「世界で最も豊かな6カ国―アメリカ、中国、日本、ドイツ、フランス、イギリス―は、
世界経済の6割を占める。
しかし、これらの国々は、世界の難民のわずか9%しか受け入れていない。
それに対して、難民の大半を受け入れているのは貧しい国々だ。
豊かな国は、暴力や紛争に見舞われて国を逃れざるをえない人たちに、もっと
手をさしのべることができるはずである、いや、手をさしのべきである」(Oxfam)

c0166264_1457285.jpg


7月18日、世界に記者発表されたオックスファムOxfamの報告書前文だ。オックスファムとは、世界90カ国以上で活動する国際協力団体。

6カ国の受け入れ難民数は、アメリカ559370、中国301729、 日本16305、ドイツ736740、英国168937、フランス336183、合計211万9264人。

恥ずかしい経済大国6カ国中、もっとも恥ずかしい国はわが日本。わずか1万6305人である(↑)。

何が「おもてなしの国ニッポン」だ。私たちの働いて納めた税金はいったい何に使われているのか。政党交付金(まるまる税金)は、20年間で、6千300億円超---高級料亭、SMバー、キャバクラだのに使った政治家がたくさんいたなぁ。ついつい、こう言いたい衝動にかられてしまう。

難民のほとんどは、女子どもである。国際協調のうえからも、人道支援のうえからも、紛争解決のうえからも、この国の政治が絶望的であることを示している。

c0166264_156617.jpg


Oxfamによると、貧困にあえぐ国々の難民受け入れ数は、南ア1217708、レバノン1535662、パキスタン1567604、パレスチナ占領区2051096、トルコ2753760、ヨルダン2806414、合計1193万2244人(↑)。

パレスチナ占領区だけで、世界の経済大国6か国すべての受け入れ数よりはるかに多い。どう考えてもおかしい。

A poor welcome from the world wealthy_pdf(Oxfam Media Briefing)

【図は、Oxfam報告書にもとづいてFEM-NEWS作成】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-18 15:47 | 紛争・大災害

国際女性デーに

国際女性デーにあわせて、『彼女自身の声で』というイラク女性の報告書が、オックスファムによって公表された。イラク女性1700人を調査し、彼女たちが絶望的困窮状態に置かれていることを明らかにしている。

国内の戦後処理に巨額の資金が投資されてはいても、取材に応じた女性たちの4分の1は必要な水さえなく、3分の1は子どもを学校に通わせることさえできず、75%は夫の死後、年金を全く受け取れていない。

http://www.oxfam.org/sites/www.oxfam.org/files/oxfam-in-her-own-words-iraqi-women-survey-08mar2009.pdf
[PR]
by bekokuma321 | 2009-03-08 15:14 | 中東