タグ:カ―シ・クルマン・フィーべ ( 2 ) タグの人気記事

c0166264_20481693.jpg


ノルウェー・ノーベル委員会のカ―シ・クルマン・フィーべ委員長が亡くなった。まだ65歳の若さ。乳がん治療中だったと報道されている。

彼女は、1990年代初頭、ノルウェーの保守党初めての女性党首に就任した。現首相は、フィーベ委員長に次いで2人目の保守党女性党首となる。

20年以上前、フィーベ委員長が国会議員として活躍していた頃、オスロの国会議事堂まで出かけて行ってインタビューしたことがある。前髪をヘアピンで留めた女学生のようなヘア、黒のセーターにベージュのスラックス姿だった。英語よりもフランス語が得意らしかったが、私のために英語で応じてくれた。

『ママは大臣 パパ育児――ヨーロッパをゆさぶる男女平等の政治』(明石書店、1995)p216~p223から、要約して紹介する。

取材の主な目的はEU加盟問題と女性。当時、ノルウェーは、政府がEU加盟を申請していたにも関わらず、国民はEU加盟に反対だった。ノルウェーでは、国民に影響を与える重要政策は国会で決定されても、国民投票にかけることになっていた。加盟か非加盟かをめぐって、国を二分する闘いをしていた。

反対派の主導権は女性が握っていた。彼女たちは「高い福祉、高い女性の地位は、長年ノルウェー人が闘い取ってきたもの。EUは、経済競争のため加盟国に減税を強いている。減税でどこが削られるか。保育や介護など福祉分野だ」と主張した。

それに対して、EU加盟派のスポークスパーソンのカ―シ・クルマン・フィーベは、私に賛成理由を語った。

「福祉を公的負担で賄うことには賛成です。しかし、問題は、高い福祉は、経済力がなければ維持できません。ノルウェー経済を支える石油からの収入は、今後減ります。これからの経済は、国際市場へのアクセスなしには伸びません。それはEUに入ることによって強まるのです」

心からお悔やみ申し上げます。

ノーベル平和賞

[PR]
by bekokuma321 | 2017-02-20 21:04 | ノルウェー

ノーベル平和賞

2日続けて、日本人がノーベル賞に輝いた。今週末には、ノーベル平和賞が発表されるが、同賞は、ノルウェーが決める。そのノーベル平和賞の選考委員会は、5人の委員と1人の事務局長で構成される。

ノルウェーの報道によると、誰がノミネートされるかよりも、このところ、同委員会自身の話題でかなり騒々しい。

まず委員長が変わった。労働党党首で首相をつとめたトルビョルン・ヤーグラン(Thorbjørn Jagland)から、保守党党首だったカ―シ・クルマン・フィーベ(Kaci Kullmann Five)になった。ノーベル平和賞を決める会初の女性の委員長である(注)。

フィーベは、保守党党首だった頃、労働党政権だったため、首相にはなれなかった。しかし、フランス語が堪能でエレガントな雰囲気ただよう野党党首は、初の女性首相ブルントラント(労働党)と国民の人気を二分していた。与野党のトップがともに女性だったことから、政界に女性がまだまれだった世界中のメディアから注目をあびた。

次に、ノーベル平和賞委員会についての暴露本が出版されたことだ。著者は、25年間委員会内部にいた事務局長であり、ノーベル研究所所長ゲイル・ルンデスタ(Geir Lundestad)。ノーベル平和賞の決定過程や委員の発言が詳述されているとされ、他の委員は、守秘義務違反だと強く非難している。

ノルウェーは現在保守中道政権である。そのことや、委員長が保守党であることから、これまでのように反体制的で、大胆な人は選ばれないのではないかと予測されている。

どうもドイツのメルケル首相が最有力のようだ。未曾有の難民が押し寄せる欧州での指導力が評価されている。日本の憲法9条や、アメリカを拠点とする「ピースジャム」という若者の平和運動団体もノミネートされている。

今年こそ、憲法9条、もしくは長崎や広島の被爆者たちが受賞しますように! と願いつつも、いや、待てよ、すでに2つももらったのだから、平和賞は別の国の人たちを喜ばせるべきだと、思い直した。

c0166264_22523288.jpg
▲ノーベル平和賞の授賞式が行われるオスロ市庁舎

Tell-all peace prize book upsets Nobel committee
Nobel peace prize committee chairman Thorbjørn Jagland demoted
Peace Jam
Nobel Peace Center
Nobel Peace Prize:Norwegian Nobel Committee
おめでとう!マララ
ノーベル平和賞授賞式が行われるオスロ市庁舎ホール
ノーベル平和賞は女性3人に!
ノーベル平和賞選考委員会


(注)カ―シ・クルマン・フィーベ(Kaci Kullmann Five)は、ノルウェー国会で初の出産した議員だった。ノルウェーのEU加盟問題と女性の生き方についてインタビューしたことがある。多くの女性たちは、ノルウェーの充実した福祉政策・男女平等政策が引き下げられ雇用が奪われるとして加盟に反対だった。しかし彼女は高度な福祉は経済が基盤であり、EUに非加盟なら国際経済へのアクセスが遠のく、と賛成の論陣をはった。(「ヘア・ピンをしたママさん議員 カ―シ・クルマン・フィーベ議員に聞く」、明石書店刊『ママは大臣 パパ育児』 p216-p223より)
[PR]
by bekokuma321 | 2015-10-07 23:09 | ノルウェー