c0166264_2245924.jpg「選挙に向けて政策論争がキックオフ」

先週、ノルウェーからこんな見出しのニュースが届いた。2017年秋の国政選挙に向けて、8月18日、全党首が集まって討論会を行ったことを知らせていた。国政選挙は1年以上も先だから、アメリカの大統領選よりはるかに長期戦だ。

ノルウェーの国政選挙は日本でいえば衆院選だけだ。その日本の衆院選は、解散後、ほんの1カ月で選挙になり、選挙期間はわずか12日間。弾丸のようだ。

こんな短期間で、政党や候補者の政策や政治姿勢を比較検討などできるはずもない。世襲議員や前議員が有利なのは当たり前だ。女性候補など後発部隊は、有名タレント以外は当選など望めない。

そのうえ日本は、選挙中、肝心要の候補者による政策討論会は禁止されている。連呼(名前を叫び続ける)は合法だが、名前を聞くだけで候補者の政策の違いや、それが自分たちにどんな影響を及ぼすかがわかるはずはない。

そこで、ノルウェーの選挙のキックオフについて少し調べてみた。件の党首討論会は、首都オスロの南にある港町で開かれた「アーレンダール・ウィークArendal Week」という夏祭りに組み込まれた1つのプログラムだった。

アーレンダールは、オスロの南方にある人口4万人ほどの港町。「アーレンダール・ウィーク」とは、アーレンダール市あげての政治文化フォーラムのことを指す。

趣旨は、「政治、社会、産業分野の代表者たちが、市民といっしょに現在と未来の政策を語りあって、民主主義と民主主義的討論を強める」こと。

目標は3つだ。「アーレンダールが、政治的交流の場となること」、「選挙にできるだけ多くの人々がかかわるようにすること」、「政財界の代表的人物たちと市民が直に交流できるよう支援をすること」だという。 す・ば・ら・し・い!

今夏は、8月15日から20日までの1週間。港のそばの通りに約170のスタンドが立ち並び、約550ものイベントが朝から晩まで繰り広げられた。子ども向けプログラムも盛りだくさんだ。子ども記者というものもある。

記者になって首相に取材した12歳の女の子は、「私は、識字障害で悩んでいるんですが、首相がその病気だったと公開していたことを知って、首相にアドバイスをお願いしたんです。とても励まされました」との感想。それが大手新聞に載っていた。

「アーレンダール・ウィーク」のモットーは「すべての人に開かれ、すべて無料、切符も不要 Open to all - free - no tickets」。どこで何が開かれているかは、地方紙やホームページを見るとわかる。動画には、いくつかの会場で楽しそうに歩き回る子どもたちが写っていた。

スタンドは、アムネスティなど国際団体、全国公衆衛生女性組合など労働組合、右から左までの全政党、森の会など市民団体・・・。イベントは、冒頭に紹介した党首討論会や青年部長討論会、国際会議、意見が分かれる政治的テーマの討論会(例:「すべての人に働く場を」、「押し寄せる難民」)、コンサート、演劇、ヨガ、カフェ・・・。

国際会議のひとつ「北極カウンシル」は、国際機関、国会、大学などが共催していた。発言者には、アメリカ大使、ノルウェー外務副大臣や国会議員、船舶協会会長に加え、アラスカ選出の米連邦上院議員(女性)が招待された。この会議の言葉は、通訳なしの英語だった。

党首討論会には、主要7政党に加えて初めて1議席をとったばかりの緑の党の8党首全員が登壇。首相と財務大臣を含め女性党首は3人だ。難民政策から、教育、福祉、労働、医療など暮らしの問題まで、政策の違いをアピールした。大きな会場は、ほぼ満席。

c0166264_2233326.jpg日程をずらして、同じ大ホールで、党青年部部長の討論会もあった。

8政党の代表で男6人、女2人。全員20代。現役の大学生や院生で、8人中2人は現職の地方議員だ。ノルウェーの地方議員は、無給のボランティアである(大都市は例外)。職業や学業を続けながら議員職を兼務する。労働党の青年部長は、10歳のころシリアから家族と亡命してきた、オスロ大学の院生だという(注1)。

何年か前、オスロ市議(東京都議にあたる)に当選した18歳の女子高校生を取材したことがある。インドからの移民でタクシー運転手の娘だと知って、私は目を丸くした。が、じき、シリア難民が国会に登場する時が来る、そんな予感がした(注2)。

