c0166264_18233410.jpgアイスランドは、グリーン・レフト(左派緑の党)のカトリーン・ヤコブスドッティルを首相に選んだ。

41歳。3人の母親で、末っ子は2011年生まれだという。

比例代表制で行われた10月の総選挙後、連立交渉に日数がかかっていた。11月30日、大統領によって新政権樹立が認められたそうだ。

カトリーン・ヤコブスドッティルは、まだ若いが、2009年に発足したヨハンナ・シグルザルドッティル首相率いる左派連立政権で、教育・科学・文化大臣に就任している。女性の首相は、レズビアンであることを公表していたヨハンナ・シグルザルドッティルに次いで、アイスランドでは2人目。新内閣は女性5人、男性6人だと報道されている。

なにしろ、この国は、ワールド・ジェンダー・ギャップ指数(世界経済フォーラム)で世界ナンバーワンに輝く。

ヤコブスドッティルの得意分野は、地球環境保護はもちろん、女性の権利擁護、平和構築だという。今後、どんな発言がアイスランドから届くか、楽しみだ。

【注:彼女の率いる政党は、英語でLeft Green Movementと称されている。直訳すると左派緑運動となる】

NEWS_Five Women, Six Men in New Cabinet
NEWS_Final Election Results 2017
比例代表制は男女格差を縮める(世界経済フォーラム2017)
2017世界平和指数トップはアイスランド
アイスランド国会、女性議員48%に!
Amost 18 Percent Crossed out Sigmundur’s Name
The Tiny Nation of Iceland Is Crushing the U.S. in Electing Female Politicians
Women Win 30 Seats In Iceland's Parliament — More Than Any Party
アイスランド10月24日「女性が休む日」を決行
男女平等ランキング:アイスランド1位、日本111位
Why Iceland is the best place in the world to be a woman
アイスランドが、今年も世界一平和な国
アイスランド女性がいっせいに休んだ日
百田氏よ、恥を知れ!
日本142カ国の中で104位
女性の雇用率の高い国は
男女格差、世界136カ国中105位
1位アイスランド、98位日本
アイスランドが違法ノルウェー人に市民権
[PR]
by bekokuma321 | 2017-12-01 18:31 | 北欧

2017年の世界平和指数で、トップは北欧アイスランドだ。なんと2008年からトップの座に君臨し続ける。 アイスランドが世界で最も平和なのは、軍隊がないことと、民主主義の長い伝統にあると言われている。

日本は10位。昨年からまた下がった。戦争放棄の9条を持つ稀有な国だが、日本のランクは年々落ちている。いや、憲法に戦争放棄が明記されているからこそ、辛うじて世界の10位にはいっているのではないか。

日本のランキングは、2010年3位、2011年3位、2012年4位、2013年5位、2014年7位、2015年5位、2016年9位、そして2017年10位だ。

c0166264_12330.jpg 1 アイスランド
 2 ニュージーランド
 3 ポルトガル
 4 オーストリア
 5 デンマーク
 6 チェコ
 7 スロベニア
 8 カナダ
 9 スイス
 10 アイルランド 


Global Peace Index
アイスランドが、今年も世界一平和な国
アイスランド女性がいっせいに休んだ日
[PR]
by bekokuma321 | 2017-08-03 01:13 | 北欧

c0166264_2044360.png北欧の小さな国アイスランドが、男女平等で大きなジャンプを果たした。

10月29日の国会議員選挙で、女性は、全63議席中30議席を占め、48%となった。あと2議席増えたら、男女数逆転だ。といっても、アイスランドは女性議員の多い国で、前回の26議席から4議席増えただけの話(注)。

首相だった進歩党のグンロイグソンは、パナマ文書で脱税疑惑を報道されて、国民の怒りをかった。ところが、彼は首相を辞任したものの、のうのうと進歩党党首として候補者リスト1番に。

怒った選挙民は、投票で、この怒りをあらわした。グンロイグソン率いる進歩党にそっぽをむいた結果、進歩党の議席を前回の18から8に激減させた。政権第1党が、なんと第4党に転落してしまった。

アイスランドは比例代表制選挙で、有権者は支持政党のリストを選んで投票箱に入れるのだが、その際、政党の決めた候補者リストを有権者が変更できる。今回、進歩党候補者リストのトップだった党首グンロイグソンの名前を削除した有権者が多かったため、彼のランクは下がった、という。

男女平等を求め、不正に怒るアイスランド国民に幸あれ!

