃ会社は不服を申し立てたが、委員会の全会一致で、冒頭の結論を出した。おもちゃ会社は「わたしどもは、性差別的に見られるとは思ってもいませんでした」とコメントしている。

オンブズマンは”北欧民主主義の華”と言われている。北欧では、法律というものは独立した特別の監視機関がなければ十分に守られないものだとされていて、その機関は、誰でもいつでも簡単に接触でき、無料でなければならない。それがオンブズマンである。裁判官と大臣を足して2で割ったような強い権限を持つ国家公務員だ。

ノルウェーの平等・反差別オンブッド(オンブズマンのこと)、子どもオンブッドを取材したことがある。

平等・反差別オンブッドは、女性や移民・障がい者が、平等に扱われていないと不満を持つ国民に、用意されている苦情処理機関だ。市民から持ち込まれた差別ケースを調べて、必要ならマスコミに公表して、事業者がちゃんと差別撤廃にとりくんでいるかのお目付け役となっている。

子どもオンブッドは、子どもたちからの声を吸い上げて、学校や親に制度改善に向けてモノ申す。あくまでも子どもの権利を擁護するのが、子どもオンブッドだ。オンブッドへの苦情申立書は一応あるものの、「メモ」でも電話でもいいのだという。訪問したとき、オスロの事務所には、大きなクマのぬいぐるみをはじめ、おもちゃがたくさん置いてあった。

スウェーデンの広告オンブズマンの法的根拠は国際商工会議所の規約だという。なら、日本の性差別的広告にも応用できるはずだ。政府の男女共同参画推進局にやる気があれば、の話しだが。

Lekia
Umeåföretag fälls för sexistisk reklam
Leksaksbutik i Umeå fälls för sexistisk reklam
Reklamombudsmannen(広告オンブズマンのホームページ)
志布志市:水着少女にうなぎを擬人化してPR
栗東市子育てパンフの男の子、女の子
[PR]
by bekokuma321 | 2017-01-07 00:02 | 北欧

c0166264_17475541.jpgスウェーデン南部の大都市マルメの市議会は、ユニークな決定をした。

市民の憩いの場であるリーべシュボウリRibersborg海水浴場の公衆浴場を、トランスジェンダーや第3の性の人たちも楽しめるように2018年から月1回裸で混浴を可能とするという。それにともなって更衣室もジェンダーにとらわれずに使えるようにする、と決めた。

12月15日の報道によると、マルメ市議会の左派党とフェミニスト党の議員が提案した議案が通った。

公衆浴場は現在も裸で楽しめる。しかし男性用と女性用でわけられているため(日本の温泉のようになっていると思われる)、どちらの性にも属さないと思っている人は楽しめないのだという。ちなみに、マルメ市観光HPによると、リーべシュボウリ海水浴場には、犬用のビーチやハンディを持った人のビーチやヌーデストビーチもある。

「この公衆浴場はすべての市民が楽しむ場です。男女の性に分けられない人にも、その扉が開かれている、ようにすることはきわめて重要なことなのです」と、提案した市議は語っている。

また、「建設会社にはアクセシビリティを高めるように要求し、また、スタッフはこの分野における知識が必要ですので、教育をするように要請します」と、市当局は語っている。

日本では、社会的少数派に対するいじめ・排除・差別が数多く報道されていて、それに接するたびに胸が痛む。スウェーデンにもいじめや差別はあるだろう。しかし、そうあってはならないとする政治的意思が議会にあるかないかは、スウェーデンと日本とで決定的に違う。


【写真:マルメ市のリーべシュボウリ海水浴場にある公衆浴場。市の観光局サイトより】

Malmö_swimming
Nytt krav från Malmö stad: könsneutrala öppettider på Kallbadhuset
トイレ:男も女も障がい者も・・・も
ストックホルムに、第3の更衣室
ハンディをハンディと感じさせない社会へ
スウェーデン「フェミニスト政府」の偉業
[PR]
by bekokuma321 | 2016-12-17 18:00 | 北欧

スウェーデン政府の審議会、委員会、財団組織などすべての構成員が、男女半々となった。

報道によると、前年度は49%だったという。ほぼ50%だったにもかかわらず、昨年12月、女性委員を増やしてきっちり50%にして、男女バランスを完成した(実は女性51%)。

スウェーデン政府ホームページは、政府は1980年代から30年以上も、公的委員会、審議会などにおける男女平等を進めてきて、やっと達成されたことを報告している。男女平等大臣は、「男女平等にむかっての絶え間ない働きが、うまく機能したということです」と語った。

