ハルらんらん♪

c0166264_72048.jpg


「すばらしい! 全国の中高生に見せたい」
「女性参政権の歴史がわかった」
「和崎ハルのたくましさに感動した」
「わかりにくい秋田弁もあったけど楽しかった」
「当時のように日本中に支部をつくって女性議員を増やさなくては」
「字も読めない書けない人がいた時代の運動はどれだけ大変だったか」
「口減らしのため売られた農家の少女たち。まだ残る貧しい国の人身売買に通じる」

ミュージカル「ハルらんらン♪ 和崎ハルでございます」を観たひとたちは口ぐちに言った。

遠くは京都、名古屋、函館、東京……近くは秋田、横手から20人が、7月28日、あきた芸術村のわらび劇場にかけつけた。「女性参政権行使70周年」を記念しての観劇・温泉ツアーだ。

c0166264_11304856.jpg70年前、戦後直後の1946年4月、日本全国で女性79人が衆院選に立候補して、39人もが当選した。

秋田では、女性解放運動家であり美容師・和崎ハル(無所属)が、41人中トップで選ばれた。文献によると、和崎ハルは、1885年、秋田市生まれ。結婚して秋田を離れるも、夫の死後、5人の子どもと姑を連れて、秋田に戻った。

ハルは美容院を開いて、生きて行く。髪ゆいや美顔マッサージをしながら、性を売ることを余儀なくされている女性たちの相談に乗るようになる。その体験から公娼廃止運動へ。

当時、東京の廃娼運動(公娼廃止運動のこと)の幹部たち(注)は、世界の動きに呼応して女性参政権を求めて活動していた。

秋田の和崎も、同志たちと「廃娼運動」に加え、「婦選運動」(女性の参政権運動のこと)に身を投じる。婦選獲得同盟秋田支部支部長となり、1932年、「東北婦選大会」を秋田市で開催。700人が集まった。市川房枝や山高しげりも招かれた。

1937年、息子のいる大阪に移った後、戦況が激しくなり、1944年、秋田県横手に戻った。そして敗戦。ポツダム宣言で、日本女性は、参政権を付与される。

和崎ハルは、1946年、戦後初の総選挙に、横手から立候補。その冬はまれにみる豪雪だったため、雪の残るなかの選挙運動だったらしい。14年前に「東北婦選大会」を成功に導いた和崎ハルを当選させようと、市川房枝は、寝食をともにしながら選挙運動を支えたという。

和崎ハルを含む女性代議士の居並ぶ第90回帝国議会。そこに上程されたのが「新憲法案」(11月3日公布)だった。

【写真上:ミュージカル観劇後、あきた芸術村わらび座劇場前で「女性の連帯!」とこぶしをあげる。舞台姿の登場人物もいっしょ。加島康博提供。写真中:「女性参政権行使70周年記念ツアー」を迎えるホテルの看板。加島康博撮影。写真下:市川房枝直筆の「和崎ハル」を顕彰する碑。秋田市金照寺山。亀田純子撮影】

c0166264_1142111.jpg和崎ハル:廃娼運動と婦選運動
女性参政権運動と秋田
参院選2016年と女性(2):女性参政権行使70周年
参院選2016年と女性
ノルウェー女性参政権100年から考える
和崎ハル_1 武塙三山
和崎ハル_2 武塙三山
和崎ハル_3 武塙三山
和崎ハル_4 武塙三山
和崎ハル_5 武塙三山
普通のおばちゃんの三井裁判傍聴記_佐々木厚子
女性と選挙
2014衆院選 比例制に変えるしかない
参院選で女性躍進ならず

【注:1886年 世界キリスト教婦人矯風会の日本版として東京婦人矯風会発会(初代会頭矢島楫子)。1893年 日本婦人矯風会と改称(会頭矢島楫子)。1916年 公娼廃止を優先課題に。1917年 公娼廃止運動の挫折から婦人参政権運動を宣言。1920年 世界婦人参政権協会に出席(久布白落実)。1921年 全国常置員会にて日本婦人参政権協会設立。1930年 第1回全日本婦選大会。--出典「日本キリスト教婦人矯風会年表」】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-30 07:28 | 秋田

c0166264_11234421.jpg

私は日本会議系の政治家を恐れる。

彼・彼女らは、改憲、元号法制化、国民の国防義務化、夫婦別姓反対などバックラッシュ(反動)の先兵である。「優勢」と報道される都知事候補小池ゆり子さんは、その日本会議につらなる政治家だ。

