<   2017年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

愛媛県議会の補欠選挙があり、武井多佳子前松山市議が当選した。脱原発や「女性ゼロ議会」
をなくす運動に熱心に取り組んできた無所属の地方議員だ。

これまで愛媛県会議員47人のなかで女性議員はたった1人だった。いわゆる「紅一点議会」を打ち砕いたことに、歴史的意義がある。

とはいうものの、この21世紀に女性議員はわずか2人で、全議員に占める割合は4%にすぎないとは。

c0166264_12391348.jpg
 ▲愛媛新聞 2017年10月24日

武井多佳子候補が胸元につけているのは「ファイトバックの会」のバンダナ。2011年、大阪府豊中市を相手に人格権侵害訴訟をして最高裁で勝利した三井館長雇止め裁判に使われた。

武井さんは、豊中市の男女共同参画推進センター「すてっぷ」に事業活動を視察に来た。初代館長だった三井は数年後、日本会議系議員らからの圧力に屈した豊中市によって首にされた。武井さんは、三井提訴後、最高裁勝利までの長い道を伴走してくれた。「三井裁判に心強められて、今ここにあります。(新聞は)カラー写真なので赤が決まっています」と武井さん。

今治市に女性議員誕生
議会に女性をおくる会
日本会議的政治と闘った裁判の記録:『バックラッシュの生贄』
読者は二つの怒りを体験する:『バックラッシュの生贄』を読んで
勝訴から、さらなる民主主義の闘いへ

【2017年11月1日更新】
[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-31 12:58 | その他

c0166264_18344387.jpg10月17日、高橋みどりさん(左)は「秋田県大曲市人権擁護委員研修会」で講演をした。題して「私の曽おばあちゃん」。

高橋みどりさんは、和崎ハルのひ孫にあたる。和崎ハルは、女性が初めて参政権を行使した1946年衆院選で、秋田選挙区から立候補して、41人中トップ当選した女性解放運動家である。

先日、高橋みどりさんに会った。大曲講演にあたって準備したメモをもとにしながら、「和崎ハル伝」を語って下さった。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 私の曽おばあちゃん ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

和崎ハルさんのひ孫にあたる私から見た、ハルさんについてお話しします。

ハルさんの娘である私の祖母「高橋みさを」は、ハルさんの業績をそんなに多く私に話すことはありませんでした。でも、折にふれて話題に上ることもありました。

とくに思い出深いのは、秋田市金照寺山に建てられた和崎ハルの記念碑の除幕式です。1951年(昭和26)11月でした。記念の石碑には市川房枝さんの手になる「秋田女性の母 和崎ハルさん」が、刻まれています。

c0166264_18383367.jpg

家の奥から見つかったアルバムがあります。そのなかに記念碑の除幕式に参加した和崎ハルさんと私が写っている写真がありました(上)。

前列に4人が座っていて、右から2人目が和崎ハルさんです。黒い紋付の和服を着ています。当時は最高の盛装だったと思われます。私の祖母「高橋みさを」(ハルさんの娘)は後列の右から2人目に立っています。右端の女性が私の母です。その母親に抱かれるように長椅子の上に立っているのが私です。3歳か4歳だったと思います。祖母・高橋みさをから聞いた話もまじりあって、私の記憶にこの時の様子がうっすらと残っています。

高橋みさをは 女性運動に熱心な人でした。 地域婦人会、農協婦人部のリーダーを経て、1965年(昭和40)、稲川町議会議員に選出されました。「紅一点」でした。亡くなる1970年(昭和45)まで議員を務めました。その娘である私の母は、農業の傍ら民生委員を長く勤め、地域の福祉活動にかかわっていました。

私も、社協事務局長、民生委員、介護施設長役員などを長く務めてきました。曽祖母、祖母、母から何か大事なものを、私も受け継いできたように思うことがあります。その大事なものとは、いかなる人間も持っている人としての権利を尊重しなければならないという「人権思想」です。私はそれを私なりに後世に伝えていきたいと考えています。

和崎ハルさんが歩んだ道を私なりに紹介します。彼女は1885年(明治18)秋田市に生まれました。近くのキリスト教の教会系の学校に入学し、そこでいわゆるキリスト教に基づく博愛の精神を学んだそうです。

