c0166264_13381888.jpg10月14日(金)、オスロの国立博物館の「警察医務室前のアルバーティン」前には、高校生が大勢いた。解説者の話を聞きながら絵を見つめていた。

「警察医務室前のアルバーティン」は、1880年代、ノルウェー政府を公娼制廃止に導いたとされる絵画である。

2016年のノルウェーは、法で、買春する側(男性がほとんど)とあっせんする側を禁じている。金でセックスを買う人を罰することでプロステチュートを減らそうというものだ。しかし、オスロのある地区では、夜になると売買春婦らしき姿をよく見かけると友人たちは言う。移民難民の増大も要因のひとつだともいわれている。さらに、ネットによるポルノ写真の拡散は深刻な社会問題だ。

ノルウェーの性の商品化は、日本など多くの国々と同じように、加熱するばかりだ。そんな21世紀のノルウェーの高校生たちは、19世紀の歴史的絵画をどんな思いで見たのだろう。

さて、今から88年も前に、この絵画を見て感動した日本女性がいた。海を渡ってノルウェーを訪問したクリスチャン久布白落実である。

前回も報告したが、さらに今日は、帰国後に久布白落実が著した『女は歩く』(1928年11月)をもとに紹介する。その本のノルウェーの章は、こう始まる。

「諾威は、スカンディネビアの北端だ、彼等の先祖はデーンス・ノルマンスと云われて多く海賊を業とし欧州の西部の恐れとなって居た」

諾威とはノルウェーのことだ。久布白落実は、訪問の目的をこう書く。できるだけ本文のまま引用する。

「北欧の訪問に特に一つの使命を感じて居た、それは、この地方に於ける、廃娼後の情況を視察することであった、此地に来て以来、真向にこれをかざして、案内を乞ふた。」

久布白の使命感にただちに答えたのは、「船中の友、G宣教師と其家族」だった(注1)。オスロのG宣教師夫人は「では先ず第一に、国立美術館に御案内しませう」。彼女の不審顔に笑いながら「私についていらっしゃい。いいものを見せて上げますから」。

クリスチャン・クローグによる大きな絵画で四方を囲まれた国立博物館の大部屋は、2016年10月現在もそのままのかたちに残されているのだそうだ。

ということは、久布白は、今と同じ青の壁紙の部屋に連れて行かれたのだろう。G宣教師夫人は、久布白を「警察医務室前のアルバーティン」の前に誘った。そしてG宣教師夫人は、こう断じた。

「サア、此処に御座りなさい、そしてあの画を御覧なさい。あの画がこの諾威の国から、公娼制度を取払わせたのです」

目の前の絵が、ノルウェーにも存在していた公娼制を政府に廃止させることになったというのだ(注2)。久布白の衝撃はいかばかりだったか。

c0166264_13405741.jpg
「アベルテイナ クリスチャンクロッグの画きしもの・これにて諾威の廃娼成る」

本物の絵画は211 x 326 cmの大作だ。久布白は、その白黒写真(上)を本『女は歩く』に載せている。そして、G宣教師夫人から聞いたと思われる絵画の意味を解説する。

「この画の中心人物は、警官に連れられて、今や検査場に入ろうとして居る田舎女アベルティナである、彼女は純な田園の家庭から、都会へ出た、何処でもある通り、都会の生活の浪にもまれて、終に誘惑に陥った、彼女は売春の行為に陥ったのだ、当時諾威にはまだ数十軒のそうした家があった、然し町での売淫はゆるされなかった、見咎められた彼女は、警官の手から、今や検査場に連れてこられたのである。」

私の調査では、中心にいる少女は田舎女でもなければ、純な田園家庭にいたのでもなく、オスロに住むお針子だった。それはともかく、絵についての記述のあと、画家クリスチャン・クローグについて短文が書かれ、それは、こう終わる。

「彼はただ画だけに安んぜず、更に小冊子を発行した、然し小冊子は、其過激な説の為めに没収されて、然し画は其目的を達し、諾威の人心を揺り動かして遂に、制度の撤廃を見るに至った、時に一八八七年、英国の廃娼完成の翌年であった。」

