c0166264_16165405.jpg

日本が、細川内閣時代“政治改革”の熱狂のもと、小選挙区制選挙に変えたころ、「小選挙区制は公平でない」と捨てた国がある。ニュージーランドだ。


1996年、ニュージーランドは、小選挙区制を廃棄処分して小選挙区比例代表併用制に変えた。併用制は基本的に比例代表制である。日本の小選挙区比例代表並立制は小選挙区制が基本であり、言葉は似ているが中身はまったく異なる。


今秋、ニュージーランドは国政選挙を迎える。選挙制度は小選挙区比例代表併用制だ。小選挙区制時代は、イギリスのように2大政党以外は絶望的だったが、制度改正によって、小政党から当選できるようになった。活躍めざましいのは緑の党。いま14議席だが、さらに伸びそうだという。


緑の党共同代表の国会議員メティリア・テュレイMetiria Tureiが、いかに選挙制度が政治を変えたか、を語る。イギリスの運動体「選挙変革ソサイアティ」サイトに載った英文記事をかいつまんで和訳する。

「小選挙区制のころは、国民党と労働党しか政権をになう可能性はゼロ。しかも40%以下の票しか獲得してなかったのに、です。一方、他の小政党は15%から25%の支持を得ても議席にはつながりませんでした」


「そこで80年代から国民の意思が票に反映せず死に票になってしまう、と猛烈な不満が国中にわきおこりました。労働党が選挙改革に乗り出し、その後の国民投票につながりました。1992年の国民投票は、選挙制度を変えるか否か。次に1993年は、変えるとしたらどんな選挙制度か、というものでした。緑の党は、選挙制度変革イエスに向かって、その議論に勝とう、という姿勢で臨みました。その議論に勝ったら、かならず比例代表制が選ばれる、と考えたのです」


「こうして比例制中心の併用制に変えることができました。1996年の初の選挙。緑の党は他と政党連合Allianceを組んで立候補し、議席を得ました。2大政党以外の小政党から当選は初めての事件で、大喜び。その後、緑の党は、連合から独立して、1999年の選挙で5%以上を獲得。7人の議員を誕生させました」


「併用制選挙での大きな変化は女性です。初の併用制選挙で、20%だった女性が、一夜で、30%になったのです。さらに、マオリ党の議員は倍増。マオリ党議員はわずか3人でした。それが併用制になったとたん7人です。併用制選挙が続いた結果、常に7人から11人のマオリ女性が国会に選ばれるようになったのです」


「まだ問題はあります。比例候補者以外では女性は40%に過ぎません。政党は小選挙区に男性を候補としがちなのです。社会の性差別が残っており、男性のほうが当選しやすいためです。多様性を期待するなら、小選挙区制ではなく比例代表制です。要するに、比例代表制のほうが、より公平な選挙制度だといえます」


「緑の党から聾者の議員が出ています。わが国ではじめてのことです。でも、まだ車椅子の議員は出ていません。まだまだ壁が厚いということです。でも、聾の国会議員Mojo Matherは、過去2年間で、ハンディを持つ人たちのためにものすごい業績を上げています」


「比例代表制は万能薬ではありません。でも、人々にチャンスを与えます。閉じられていたドアを開けます」


小選挙区制の国で、比例代表制を求めている運動を続ける人に対して、彼女は次のようにアドバイスする。


「公平性が大事だと考える人々を止むことなく励まし続けることです。『あなたの1票は、無視されてはいけない票なのです』とね」


How PR ‘completely transformed’ New Zealand politics: Metiria Turei, Green Party co-leader
小選挙区制の日本、比例代表制のノルウェー
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい

【写真はメティリア・テュレイ国会議員。Facebookより】












[PR]
# by bekokuma321 | 2017-04-13 16:33 | アジア・アフリカ

71年前の1946年4月10日、日本女性は史上初めての参政権を行使した。その記念すべき日、「推進法政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」の成立を願う集まりがあった。

赤松良子Qの会代表は、「71年前、私はテーンエイジャーでした。それで投票はできませんでした。市川房枝先生など先駆者たちのおかけで今日の私たちがある。先駆者たちの苦労を思い出し、なんとしても今国会で推進法案を成立させよう」とあいさつ。Qの会は、クオータ制を推進する会の略称。高齢社会をよくする女性の会や全国フェミニスト議員連盟など61団体が傘下にはいる。