スウェーデン政府は、自らを「世界初のフェミニスト政府」と名乗る(↓)。内閣は男女半々、女性国会議員は44%である。首相は「男女平等は社会変革へのカギ」として、「男女平等達成のための政策を実行し、すべての政策に男女平等の視点を入れる」と宣言している。

「フェミニスト政府」の財政に関する政府声明は、こんなふうに始まる。

「経済政策は女性の生活に欠かせない。経済政策が、どのように作成され、どのように財源が分配され、何が重要とされ、何が優先されるべきか、これらは女性の生き方に主たる影響を与える。スウェーデンはフェミニスト政府であり、この政府の男女平等政策の総合的目標とは、社会と私生活を形作っていくにあたって、男女は同等の力を持つ、ということである。--(中略)ーー フェミニスト政府は、単に政策決定がおよぼす結果の分析に満足はしない。決定される前に、確かにその決定が男女平等の視点で行われているかを確認して、分析がなされなければならない」

日本は、どうか。「反フェミニスト内閣」が、ジェンダーや男女平等を嫌って、男女共同参画というわかりにくい名称に変えたのはいつだったか。

今や、その男女共同参画という言葉さえ、閣僚の肩書から消えて、カッコに移された上、少子化の後ろにそっと付記されている。「内閣府特命担当大臣(少子化対策、男女共同参画) 」というわけだ。しかも、その大臣の加藤勝信は、夫婦別姓を目の敵にし、伝統的家族観を押しつける「日本会議」の幹部である。

地方自治体を見れば、男女平等政策をすすめる責任部署が次々に看板をすげかえられてきた。男女平等を市民とともに進める拠点施設ーー男女平等センター、女性センターなどーーは、女性差別撤廃の学習会やセミナーのイベントがなくなり、「お父さんの教養講座」といったものに代わった。

議会で、男女平等を求める女たちの動きをつぶしては快哉を叫んできたバックラッシュ(反動)も、「あがり」に近づいたように見える

だけど、「あがり」には後がない。そう、次はわたしたちフェミニストが進む番だ。

c0166264_2232886.jpg
   ▲スウェーデン政府のホームページ。「フェミニスト政府」とある。これは英文サイト。


A Feminist Government
Könsfördelningen i statliga myndigheters styrelser och insynsråd m.m.
スウェーデンのフェミニスト外相
表現の自由と男女平等
スウェーデン女性の賃金、男性を上回る!
スウェーデン「スポーツからお祭りまで男女平等」
フェミニスト党EU議会に当選
叫ぶ芸術
アバのベニー・アンダーソン、フェミニスト党を支援
[PR]
by bekokuma321 | 2016-09-04 23:32 | 北欧

c0166264_033838.jpg スウェーデンの外務大臣マーゴット・ヴァルストロムが、北欧理事会大臣に就任した。外務大臣との兼務。

彼女は、外務大臣就任の際、「フェミニスト外交を進める」と述べた。心躍る発言だった。

「今、北欧協力体制に、フェミニストの明快な出番はあるのでしょうか」と聞かれて、マーゴット・ヴァルストロムはこう答えた。

「ええ、もちろん。スウェーデンはフェミニスト政府です。フェミニスト外交は外務省のありとあらゆる施策に浸透していますから」

報道を通じて知った過去の彼女の勇気ある言動から、いくつか―――

サウジアラビアの女性は従属的地位に置かれていると歯に衣着せぬ批判を投げた。

国連軍による子どもたちへの性的虐待を内部告発した国連職員(スウェーデン人)の口封じを図ろうとした国連人事があった。それを知ったマーゴット・ヴァルストロムは、国連に対して強い抗議を表明した。

北欧政策にはどう出るか。楽しみだ。

New Swedish Minister for Nordic Co-operation
国連平和維持軍の蛮行
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-01 21:51 | 北欧

「ハイヒールって、ただただ、ひどいに尽きる」

エミール・アンデルセン(Emil Andersson、25歳)は、スウェーデンの大工。

ある日、エミール・アンデルセンは、フェイスブックでカナダ女性の投稿を見て、なんてことだと思った。彼女の働くレストランは、ハイヒールがドレスコードになっていて、女性従業員たちは苦しんでいる。足から血が出たり、足の指の爪がはがれたりしている同僚もいるという。

そうこうしているうち、カンヌ映画祭に裸足で登場したジュリア・ロバーツの姿が、彼の目に焼き付いた。

職場でハイヒールを強制される女性たちがいることに疑問を抱いていた彼は、一日、ハイヒールをはいて仕事をしてみようと決意。さっそく実行に移した。

初めてはくピンクのハイヒール。痛い! その痛いハイヒールをはいて、車を運転し、工事現場に行き、重い荷を持って階段を上り下りする。ぐらつく足取り、不快感・・・。

彼は、一部始終をYoutbeに。題して「ハイヒールで仕事に挑戦!」。彼の挑戦は世界中に流れた。その反響たるや!