ノルウェーは、民主主義をはかる指数で世界一である(英誌「エコノミスト」のEconomic Intelligence Unit)。世界一のノルウェーは、こうして民主主義の力を養う努力をしているんだな、とその秘訣を見つけた思いだ(注3)。

オリンピックに費やされる2兆円もの予算があれば、日本でもこのようなフォーラムを、毎年、楽にやれるだろう。オリンピックでなくても、日本の政党に毎年交付される320億円という政党交付金――政治家によって飲み食い、キャバクラやSMバーに使われたり、政治活動に使わずにため込まれている、私たちの血税――を回すだけでも簡単にできる。

問題は経費ではない。老若男女すべての人たちに政治的判断力を持たせようようとするノルウェーに対して、市民にできるだけ政治的判断力を持たせまいとする日本。その違いだろう。


【写真上:アーレンダール・ウィークのプログラム冊子「未来をつくるために Former fremtiden」。下:政党青年部部長会議】

【注1:ノルウェーは、小学校から大学まで学費は無料】
【注2:ノルウェーでは、18歳以上の住民は3年間住み続けたらその地方の参政権を得る。参政権は選挙権と被選挙権。ノルウェー国籍は不要。選挙は比例代表制で、政党内議論を経て作られた候補者リストがそのまま投票用紙になる。比例代表制なので、大政党は大政党なりに、小政党は小政党なりに代表者を送れる。そのため、小さな自治体であっても、5~6政党から議員がいて、女性議員も4割ほどいる】
【注3:「アーレンダール・ウィークArendal Week」ホームページによると前年度から企画をネットで公募。今年のおおよそのイベント数は討論会200以上、セミナー80、講演会50、文化行事50。とくに子どもや若者が民主主義に関心を持てるようにするため工夫が施された、と報告されている】

Arendal week
民主主義度1位ノルウェー、23位日本

世界一民主的な国
世界一民主主義の国はノルウェー、日本は22位

ノルウェー地方選2015
スクール・エレクション終わる
ノルウェーの地方議会選挙
ノルウェー:市長と議会に女性を増やす秘策
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
比例制選挙がいい
北欧福祉社会は地方自治体がつくる
ノルウェー選挙:性差も肌の色も越えて
The Year in Elections report 2015(Electoral Integrity Project:各国の選挙が公正に行使されているかを調査し比較したもの)


[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-30 22:46 | ノルウェー

EUに「ノー」

6月24日、イギリスは国民投票でEUから離脱する道を選んだ。そのとたん、ポンドは急落、株は暴落、首相は交代。世界中が大騒ぎになった。

日本は昨日、年金運用で5兆円の赤字となったのは、EU離脱の影響があると、言っていた。

なぜ、イギリス国民はEU「ノー」を選んだのか。

大方のメディアが言うように、難民急増を恐れる国民の感情に乗る離脱派の作戦が功を奏したこともあるだろう。でも、私は「EUに加盟して40年。長年のEUに対する懐疑心が票になって表れた」とする『ガーディアン』紙が当たっていると思う。

イギリスは、今、ノルウェー方式をみならおうとしているという。ノルウェーは、EUに加盟していないにも関わらず、経済的に成功している国だからだ。最新調査だと、EU反対は、ノルウェー国民の74%にのぼる。

c0166264_21004876.jpg

このポスターは、ノルウェーのEU反対市民がつくったポスターだ。ノルウェー政府は加盟申請したが、このポスターのもとに集まった国民は、EU加盟を拒否した。

ポスター下方にある建物はオスロにある国会議事堂。国会を乗っ取るような巨大な木製の像は、北欧神話に出てくる女神サーガ。千里眼を持つといわれる伝説の女性だ。

実は、ノルウェーのEU反対運動は、女性たちが主導した。女たちはこう主張した。

「ノルウェーは不平等をなくすことに社会の富を使ってきた。
保育、教育、福祉など公的サービス部門を充実させた。
その結果、女性の職場が増えた。
すべての女性が無理なく外で働けるようになった。
しかしEUは、福祉分野に市場原理を導入し、公的分野を縮小させようとしている。
これでは金持ちしか、必要なサービスを受けられなくなる」

この後は、I 女のしんぶんの「叫ぶ芸術ーーポスターに見る世界の女たち」をどうぞ。

How did UK end up voting to leave theEuropean Union?