当時の時代状況からして、いろんな社会的圧力や社会通念があったはずですが、それにもめげず、ハルさんは平等思想を貫きとおした人のように思われます。その原点は、幼いころに出会ったキリスト教の博愛精神にあるのではないかと私は考えます。

ハルさんは、結婚後、愛知県豊橋市で5人の子ども(その1人が私の祖母)を産み育てますが、夫が亡くなり、子どもと義母を連れて故郷の秋田に戻ってきました。秋田でやったことは文献などに多く書かれていてご存知の方も多いでしょう。

簡単にまとめると、まず日本キリスト教婦人矯風会秋田支部に参加して、廃娼運動(公娼制廃止を求めて議会に運動する)に熱心にかかわります。生活のために、上京して洋髪技術を学び、秋田市内で美容院を開きます。洋髪の美容師秋田県第1号だそうです。美容院に来る芸妓の女性たちの悲惨な身の上話を聞くようになります。当時、貧農に生まれた女性たちは、借金のかたに娼妓に売られていました。社会の底辺で苦しむ彼女たちの人生を何とかしなくてはと、ハルさんは、裁縫、識字、作法などを教える芸妓学校「のぞみの会」を開校します。日本でもまれなこの学校は12年間も続いたそうです。

廃娼運動に拍車がかかったことは想像にかたくありません。さらに廃娼運動から、女性参政権を求める運動にのめりこむには時間はかかりませんでした。和崎ハルさんは、日本キリスト教婦人矯風会秋田支部長の早川カイさんらとともに、「秋田婦人同盟」、「婦選獲得同盟秋田支部」を創設します。
c0166264_1904322.jpg

同じころ、ハルさんは、秋田魁新報の「女性相談瀾」を担当するようになります。そして1932年(昭和7)、市川房枝さんらを招いて秋田市で東北婦選大会を開催します(上:注1)。和崎ハルさんは「婦選獲得同盟秋田支部長」でした。

ハルさんは、大阪にいる息子と同居するため秋田を離れますが、戦況が悪化し、横手に疎開します。ハルさんの娘が「伊藤永之介」(作家)と結婚して横手に住んでいたためです(注2)。

1945年、敗戦をハルさんは横手で迎えます。その翌1946年、日本女性は初めて参政権を行使します。その衆院選にハルさんは立候補します(注3)。秋田県内をもんぺ姿で演説して回ったと言われています。そして10万票以上の得票で、秋田県初の女性代議士となります。

翌1947年の4月の総選挙にも再び立候補しますが、再選はなりませんでした(注4)。

1952年(昭和27)、ハルさんは、息子の住む大阪で亡くなりました。秋田市に記念碑が建てられてからわずか1年後のことでした。

(構成、文責:FEM-NEWS)

【注1】2016年女性参政権行使70周年を記念する絵葉書を作成した。和崎ハルの功績や秋田の「婦選運動」(女性参政権獲得運動)を広める一助にという趣旨だった。
【注2】横手市内の伊藤永之介の住んでいた跡には立て看板が立てられて、伊藤の業績が説明されている。しかし同じところに住んでいた和崎ハルの名はない。
【注3】1946年の衆院選で秋田は全県1区だった。横手に住んでいた和崎ハルは横手から秋田県の衆議院議員に立候補した。しかし横手から立候補したことを知る人はおらず、筆者も数年前初めて横手在住だった事実を知った。
【注4】1946年の衆院選における選挙区の定数は複数だった。1人しか当選しない「小選挙区制」ではなく、いわゆる「大選挙区制」だった。そのうえ、投票用紙に複数の名前を書ける「連記制」だった。そのため「1人は女性を」と思う人が多かったらしく多くの女性が当選した。しかし、翌1947年、全県1区だった秋田選挙区は2つに分けられた(秋田は1区、横手は2区)。また連記制も廃止された。和崎は1947年秋田に移って挑戦するも落選だった。めげずに1949年3たび立候補。落選した。その挑戦魂! 女性立候補者と当選者は、1946年79人⇒39人、1947年85人⇒15人、1949年44人⇒ 12人。 女性当選者が激減した背景には連記制廃止など選挙制度の変化があると考えられる。

