ノルウェー政府は、中国Dongfeng Motor Corp.(東風汽車公司)への投資を停止した。

c0166264_228416.jpgクリスティン・ハルヴォシェン財務大臣(写真)は、「我々の国は、軍事関連機器の販売でビルマの軍事独裁政権を支援している会社に、財政支援できない」と発表した。同社はビルマに対して軍用トラックを輸出している。同社への「ノルウェー政府年金基金」3000万ノルウェー・クローネを全額売ったという。

ノルウェーは世界第5の石油輸出国。ノルウェー政府は国内財政の安全保障として、石油・ガス産出からくる利益を「政府年金基金」に回し、海外投資に運用している。

どこに投資するかの判断は、「グローバル倫理委員会」という外部機関が、厳格な基準を設けて審査している点がミソだ。

2004年、「グローバル倫理委員会」の決めた排除基準は、人権虐待、環境破壊だったが、2008年10月から軍用機器生産も加わった。今回の中国Dongfeng Motor Corp.(東風汽車公司)への投資引き上げは、新基準制定後の審査結果だと報道されている。

これまでも、「グローバル倫理委員会」の審査決定に基づき、ウオール・マートや、フリーポート・マクモラン・カッパー・ゴールド社などから撤退してきた。同委員会のブラックリストには約30の多国籍企業がリストアップされているという。

この厳しい措置に踏み切ったのはクリスティン・ハルヴォシェン財務大臣。左派社会党党首。シングルマザーの権利や男女平等労働のエキスパートである。来日して、政治に女性が増えることの必要性を講演したことがある。日本にもファンが多い。

ハルヴォシェン財務大臣は、政界に女性を増やす「クオータ制」を導入していた左派社会党から、候補者名簿のトップに載り当選をした。当時、育児休業中の現役ママで20代だった。

先週3月6日発売の『週刊金曜日』に、クオータ制についての彼女のコメントが近影とともに載っている。


http://www.regjeringen.no/en/sub/Styrer-rad-utvalg/ethics_council.html?id=434879
http://www.norwaypost.no/content/view/21775/1/
http://www.guardian.co.uk/business/2008/sep/10/riotinto.mining
http://www.socialfunds.com/news/article.cgi/2034.html
[PR]
# by bekokuma321 | 2009-03-18 03:00 | ノルウェー

汚職ハンターの異名を持つノルウェーのエヴァ・ジョリーさん、今度はアイスランド法務大臣のアドバイザーに就任した。

アイスランドは世界不況の直撃を受け、国家経済が崩壊寸前だ。それにからんだ犯罪の捜査に乗り出すという。エヴァ・ジョリーさんは、フランスのエルフ石油会社やリヨネーズ・クレディットの国際的汚職の捜査に手腕を発揮し、世界的に有名となった女性弁護士。

アイスランドの次なる着任地は、ぜひ日本にしてもらいたい。

http://www.norwaypost.no/content/view/21741/1/
http://www.ti-j.org/index.html
http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune_archive/1997/07/07/228635/index.htm
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601100&sid=aRPV78f6WxRo&refer=germany
[PR]
# by bekokuma321 | 2009-03-16 16:43 | ノルウェー

ロンドンにあるロイヤル・チェルシー病院Royal Hospital Chelseaに、今年初めて女性が入居というニュース。病院といっても広大な敷地に多種多様な文化レクレーション機能を持つゴージャスな老人ホームらしい。

17世紀末から傷病兵が入っていたというから3世紀以上も、男だけの館だったのだ。現在の居住者300人の元兵士と起居をともにする女性1号とは、ドロシー・ヒュー(Dorothy Hughes)さん。85歳。第2次世界大戦で住んでいた村が爆撃され、18歳だったドロシーさんは徴兵された。父の反対を押し切って砲兵隊に志願して前線で戦った。戦後、軍曹となり宇宙開発の研究職についた後、結婚で退職。後、教員となった。

18年前に夫が死亡、友人たちも次々に亡くなり、社交的付き合いのない年金生活を観念していたという。ロイヤル・チェルシー病院に入居を認められたドロシーさんは、まずは見学に行った。そこで男性たちに大歓迎されまくった。男性たちは自分をよく思わないのではと心配したが、まったく杞憂だったことがわかったので、長年慣れ親しんだ家を手放して転居を決めたという。

「まるでシンデレラのよう」とはイギリス・メディアに載った彼女の言葉。

65歳以上、軍事年金受給者、身寄りがない――この3条件をクリアすれば、誰でも入居できるという。今後、どっと女性が増えそうだ。

http://www.telegraph.co.uk/news/4944427/Now-I-feel-just-like-Cinderella-at-the-ball.html
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/london/7938801.stm
http://www.chelsea-pensioners.co.uk/home
[PR]
# by bekokuma321 | 2009-03-16 15:19 | ヨーロッパ

「取締役クオータ制」で女性重役急増のノルウェー経済
(3月6日発売『週刊金曜日』)の感想です。

=====週刊金曜日の取締役クオータ制を読んで=====

「ガンバッテネ 男性諸君!」は、日本の男には通用するのか、悲観的です。
ノールウエーの男たちの頭の柔軟さは、余りにも日本の現状とかけ離れ、日
本の男の意識の低さは、何処に原因があるのか、友人と話していました。

男が、女を支配したがるのは何故でしょうか?人類歴史の上で、戦争を引き
起こしたのは、皆、男。現代の政治・経済金融危機を作ったのも、皆、男。
女を支配したがる日本の男の社会に切り込む手だてはないものでしょうか?

三井さんの文章は、少しむずかしかったけれど、本当にすばらしいです。こ
のノールウエー報告に積極的に反応する日本の会社の男は、どれくらい居
るでしょうか。アンケートをとってみる価値はありそうですね。

岩瀬 志津子
[PR]
# by bekokuma321 | 2009-03-15 15:44 | ノルウェー

「取締役に女性40%を強制せよ、と提言しているよ」と家族が、起きがけの私に言った。

エッ、夢か真か! BS1テレビ・土曜午前の討論番組だった。題して「ジェネレーションY~地球未来図~『外国人大激論 ここがおかしい!?男女平等』」

若者たちが、あるテーマをもとに激論を戦わす番組で、今日は「男女平等」。ノルウェー人のリーナが、ノルウェーの「当たり前」を日本の番組で紹介する。そのほか、ノルウェーだけでなく多くの国で当たり前になっている「夫婦別姓か同姓かを選べる制度」、「男性の育児休暇制度」など、日本ではまったく前進しない、重要なテーマが提案される。そして、どうしたら日本が男女平等になるかを考える。

今日のメインテーマ、会社の取締役を男女半々にしようという制度は、2003年ノルウェーで成立した。ノルウェーでは、政治の世界の男女平等は、すでに80年代から制度化されている。最後の男の牙城、経済界を男女平等にするための大胆な試みは大成功。すでに、大企業はすべて取締役の40%以上を女性にした。

ノルウェーの制度について、『週刊金曜日』(2009年3月6日発売号)参照。
タイトル:「取締役クオータ制」で女性重役急増のノルウェー経済界

■NHK番組表http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-03-14&ch=11&eid=16123
[PR]
# by bekokuma321 | 2009-03-14 12:51 | アジア・アフリカ