Nei til EU
How Do EU Decisions Affect Nordic Gender Equality?
EU国民投票と女性





[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-27 21:38 | ノルウェー

『むかしMattoの町があった』は、イタリア内の精神病院を廃止する精神保健法(180号法)が成立するまでの格闘を描いた映画です。Mattoはイタリア語で狂人という意味です。

日本では2012年から自主上映会が始まり、以来、上映は4年間で180回を超え、総視聴者約17000人となりました。これを記念して、トリエステ精神保健改革の生き証人、マリア・グラツィア・ジャンニケッダ(写真)が記念講演を行います。講演は東京と大阪の2回です(イタリア語から日本語への通訳つき)。

c0166264_20351235.jpg

■マリア・グラツィア・ジャンニケッダ略歴
フランカ&フランコ・バザーリア財団理事長、昨年までサッサリ大学教授(専門は政治現象の社会学)。 180号法の権威。 1970年代のカオス状態のトリエステ・サンジョヴァンニ病院で、バザーリアの改革チームに加わり精神病院の廃止に貢献。バザーリア亡き後、フェミニストであり、上院議員に当選した妻フランカ・オンガロ・バザーリアと共に家族会運動で活躍。 Stop! OPG(「司法精神病院廃止!」運動)の主力メンバーで、新聞をにぎわす論客。 映画「むかしMattoの町があった」制作に協力。 フェミニスト。

■東京 2016年9月22日(木・祝)
■プログラム
<第一部> 09時30分-13時00分  映画「むかしMattoの町があった」
<第二部>
14時00分-15時00分  
“日本のMattoの町”について言いたい放題! 出演:大熊一夫、伊藤順一郎、参加者
15時15分-18時00分  
講演会「イタリア精神保健革命の顛末 ~カリスマ・バザーリア、180号法誕生、 逆風下の家族会運動とフランカ・オンガロ・バザーリア~」 講師:マリア・グラツィア・ジャンニケッダ
■料金 第一部:映画の資料代1000円  第二部:無料
■場所 東京大学駒場Ⅰキャンパス900番講堂(東京都目黒区駒場3-8-1)
■アクセス 井の頭線「駒場東大前駅」 下車すぐ
■定員650名(先着順)
■申込方法 以下のサイトからお申込みください。★申込み〆切:9月18日(日)★
<イベント概要ページ>
http://kokucheese.com/event/index/409520/
<お申込み用ページ>
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/409520/


■大阪 2016年9月24日(土)
■プログラム
13時30分~16時30分 
講演会「法を変え、社会を変える―イタリア精神保健55年の蓄積に学ぶ」 講師:マリア・グラツィア・ジャンニケッダ
■場所 大阪弁護士会館2階ホール  (大阪市北区西天満1-12-5)
■アクセス
・京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
・地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
・地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
・JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分
■定員400名(先着順)
■料金 無料
■申込方法 以下のサイトからお申込みください。★申込み〆切:9月18日(日)★
<イベント概要ページ>
http://kokucheese.com/event/index/416195/
<お申込み用ページ>
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/416195/

主催は、バザーリア映画を自主上映する180 人のMattoの会(東京、大阪)、東京大学大学院総合文化研究科・石原孝二研究室(東京)、大阪弁護士会(大阪)、認定NPO大阪精神医療人権センター(大阪)

障害者問題の原点 ナチス安楽死計画 (大熊一夫)
日本の身体拘束(大熊一夫)
イタリア精神病院解体の裏にある女性パワー
「むかしMattoの町があった」と金子準二精神科医
映画「むかしMattoの町があった」
[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-24 21:03 | ヨーロッパ

「日本もクロアチアも民主主義の国ではありません。男女平等なしに民主主義はありえないのです」

刺激的で無駄のない言葉がよどみなく続く。そこには、彼女の長い苦闘があった。正真正銘の闘士、いや闘女だ。

その名は、ラダ・ボリッチRada Boric。「クロアチア女性ネットワーク」で女性議員を増やす活動を続けるフェミニストだ。

8月16日、東京で、ラダ・ボリッチによる「ワークショップ:女性が指導者となるためのトレーニング」と、「講演:女性議員増を阻む差別とその克服法」の2部仕立て集会があった。以下は、数時間におよんだラダの発言を聞いた私なりの速報である。

c0166264_11343594.jpg

クロアチアは、社会主義国ユーゴスラビアから、紛争に次ぐ紛争を経て独立をした。戦後、軍が帰還し、女性は家庭で子どもやお年寄りの世話をする専業主婦であれという価値が支配的になった。主たる宗教カトリックは、それに拍車をかけた。