日本会議は、とりわけ男女平等が嫌いである。夫婦同姓を強制する現民法を改正して夫婦別姓を選択できるようにしようという動きに対しては、「夫婦別姓は家庭を崩壊する」という。これが本当なら、西欧諸国はとっくに消滅しているはずだ。こんなデマゴーグに252万もの署名を集めたというから、この国はどうなってしまったのだろうか、と改めて思う。

地方議会の日本会議系議員たちは、「議会質問」という名で行政に圧力をかけ、職員たちを震えあがらせる。この手口で、男女共同参画推進条例が骨抜きにされた自治体がいくつかある。

この系列の政治家の国会での集合体が「日本会議国会議員懇談会」で、副会長が小池さんだ。『日本会議・日本会議国会議員懇談会設立十周年記念大会』では、「誇りある国づくりのため、皆様の叡智を結集していただけますよう祈念しています。貴会議の今後益々のご発展と、ご参集の皆様の尚一層のご健勝をお祈り申し上げます」と挨拶している。

国連は、こうした日本のバックラッシュを懸念して、日本政府に対する「所見」でこう指摘している。

「委員会は、締約国において男女間の不平等が根強く存在しているにもかかわらず、女性の人権の認識と促進に対する『バックラッシュ』が報告されていることに、懸念を有する。」(2009年8月、国連女性差別撤廃委員会CEDAWの総括的所見 第29項)

都知事候補のなかで、男女平等政策や人権政策に強い関心を寄せているのは、私の見るところ鳥越俊太郎さんである。彼は、「社会的に不利な立場の人々」のために働いてくれそうな気がする。

2016年7月25日 三井マリ子(元東京都議会議員)


山谷えり子国家公安委員長と在特会幹部増木重夫の関係
安倍改造内閣の女性たち
男女平等を嫌う反動勢力の実像~日本にはびこるバックラッシュ現象~
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-26 11:26 | その他

鳥越都知事候補を応援して、男女平等の東京をつくろうーーこんな女性勝手連ができた。フェイスブックをクリックして、「いいね」しよう! 鳥越候補にとどける声をあげよう!

東京から男女平等を実現する女性勝手連(フェイスブック)

c0166264_2174345.jpg


都知事候補鳥越さんへ(女性地方議員らからの緊急提言)
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-22 21:20 | その他

都知事候補鳥越さんへ

c0166264_17491159.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-19 17:51 | その他

c0166264_2045123.jpg今年は、日本女性に参政権が与えられてから70年になります。

その女性参政権獲得をめざして、戦前、市川房枝さんたちとともに「婦人解放運動」をしていた女性が、秋田の和崎ハルさんです(今は「女性」を使いますが、当時は「婦人」でしたので、婦人を使います)。

図書館で『政治と台所』(グレゴリー・M・フルーグフェルダー著)と、『ふるさとの先人たち』(豊田哲治著)を読みました。

和崎ハルさんは「婦人の参政によって、必ず平和日本となる事は信じて疑いはない」と言っていたそうです。だからこそ、女性の政治意識を高めることが大事だと考えて、県内の組織作りに着手しました。次の総選挙にも予想されるだろう「初の女性参政権行使」に向けて、毎日、秋田県内の女性団体を精力的に歩いて回り、多い時は一日4回も演説したそうです。

また、婦人解放運動の傍ら、地方新聞の女性相談欄を担当し、女性のかかえているありとあらゆる相談に懇切丁寧に回答して、女性の側に立って明快なアドバイスをしたことから、とても好評を博したと、『ふるさとの先人たち』に、書かれています。