参加者160名以上。拍手で採択された今国会での成立を要望する文書を各党代表議員に届けるアクションに移った。

議員の部屋を回って届けた人たちの報告によると、自民党下村博文議員は「今、法案がいっぱい上がっているので…伝えておきましょう」。公明党井上義久議員は、「いい人がいれば応援したいですが。今国会で通しましょう」。女性たちの思いとかけ離れた熱のない反応にがっかり。

71年前の4月10日。ねんねこを背負った女性や、晴れ着の女性が投票所で一票を投じる当時の写真を見たことがある。この戦後直後の衆議院議員選挙で、秋田の和崎ハルをはじめ39人の女性が当選し、衆議院の議席に座った。

「今、衆議院議員は44人。39人から5人しか増えていません」と言うのは、三浦まり上智大学教授。「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟」顧問として議員立法による法案作成に尽力した。

衆議院に座る女性は70年間で5人増えただけ。時計の針がとまっているかのようだ。この44人という数字は、全衆院議員475人中わずか9.3%にすぎない。女性が9.3%しか国会(第一院)にいない国は、先進諸国では日本だけ。世界中探してもそんなにない。世界193国のうち163位(IPU,2017.1.1)。

目を地方に移すと、地方の女性議員は平均わずか10%程度。しかも、5自治体にひとつは女性議員の誰もいない「女性ゼロ議会」だ。このスキャンダルを変えるには、罰則付きのクオータ制しかないのだが、国会の勢力図からして夢だ。ということで、努力目標とはいえ、候補者の数を男女で均等にすることを明文化した法案にやっとこぎつけた。

参加者は、集会会場の衆議院議員会館から外に出て、永田町駅までマーチ。

イギリスの女性参政権運動家(suffragette)のシンボルカラーは、紫・白・緑だった。10日集まった女性たちは、そのひとつ「尊厳」を表すという紫色のスカーフ、帽子、ジャケット、セーター、パンツなど思い思いのものを身につけて……。友人は、「母の形見なの」と、大粒アメジストのペンダントをしていた。

国会議事堂を背に「パリテ、均等」「おじさんだらけの政治はいらない」とラップのノリで訴えた。

c0166264_16273517.jpg
▲国会議事堂を背に「女性議員を増やそう」(写真提供伊藤正子)

来年こそ「政界への女性推進法」を
女性参政権行使70周年を祝えるのか




[PR]
# by bekokuma321 | 2017-04-11 17:08 | その他

ノルウェーの裁判所が、「非正規労働者にも正規雇用者と同じ賃金を支払え」という判決をくだした。


43日、労働裁判所から出た画期的な判決だ。さすがノルウェー。エイプリル・フールの話ではない。非正規雇用にも、正規雇用と同一賃金、同一条件でなければならないというのだ。ノルウェー紙には、労働組合の完勝とも書かれている。

判決文は以下のようなもので、ノルウェー労働裁判所の判事7人による全会一致だ。


「合意した産業条約8A条の6、7項は、製造業協定に規定されている派遣会社(staffing agencies) に雇われているいかなる人も、雇う会社(hiring companies)の雇用者と少なくとも同一賃金ならびに同一労働条件に置かれる、と解釈される」

連合傘下にあるフェルスフォーブネ(労働組合のひとつ)の書記クヌート・ウイガールは喜びを隠し切れない。「とてもうれしい。(賃金だけでなく労働条件も同一だから)派遣会社内で労働組合の仕事をしてもいいことに、ほっとしてもいる」


賃金と労働条件に関して、派遣会社は、20164月から施行の新関税期間における産業協定に規定される、または、昨年改正された労働環境法の特別条項に規定されているように各々で結ばれる団体協定に規定される、そのどちらかである、とすることに、ノルウェー経営者連盟(経団連のような機構)は、異議を唱えていた。