女性はわきへと押しやられ、女性の雇用は脅かされた。経済的自立をもぎとられた女性は、当然“脆弱な存在”となった。

こうした女性へのバックラッシュ(反動)は、女性に対する暴力の増大を引き起こした。加えて、戦争を体験した男性たちは、その暴力の様相を一変させた。たとえば、ある帰還兵は、妻を風呂場に閉じ込めて、扉の外に銃や弾丸を置いた。

女性の専業主婦化と同時に女性の雇用の場は非正規化されていく。それにともなって、職場でセクシャルハラスメントなど性暴力を受けても、首にされる恐れから被害を表に出そうとしなくなった。

旧ユーゴスラビア時代、女性たちは、周囲の国々の人たちと、それなりに友好的だった。しかし、戦争は、クロアチア人、セルビア人、コソボ人、ボスニア・ヘルチェゴビナ人など民族や宗教の違いで人々を分断。女性もそれによって分断された。

しかし、ラダたちは、戦時下において、性的虐待や強姦を受けたおびただしい数の女性たちを救うために立ち上がった。民族や宗教を超えてのミッションだった。

国粋主義的空気のなか、「非国民」のレッテルをはられるいやがらせをうけた。が、ものともせずに、女性の戦争犠牲者たちを救援するセンターを立ち上げて、支援を続けた。しかも、ただ支援するだけではなかった。サバイバーたちにリーダーになってもらうための教育訓練も同時に行った。難民キャンプから第二、第三のラダが誕生していった。8月16日の第1部には、その経験が含まれているように思われた。

現在、ラダは、「クロアチア女性学センター」の代表である。さらに、前述した「クロアチア女性ネットワーク」を組織化し、女性政策を法制度化してゆくこと、そのために女性議員を増やしていくことに力を注ぐ。

女性議員が増えることによってはじめて、わきに押しやられた女性たちの声なき声が外に出され、女性のかかえる問題が政策の優先課題になっていく。男性議員にありがちな上からの支配的パワーによる政治ではなく、包括的なパワーを持つ政治(丸い形のパワー)が、女性議員の強みである、と強調した。c0166264_1218531.jpgだから「クロアチア女性ネットワーク」のロゴは「51%」だ。クロアチア女性は人口の51%を占めるのだから、女性を議会に51%に増やそうというのだ。よく見たら、%の記号にはメスマークがついているではないか。その小さな工夫に大いなる意志がこめられていて、胸がジーンと熱くなった。

また、行政用語をできるだけ排して、アーテステックな小道具をつくることも身上だという。これをラダは、アーティヴィズムと呼んでいる(art+activism=artivism)。

c0166264_12213290.jpgEUの「ヨーロッパ女性ロビー」(注)のアドバイザーだった経験から、EUレベルの女性議員増運動と歩調をあわせつつ、メディアが好むような映像効果のあるパフォーマンスに力を入れる。

なかでもパワーポイントで見せた、妊娠中絶合法化運動は圧巻だった。鮮血とハンガー(闇中絶のシンボル)のシーツを広げて、女性たちは、女性の体を女性自身にとりもどそうと訴えた。ほかならぬ国会議事堂前でやってのけた。危険をおかしてのパフォーマンスに並々ならぬ信念があらわれている。

時間不足から、政党を民主主義にする具体策は短かかった。クロアチアは多くのヨーロッパ諸国同様に比例代表制選挙であり、候補者リストの女性候補を当選可能な上のほうに載せる党内闘争は、北欧とほぼ同じだった。ラダの口から何回か「ノルウェーでは・・・」と出て、ノルウェーファンにはうれしかった。

「死ぬまでフェミニストとして戦うしかない」というラダの心意気がつまった、ワークショップと講演だった。主催は、女政のえん&全国フェミニスト議員連盟。

【写真下のみ、市原ひろこ狛江市議提供】

【注:ラダの女性議員増運動の土台には、EUの「ヨーロッパ女性ロビーEuropean Women’s Lobby」という組織がある。これについては、『ママは大臣パパ育児ーーヨーロッパをゆさぶる男女平等の政治』(明石書店)第1章「EUは女性政策の宝庫」の第1便 民主主義の赤字をなくせ!(p12~37)を参照のこと】