時代を少し前に戻しますが、和崎ハルさんは、結婚後、二男三女の子供に恵まれたものの、1921年(大正10年)に夫を亡くします。子ども5人と年老いた姑の家族6人を、女手ひとつで養っていかなければならなくなったハルさんは、縁者を頼って故郷秋田に戻ってきます。36歳でした。そして、秋田初の美容師となります。

それだけでも大変なのに、和崎さんは、1922年、「日本基督教婦人嬌風会」の秋田支部を友人たちと設立し、廃娼運動と身売りをした女性たちの支援運動に加わります。

c0166264_21174477.jpgその後、1930年、「婦選獲得同盟」の秋田支部長となります。婦選獲得同盟は、市川房枝さんらが設立した、女性参政権を求める婦人解放運動団体です。2年後の1932年、秋田市で、「東北婦選大会」を開催します。

戦後、女性参政権が与えられ、1946年(昭和21年)、衆議院議員選に和崎ハルさんは立候補して、最高点で当選します。2位を約3万票も引き離す圧倒的な勝利だったそうです。こうして和崎さんは、日本初の女性代議士のひとりとなったのです。

国会議員になった和崎ハルさんは、戦後の物資不足のなか、とりわけ農村女性の窮乏に関心を寄せていたそうです。占領軍当局に対して、「頬かぶりや腰巻き用の生地を農村女性に配給してほしい」と要求した事から、「腰巻議員」とあだ名をつけられたそうです(『政治と台所』)。

ハルさんの三女(菅原和子さん)の証言によると、「母は、底抜けに明るく、物ごとにこだわらない人で、父は、私が6歳の時死亡したが、家庭内はいつも陽気で楽しく、母子家庭の暗さはなかった。母は生活費をそっくり祖母に渡していた。だから私たちは祖母からお小遣いをもらっていた」(『ふるさとの先人たち』)

また、ハルさんは、「明日ありと思う心のあだ桜、夜半に嵐の吹かぬものかは」という歌が好きで、なんでもその日のうちにやってしまう主義だったそうです(『ふるさとの先人たち』)。

ハルさんは、市川房枝さんに加え、もう一人の婦人解放運動家の平塚らいてうを尊敬していたそうです(『ふるさとの先人たち』)。平塚らいてうは、「元始、女性は太陽であった」の言葉とともに、永く人々の記憶に残る事となったのは、みなさまもご存じのとおりです。

亀田 純子(秋田市、さみどりの会*)

【写真上:「婦人解放運動発祥の地」と書かれた石碑。廃娼運動団体である、日本基督教婦人嬌風会秋田支部(早川かい初代支部長)が中心になって、1933年、「秋田婦人ホーム」が創設された。身売りした女性たちの駆け込み寺となった。和崎ハルも支援メンバー。石碑はその「秋田婦人ホーム」を顕彰するため、当時の住所である秋田市楢山地区に建てられた。亀田純子撮影。写真下:市川房枝、山高しげりを迎えて開催された「東北婦選大会」。三井所蔵】

女性参政権運動と秋田
参院選2016年と女性(2):女性参政権行使70周年
ノルウェー女性参政権100年から考える
公益財団法人市川房枝記念会女性と政治センター
ミュージカル「ハルらんらん♪和崎ハルでございます」

c0166264_15134969.jpg
(*)2012年暮れ、2カ月にわたる立候補要請を受けて、三井マリ子さんは秋田移住して衆院選に出た。落選後、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。選挙・裁判をきっかけにできた、女性と選挙・政治を考えるサイトさみどりの会ホームページには裁判情報が掲載されている。なお、同裁判は2015年11月和解で終わった
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-18 21:36 | 秋田

「世界で最も豊かな6カ国―アメリカ、中国、日本、ドイツ、フランス、イギリス―は、
世界経済の6割を占める。
しかし、これらの国々は、世界の難民のわずか9%しか受け入れていない。
それに対して、難民の大半を受け入れているのは貧しい国々だ。
豊かな国は、暴力や紛争に見舞われて国を逃れざるをえない人たちに、もっと
手をさしのべることができるはずである、いや、手をさしのべきである」(Oxfam)

c0166264_1457285.jpg


7月18日、世界に記者発表されたオックスファムOxfamの報告書前文だ。オックスファムとは、世界90カ国以上で活動する国際協力団体。

6カ国の受け入れ難民数は、アメリカ559370、中国301729、 日本16305、ドイツ736740、英国168937、フランス336183、合計211万9264人。

