c0166264_23124140.jpg

216日(木)、メディアを敵視するトランプ大統領の記者会見が世界に流れた。


記者たちを小ばかにしながら、攻撃に終始した。なかでも、黒人女性記者に対する失礼で居丈高な態度に非常に腹が立った。


彼女の名はエイプリル・リアンApril Ryan(左)。ホワイトハウス付き20年以上のベテラン記者だ。アーバン・ラジオ・ネットワークAmerican Urban Radio Networks(AURN)のワシントンチーフとして活躍する。


トランプ大統領が突然開いたホワイトハウスの記者会見で、後ろのほうに座っていた彼女は、「CBC黒人議員連盟を インナーシティ政策を話し合う席に、加えていただけますか?」と大統領に尋ねた。インナーシティ問題とは、大都市の中心部のことで犯罪を含めさまざまな問題を抱える。


大統領はCBCを聞き取れなかったようなジェスチャーをして、後ろの席にいる彼女に「誰を加えるんですって?」と質問した。


すぐにリアン記者は、「黒人議員連盟を加えていただけるかどうか・・・」と略語CBCの正式名を言ったら、言い終わらないうちに大統領は彼女に対して「あなたが会合を設定したいんですか? あなたが会合を設定したいんですか?」と繰り返した。


リアン記者は「いいえ、違います」とすぐ否定した。彼女が否定しようとしている発言が終わらないうちに、またしても彼女に言わせまいとするかのように、かぶせて、大統領は「あなたの友だちですか? 会合を設定しなさいよ」と彼女に命じた。なんということだ。


記者の役割は、大統領と議員との会合を設定することではない。「会合を設定しなさい」とは、記者への侮辱である。彼女は、インナーシティ問題の検討に不可欠である黒人の議員団の声を大統領は聞くべきではないか、と全うな質問をしたのであり、それに大統領はまともに答えなかった。


この記者会見で、トランプ大統領は、さすがに「僕は女性差別をしない人間だ」とは言わなかったが、「僕ほど、人種差別をしない人間はいない」と自画自賛した。笑わせるな。リアン記者への侮蔑的態度こそ、彼が人種差別的人間であることの証明である。


このような人物が世界最強の権力を握ったのだから、嫌でも注視していかなければならない。


The Presidency in Black and White: My Up-Close View of Three Presidents and Race in America (April Ryanの著書)上の写真はその表紙
Trump's press conference footage in full – video

女たちのワシントン行進とPussyhat
女たちのワシントン行進、始まる
展覧会「嫌な女」
白人男性大統領の陰にある「勝者総取り」「隠れトランプ」

アメリカに反フェミニスト大統領誕生
アメリカ大統領選と「嫌な女」
オバマ、記者質問を全て女性に






[PR]
by bekokuma321 | 2017-02-18 23:31 | USA