Centar za žene žrtve rata
Centar za žene žrtve rata (English:Zagreb center for women war victims) 
zenska mreza.hr(Women’s Network Croatia)
Centar za ženske studije Zagreb(Center for Women's Studies, Zagreb)
one billion rising
[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-19 12:31 | ヨーロッパ

c0166264_9523690.jpg8月14日は、日本軍「慰安婦」メモリアル・デー。

記念する講演会とデモ行進が、全国各地で、あった。主催は、過去から現在に至る軍隊による性暴力を根絶するめに活動を続けてきた諸団体。

2015年12月28日の日韓政府間合意により日本軍「慰安婦」問題は「最終的・不可逆的に解決」されるーーーこんな報道が多くを占め、このままでは私たちはそれを既成事実にしてしまいそうになる。

しかし、そこに被害者である女性たちの訴えが反映されていない、としたらどうか。主催者はいう。

「私たちが知っている事実は、
1991年8月14日、韓国の「慰安婦」被害者・金学順さんが名乗り出て、
各国の被害者が続々と後に続き、被害回復を求めて四半世紀もの間
たたかってきたという事実である」

講演会やデモに行けない多くの人たちに対しても、「ともに行動してくださることを願います」と、ホームページから訴える。そのひとつは、右上のスティッカーのネットプリントだ。誰でも簡単にネットからプリントアウトして、身の回りに貼って意思を示すことができる。

韓国挺身隊問題対策協議会
「戦後70年、東アジアフォーラム‐過去・現在・未来‐」
全国行動抗議声明 被害者を欺き分断する「和解・癒し財団」に抗議する
ネットプリントできます 【8・14日本軍「慰安婦」メモリアル・デー】
第14回日本軍「慰安婦」問題解決のためのアジア連帯会議 決議および行動計画
Breaking the History of Silence (Youtubeによる「女性国際戦犯法廷」)
女性国際戦犯法廷
原告 松井やより 陳述書
[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-16 10:08 | 紛争・大災害

c0166264_14525839.jpg女子マラソンの金メダルは、ケニアのジェミマ・スムゴング(Jemima Jelagat Sumgong)だった。子持ちの31歳。

「ケニア史上初の金メダル!」と報道されている。とすると、女子マラソン世界記録保持者だったケニアのテグラ・ロルーペ(Tegla Chepkite Loroupe、1973年~)は、金メダルをとってなかったらしい。

報道によると、テグラ・ロルーペは、リオのオリンピックに参加した。

今回は、マラソン・ランナーではなく、「難民五輪選手団」の団長テグラ・ロルーペとして。

「難民五輪選手団」は、今回のオリンピックで初めて誕生した。難民代表団に選ばれた選手は10人(男6、女4)。10人のうち半数の5人、女性4人のうち半数の2人は、ケニアのナイロビ郊外にあるトレーニング・キャンプで、訓練を受けてきた難民たちだ。

難民からオリンピック選手を輩出したケニアのトレーニング・キャンプって、いったいなんだろう。

ネット情報によると、テグラ・ロルーペの率いるスポーツ学校だ。彼女は、世界のマラソンレースで優勝して獲得した自らの賞金をもとに、“テグラ・ロルーペ平和基金”を創設したのだという。

平和基金は、スポーツを通じて、紛争解決、平和構築、教育、環境、貧困の根絶、女性器切除などとくに女性の人権侵害の削減を求める活動を支援している。彼女自身、一夫多妻の家庭に生まれ、父親からは「役立たず」という名前で呼ばれていたという(New York Times)。

平和基金を象徴するロゴは、女性ランナーと平和のシンボル鳩がアレンジされている(写真)。

では、彼女の設立した平和基金から、リオ・オリンピック難民選手団として参加した一人の女性を紹介しよう。

アンジェリーナ・N・ロハリス。彼女は、6歳で親と離れ離れになった。逃亡した故郷南スーダンの「村は、すべてが破壊しつくされました」。「もっともつらかったのは空腹」だった。

アンジェリーナは、北部ケニアの難民キャンプにはいり、そこで、こどもたちの競走に参加して優勝した。彼女には意味がよくわからなかったが、競技のプロからいかに自分が速いかを伝えられて「驚いた」。リオ・オリンピックを皮切りに、世界の競技に出場し、もし賞金を得ることができたらーー後に生きていると知った「父親に家をつくってあげたい」と、いう(UNHCR)。