Amost 18 Percent Crossed out Sigmundur’s Name
The Tiny Nation of Iceland Is Crushing the U.S. in Electing Female Politicians
Women Win 30 Seats In Iceland's Parliament — More Than Any Party
アイスランド10月24日「女性が休む日」を決行
男女平等ランキング:アイスランド1位、日本111位
Why Iceland is the best place in the world to be a woman
アイスランドが、今年も世界一平和な国
アイスランド女性がいっせいに休んだ日
百田氏よ、恥を知れ!
日本142カ国の中で104位
女性の雇用率の高い国は
男女格差、世界136カ国中105位
1位アイスランド、98位日本
アイスランドが違法ノルウェー人に市民権

【注:比例代表制選挙は、日本のような候補者を選ぶ投票ではなく、政党を選ぶ。政党は、候補者名を載せたリストを前もって公表する。リストの上位に載った候補者は当選確率が高いので、1番、2番・・・に誰を載せるかが重要となる。北欧諸国の政党は、上位に女性を載せるため、結果として女性の当選率が高くなる。参考「イラク移民の少女が国会議員有力候補になれる国」

【写真:新聞「スカートの巻き起こす風」。アイスランド女性党から1990年代に発行された】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-04 20:57 | 北欧

アイスランドの女たちは、10月24日(月)14時38分、「女性が休む日」を決行した。

今年のテ―マは男女賃金格差の撤廃。国会前に集まって、男女賃金格差に抗議し、男女平等賃金となる政策を「ただちに!」実行せよ、と政府に迫った。

報道によると、「世界一男女平等だと言われる国でも、依然として女性の賃金が男性に比べて低いことがわかるでしょう」と主催者は語っている。

「女性が休む日」を、アイスランド人はKvennafríと呼ぶ。英語で"Women's Day Off“。1975年初めて決行された。アイスランド史だけでなく、「女性のゼネスト」として、世界の女性史に燦然と輝く。

アイスランドの女たちは、2005年10月24日1408に2回目を、2010年10月24日1425に3回目を、そして今年は1438に、いっせいに仕事をストップしたと報道されている。

1年に3分ずつ足している。女たちは、男女同一賃金になるまで続けるという。平等を求めるねばり強い闘いに、心からあ・り・が・と・う!

c0166264_22343641.jpg
▲facebook Kvennafrí (女たちよ! 10月24日月曜1438、外に出よう! 集会はAusturvelliで1515。平等の権利をただちに!)


Women in Iceland Leaving Work Today at 1438
Gender Wage Gap Protest Photos (24日の写真。国会前の広場は女たちでうめつくされている)
Women’s Day Off Well Attended
Konur Hyggjast Ganga Ut i Dag
男女平等ランキング:アイスランド1位、日本111位
アイスランド女性がいっせいに休んだ日
Why Iceland is the best place in the world to be a woman
[PR]
by bekokuma321 | 2016-10-29 22:40 | 北欧

c0166264_1362819.jpg「男女平等ランキング、日本は過去最低111位」
「男女格差 フィリピン7位 日本111位」
「日本の男女格差、111位に悪化 G7で最下位」

メディアは、こんな見出しで、2016年の「ジャンダー・ギャップ指数」を報じた。ダボス会議で知られる世界経済フォーラム(World Economic Forum)が、毎年、経済、教育、政治、健康の4分野で、女性と男性の間に格差がどのくらいあるかを調査して、発表している。

1位アイスランド、2位フィンランド、3位ノルウェー、4位スウェーデン、5位ルワンダ。トップファイブには、常連の北欧諸国が並ぶ。例外はルワンダだ。この国は内戦後、新憲法にクオータ制を明記して女性議員を増やし、今では女性国会議員が5割を超える。

さて、この数年、トップに輝き続ける国はアイスランド。北海道ほどの島に人口33万人が住む、北欧の国だ。

アイスランドは、この土曜日、国会議員63人を決める選挙がある。2016年4月、「パナマ文書」で首相の資産隠しが露呈。それに国民の怒りが爆発。首相を辞任に追い込んだ。新首相シグルドゥル・インキ・ヨーハンソン(注)は、改選を約束して政権を発足させた。その結果の総選挙だ。

注目されるのは海賊党。党首はビルギッタ・ヨンスドッティル(Birgitta Jónsdóttir )というフェミニストの運動家だ。最新世論調査は21%の高支持率で、ひょっとすると18人から21人の議席を獲得しそうだ。

その政策は急進的で、完全なる透明性、直接民主主義、商標登録制度反対などだ。既存の政治や政党にうんざりしている国民をひきつける点では、世界で台頭するポピュリスト政党なのだろう。