わかりにくいが、要するに、「非正規は正規職より低賃金でも合法だ」と、経営者側は主張していた。

規則は、EUからの雇用会社指令に関連して提出されていたもので、労使でその規則の解釈がまったく異なっていたため、労働裁判所に提訴されていた。

このたび労働裁判所は、いかなる場合であっても労働者法が適用されるという2012年の双方の合意があり、それは疑う余地がないと結論づけた。


経営者連盟の関税と会員サービス部部長のニーナ・メルソンは、「協定をどのように理解すべきかを理解した」とコメントしている。

ニュースにある労働裁判所だが、労働に関する紛争を扱う特別の裁判所のこと。労働事件はとくにスピーディさを求められるからといわれている。ノルウェーだけでなくヨーロッパの多くの国にある。日本にはこのような裁判所はなく、労働事件であっても通常の裁判所でダラダラと扱われる。そのため日本では、働く場を奪われた労働者は、弁護士費用や交通費など経費だけはかさみ、給与は支払われない事態におかれることが多い。


c0166264_22365470.jpg
 ▲オスロの繁華街にある裁判所

Temporary workers to have the same salaries as employees – full victory in court

判決文(saken gjelder:Likebehandlingsreglene ved fra bemanningsforetak bundet av Industrioverenskomsten ノルウェー語)
Fikk fullt medhold i Arbeidsretten

Vikarer skal ha samme lønn som ansatte
世界一幸福な国ノルウェーの女性たち
LGBTが最も幸せに働けるのはノルウェー
ハンディをハンディと感じさせない社会へ
ノルウェーの「ベスト清掃員賞」
ダウン症の人には「何でもやれる能力がある
女性や若者を非正規にしないためにゼネスト

【注】本意ではないがVikarを非正規と訳した。ノルウェー語のVikarは、臨時雇用のことで病欠、産休、育休、教育休暇などで職務免除となる雇用者の代行をする。非常勤雇用は常勤雇用と同一労働同一賃金であるとすでに認められているので、このたびの紛争は人材派遣機関から派遣される臨時的労働者のケースであろう。報道によるとVikarは移民が多くを占めており、今回の判決は移民の人権保障につながり移民格差解消への一歩となるという。






[PR]
# by bekokuma321 | 2017-04-04 22:47 | ノルウェー


c0166264_11144294.jpg
群馬県館林市に女性議員が誕生した。4

2日の市議補選で渋谷理津子候補
(写真)が当選したのである。

館林市は8万人近い住民がいるにもかかわらず、女性議員が誰もいない「女性ゼロ議会」だった。

渋谷候補は、前市長の死去にともなう市長選と市議補選において、市議補選に立候補。市長に当選した須藤和臣元県議の17965票と、ほぼ同じ17142票を獲得した。


渋谷候補は、館林市役所に38年間勤務し、退職後は訪問介護職員。公約は「家庭や職場でフル活動している女性の思いを市政につなげます」。


渋谷候補の選挙事務所を預かるお連れ合いは、当選について「何かが動いたんですね」とうれしそうに私に語った。


「立候補は一人で決めました。僕は反対したのですが、それでも降りない。いさぎよい挑戦でした…」。選挙事務所を実際に回したのは、お連れ合いのようだ。彼の話をまとめると、渋谷さんの立候補の動機は、①風通しのよい市議会にしたい、②次につづく女性のために風穴をあけたい、というものだ。


「市長候補とコンビを組んでいた市議候補は、自民党群馬県の青年部の役員だと聞いています。組織選挙だったと思われます。うちは組織なし。所属する『八木節保存会』のメンバー5人がまず支えてくれました。ええ、全員女性です。それに市役所の元同僚たち5人が加わりました。この10人の女性たちが選挙運動メンバーです」


これまで群馬県は、富岡市と館林市を含む10自治体に、女性議員が誰もいなかった。そんな「嘆かわしい現状を変えたい」と、この4月15日シンポジウムが開かれる。「世界遺産のまち、白鳥のまちに女性議員を! なくそう女性ゼロ議会、増やそう女性議員」。世界遺産のまちは富岡市、白鳥のまちは館林市のことだ。


その準備で忙しくしている真っ最中に、「白鳥のまち館林市」が女性ゼロ議会を脱出して、「女性ゼロ議会」の市は富岡市のみとなった。準備に携わる、かがや富士子群馬県議は「15日、渋谷さんが、ぜひ参加して、みなを励ましてほしい」と語っている(注)。



c0166264_10084206.jpg

【注】群馬県の市で「女性ゼロ議会」は富岡市のみとなった。しかし、まだ8町村が女性ゼロ議会である。それに、女性議員1人の「紅一点議会」は群馬県内10市町村にのぼる。ちなみに、全国の町村議会928のうち「女性ゼロ議会」は299議会、つまり3分の1の町村は、男性議員のみで政治が行われているのである。(全国町村議会議長会、201671日現在)