この挑戦物話が、遠い日本にいる私にも届いたのは、ノルウェーのメディアのおかげだ。スウェーデンもノルウェーも世界有数の男女平等先進国。男女の垣根は、ほとんど取り払われている。

しかし、女性の痛みをわがこととして味わったエミールは、言う。

「まだまだ、平等ではない。仕事をするときに、男女でドレスコードが違うのは不公平だ。僕は1日だけ。もう二度とはかなくていい。だが・・・」

エミールのような男性を生み出した北欧社会を尊敬する。

c0166264_10332370.jpg
        ▲クリックしてYoutubeの録画をどうぞ。

Emil (25) brukte høye hæler på jobb: – Det var forjævlig ubehagelig!
Challenge, High heels at work!
Woman shares photo of bleeding feet to highlight 'unfair' work high heels policy
Julia Roberts Goes Barefoot On The Cannes Film Festival Red Carpet
[PR]
by bekokuma321 | 2016-05-30 10:48 | 北欧

c0166264_10435972.jpg半年の育児休暇を終えて、さっそうと議会に戻ってきた女性党首。彼女が休暇の間、代理だった男性議員は、やる気なさそうに部屋で足をデスクにドンと伸ばして、電話でおしゃべり。その現場に……。

これは、スウェーデンの風刺ビデオ「さあ、彼女が戻ってきた」の話。ただし女性党首の育児休業は実話。

この風刺ビデオ、Youtubeで大人気。さすがスウェーデン政界と、驚くとともに、男性政治家のだらしなさは、日本と似てるな、と苦笑いした。

この風刺ビデオの背景には、女性にやさしい社会制度がある。たとえば、育児休業期間の長さ、個人に負担がかからない比例代表選挙制、議員でも大臣でも代替に代われる代理制度、保育園の充実などなど・・・。どれひとつとっても、日本は遅れすぎていて、リアリティがないから風刺にならない。

こうした社会制度は北欧だって天からふってはこない。つくってきた。つくってきたのは、国会にも地方議会にも女性議員が、4割前後いて、女性のかかえる課題を政治課題にしてきたことがある。

どうしたら、女性議員を3割、4割に増やせるか。日本最大の優先課題だと思う(アッ、この言葉、「男女共同参画社会基本法」に明文化されていたなあ・・・)。

Annie Lööf tillbaka på jobbet
Spoof video proves just how gender equal Swedes are
Baby girl joy for Centre Party leader Lööf
[PR]
by bekokuma321 | 2016-04-02 10:55 | 北欧

c0166264_2333861.jpgやったぁ!スウェーデン地方公務員管理職の賃金レースにおいて、女性が男性に勝った。

地方政府において、女性管理職・政治家の平均賃金は、同僚男性よりも高額となった。フルタイムの管理職女性は、平均月58925クローネ(日本円にして782,126円)、男性は57,925 クローネ(768,849円)となった。史上初の快挙だという。

2月25日、スウェーデンのDagens Samhälle誌が報じた。Vサインをする女性の手が表紙を飾っている。

女性の賃金が男性より高くなった理由はさまざま。

「地方公務員管理職を募集すると、男性より女性が多く応募します。女性は年配になってから管理職ポストにつくことが多く、賃金がそれだけ高くなる傾向があります」

「民間ではありえないことですが、とてもおもしろい。女性管理職は、賃金交渉が巧みであり、また女性のほうが男性よりも高学歴だからでは」

ストックホルム市長のカリン・ワンゴ―ル(女)は、月125,000クローネ(日本円165万3,240円)。大臣の80%と定めているからだという。「首都を率いており、、市の全予算の責任を持つ身ですから、当然です」と、うれしそう。市議会議員を経て、2014年から市長に(社民党)。ストックホルム議会は、社民党、緑の党、左派党、フェミニスト党の4党で連立を組む。