和崎ハルの子孫が語る「ハルらんらん♪」
「ハルらんらん♪」から思う女性参政権
底なしの政治腐敗と女性議員
ノルウェーの芸術から思う日本の女性運動
女性参政権行使70周年:今こそ「アベック投票」精神を
「祝!女性参政権行使70周年」記念はがき
オスロの絵と日本の廃娼運動
女性解放運動の先駆者早川カイ
底なしの政治腐敗と女性議員
ハルらんらん♪
和崎ハル:廃娼運動と婦選運動
女性参政権運動と秋田
参院選2016年と女性(2):女性参政権行使70周年
参院選2016年と女性
ノルウェー女性参政権100年から考える
和崎ハル_1 武塙三山
和崎ハル_2 武塙三山
和崎ハル_3 武塙三山
和崎ハル_4 武塙三山
和崎ハル_5 武塙三山
普通のおばちゃんの三井裁判傍聴記_佐々木厚子
女性と選挙
2014衆院選 比例制に変えるしかない
参院選で女性躍進ならず



【2017年11月1日更新】
[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-30 19:35 | 秋田

衆院選で、自民党は、289小選挙区のうち、218議席を獲得した。これは75.4%に当たる。自民党の得票率は48.2%。全体の半分に満たない票で、8割近い議席を分捕った。

これが「作られた多数派 manufactured majority」と言われるものらしい。

小選挙区制は、第1党に不当に多く議席を与える不公平な制度だと批判されてきたが、今回もそれがはっきり証明された。

また小選挙区制は「死に票」が多い。今回は、全国で2661万票の死に票が出た。全得票の48%だ。投票した人の半数に近い票がどぶに捨てられたことになる。なんとまあ、もったいない!

もったいないどころか死に票の多い選挙制度は「違憲」だという憲法学者もいるという。石川真澄が著書で紹介している。

日本国憲法は、「民意の正確な反映」を要請しているという。憲法学者の長尾一紘は「それぞれの選挙制度を区別するメルクマールは、死に票率のいかんであるということができる」。だから、小選挙区制は違憲であり比例代表制が合憲であると指摘する(労働旬報社『この国の政治』)。

石川真澄は、小選挙区制選挙を「邪悪な選挙」だと批判し、民意をほぼ正確に反映する比例代表制にすべきだと多数の著書を世に出した。

比例代表制のよさは、女性やマイノリティを議会に送りやすいということもある。これを石川はそれほど強調していないが、私には大問題だ。

比例代表制にしたら、政党が候補者名簿をつくる際、男、女、男、女と男女交互にならべるだけで、女性議員が確実に増える。政党で「クオータ制」(どちらかの性を例えば40%以上とするルール)を尊重すればいい。そのほか、政党の姿勢次第だが、3番目には障がい者、4番目にはアイヌ民族・・・というように候補者を多様にしやすい。

c0166264_0505727.jpg
 ▲三鷹市の衆院候補ポスター。自民党は小選挙区で、立憲民主党は比例で当選した。希望の党と共産党は落選した。公報を見る限り、希望の党の女性候補(弁護士)は男女平等推進に関心が強いと私には思えた

案内「選挙が変われば政治が変わる」
絶望の小選挙区制選挙(2017衆院選)
2017衆院選 微動だにしない男性偏重政治
国会議員年収も政党交付金も世界最高額
選挙制度は政治を根本から変えた(ニュージーランド)
イギリス6割が選挙制度改革に賛成 
小選挙区制は女性の声を捨て去る
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
女性の衆議院議員は1割に満たず
1年前の今日、政党交付金裁判を終えて
票数が反映しない選挙結果のゆく先は


【上記の2017年衆院選統計は時事通信ウエブページを参照した】
[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-29 01:09 | その他

総選挙の結果、衆議院議員465人のうち女性は47人、10.1%にすぎなかった。各種政策で相違を見せている政党も、こと議会の男女平等化ではドングリの背比べのように見える。

「男社会をリセットします」と喧伝した希望の党に期待した人もいたらしいが、希望の党の女性当選者は、小選挙区1人、比例区1に終わった。

女性が党首になっても、女性政策や男女平等政策に見るべきものがなかったのは、イギリスのサッチャー政権で証明済みだ。ちなみに小池百合子は著書で尊敬する人にサッチャーをあげている。

