c0166264_19467.jpg「ノルウェーの刑務所の質は、アメリカで知っている刑務所のかたちとはあまりに異なります。ハルデン刑務所は本当に刑務所なのかと疑ってもいいほどです。もちろんそこは刑務所。しかし、何かそれ以上のもの、罪を犯すこと、罪を許すことについての国家の哲学を形にしたもの・・・」

ジェシカ・ベンコ記者がニューヨーク・タイムズに書いた英文の始めの部分だ。私なりの和訳だが、アメリカとノルウェーの刑務所の違いを端的に表わしているいい英語表現だ。

ジェシカ・ベンコ記者は、世界で最も再犯率が低いと言われている国ノルウェーの刑務所を訪れた。

自然に溶け込んだ静かな環境にあるノルウェーの刑務所に入る前から、彼女の驚きは始まるーー「鉄条網も、電気ショック柵も、スナイパ―で警備する監視塔もない」と。

刑務所内にはいって、彼女の驚きは増す。

受刑者の部屋の充実ぶり、刑務所員と受刑者とが一緒にスポーツやレクレーションを楽しむ姿、訪問して来る家族と滞在できる特別な部屋の台所に並ぶ大中小さまざまなナイフやはさみ・・・。料理教室で訓練をしていた受刑者が、自分の作ったチョコレートムースをワイングラスにきれいに盛り付けててごちそうしてくれたたこと・・・。

彼女のルポは続く。

アメリカでは刑務所に収監される人が激増している。10万人につき1975年は100人だったが、2005年には700人となった。アメリカ人は世界の全人口の4.6%しかいないが、世界の収監者の22%はアメリカの刑務所にはいっている。

アメリカの再犯率は68%だという。一方、ノルウェーは20%で、スカンジナビア諸国中、最も低い。

彼女は、ノルウェーの刑務所のあり方を通じて、厳罰主義のアメリカに警鐘を鳴らしているのだ。

ところが、先日、ノルウェーの市民オンブズマンが、ノルウェー国内の刑務所を抜き打ち検査して、その非人間的待遇を公表したという報道があった。こうした並々ならぬ厳しいチェックがあっての、優れた環境なのかもしれない。

The Radical Humaneness of Norway’s Halden Prison The goal of the Norwegian penal system is to get inmates out of it
Ombud Assails Norways Jails/
再犯率の最も少ない国の刑務所 追記
Norske fengsler skremmer ikke utenlandske kriminelle(動画:ホテルのシングルルームのような快適さが映し出される)
Norske fengsler skremmer ikke utenlandske kriminelle
ノルウェーの難民・移民政策
最も再犯率の少ない国ノルウェーで今
禁固21年判決とノルウェーの犯罪制度
再犯率の最も少ない国の刑務所
未来への提言「世界一囚人の少ない国からの報告」

【写真:HALDEN ­FENGSELの公式ホームページ/より】
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-29 18:58 | ノルウェー

なんて素敵なパパたち!

北欧から、480日間のパパ・クオータをとっている男性とその子どもたちの写真が届いた。題して「1年半の育児休暇をとっているパパたちの様子」 

こちら⇒This Is What It Looks Like When Men Are Allowed To Take 480 Days Of Paternity Leave

撮影者は、写真家 Johan Bävman。男性に育児休暇を奨励している世界の国々での子育てパパをドキュメントしているらしい。

子どもたちへの授乳、おしっこ、入浴、遊び・・・に苦闘して、苦笑して、安堵するパパたち。その真剣な顔、顔、顔が、なんともほほえましい。そしてとってもクール! 


ちなみに下は、私がノルウェー滞在中に撮影したパパ・クオータ中のパパと子どもたち。

c0166264_1212872.jpg
 ▲結婚パーティに参加中。産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしてそっとトイレに移動しておむつを変えるパパ

c0166264_1213017.jpg
 ▲朝食時。イチゴを1個ずつ口の中でグチャグチャにほぐしてから子どもの口に入れてあげるパパ

父の日に
女性が働きやすい国、日本はブービー賞
ノルウェー、父親の育休14週間に
パパにもっと時間ができた!
ほらね、パパ・クオータはうまくいった!
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-28 20:10 | 北欧