なお、北欧の地方議会議員は、大都市を除いてほとんど無報酬。別に職業を持っていて、その賃金で生活する。議員は余暇のボランティアといえる。

【写真:1999年のスウェーデンの男女同一賃金を求めるポスター「賃上げには髭だ」】

Kvinnorna tar täten i lönerace
Women managers overtake men in Sweden's wage race
スウェーデン「スポーツからお祭りまで男女平等」
フェミニスト党EU議会に当選
叫ぶ芸術
アバのベニー・アンダーソン、フェミニスト党を支援
[PR]
by bekokuma321 | 2016-02-26 23:20 | 北欧

c0166264_1561996.jpgスウェーデンの首相・ステファン・ロベーンStefan Löfvenは、2014年のストックホルム・フェスティバルで、スウェーデン警察が性的嫌がらせについて報告しなかったことは、「女性に対する二重の裏切り行為である」と、警察を強く非難した。今朝のガーディアン紙による。

首相の言う二重の裏切りとは、女性に性的嫌がらせをした加害者が誰も起訴されなかったことと、この事件が警察署の報告に存在しなかったことを指しているようだ。

時を同じくして、ケルンでの女性への暴行事件と同様、2015年大晦日の夜、スウェーデン第3の都市マルメにおける、女性への暴行事件が明らかにされた。

女性への性的嫌がらせ事件は、2014年夏、ストックホルムで行われたヨーロッパ最大の若者の音楽祭といわれるWe Are Stockholmで起きた。若者中心に17万人が集まったと言われる。

スウェーデンの日刊紙Dagens Nyheterが、警察官のメモを暴露したため、事件が明らかになった。

首相は、若い女性に対する二重の裏切り(dubbelt svek)だとし、「強い怒りを覚える」と公言した。そしてスウェーデン警察長官は、2014年の音楽フェスティバルについて徹底した捜査をすると公約した。

スウェーデン紙はこぞって大きく報道している。

さらに、スウェーデン民主党(移民反対派で右翼と称される。社会民主党とは別)は「警察署は、ポリティカル・コレクトネスに混乱していた」とし、同党の国会議員は、「これは、まったく比類のないスキャンダルである。この国のあちこちでこのようなことが起きて、民主党が有利になるからと、その事を報告しないとしたらどうなるか?」

2014年夏の音楽フェスティバルは、ちょうど総選挙を1ヵ月後に控えていた。難民問題が大きな関心を呼び、同選挙で民主党は第3党に躍り出た。

一方、女性のシェルター代表として、移民たちが暮らしに溶け込む手助けをしてきたスザンナ・ウバルディはこう語る。

「性的嫌がらせなどの行為は、女性に対しての忌むべき野蛮で下劣な行為です。こうした行いは、中東からの難民男性の保護とはまったく別物です」

「しかし、スウェーデンで今なされている議論は物事を単純化し過ぎであると、戸惑いを覚えます。多くの移民は、女性に対して、大変な尊敬の念を抱いています」

首相の「二重の裏切り」発言も、さすがスウェーデンと感心したが、シェルター代表の意見は、首肯にあたいする。

Assaults at the Stockholm festival have never been fully investigated
Swedish police accused of covering up sex attacks by refugees at music festival
Åkesson: Eliasson borde givetvis sägas upp
stockholm kulturfestival

【写真は2015年のストックホルム・フェスティバルのポスター】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-01-12 15:11 | 北欧

スウェーデンのストックホルム、南病院内にレイプ(強姦)被害となった男性のための緊急外来がオープンした。世界初だという。

すでに、レイプ被害女性のための緊急外来はできていて、年間600件から700件の患者の治療にあたっているという。

スウェーデンでもまだ男性へのレイプは社会的にタブーであり、被害者の苦悩が続いているなか、決断された。男性用のレイプ外来オープンに、病院の専門家は「男性が、被害を明らかにすることではじめてよい治療ができますので、重要です」、政治家たちは「男女平等の観点から、喜ばしいことだ」と報道されている。

レイプなど性暴力を受けた心身は、いやしがたい傷害を負い、その後遺症は生涯続く場合もあると言われている。その傷の重さは、男女の性にかかわらないことは言うまでもない。これから考えても、レイプにあたる「強姦」の漢字はおかしい

Sweden Opens Worlds First Male Rape Centre
Sweden opens world’s first male rape victim centre
Öppnar akutmottagning för våldtagna män
[PR]
by bekokuma321 | 2015-10-17 11:09 | 北欧