世界の国会(一院)における女性占有率を比べてランキングを公表してきたIPUという組織がある。IPUによると、日本は総選挙前、9.3%で世界193カ国中165番目だった。ほかの国々が変わらないとして、今回の10.1%という数字は、世界で上から161番目となる。ハンガリーと同じランキングだ。先進国中最下位という恥ずべき地位は微動だにしない。

昨日、英ガーディアン紙は、選挙結果について日本政治の専門家の分析を掲載した。

その記事に、日本は小選挙区制中心であるため、得票率と議席率が比例せず、自民圧勝を生んでいるとの指摘があった。小選挙区制は一党独裁を生みやすいだけでなく、女性やマイノリティの議会進出を阻む選挙制度であり、この指摘は重要だ。

それに加えて注目すべきは、エマ・ダールトン博士の弁だ。「日本の男性偏重政治は、あまりに当たり前すぎて、あまりに長く続きすぎて、驚く人さえいないようだ」(和訳FEM-NEWS)と語る。絶妙の表現ではないか。

世界165番目から161番目という、この大スキャンダルが社会問題にならないどころか目に見えていない。日本の報道機関の怠慢さ鈍感さに怒りを覚える。報道各社は大々的に特集を組んで、全政党に具体的な対策をあげさせ、女性の議員をどう増やしていくかを問題にすべきだと思う。


c0166264_16112697.png
▲女性議員の少なさを表すため面グラフにした。現行の小選挙区比例代表並立制でも比例区の定数を増やすと女性が増えるはずである

c0166264_16233942.jpg
▲自民党でも女性の割合は選挙区より比例区のほうが多く、公明、共産、維新となると比例区がなければ女性議員はゼロだった。「身を切る改革」などという議員定数削減を「女性当選者を切る改悪」にしてはならない

c0166264_171339.png
▲国会(第1院)に占める女性率で、日本は世界165位(193カ国調査、IPU、2017年9月)。2017年10月の衆院選の結果、少しは上がるだろうが、160位前後だろう。

「衆院選の当選者を図解すると... 女性めっちゃ少ない!」BuzzFeedの小林明子と阿部 結衣子の両エディター
絶望の小選挙区制選挙(2017衆院選)
国会議員年収も政党交付金も世界最高額
案内「選挙が変われば政治が変わる」
[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-24 17:14 | その他

衆院選投票率50%台か

NHKによると衆院選 「投票率は53.60%前後の見込み」だという。戦後最低の投票率と言われた2014年(平成26)の52.66%からやや増えた。しかしなんとまあ棄権の多いこと。

小選挙区制という選挙では、最高得点をとった一人しか当選しない。自分の1票が政治に反映されない可能性があまりに高い。だから馬鹿らしくて投票所に行く気になれない人も増える。

先月、取材してきたノルウェーの最終投票率は78.2%だった。ノルウェーは比例代表制選挙だ。

c0166264_23511488.jpgこれまで、小選挙区制は、得票率が議席数に反映されないことが指摘されていて、民意の反映しない選挙だと強く批判されてきた。

たとえば2012年の衆院選を見る。自民党は小選挙区で得票率43%だったが、小選挙区議席の79%をかっさらった。投票した人の2人に1人に満たない票で、8割近い議席を得たのだ。絶対得票率(上の表[朝日Web]。注)となると、自民党はわずか24.7%で4人に1人に満たなかったが、比例区あわせて全議席の6割を超えた。そのかげで、他候補に入れた3000万以上の票はすべて死に票となった。

一方、比例代表制のノルウェーはどうか。政党ごとの得票率と議席占有率を見る。最大政党の労働党30.8%で33%、保守党26.8%で28%、 進歩党16.3%で17%、中央党5.5%で5.9%・・・。比例代表制という名の通り、得票率に議席数が比例している。大政党は大政党なりに、小政党は小政党なりに得票に応じて議席を出せるのだ。これが、1人1票を生かす選挙というものだろう。

自分の1票が確実に議席に反映する選挙制度をとるノルウェーの投票率が高いのは当たり前だろう。

今回の衆院選では、どれだけ死に票が出るのか。

【注】絶対得票率は、有権者全体の得票率で,棄権した人も含めて有権者全体のなかでその政党 が何%票を得たかを示す

c0166264_17294726.jpg
 ▲衆院選の投票率の移り変わり。小選挙区制が始まったH8(1996)から投票率がガクンと下がった

投票率アップのカギは「優しさ」 総選挙で80%近く ノルウェーに学ぶ(東京新聞)
2017衆院選の政党別・性別候補者
案内「選挙が変われば政治が変わる」
絶望の小選挙区制選挙(2017衆院選)
日本の「自書式」ハンディキャッパーに不利
[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-23 00:37 | その他