次に『女は歩く』には、売春からはいあがった女性たちの駆け込める施設が、ルポされている。

「各々学科の外に、裁縫、料理、家事、織物等、種々手芸を教えられる、彼らは其仕事を選ぶ事を許される、そして好き好きによって其処に長く止まり熟練する事を許される」

「宿舎は、悉く独居の式にしてある、三畳位の小部屋に寝台一個、これには皆鍵があり、内外からかけられる」

久布白は、公娼制をただ廃止するだけでなく、廃娼後の女性たちの将来まで視野に入れて運動をしていたことがよくわかる。モデル国として訪問したノルウェーは、国や地方の公的政策として、「女性のホーム」を運営していた。彼女の視点は、ノルウェーの福祉制度に及ぶ。

「ここの職員は教師助教師、外回りの作男まで十七前意を数えて居る、皆政府よりの俸給を受け、年過ぎしものは、恩給もつく、凡てが至れり尽くせりだ、一人の娘の費用は、月々六十円に上ると云う、然し国庫と、州とは、惜しみなくこれを支出して国家の禍を未然に防ぐことにつとめて居る。丁抹(デンマーク)はこれを学び、直ちに採用し更に多くのホームを持って居るそうだ」

帰国後、久布白落実は、矯風会を拠点にして、公娼制廃止運動と女性参政権運動にまい進する。

敗戦後、参政権が認められると、久布白落実は初の選挙に立候補した。久布白の講演に刺激された和崎ハルら女性代議士39人が誕生した、あの1946年衆院選である。久布白は落選したが、めげずに2回立候補する。結局、計3回立候補して全て落選した。

2012年のことだが、私も落選して選挙にまつわる裁判までせざるをえなかった。奈落の底に突き落とされるような体験だった。が、久布白ら敗戦直後の女性運動家たちからは、「あら、そんなのたいしたことないわ」と笑われそうだ。

なお『女は歩く』は絶版。矯風会が設立した慈愛寮の熊谷真弓施設長のご好意で慈愛寮所蔵書から読ませていただいたことに深く感謝する。

ノルウェーの芸術から思う日本の女性運動
オスロの絵と日本の廃娼運動
買売春禁止、北欧にならうEU諸国
EU買売春禁止モデル国のねじれ

【白黒写真は、久布白落実著『女は歩く』より接写したもの】
【注1】『女は歩く』には、G宣教師について興味深い描写がある。船旅はエルサレムで開かれる宣教師の会議参加のためで、久布白は神戸から乗った。Gは上海から乗船した中国代表のノルウェー人だった。白人としては小柄なうえ、いつも前かがみで、風姿至って引き立たない、などと描写している。ところが、恒例の船中会議の最後に、中華民国にいる宣教師の保護についての議論がやまなかったとき、Gはいつになく「議長」と呼んで立ち上がった。そして「中国伝道に捧げたこの体を、われわれ宣教団は、各々自分として分はつくす」と言い放ったという。久布白は「Gのうちに犯しがたい権威の光がひらめいた」と評している(p30)。
【注2】クリスチャン・クローグ作「警察医務室前のアルバーティン」が公娼制廃止の起爆剤となったことは、ノルウェーの芸術から思う日本の女性運動を参照。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-10-18 14:33 | ノルウェー

c0166264_12161765.jpg

『福祉に生きる 39 久布白落実』(高橋喜久江著、大空社)を読んだ(注1)。

久布白落実(くぶしろおちみ、1882-1972)は、公娼廃止運動を先導した矯風会の代表的運動家である。現役でがんばる売買春禁止運動のリーダー高橋喜久江さんの師でもある。

戦前、戦中、市川房枝とともに日本の女性参政権運動を牽引した指導者だが、市川房枝ほどは知られていない。

この本を読むと、久布白落実は、1882年、熊本県に生まれた(注2)。女子学院卒業後、アメリカで伝道師をしていた父のもとに行き、バークレイの神学校予科に進学した。滞米中、売春をしている移民の日本女性を見て、廃娼意識が芽生える。帰国後、廃娼運動に没頭すると同時に、国際会議や海外視察に出て国際連帯に尽力した。

たとえば、1920年、世界婦人参政権協会に矯風会代表として加入。1928年、第2回世界宣教会議に日本代表8人のうちただ1人の女性として出席。1935年には、廃娼後の女性問題やその解決の先行事例を調査するため、寄付金で渡航費を工面し、北米にわたっている。

1928年の船旅の記述には、私の大好きなノルウェーが登場する。会議はエルサレムだったが、久布白落実は日本にすぐ帰らずヨーロッパに向かう。イタリア、ジュネーブ、ロンドン、デンマーク、ノルウェー・・・。