オリンピックは、愛国心高揚の場だ。そこに国を持たない難民たちが出たのだ。私なら、リオ・オリンピックのゴールドは、難民代表団に半数を送り込んだテグラ・ロルーペ、あなたにあげたい。

Tegla Peace Foundation
Tegla Loroupe Gives Refugee Olympians a Lesson in Hope
UNHCR 10 Refugees Compete 2016 Olympics Rio
まだ残るオリンピックの女性差別
JOC、女子ボクシング出場機会奪う
高梨選手と女子スキージャンプ
女性がマラソンをすると胸毛がはえる
[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-15 14:57 | アジア・アフリカ

c0166264_1242462.jpg


■9月10日(土)13時 東京ボランティアセンター会議室C
「7月の参議院選挙を振り返る」 講師 阪上順夫
(東京学芸大学名誉教授、『現代選挙制度論』ほか著書多数。選挙検定協会TFE代表)  

■10月22日(土)18時 東京ボランティアセンター会議室B
「選挙の制度が変われば、政治が変わる」 講師 田中久雄
「変えよう選挙制度の会」主宰、選挙市民審議会メンバー)

■11月12日(土)18時 東京ボランティアセンター会議室B
「高校生が議員になれる国ノルウェーの選挙制度」講師 三井マリ子
(女性政策研究家、『ノルウェーを変えた髭のノラ』ほか著書多数。元都議)  

■11月25日(金)18時半 日比谷図書文化館4Fスタジオ・プラス小ホール
映画『不思議なクニの憲法』  この会のみ入場料1000円(前売)

会 場: 映画を除くすべて、東京ボランティア・市民活動センター  JR飯田橋駅西口。飯田橋セントラルプラザ庁舎棟10階  地図

問合せ:選挙検定協会TFE 〒145-0065 大田区東雪谷2-28-6草野気付  TEL:090-3960-0158(阪上)  選挙検定協会ホームページ
[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-15 12:49 | その他

c0166264_234628.jpgオリンピックだ。毎日、メダルのニュースばかりだが、なかにはメダルよりも強く輝く報道がある。

BBCが報道した、ブラジルのラファエラ・シルバの記事。柔道女子57キロ級で優勝した黒人女性だ。

彼女は、リオデジャネイロのファベーラと呼ばれるスラム街で生まれた。オリンピック開催地の近くだ。映画「神の町(Cidade de Deus)」(写真)によって世界にその悪名がとどろいたらしい。そこにあるのは、麻薬と暴力。

食うか食われるかの生活のなか、親がラファエラを無料の柔道スクールに通わせたことが人生の転機となった。「バスに乗るお金がなく、柔道スクールまで歩いて通った」彼女だが、メキメキと頭角を現した。

ラファエラ・シルバは2012年のロンドンオリンピックに出場した。しかし、ルール違反をしたため撤退せざるをえなかった。その後、彼女には悪辣な嫌がらせが投げつけられた。

「猿の居場所は檻の中だ。オリンピックではない」

屈辱、侮蔑。このメールに彼女は完全に落ち込んだ。引退まで考えたと書かれている。

ブラジルは、先住民、ポルトガル人の子孫、アフリカ奴隷の子孫、ヨーロッパやアジアからの移民・・・と、人種のるつぼである。その中で、神の町に住むのは有色人種ばかり。貧困と差別から生涯抜け出せない人が多いのだ。

ブラジルのWeb新聞によると、8月8日、近所の人たちや親せきが、彼女の通った柔道スクールに集まって、テレビで試合を観戦していた。スクールのトレーナーは、「ここに住んでいる子どもたちに、どれだけ力と勇気を与えることか」と叫んだ、と報道されている。

ラファエラ・シルバは、神の町(Cidade de Deus)を、「女神の町(Cidade de Deusa)」にした。

Rio 2016: Brazil's first gold from the City of God favela
From Rio’s Slums, a Judo Champion Is Mining Olympic Gold
Cidade de Deus reclama de juiz e comemora ouro de cria Rafaela Silva
[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-11 23:56 | 中南米

大学のクオータ制

c0166264_101651.jpg
▲女性が多いオスロ大学。大学前で電車を待つオスロ大学の学生たち

ノルウェーからの報道によると、大学のクオータ制導入が再びニュースになっているようだ。

ベルゲン大学は、心理学部の男子入学にクオータ制をとりいれると決めた。2016年、同大学心理学部を専攻した学生の84%もが女性であるからだ。

ベルゲン大学の教育学部副学部長で、健康心理学専門のオッドルン・サンダール教授は、「働く場では、男性心理学者や博士も、女性の心理学者や博士も、どちらもいることが大切なのです」と、メディアに語っている。