朝日新聞の2017年10月21日「党派別の候補者数」をもとに政党別・性別に棒グラフにした。

赤が女性候補、灰色が男性候補。

c0166264_1973537.jpg

2020年まであらゆる指導的立場の女性を少なくとも30%に。これが政府の目標だった。しかし、女性の候補者が全体の17.7%では話にならない。

とはいうものの、衆院における女性議員はわずか9.3%にすぎないことを考えると、正当な理由なき突然の解散にしては、健闘したといえそうな政党もある。

現在、日本の女性議員率(第1院)は、世界193カ国中165番目という最下位チームに属している。この女性候補209人が全員当選したとして、全議員の17.7%だから、世界193カ国中112番目か113番目で、トーゴかジャマイカと同じランキングとなる。もちろん先進国では最下位だ(2017年9月1日付IPU調査Women in national parliaments)。


案内「選挙が変われば政治が変わる」
絶望の小選挙区制選挙(2017衆院選)
日本の「自書式」ハンディキャッパーに不利
[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-22 19:13 | その他

c0166264_2394327.jpgノルウェーに、女性初の外務大臣が誕生した。イネ・エリクセン・スールアイデ(Ine Eriksen Søreide)だ。これまで防衛大臣だった。

9月の総選挙で、保守中道政権の続投と決まり、アーナ・ソールバルグ(またはエルナ・ソルベルグ)内閣にほとんど変更なさそうだ。スールアイデの外務大臣就任で、首相、財務大臣、外務大臣というトップ3が全て女性となった。

ノルウェーに、女性初という冠がまだ存在していたことに驚いた。首相や財務大臣などには女性が就任してきたが、外務大臣はなぜかこれまで男性だった。現外務大臣ボルゲ・ブレンデは、世界経済フォーラム(World Economic Forum)事務局長に任命されたため、次の外務大臣は誰か話題になっていた。

イネ・エリクセン・スールアイデは、オスロ選挙区から選出されている保守党の政治家。夫も保守党の政治家。2人の息子から花束を贈られたと報道されている。

【写真:Ine Eriksen Søreideのfacebookより】
[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-20 23:18 | ノルウェー

c0166264_1227449.jpgニュージーランドの首相にジャシンダ・アーダン(37)が決まった。8月に労働党の党首になったばかり。9月の総選挙で、その活発で元気なイメージで労働党の票を伸ばした。

女性の首相は、「わずか3人目にすぎない」とニュージーランドでは報道されている。

トランプ大統領就任式の日、「トランプに反対する女性たちのデモ」が世界中で巻き起こった。ジャシンダは、ニュージーランドのオークランドで行われた、そのデモに参加して行進した女性の1人でもある。そんな気さくなフェミニストを一国のリーダーに選んだニュージーランド国民に心から拍手を送りたい。

彼女は、社会主義青年部の活動で頭角を現し、2008年国会議員に初当選した。労働党の候補者リストの当選圏内に登載されたからだ。彼女のような20代の女性が立候補して国会議員になれたのは、選挙制度のおかげでもある。

ニュージーランドは長年イギリスに倣って小選挙区制をとっていた。ところが1996年、小選挙区制を廃棄処分して小選挙区比例代表併用制に変えた。比例代表制中心の選挙は、有権者の意思をほぼ正確に反映する。自民党一党支配を生む小選挙区制とは異なり、中小さまざまな政党から代表を出せる。日本ではまだ議席を出せないでいるミニ政党「緑の党」も、ニュージーランドでは比例代表制に変わってから議席を増やした。

ニュージーランドは、9月23日が総選挙だった。

最大政党の国民党(現首相の党)44%、第2の労働党は37%、どちらも過半数をとれなかった。国民党中心の内閣となるか、労働党中心の内閣となるかーー鍵を握ったのは、ニュージーランド・ファースト党だった。ポピュリスト党と言われる政党で、党首ピーターズは写真でわかるようにマオリ族出身だ。