フランスの全ての県議会は、「男女ペア候補制選挙」によって、男女半々議会となる。世界で初めてだろう。

その詳しい資料が、糠塚康江東北大学教授から届いた。服部有希著「フランスの県議会議員選挙制度改正」(pdf)だ。

糠塚教授の著書『パリテの論理 ― 男女共同参画の技法』(信山社、2005)を読んだことがある。この著書で、フランスのパリテにまつわる論争のレベルの高さを知った。

今、フランスで行われている男女ペア制選挙は、大胆に選挙区割を変えてしまった点がすごい、と糠塚教授は評価する。パリテを適用しにくい県議会を、選挙区を半減して当選者を男女1人ずつ2人方式にすることで達成しようとしているのだ。

c0166264_18451119.jpg


フランスは、一方で、国会におけるパリテ実現には政党交付金(政党助成金ともいう)を活用している。政党がちゃんと女性候補を擁立しなければ、政党への政党交付金は減額される。

フランスの政党交付金は、100億円以下と、日本の300億円に比較して3分の1程度だ。その政党交付金が男女不平等なら減額され、しかも、年々減額率が厳しく改正されているという。

糠塚教授によると、2014年8月の“女男平等法”によって、政党交付金の得票部分の減額率は、なんと150%になったそうだ。女性候補者の割合が全体の25%だとすると、男性候補者率との開きは50%になる。よって、減額率は、50%×1.5=75%。75%も減額されるとしたら、政党は女性候補を嫌でも増やさざるをえなくなるだろう。

日本の政党交付金は、政党交付金なのだから、一応、政党の支部にはいる。しかし政党支部の支部長(=国会議員候補)は、それを自分の個人口座に寄付するという手で、闇の中にできるらしい。

やれワインだ、うちわだ、カレンダーだ、キャバクラだと、無残な使い方をしている議員も数多く報じられた。

さらに、使い残した政党交付金は、国庫返金が原則にもかかわらず、「基金」口座を新設してそこに預ける裏技があるらしく、貯め込む候補者(議員)も多い。血税の私物化もいいとこだ。

せめてフランス並みに、女性候補の少ない政党には減額できないものか。減額分を、女性ゼロ議会解消にあてるとか・・・。

【写真:フランスの国旗は青(自由)、白(平等)、赤(博愛)だ。真ん中の白「平等」は他に比べて比率が小さい。その小さな枠からフランス女性がこちらを見ている。今、フランス女性は見ているだけでなく、そこを少しずつこじあけて真の意味で平等にしようとしている。1994年のフランスポスターから】

男女ペア候補がつくるフランスの男女平等議会
政治は男のものではない
憲法違反の政党助成金 世界一高い日本
泥棒に追い銭、政党助成金の即時撤廃
フランス、新しい男女平等法へ
仏、「歴史上の偉人に女性を増やせ」
フランス、性差別賃金会社に罰金刑
フランス「パリテ内閣」、「女性の権利省」誕生
21世紀のフランス革命
8月29日(日) 進めよう! クオータ制   
フランス議会は男女半々(パリテ)へ
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-27 19:18 | ヨーロッパ

統一地方選挙がもうじきだ。

女性議員がいかに少ないかを主要メディアも報道するようになった。毎日新聞によると、女性議員が全体の3割を超えている自治体議会はわずか3%。5分の1がまだ女性ゼロ議会だ。

さて、所変わってフランス。

今、地方選挙の真っ最中のフランスでは、世界で類を見ない新しい方式で行われている。当落結果はまだにもかかわらず、どの議会も男女半々議会になることが決まっているのだ(パリとリヨンを除く)。

投票日は3月22日、29日。小選挙区の2回投票制で行われる。現在、女性議員は平均17.8%とさほど多くない。選挙制度は女性が当選しにくい小選挙区制である。うーん、それが、なぜ一気に女性議員が50%に増えるのか。

そのわけは、昨年、選挙制度が改正されて、男1と女1のペア(フランス語でbinômes ビノム)で立候補しなければならなくなったからだ。

ダンスを踊るときのように、男性は一緒にペアを組む女性を探してはじめて選挙に立候補できる。フランスからの報道写真によると、選挙運動も2人のペアでやっていた。そして各選挙区から最高得票をとった「男女ペア候補」が1組だけ当選する。つまり、すべての選挙区で、当選者は、男女1人ずつとなる。

ペア候補制度の誕生によって、選挙区は4055から2074に半減された。

男女半々の政治をフランスではパリテと呼ぶ。パリテは民主主義の要請だ。そうなるように実行した、鮮やかなフランス式手法。脱帽、いや、ブラボー!