ビルギッタ党首は、「ネットで意見をつのって新憲法草案をつくるなど、これまでのシステムの根本的変革に同意する政党なら、どの政権とも連立を組む用意がある」と語る。選挙後が楽しみだ。

政治ばかりでなく、文化にも、フェミニストの風が吹いている。ネットで評判になっているのがダンス「少女たちへ」だ(左上写真)。女子中学生自身が作詞作曲をし、振り付けもした。

父権社会のモラルの押しつけや、女性の体のモノ化、など「性のダブルスタンダード」に対して、舞台で怒りまくる。見る人は、少女たちの力強い訴えに圧倒される。Youtube Elsku Stelpur (Dear Girls)で見られる。英語サブタイトル付

もうひとつ。アイスランドの公式ホームページにある、動画「アイスランドの男女平等」も一見に値する。

初の女性大統領だったフィンボガドッティルを出演させて、「女性のゼネスト」や女性解放運動を紹介する。そうした過去の闘いが男女平等社会につながっていることが浮かび上がる。そしてアイスランドに生まれて幸せだ、と若い女性が語る。

c0166264_1553332.jpg


さて、日本。世界144カ国中111位とは、この国の政策がいかにゆがんでいるかの証拠だ。なかでも「経済」は118位と、前年より12も下げた。日本の女性たちが、不安定で低賃金の非正規労働に押し込められている現状に、政治が見てみぬふりをしてきたことを示す。

人口の半数の人たちが、たまたまその性に生まれたがゆえに、これほど格差ある地位におかれていることは、犯罪的ですらある。

"Dear girls" - The sensational performance translated into English
アイスランドが、今年も世界一平和な国
日本の男女平等度、世界101位
アイスランド女性がいっせいに休んだ日
百田氏よ、恥を知れ!
日本142カ国の中で104位
女性の雇用率の高い国は
男女格差、世界136カ国中105位
1位アイスランド、98位日本
アイスランドが違法ノルウェー人に市民権

【注】この政権の前は、会社員をしながら労働組合運動に従事して政治家となった、ヨハンナ・シグルザルドッティルJóhanna Sigurðardóttirが首相だった。彼女は同性愛であることを公表した世界初の首相といわれた。パートナーは作家。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-10-27 02:17 | 北欧

c0166264_1642632.jpg 6月8日、経済平和研究所(IEP)から、世界平和指数(Global Peace Index)が今年も公表された。

163ヶ国中、第1位は、北欧のアイスランドだ。アイスランドは今年だけでなく、ここ何年間も、トップの座にある。すばらしい!

アイスランドが世界で最も平和なのは、軍隊がないことと、民主主義の長い伝統にあると言われている。アルシングと呼ばれる国会が初めて開かれたのは930年だ。驚きもののきの、そんな大昔に、全国から代表が馬に乗ってレイキャビクのシングベールの地に集まって、諸問題を皆で民主的に協議しあって決めたというのだ。

そんなアイスランドの首都レイキャビクに、女性党所属の女性が知事に就任したと聞き、取材に出かけたことがある。20年ほど前だ。アート・ギャラリーで独立50周年記念絵画展を観ていたら、ビグディス・フィンボガドッテル大統領(Vigdís Finnbogadóttir、民主的選挙で選ばれた世界初の女性大統領)がやってきた。自己紹介した私に、気軽に言葉を返してくれた。

写真は、訪問時、女性党から贈られた機関紙「スカートが巻き起こす風」。アイスランド語は不慣れだが、「女の子だからってなめるんじゃない」と言ってるようで気に入っている。詳しくは「レイキャビク発 世界初のフェミニスト市長」(三井マリ子著『ママは大臣 パパ育児』明石書店)を。

なるほど、フェミニストのオノヨーコが、レイキャビクを、イマジン・ピース・タワー(Imagine Peace Tower)の建設地に選んだわけだ。イマジン・ピース・タワーは、世界平和を祈念するモニュメントで、夫ジョン・レノンの67歳の誕生日を記念して、2007年10月9日にオープンした。

では、世界平和指数で日本は? 第9位だ。世界で最も平和な10か国にはいっている。われらが憲法9条のたまものだ。

気になるのは、日本のランクはどんどん落ちていること。2010年3位、2011年3位、2012年4位、2013年5位、2014年7位、2015年5位、そして、今年が9位だ。