ピーターズは国民党とも労働党とも話し合いを続けてきた。労働党は緑の党と組むことがほぼ決まっていたため、ニュージーランド・ファースト党が緑の党とも政策合意できるか否かが焦点だったといわれている。ガーディアン紙によると、ニュージーランド・ファースト党は、最終的に環境政策に熱心な「労働党+緑の党」と組むことを決意したらしい。

比例代表制の国では、総選挙後、政策が似通った他党との連立を模索する政策協議が続けられ、政権が誕生する。政党同士が何日も話し合いを続けて新しい政権づくりをする姿をノルウェーで何度か見てきた。

ノルウェーもそうだが、比例代表制の国では、最大政党から首相が選ばれるとは限らない。どの政党とどの政党が連立を組むかにかかっている。今回、ニュージーランドの首相は、44%を獲得した第1党からではなく、37%の第2党から選ばれた。比例代表制は、民意を反映する選挙であるだけでなく、多様性の時代・連帯の時代にふさわしい選挙だ。

日本が倣ったという小選挙区制の本家本元イギリスでも、比例代表制にという声が大きくなっていると聞いた。出藍の誉れ、ニュージーランド!

選挙制度は政治を根本から変えた(ニュージーランド)
夜をとりもどせ!(ニュージーランド)
The Quest for Prosperity: How can New Zealand keep living standards rising for all?
Caroline Lucas MP on Proportional Representation and Votes at 16
英国下院、女性が30%に
イギリス6割が選挙制度改革に賛成 
小選挙区制は女性の声を捨て去る
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
女性の衆議院議員は1割に満たず
政治は男のものではない

【写真:ニュージーランド労働党ホームページより】
[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-20 12:52 | アジア・アフリカ

c0166264_20464535.jpg期日前投票に行ってきた。

憲法を改正されてはたまらない。自民党の改憲草案(2012年策定)には、9条に「国防軍」の保持というゾッとする用語が明記されていた。野党の反対で棚上げにされたが、安倍政権の本心はこれだろう。

現在の憲法9条を変える必要はないと私は思う。だから改憲に反対する政党の候補とその政党に1票を投じた。

1票を投じた、と言っても、正確には、小選挙区制の投票用紙に鉛筆で候補者の名前を書いて、それを投票箱に入れた(右)。

次に、別の係員から、比例区の投票用紙を受け取って投票ブースに戻って、政党名を自分で書いて、投票箱に入れた(右下)。

c0166264_20494678.jpgこれまで、こんなふうに支持する政党の候補者の名前を書いてきたが、この方法は「自書式」と呼ばれていて、先進諸国では日本だけらしい。いや世界で日本だけだという人もいる。

自書式は、手や指の不自由な人、目の不自由な人、字の書けない人などハンディを持つ人にとって、楽な方法ではない。また選ばれる側の候補者から見ると、夫婦同姓強制社会で、かつ苗字を呼ぶ慣習の日本では、苗字が変わってしまう既婚女性の多くは不利になる。

それに記号式のほうが、ミスが少ないし、票の集計だって早いに決まっている。とすると人件費も節約できるのではないか。

1980年代、ノルウェーで初めて選挙の投票用紙を見た。B5判ほどの大きさにまず驚いた。その一番上に政党名、その下に何人もの候補者名がズラリと印刷されていたことに、また驚いた。

c0166264_2126521.jpg投票する人は、投票ブースに入って外から手の動きが見えないようにカーテンを閉めて、その中に置かれている投票用紙から支持政党の用紙1枚を選んで封筒に入れて、投票箱に入れる(今は封筒はなくなって、政党名・候補者名が印刷された側を見えないように二つ折りにする様式に変わった)。

ノルウェーは比例代表制だから候補者名を印刷しているのかと思いきや、違った。

小選挙区制の母国イギリスでも、同じだった。

c0166264_21214277.jpgイギリスの投票用紙には政党ロゴと候補者名がズラリ印刷されていて、投票する人は、支持する候補者の横にある空欄にしるしをつけるだけ。