同様にオスロ大学も男性のクオータ制導入を決めた。教育省(日本の文科省)は、大学からの、この提案を回覧してコメントを求めている最中だ。

当局は、心理学部を希望する男性が加点をもらえる方式にするか、同じ成績の女子学生よりも、男子学生を優先的に入学させる方式にするか、どちらかを選択することになる。その締め切りは9月2日。クリスマスまでに決定される、という。

4年前にも同じテーマのニュースがあった。当時、ノルウェーのオスロ大学副学長インガ・ボスタInga Bostadは、男子学生への加算―--ジェンダーポイントKjønnspoeng―-を認めないと決定した。オスロ大学では女子学生が男子より多い学部ーー心理、医学、歯学ーーなどで議論されていて、男子が20%しかいなかった心理学部は、加算点採用を決定し、それをオスロ大学本部に提案していた。その心理学部の決定を、大学としては反対したのだった。

今回は、4年前とは異なって、心理学部のクオータ制を認めた大学本部側が、教育省に申請した。

いかなる分野であっても、できるだけ一方の性に偏らないようにすべきだ、というノルウェーの強い意志が見える。

Bergen vil kvotere inn menn til psykologistudiet
オスロ大学、男子への加算点認めず
●連載● クオータ制は平等社会への一里塚 第5回「クオータ制が生んだ名物教授」 
[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-08 10:36 | ノルウェー

夏のマダン(마당)

c0166264_11581666.jpg

ノルウェーで、移民の娘が当選したことがわかった。その人たちはノルウェーの国籍をとってるのでは」

「日本では、最高裁が地方参政権を否定してきた。どうしたらいいか」

「ノルウェーでは、本当に外国人が地方参政権を持っているのか」

「私たちは、むしろ市民権をはく奪されている。それなのに“特権”があるなどと誹謗中傷される。都知事選のときはひどかった。差別や憎悪をあおるのはヘイトスピーチ法違反ではないかと訴えても、警察は何もしない。“選挙妨害となる”と言うのだ。選挙を楯にヘイトスピーチが野放しだ」

日本に定住する韓国の人たちは、こんな声をあげた。8月6日、在日本大韓民国民団埼玉本部主催「講和:移民が大臣になる北欧の多文化共生社会」でのこと。

国際人権規約は、はっきりと「すべての市民」は地方選挙権を持つとうたっている。日本の最高裁は、地方参政権を認めるべきだ、とまでは言わなかった。しかし、判決にはこうある。

「日本国憲法は、居住する地方公共団体と、緊密な関係を持つ定住外国人に対し地方参政権を付与することを禁止してはいない」。

日本で、定住外国人たちは、地方参政権を求めて何十年も前から運動してきた。しかし、いまだに日本は、外国人の地方参政権を認めていない。それどころか、このところ、排外思想が日本列島を覆っていて、当たり前のことを当たり前に言うことすらできなくなった。

私が長い間調査取材をしてきた北欧諸国では、外国人でも3年間住んでいたら、その地方の参政権を持つ。たとえば、私がオスロに引っ越して3年たったら、私はオスロ市議会(東京都庁にあたる)議員に立候補できるのだ。

へき地と言っていいノルウェーの小さな町でも、小中学校には、ボスニアやアフガニスタンからの移民(難民)の子どもがいた。スーパーには、スカーフ(ヒジャブ)やターバンを身につけた人たちを見かけた。どの地方にも移民や難民の受け入れ枠があり、それに対応しているのだった。

埼玉民団では、講和に続いて、韓国の歌や踊りが披露され、「マダン」も佳境に。

c0166264_125314.jpg

チマチョゴリ(치마저고리)を身につけた女性たちが表れた。チマは、スカートのことで、チョゴリは上衣。オッコルンという美しい紐(ひも)で、胸のあたりを結んでいる。よく見ると色もデザインもさまざまだ。

楽器は、日本の琴に似たカヤグム(가야금)。サイズは琴より小さめ。琴よりも深い音のようだ。マダンは마당。庭、広場という意味だという。

本の街のチェッコリ
日弁連「永住外国人の地方参政権付与に関する意見書」
韓国総選挙 女性15.7%に

[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-07 12:27 | アジア・アフリカ