赤いバラの闘い

c0166264_15361495.jpg「 I 女のしんぶん」(2016年4月10日号)を開いて、何よりも最初に「叫ぶ芸術のポスター」に引き寄せられた。

今回のポスターは「赤いバラの闘い(アムネスティ)」だ。

胸の奥にヒリヒリした傷みを感じて非常に辛かった。記事を読み進めていくうちに、傷みとともに怒りが湧き上がってきた。

21世紀の現在で、世界30カ国の少女・女性が犠牲になっていて、毎年300万人が、この危険な目に遭っていると書かれている。にわかには信じがたい数字である。

これほど女性に犠牲を強いている事実を、単に風習・伝統だからと、片づけていいのか。多くの女性が声をあげられないのは理解できる。では、男性は、どのように受け止めているのか。女性器切除の理由・根拠のひとつが、男性の快楽のためであることに、人間として、怒りとやりきれなさを覚える。

出産時に、女性器の一部にハサミを入れられることがある。ハサミと書いている今でさえ、私の胸にズキンと痛みが突き刺さってくる。しかし、それは胎児の安全のためだ。だから、女性たちは縫合などの後々の手当てにも必死で耐える。

しかし、この女性器切除は、本人のためでも胎児のためでもないのだ。ポスターには、小さい字でメッセージが書かれている。

「これは明らかな人権侵害である。
いかなる政府もこの犯罪に目をつむってはならない。
少女・女性への暴力を許さない、このたたかいに力を」

字は小さいが、問題はとてもなく大きい。私もこの闘い(女性器切除反対の闘い)にともに声をあげたい。

伊藤 由子 宮城県加美町町議

【新聞は白黒ですが、近日中「I 女性会議」の「叫ぶ芸術」において、カラーで(!)見ることができます:FEM-NEWS編集部】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-04-11 16:01 | アジア・アフリカ

c0166264_20534337.jpg今朝――10月25日――イランでレイハネ―・ヤバ―リ(Reyhaneh Jabbari)の死刑が執行された。彼女は弱冠26歳だった。

BBCやガーディアンによると、レイハネ―・ヤバ―リは、2007年、イラン情報省職員を殺害した罪で逮捕された。ただちに彼女は、独房に幽閉され、2カ月間、弁護士にも家族にも合うことを許されなかった。

2008年、レイハネ―は法廷に立った。彼女は、イラン情報省職員によって性暴力を受けており、それをかわそうと、背後から刺したが、正当防衛だったと自供した。さらに、その部屋には、もう一人男性がおり、その男性が殺害した疑いがあるとも述べた。

しかし、この自白は極限のストレスと脅迫によるものであり再審理が必要であること、真相解明のために何の捜査もなされていないことが、アムネスティによって報告されていた。

なんとかして死刑をとめようと世界的運動がまきおこっている矢先の、死刑執行だった。どれだけ無念だったことか。

BBCは、このニュース報道の最後に、2013年の死刑執行数の多い国を順に掲載している。9番目にあるのは、わが日本だ。

中国1000+、イラン369+、イラク169+、サウジアラビア79+、アメリカ39、ソマリア34+、スーダン21+、イエメン13、日本8

Iran: Halt execution of woman set to be hanged at dawn
Iran executes Reyhaneh Jabbari despite global appeals for retrial
Iran hangs Reyhaneh Jabbari despite campaign
https://www.facebook.com/SaveReyhaneh
[PR]
by bekokuma321 | 2014-10-25 20:50 | 中東