北欧訪問の目的は、もし廃娼となったら女性たちの生活はどうしたらいいのか、福祉の充実している国々の実情を見て対策を練るためだったという。長い船旅でいっしょになった「ノルウェー人宣教師が当時の中国内乱で苦悩の心境と宣教の使命を吐露する姿にうたれ」たとある。この宣教師の妻がノルウェー滞在の案内役だったらしい。

オスロを訪問したときの記述は、

「ノルウェーでは船中の宣教師夫人の世話で国立美術館の見学のとき売春女性が描かれた画をよく見せられた。この画が人々の心を動かして1887年、ノルウェーは公娼制度の撤廃にふみきったのだと。これは帰国後、『女は歩く』を自費出版するとき口絵につかっている。」

この「売春女性が描かれた画」は、クリスチャン・クローグ作「警察医務室前のアルバーティン」に違いない(上)。

私が初めてこの絵画を見たのは1989年だ。その後、他のクローグ作品も見たが、どれも、底辺の労働者たち、働き疲れた女たちの暮らしがリアルに表現されていた。

なかでも、女性史に影響を与えたといわれるのが、この絵。どんな絵かを、拙著『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)から引用する。

c0166264_14424498.jpg「(国立女性博物館の)館内には妊娠中絶に使われた昔の黒い手術台や手術器具が置かれた部屋もある。こんな手術台が1960年代まで使われていたのだという。手術台の横の壁には、私も見たことのある有名な絵画『警察医務室前のアルバーティン』が飾られていた。ムンクに影響を与えたといわれる画家クリスチャン・クローグの作品だ。売春を決意した極貧の少女アルバーティンが、性病検査のため警察医務室に入室しようとしている絵で、本物はオスロのナショナル・ギャラリーにある。社会派作家でもあったクローグは、この絵と同時に『アルバーティン』という小説を発表し、売春婦の悲惨な暮らしを初めて世に知らしめた。しかし、小説のほうは、発表後ただちに没収されてしまった」

久布白落実は、私より60年以上も前に同じオスロで同じ絵を見たらしいーークリスチャン・クローグの絵はノルウェー人にだけでなく、日本女性にも影響を与えたのだ。

ついで、久布白落実は、ノルウェーでは、女性駆け込み施設に公費が使われていることを見抜き、寄付金だのみの日本と比べている(今の日本もあまり変わらない)。

「ある施設で同規模の東京婦人ホームの運営と比べると、ノルウェーでは1年3万6000円、国庫と地方自治体の折半で費用が分担されるのに、東京婦人ホームでは年間予算3~4000円。公金支出はなく寄付による財政である。」

さらに、久布白落実は、女性の窮状解決に対する無策を知らせるため、軍事費と比較する。

「軍艦1隻2000万円の建造費は各県に2ヶ所ずつ100ヶ所の婦人ホームが建てられ運営できるのに、と日本の現状を批判した」

治安維持法が改悪され、特高が全国に設置された時代だ。それ考えると、彼女の急進性に胸を打たれる。

ノルウェー女性の参政権獲得は1913年だ。久布白落実が訪問した1928年、すでに国にも地方にも女性議員が誕生していた。久布白落実は、充実した福祉政策をこの目で見て、女性参政権が必須だとの意を強くしたに違いない。

国際的視野から、女性の貧困や苦境をなくすには政治を女性の手で変えなければと、戦後は、国会議員に挑戦した久布白落実・・・。しかし日本の選挙は、彼女を当選させなかった。3度挑戦し、3度落選している。

彼女の固い意志は、同じ時代、秋田女性の貧困と苦境の実態を日々目にした矯風会秋田支部長の早川かい、その同志和崎ハルにも宿っていただろう。和崎ハルは、戦後初の選挙に立候補して見事当選。しかし、その後、2度挑戦し、2度落選している。

c0166264_14445375.jpg


【写真上:オスロのナショナル・ギャラリーで何年も前に買い求めたクリスチャン・クローグ作「警察医務室前のアルバーティン」の絵はがき。中:オスロ中心街にあるクリスチャン・クローグ像。下:新宿の大久保にある矯風会館】

【注1: この本は入手が不可能。貸してくださった著者の高橋喜久江さんに心から感謝申し上げます】
【注2: 久布白落実の結婚前の姓名は大久保落実。「熊本県鹿本郡米之嶽村郷原」に生まれたとある。調べたところ現在の山鹿市らしい】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-09-09 14:53 | ノルウェー