「2月19日から、政治権力の半分を女性にするために全国キャンペーンをスタートさせる」と、2月18日、南アフリカの国会で発表があった。

国会で女性の政治キャンペーンを発表したのは、マント・チャバララ=ムシマングManto Tshabalala-Msimang閣僚。医師で、元保健相。メディアによると、彼女はおおむね次のように語ったとされる。

「議会・行政ともに50%ー50%にしようという呼び声はあっても、いまだに達成されていない。50%になってはじめて女性は有意義な変革を成し遂げられ、すべての女性の生活をこれまでと違ったものにすることができる」

「2014年まで50%-50%になるよう、ここにいる国会議員のみなさんは、すべての候補者名簿作成に入念に取り組んでもらいたい」

「そのためには、十分な財政措置、政治指導者たちのゆるぎない支持と関与が必要とされる。それによって、私的な分野、会社、ありとあらゆる分野を含む、すべての社会・政治・行政組織に滝のようにどっと流れてゆく」

南アフリカは、民主主義憲法によってクオータ制を成文化し、女性の政治進出を進めてきた。現在、閣僚の42.8%、国会の33%、行政トップの34.4%が女性となっている。

南アフリカの健闘ぶりは、国会の女性議員進出率で見ると、世界182カ国中堂々の17位(33%、400人中132人)。ちなみに、わが日本の女性議員比率は9.4%で、世界182カ国中139位(衆議院)。


http://allafrica.com/stories/200902190677.html
http://www.buanews.gov.za/news/09/09021816451002
[PR]
# by bekokuma321 | 2009-02-26 02:46 | アジア・アフリカ

CNNなどの報道によると、サウジアラビア王国のアブドッラー国王は、内閣改造をし、女性を起用した。同国初の女性の入閣となる。

初の女性閣僚は、ノーラ・ビン・アブドッラー・アルファドNora bint Abdullah al-Fayezさん。教育副大臣として女子教育の担当をする。ノーラ大臣は「私自身だけでなく、サウジアラビアのすべての女性にとって光栄なことです。広範囲な実行チームの力で、すばらしい変化をもたらすことができると思っています」と語った。

一方、表現の自由や移動の自由を剥奪されている著名なサウジアラビア女性ジャーナリスト、ワジャーハ・アルフワイダーWajeha Al-Huwaiderは、「国王の改革の第1歩だと思い、うれしい。しかし、彼女が政治的権限を本当に持てるかどうかは不明だ」とコメントしている。

サウジアラビアの女性にはいまだに参政権がない。移動の自由もない。列国議会同盟IPU調査によると、世界の国会で女性が一人もいない国は6カ国だが、そのひとつがサウジアラビアである。

http://www.guardian.co.uk/world/2009/feb/16/saudi-cabinet-woman-minister
http://edition.cnn.com/2009/WORLD/meast/02/15/saudi.female.minister/
http://www.englishpen.org/writersinprison/writersunderthreat/saudiarabia/wajehaalhuwaider/
http://www.ipu.org/wmn-e/world.htm
[PR]
# by bekokuma321 | 2009-02-26 01:25 | 中東

フェミニスト・マジョリティ・ファンデーションが、アフガニスタンの女性差別やその置かれている現状についてわかりやすいパンフを発行している。

http://feminist.org/afghan/unfinished.pdf
[PR]
# by bekokuma321 | 2009-02-25 09:40 | アジア・アフリカ

アメリカのヒラリー・クリントン国務長官は、日本訪問の後、韓国を訪れた。2月20日午後、ソウルの梨花女子大学タウンホールミーティングで講演をし、若い女性たちに希望と勇気を与えた。

講演タイトルは、「女性のエンパワーメントこそ、人類進歩の鍵である」。講演において、彼女は、政界に女性が進出していくことは、道義的に必要であるからだけでなく、世界の安定と繁栄にとって必要不可欠だからであると、語った。

クリントン長官は、若者との対話相手として、日本では270人東大生、韓国では私立女子大生2000人を選んだ。東大の270人中女性が何人いたかは不明であるものの、ジェンダーの視点から見ると、日韓で大きく異なっている。両大学に決めた両国それぞれの決定プロセスを知りたいものだ。

ヒラリー・クリントン国務長官の梨花女子大学における講演を読むには(英文)http://www.state.gov/secretary/rm/2009a/02/119428.htm
[PR]
# by bekokuma321 | 2009-02-24 23:45 | アジア・アフリカ

財官の癒着を断ち切る秘策があった!
自分たちの代表を審議会に送り込もう!~

市民の側からの声を行政に届けるはずの審議会が、省庁に都合のよい財界人や御用学者や官僚OBなどで占められていて、本来の審議会の役目をはたしていない。

審議会制度を変えるには、どこをどうすればいいのか。

しかし、英国にはその答えがある。公職任命コミッショナー制度がそれだ。公職任命コミッショナー制度とは、審議会など公職につく人々は公募で選ばれて採用される制度。

作戦会議第2弾。行政の追認機関となっている審議会。魔法の杖を政府から取り上げ、市民のもの、真に意義のあるものにするため「公職任命コミッショナー(制度)」の実現に向けて語り合おう!

主催:ComRights
(コミュニケーションの権利を考えるメディアネットワーク)

日隅一雄弁護士著『審議会革命―英国の公職任命コミッショナー制度に学ぶ』発刊を機に立教大学で開かれた。

◆日時:2009年2月21日(土)14時~

◆会場:立教大学8号館8201教室 最寄り駅JR池袋駅

◆問題提起::日隅一雄(弁護士・NPJ代表) 「政財官を断ち切る秘策・英国任命コミッショナー制度とは」(仮)

◆ パネリスト:青山貞一(武蔵工業大学・大学院教授)
        醍醐 聰(東京大学教授)
        中野真紀子(デモクラシーナウ!日本代表)
        服部孝章(立教大学教授)
        三井マリ子(女性政策研究家)  

http://eritokyo.jp/independent/aoyama-co11922.html
■みんなのメディア作戦会議 第2弾参加記  青山貞一http://blog.livedoor.jp/aoyama211111/archives/51760987.html
http://www5.plala.or.jp/Y_YUKI/SABO/KOSYOKUNINMEI.pdf
[PR]
# by bekokuma321 | 2009-02-24 13:27 | ヨーロッパ