恥ずかしい経済大国6カ国中、もっとも恥ずかしい国はわが日本。わずか1万6305人である(↑)。

何が「おもてなしの国ニッポン」だ。私たちの働いて納めた税金はいったい何に使われているのか。政党交付金(まるまる税金)は、20年間で、6千300億円超---高級料亭、SMバー、キャバクラだのに使った政治家がたくさんいたなぁ。ついつい、こう言いたい衝動にかられてしまう。

難民のほとんどは、女子どもである。国際協調のうえからも、人道支援のうえからも、紛争解決のうえからも、この国の政治が絶望的であることを示している。

c0166264_156617.jpg


Oxfamによると、貧困にあえぐ国々の難民受け入れ数は、南ア1217708、レバノン1535662、パキスタン1567604、パレスチナ占領区2051096、トルコ2753760、ヨルダン2806414、合計1193万2244人(↑)。

パレスチナ占領区だけで、世界の経済大国6か国すべての受け入れ数よりはるかに多い。どう考えてもおかしい。

A poor welcome from the world wealthy_pdf(Oxfam Media Briefing)

【図は、Oxfam報告書にもとづいてFEM-NEWS作成】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-18 15:47 | 紛争・大災害

c0166264_18421527.jpgテレーザ・メイがイギリス保守党党首となり、首相に就任した。イギリス史上2番目の女性の首相だ。1番目のサッチャーとは違って、リベラル派のようだ。

党首選や、党首就任での彼女の演説には、保守党とは思えないような表現がいくつかあった。ほんの少し和訳して紹介する。

「もしも、あなたが、貧困家庭に生まれたら、そうでない人たちより9歳若く死亡し、
もしも、あなたが、黒人なら、白人よりも、きつい刑事司法手続きに苦しめられ、
もしも、あなたが、白人男性なら、誰よりも大学に進学する可能性は高く、
もしも、あなたが、公立校卒なら、私立校卒よりも高いポストにつくことは少なく、
もしも、あなたが、女に生まれたら、男より賃金が低く抑えられ、
もしも、あなたが、精神病なら、十分な手助けは得られず、
もしも、あなたが、若者なら、自分の家を持つことは、かつてなく困難です」

「社会は、すべての人たちのためにあります。私たちは、人々を再びとりもどさなくてはいけません。金持ちと貧しい人、北部の人と南部の人、都会の人田舎の人、若い人と年老いた人、男性と女性、黒人と白人、病気の人と健康な人、公務員と民間会社人、技能のある人とない人」

「保守党はすべての人たちのためにあります。我々、保守党員は、すべての人のために働く政党の党員であってはじめて、すべての人たちのための社会をつくりあげることができるのです」

過去の報道を読むと、かねてから、彼女は、同一価値労働同一賃金の推進し、同性婚を認め、DVへの警察対応の強化をせよ、などと公言してきた。男女平等大臣としても活躍した。

選択的夫婦別姓さえ目の敵にし、憲法24条を骨抜きにする勢いの、日本の、自民党女性大臣・女性国会議員とは、ずいぶん違う。

ちなみに、テレーザ・メイは、20代のとき、ディスコで出会ったフィリップ・メイ(夫)の家が靴の卸売業だったことから靴に関心を持ち、以来、靴にこっているという。どうでもいいことだけど・・・。

This is what Theresa May said about the kind of Prime Minister she'll be – and what she really meant
Theresa May’s economic medicine
Britain’s Theresa May says to narrow pay gap if appointed PM
Can Theresa May get the wheels of British business turning again?
イギリス次期首相への侮蔑発言
イギリス、同一価値労働同一賃金へ
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-17 18:44 | ヨーロッパ