選挙は、国会に主権者の意思を反映させるために行うものだ。だから、民意を反映する比例代表制中心の選挙制度にすべきだ(現行の小選挙区制比例代表並立制は、小選挙区制が基本)。ノルウェーは、およそ100年ほど前に比例代表制に変えたという。でも、日本で選挙制度改正には時間がかかりそうだ。まずは世界で唯一の「自書式」から「記号式」に変えるのはどうだろう。

【写真上:2017年10月22日の衆院小選挙区制投票用紙。写真中:2017年10月22日の衆院比例区投票用紙。写真下:ノルウェーの2017年総選挙に使われた投票用紙の労働党。写真最下:小選挙区制イギリスの投票用紙】


【ノルウェー2017年選挙のルポ】
市民に優しい選挙制度(ノルウェー)
投票率は77.6%(ノルウェー)
投票日の夜は政党のパーティ(ノルウェー)
国会議員選挙結果、女性41.4%(ノルウェー)
真夜中の国会記者会見(ノルウェー)
選挙の夜は寝ずの番(ノルウェー)
ミニ政党がカギを握る政権交代(ノルウェー)
高校生が全て担うスクール・エレクション(ノルウェー)
オスロの街並みに溶け込む選挙(ノルウェー)
1本のメールから国会議員に(ノルウェー)
石油の新採掘か漁業・環境保護か(ノルウェー)
決闘の場はトロムソ図書館(ノルウェー)
育休候補、大学生候補が国会議員になれる国(ノルウェー)
ペン、リップクリームにコンドーム、etc(ノルウェー)
スクール・エレクションは民主主義の学校(ノルウェー)
投票者にも候補者にも優しい選挙(ノルウェー)

【関連記事】
ハンディをハンディと感じさせない社会へ(岡田ふさ子)
高校生も立候補するカネのかからない選挙 (近江真理)
選挙制度しだいでは高校生が議員になれる(田口房雄)
民主主義度1位ノルウェー、23位日本
同じ18歳であってもーーノルウェーの選挙、日本の選挙(木村昭子)
世界一民主的な国
世界一民主主義の国はノルウェー、日本は22位
女性議員を増やすために ~ノルウェー選挙に学ぶ~
[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-19 21:32 | その他

【衆院選まっただなか、「選挙マルシェ実行委員会」からお知らせです】

日本選挙にはさまざまな課題があります。一票の格差、女性議員の少なさ、死票の多さ、立候補の供託金の高さ、選挙運動の規制の多さ…。

まずは、この重要問題について関心を持つ団体・個人の交流と語り合いをとイベントを企画しました。「選挙が変われば、政治が変わる 選挙マルシェ」。

第1回は、3月、坂井豊貴慶應義塾大学教授による講演と、各政党と無所属の9議員らによるシンポジウムを行いました。

衆院選後の11月11日、第2回選挙マルシェを開きます。元東京都議会議員三井マリ子さんの講演「見てきた! 民主主義度世界一の国ノルウェーの選挙」、次いで「自由な選挙、若者の参加する政治」について、若者たち、各政党の代表によるデスカッションをします。どなたでもお気軽にどうぞ!

c0166264_13573278.jpg


●選挙が変われば政治がかわる 選挙マルシェ
●自由な選挙、若者の参加する政治
●2017年11月11日(土)11:00から15:30まで
●恵泉バプテスト教会(中目黒駅徒歩8分)
●プログラム 
①海外報告と若者の応答対論 11:00-13:00 
「見てきた!民主主義度世界一の国ノルウェーの選挙:スクール・エレクション、クオータ制、比例代表制」by 三井マリ子(元都議)
「ワタシたちも選挙運動してみたい!」別木萌果(学生団体ivote代表)、芦刈深紗(高校生団体Women’s Innovation代表)、青年会議所(予定) ほか
②協賛団体によるリレートーク 約30団体代表者 13:00-13:30
③全会派議員によるシンポジウム 国会議員・地方議会議員 14:00-15:30
小松大祐都議(自民)、 高橋昭彦世田谷区議(公明)、 荻野稔大田区議(維新)、 落合貴之衆院議員(立憲民主党)、 音喜多駿都議(都民ファ)、 伊地智恭子多摩市議(社民)、坂井えつ子小金井市議(緑の党)、鳴海ゆり八王子市議(生活者ネットワーク)、共産党・希望の党交渉中。司会:日向美沙子(小平市議)

c0166264_14172890.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-18 14:27 | ノルウェー