Global Peace Index
Imagine Peace Com
日本の男女平等度、世界101位
アイスランド女性がいっせいに休んだ日
百田氏よ、恥を知れ!
1位アイスランド、98位日本

【写真:1990年代のアイスランド女性党機関紙「PilsaÞtur」 (スカートが巻き起こす風)の表紙】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-23 17:00 | 北欧

10 月24 日はアイスランドの女性にとって記念すべき日だ。40年前の10 月24 日、アイスランド女性は、ありとあらゆる仕事をストップした。

「女性が仕事を休む日」。アイスランド人はKvennafríと呼ぶ。英語で"Women's Day Off“。アイスランド史に燦然と輝く。

なにしろ、アイスランド女性の90%が仕事をやめた。女性の連帯をこれほどシンボリックに表した日はないだろう。

秘書は会社に行くことをやめ、教員は学校を保育士は保育園を休み、看護師は病院に行くことをやめ、主婦は食事の用意をほおり投げて赤ん坊を夫に手渡した。いかに女性が社会に貢献しているか、いかに女性の価値が低く見られているかを世に知らせるためだった。

アイスランドのいわば「女のゼネスト」について多少知っているつもりだった。というのも、私は今から20年前、1994年、首都レイキャビクの市長に「女性党」の女性が就任したと聞いてアイスランドまで取材に出かけた。遠いアイスランドに行く前に調査をしたら、首都の顔に女性が就任しただけでなく、当時、大統領までが女性だった。

詳しくは『ママは大臣パパ育児』(明石書店)のアイスランドを参照してほしいが、背景に、「女のゼネスト」をやりとげた女性たちの力や、女性の力に対する社会の共感がある、とわかった。

そして一昨日、10月25日付けBBCで、この「女性が仕事を休む日」を振り返る記事を読んだ。国中の女性という女性がデモをするって、いったいどんな光景なのか。BBCの記事と写真は、かねてから気になっていた私の好奇心に応えてくれた。

関連記事で知ったのだが、女性ゼネストのアイデアは、急進的な女性団体レッド・ストッキングだった。1970年にすでに企画されていたらしい。そして、1975年に始まった国連の女性年が後押しした。

1975年6月、レイキャビクで、国連女性年に呼応した女性会議が開催された。その会議で、「10月24日、女性がすべての仕事を放棄して、女性の仕事の価値を知らせよう」という動議が出された。動議案は、多彩な年齢、多彩な政党、多彩な職業ーー主婦も含むーーを持つ8人の女性によって用意周到に仕組まれた。動議は可決された。賛成72、反対28だった。

ありとあらゆる分野の、ありとあらゆる年齢層の女性がいっせいに休むという行動をとろう、という布石が、この時作られたと言ってもいい。

その日のネーミングも工夫された。ストライキではなく「休み」にしたらどうか。休みならどんな女性でもとりたいに決まっている。10月24日までの怒涛の4か月については、On the women's holidayに詳しい。

1975年10月24日、アイスランドの女性たちがやってのけた「女性が仕事を休む日」。それから40年、「世界の男女平等ランキング」で、アイスランドは世界のトップ」となった。女性が結婚しても出産しても働き続けられる公的サービスが最も充実した国なのだ。

40年前のアイスランドを紹介するBBCの写真や、アイスランド国営放送RÚVの動画を見ていたら、解決されないままの日本女性の抱える問題が浮かび上がってきて、目がしらが熱くなった。ちなみに、アイスランドが1位となった「男女平等ランキング」は、日本104位、と知らせていた。

c0166264_21155839.jpg
▲アイスランドの「女性が仕事を休む日」の精神は国際女性デ―に通じる。国際女性デ―3月8日、世界中で、女性への侮蔑や差別に怒り、女性が女性であることを喜びあう。上は女性の連帯をアートに仕上げるふじみつこ作の国際女性デ―カード


The day Iceland's women went on strike
40 ár frá kvennafrídeginum - Myndskeið (「女性が仕事を休む日から40年」_アイスランド国営放送の動画。大集会でスピーチの最後を飾ったのは国会議員でも著名文化人でもなく学校・病院等の清掃組合女性部代表だった)
The Day the children came to the offices
Aðalheiður Bjarnfreðsdóttir á Lækjartorgi 24. október 1975
Kvennafrídagur 24. október 1975
百田氏よ、恥を知れ! 
日本142カ国の中で104位
女性の雇用率の高い国は
福祉は経済を発展させる
男女平等世界1アイスランド、日本94位
アイスランドにレズビアン首相誕生
[PR]
by bekokuma321 | 2015-10-27 21:51 | 北欧