女性参政権運動と秋田

市川房枝、山高しげり、和崎ハルが写っている「東北婦選大会」の写真を、先日、紹介した(参院選2016年と女性(2):女性参政権70年)。再掲する。

c0166264_039099.jpg
▲東北婦選大会、1932年4月23日、秋田市の秋田県記念会館にて。婦選獲得同盟秋田支部(支部長和崎ハル)主催。市川房枝(前列中央)、山高しげり(前列左から3人目)、和崎ハル(2列目右から5人目。市川の右後)。秋田県横手市在住の本郷郁さんより1996年ごろ贈呈された写真

写真を見た秋田市の友人から、こんなメールがきた。

「この建物は、秋田県記念会館です。『政治と台所』という本に載っていました。その本によると、1932年(昭和7年)4月23日に東北婦選大会が、その秋田県記念会館で開かれたそうです。これは、初めて具体案が出された1931年12月の段階では、東北、北海道、北陸といった北日本の同志を集めるものとして計画されていたが、結局は、東北婦選大会として実行されたそうです。代表者7名のほか、参加者100名以上すべて秋田県下の女性であったと記されています。秋田県記念会館は、今の県民会館のところにあったそうです」

そこで、ネットで秋田県記念会館を検索したら、上の写真のコピーが載っていた。そこには「記念館での東北婦人参政権大会(昭和6年)。前から2列目、右から5人目が和崎ハル、最前列右から5人目市川房枝、2人置いて山高しげり」と。昭和6年は1931年だが、他の文献からも1932年が正しいようだ。

1932年、秋田市の秋田県記念会館で、「婦人参政権獲得期成同盟会」(1924年結成)の市川房枝と山高しげりを東京から招いて、女性参政権を求める集会が行われた。

秋田の和崎ハルは、当時50代。夫の死後、美容師として働きながら5人の子どもを育てあげ、廃娼運動や婦選運動にまい進していた。婦選獲得同盟秋田支部長にも就任している。そのバイタリティー!

和崎ハルは、この「東北婦選大会」を成功させるため、どれだけ準備に奔走したことだろう。「文化の殿堂」と言われていた風格あふれる秋田県記念会館を会場に選んだことからも、並々ならぬやる気が伝わってくる。

男性には、7年前である1925年に、すでに普通選挙権が与えられていた。「なぜ男にだけ?」と、秋田の女性たちも、和崎といいっしょに怒ったに違いない。

「東北婦選大会」に集った市川房枝や山高しげり、そして和崎ハルらの運動が実って、日本女性が参政権を手にしたのは、大会から13年後、ポツダム宣言によってである。c0166264_0414847.jpg和崎ハルが、その初の選挙で、衆議院議員に立候補し当選するなどと、本人はもちろん、誰が予想しただろう。

さて、「和崎ハル」を舞台化したミュージカルが好評だそうだ。題して「ハルらんらん♪ 和崎ハルでございます」。あきた芸術村のわらび座が、女性参政権行使70年となる2016年を記念してとりくんだ。

友人たちをさそって秋田まで見に行こう、とプランを練っている。

ノルウェー女性参政権100年から考える
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-17 01:13 | 秋田

泣き寝入りはやめよう

c0166264_17445118.jpg

女性は、口をふさいでいたバンドエイドを剥がそうとしている。

強盗が使うのはガムテープだが、これは自らが貼るバンドエイドだ。

バンドエイドを剥がすことで、伝えようとしているメッセージは、「家庭内暴力 泣き寝入りはやめよう」。

夫や恋人から殴られたり髪を引っ張られたりした女性たちの多くは、沈黙する。だから悲劇は顕在化しにくい。女性への暴力DVを根絶するための一歩は、沈黙することをやめて、声をあげること。これが簡単でないのは、被害にあった女性なら誰でもわかる。それでも、沈黙を破るしかない・・・。

ルクセンブルグの作品。ポスターについてもっと知りたい方は、「叫ぶ芸術 ポスターに見る世界の女たち:ルクセンブルグ」を。「 I 女のしんぶん」Web版。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-16 17:56 | ヨーロッパ

c0166264_10381458.jpg「参院選 東北 自民圧勝に異議」。友人が送ってくれた 河北新報オンラインニュースの見出しだ。

東北6県中、青森、岩手、宮城、福島、山形の5県で、野党統一候補に勝利マークがついている。ただひとつ、秋田だけは自民が勝利した。

日本全国の「自公勢力圧勝」にあってことさら目立つ傾向だった。同じ東北のなかで、秋田の候補だけが野党共闘でないのなら、わかるが、秋田の候補も他の5県と同じ野党統一候補である。にも関わらず、落選した。