[PR]
# by bekokuma321 | 2017-04-03 11:34 | その他

c0166264_138386.jpgノーマ・フィールド(シカゴ大学名誉教授)は、著書『小林多喜二――21世紀にどう読むか』(岩波新書、右)で、治安維持法違反とされて拷問死した小林多喜二を現代によみがえらせた。

しばらくぶりで同書を手にとった。

いま国会に出されようとしている共謀罪は、治安維持法と似ていると言われる法律だ。私が治安維持法の非道さを知ったのは、同書に紹介された小林多喜二の著書『一九二八年三月一五日』によってだ。

『一九二八年三月一五日』は、治安維持法によって弾圧・逮捕された共産党・労農党などの関係者が拷問の限りをつくされたさまを描写している。

当時は、発禁処分を受けないよう、著者や編集者は前もって問題箇所を伏字にするか、削除されて出版されるのが常だったという。『一九二八年三月一五日』は「多量の削除の難も指摘された」。それでも発売禁止。しかし官憲の目をくぐりぬけて、人から人へと手渡されて読まれ続けた。

こんな拷問シーンがある。

【次に渡は裸にされて、爪先と床の間が2,3寸ぐらい離れる程度につるしあげられた。(中略)渡は、だが、今度のは応えた。それは畳屋の使う太い針を体に刺す。一刺しされるたびに、彼は強烈な電気に触れたように、自分のからだが句読点ぐらいにギュンと瞬間縮まる、と思った。彼はつるされているからだをくねらし、くねらし、口をギュッとくいしばり、大声で叫んだ。「殺せ、殺せーーーえ、殺せーーーえ!!」それは竹刀、平手、鉄棒、細引きでなぐられるよりひどくこたえた。】 ――『蟹工船 一九二八年三月一五日』(小林多喜二、岩波文庫、伏字などのない完全版)

小林多喜二は、その後、同志だと信じていたスパイによって居場所を知らされた特高に追われ
て、逮捕される。

寒中裸にされて、拷問に次ぐ拷問の末、死に至る。その拷問は『一九二八年三月一五日』に描かれた拷問にも増して残忍なものだったらしい。特高らは3時間にわたる拷問の末、瀕死の状態の彼の「右手の人差指を手の甲に届くまで折った」。

小林多喜二は、治安維持法によって命を奪われたのである。

c0166264_1334957.jpg
 
では、治安維持法違反とされた"犯罪者”小林多喜二はどういう人間だったか。フェミニストのノ―マ・フィールドは、多喜二が描いた女性たちを数多く紹介している。ある小説にはこんな娘が登場する。

「製缶工場の倉庫で工場長に犯されて、自殺未遂を繰り返した末、働きに出た工場でストライキの先頭に立ち、ストが失敗に終わったとき、真っ先に首を切られた。そこで残された道は売春。」

国家のために「たたき殺され」る労働者たちを、「ものを言うだけのぜいたくな『余分』さえ残っていなかった」と表現する。多喜二の目のなんと温かいことよ。

実際、上映中の映画『母』(上の写真)に描かれているように、母親思いで、貧家に生まれ買春させられている女性を救ったり、初任給で弟にバイオリンを買ってあげたり・・・。やさしさに満ちあふれた人だったらしい。

しかし、特高が多喜二を許せなかったのは、格差社会への憤りを表現する彼の燃えたぎる才能と、その社会的影響力だった。

特高のトップは「赤狩り安倍」と呼ばれた安倍源基。安倍晋三首相と血のつながりはないと言われているが、同じ山口出身である。

小林多喜二は、秋田県大館市出身だ。ノ―マ・フィールドの本は、秋田県大館市には多喜二の縁者が存命だと書いている。その村から車でほんの1時間半ほどの地に生まれた男性がいる。多喜二の拷問死から14年後だ。

彼の名は金田勝年。

法務大臣となった金田勝年は、同郷の作家小林多喜二を死に至らしめた治安維持法――その21世紀版である共謀罪法を、いま日本によみがえらせようとしている。


[PR]
# by bekokuma321 | 2017-03-31 14:19 | 秋田