百田氏よ、恥を知れ! 

c0166264_19454071.jpg作家の百田尚樹氏が、自民党の勉強会で、小さな国々を口汚い言葉で侮蔑したと報道されている。

世界には軍隊を持たない国が26カ国あることをあげて、ナウル、バヌアツ、ツバルという太平洋の小さな島国ついては、「くそ貧乏長屋」と侮蔑したという。3カ国についてはほとんど知らないが、北欧アイスランドについても「年中、氷。資源もない。そんな国、誰がとるか」と蔑んだ発言をしたらしい。

アイスランドに行ったことがある。まず「年中、氷」ではない。よく調べもせずに、独立国を侮蔑した。その傲慢さにあきれかえる。 訂正して謝罪してほしい。

アイスランドは、北欧5カ国のひとつとして、北欧協議会にはいり、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマークなどと肩を並べるほど充実した福祉政策をとっている。

たとえば、「2014年、世界の男女平等ランキング」でアイスランドは世界のトップである。女性が結婚しても出産しても働き続けられる公的サービスの充実した国なのだ。ちなみに日本は、104位。穴があったらはいりたいほど低い。

「2015年の世界母親ランキング」だってそうだ。1位ノルウェー、2位フィンランドに次いで、アイスランドは3位に輝く。子どもを持つ女性の健康レベル、働く権利、教育程度、政治進出率などを比較した調査だ。日本は32位。

国会議員に占める女性議員の割合も4割を超えるアイスランドは世界10位だ。日本は恥ずべき、151位。これより下のランクは、数えるほどしかないほど下の下だ。

アイスランドは、なんと930年の昔に初の国会が開かれた。国民は、「世界最古の民主議会」だとちょっと誇らしげだ。

そして1986年、レーガン大統領とゴルバチョフ大統領が米ソ緊急会議を開いた歴史的な土地でもある。アイスランドの女性大統領の音頭取りで行われた。この会議が東西の冷戦解消への突破口となったことは、よく知られている。

百田尚樹氏よ、恥を知れ!


c0166264_17225594.jpg
▲アイスランドは世界で最も女性の雇用率が高い(Mini facts about Norway 2015)

世界で母親がもっともハッピーな国ノルウェー
女性の雇用率の高い国は
男女格差、世界136カ国中105位
世界一民主的な国
北欧に対する偏見
[PR]
by bekokuma321 | 2015-07-02 18:48 | 北欧

女性の雇用率の高い国は

先進国で、女性雇用率の高い国はアイスランド、スイス、そしてノルウェーだ。

4月15日発表したOECDの最新統計によると、アイスランド79.6%、スイス75.1%、ノルウェー73.5%。OECD平均は57.4%なので、3カ国は平均をはるかに上回っている。

ノルウェーの報道によると、「保育園の充実、母親・父親育児休業保障などの社会福祉サービスがととのっていることや、社会保障システムが、女性を職場に出やすくしている」と、女性の雇用率の高さの要因を分析している。

ちなみに日本女性の雇用率は62.6%。平均よりは高い。その働きかたは、派遣などの非正規雇用が圧倒的だから、たいして自慢はできない。

女性が働き続けるために、保育園の増設、労働時間の短縮、柔軟な就業態勢は急務だ。それと同時に、”食えない働き方”を女性に押しつけることをやめることだ。女性にもっと正規職を、と声を大にしたい。

Kvinnene drar Norge til jobbtoppen
OECD Quarterly Employment Situation
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-23 21:16 | ヨーロッパ

ダボス会議という名で知られる「世界経済フォーラムWorld Economic Forum」から、ジェンダーの世界ランキングが発表された。上位はいつものように北欧諸国。

日本は98位。驚くべきは、経済分野は世界100位、政治分野は、な、なんと101位。健康が1位だから、かろうじて98位と、三桁にならなかった。調査対象は137カ国

1 アイスランド
2 ノルウェー
3 フィンランド
4 スウェーデン
5 アイルランド
6 ニュージーランド
7 デンマーク
8 フィリピン
9 レソト
10 スイス

■Global Gender Gaphttp://www.weforum.org/issues/global-gender-gap

■2010年のランキング
男女平等世界1アイスランド、日本94位http://frihet.exblog.jp/15281882/
■2009年のランキング
男女平等世界トップテンhttp://frihet.exblog.jp/12767406/
■2008年のランキング
世界で最も男女平等の国はノルウェー
http://frihet.exblog.jp/10122349/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-04 01:02 | 北欧