なぜこんな結果になったのか。メディアが触れていない重要なことを指摘したい。東北6県の唯一の例外となった秋田の野党統一候補は、民進党の松浦大悟さんである。松浦大悟さんは、「三井候補秋田追放事件の真相を究明する裁判」の被告だった。原告は三井マリ子さん。

この裁判は、松浦議員から2カ月にわたる立候補勧誘を受けて秋田に移住して2012年衆院選に出た三井さんが、彼の秘書らに不明朗な会計処理をされて心身ともに損害を受けた、と提訴したものだ。

裁判は、松浦さん側が“不適切な言動”をしたことを認めて、三井さんにお詫びの意を示したため、昨年、和解で終わった

選挙から裁判まで、3年間、秋田に通って実際に見つめてきた私は、秋田の敗北の原因は、この裁判を無視しては語れないと思っている。

具体的には、提訴してから和解で終わるまで、「三井裁判」をほぼ全紙が、キチンと報道してきた。節目の時には、写真や図表入りの大きな記事が踊り、NHKを始め民放テレビニュースも放映した。

手前味噌になるが、「三井候補秋田追放事件の真相を究明する裁判を支援する会」は、秋田市の官庁街、秋田駅前などで、関係チラシを配布してきた。さらに支援する会ホームページでは、裁判の情報や三井さんを支援する人たちの声をアップしてきた。こうした積み重ねが、じわりじわりと秋田県民に伝わっていったのではないか、と私は考える。

松浦さんの秘書は、三井選挙における怪しい行為で、検察に書類送検された。さらに松浦さんと親しい民主党秋田の幹部は、書類送検されて、ポスター張り労賃を横領着服したことを認めた。起訴猶予とはなったが、こうした「不正」に目をつむっては、民主主義は決して実現できない。

このような不真面目な選挙を仕切った選対の最高責任者は松浦さんであった。松浦さんや彼の秘書たちは、男性候補者には決してできなかったであろう“不適切な言動”を三井さんに繰り返した。その意味で一連の“不適切な言動”には「女性蔑視」があったと私は確信する。

参院選で、民進党は、この候補者のために、政党交付金をふんだんに使って、大物と言われる党幹部をとっかえひっかえ秋田入りさせた。しかし、落選した。前にも書いたが、民進党は、目の前につきつけられた「不正」や「女性蔑視」という深刻な事態に対して、真正面から、きちんと対処すべきだった、と私は思う。それは公党としての最低限の責務である。

何事もなかったかのようにふるまった民進党の行為は、原告を侮辱したにとどまらず、秋田県民を侮辱したのではないだろうか。それが、「秋田を除く東北は野党共闘圧勝」という結果につながった。

岡田ふさ子さみどりの会事務局)

c0166264_11215630.jpg
  ▲裁判報告会にて、近江直人弁護士(三井代理人)の解説を聞く記者や市民(秋田市内)

[松浦氏再び落選]共闘に保守層敬遠も 無党派への浸透不十分(秋田魁 2016年7月13日 )
<参院選>東北は野党共闘圧倒(河北新報 2016年07月11日)
<参院選秋田>石井氏 24市町村を制す(河北新報 2016年07月12日)
戦いを振り返って/下 野党 共闘やっと「足し算」 試行錯誤、風起きず /秋田(毎日 2016年07月12日)
c0166264_15134969.jpg(*)2012年暮れ、2カ月にわたる立候補要請を受けて、三井マリ子さんは秋田移住して衆院選に出た。落選後、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。選挙・裁判をきっかけにできた、女性と選挙・政治を考えるサイトさみどりの会ホームページには裁判情報が掲載されている。なお、同裁判は2015年11月和解で終わった
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-14 23:35 | 秋田