c0166264_9491553.jpg
▲男女ペア候補に投票する「新選挙法」を知らせるフランス政府イラスト

Nouvelles élections départementales #OuiJeVote
Annexe 11 - Les statistiques (au 1er décembre 2014)
Departmentals 2015
Elections départementales: OLF 91 demande aux candidat-e-s de s'engager pour l'égalité femmes-hommes
政治は男のものではない
フランス、新しい男女平等法へ
仏、「歴史上の偉人に女性を増やせ」
フランス、性差別賃金会社に罰金刑
フランス「パリテ内閣」、「女性の権利省」誕生
21世紀のフランス革命
フランス議会は男女半々(パリテ)へ
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-26 10:01 | ヨーロッパ

「私たちは、生まれた時から死んでいるのです」

そう語るのは、マヤ族の女性ラモーナ。だから、ラモ―ナにとって、抵抗運動に参加することは生きるあかしだった。

彼女は、何よりも下のポスターにある「女性革命法」(1993)の起草にかかわったことで知られている。

1995年、中国で国連世界女性会議が開かれた。そこで採択された北京行動綱領は、先住民女性の権利に初めて光をあてた。なんと、その2年も前に、メキシコで、先住民女性のための「女性革命法」がつくられていたのだ。

ラモーナは1959年、グアテマラに近いメキシコ南部チアパスのジャングルに生まれた。名字はいろいろ調べたがいまだにわからない。

c0166264_17114056.jpg


マヤ族は、メキシコの中でも最も貧しく最も搾取されてきた。とくに女性は、毎朝3時に起きて、他の全員が眠るまで働かされるのだという。

ラモーナは、生きるために都会に出た。すると先住民であることで徹底してさげすまれた。3年もかけてつくった芸術作品といえる刺繍のついたブラウスを売ろうとした。ただ同然に買いたたかれるだけだった。

そんなラモ―ナが、いったいどのように女性革命法を作ったのだろうか。つづきは、「叫ぶ芸術」(I 女性会議)をどうぞ。

サパティスタ メキシコ先住民運動連帯関西グループ
Radio Zapatista
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-25 17:24 | 中南米

c0166264_0243557.jpg宮城県大衡村(おおひらむら)の村長選に、赤間しづ江前議員(写真)が立候補する決意をした。

報道によると、3月13日、村長からセクハラやパワハラを繰り返されたとして、村役場の50代の女性職員が、村長に対して慰謝料など1000万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。

提訴を受けて、村議会は3日後の16日、村長に対する不信任決議を賛成多数で可決。ところが、村長はその議会決議を受け入れず、17日に村議会を解散して、対抗した。議員が全員失職となったのだ。その2日後の19日、村長は退職届を提出した。

性暴力を繰り返したと報道されている宮城県大衡村(おおひらむら)の村長の名は、跡部昌洋。66歳。

女性職員の弁護士によると、始まったのは昨年4月。村長の東京出張に同行した彼女は、宿泊中のホテルで村長から性暴力を受けた。それから約半年間、村長は、さまざまな機会をとらえて、彼女に性的関係をくりかえし強要した(弁護士ドットコムニュース)。

セクハラは、卑劣な行為だ。上の地位にいる者が下にいる者に対して、その地位をかさにきて性的嫌がらせを行う。下にいる者は意に反してもはっきり拒否しにくい。それを知って上の者の行為はさらにエスカレートする。「このくらいどうってことない」と。また、セクハラは、最もプライバシーを尊重してほしい性的事件ゆえ、被害にあっても周囲に相談できないことが多い。労働意欲をそがれ、病気になるケースも。

大衡村の女性職員は、意を決して副村長と総務課長に相談したという。するとあろうことか2人は、彼女に「このことは聞かなかったことにする」と返事したという。

2人には職場からセクハラをなくすという重要な責務があるにもかかわらず、加害者が村長と知って火消しに回った。長いものにまかれろの典型だ。

3月13日、彼女は、ついに耐えかねて村長に対して損害賠償請求訴訟に踏み切った。それまでどれだけ怒り、苦しんだことだろう。現在、うつ病になって休職しているというが、泣き寝入りしなかったその勇気に感服する。

村長に立候補予定の赤間しづ江前議員は、3月議会で、跡部村長のセクハラ問題を追及した議員だという(毎日新聞)。

「村長室で性行為を迫られた」宮城・大衡村長をセクハラで訴えた女性の代理人に聞く
宮城県大衡村
宮城・大衡:「セクハラ」提訴の跡部村長が辞職申し出
全国フェミニスト議員連盟 リーフレット『議会でもセクハラ? とんでもない!』
都議へのセクハラ研修を
オスロ副市長「私は強姦されました」
ハラスメントをなくすために
4月6日 営業ウーマンの逆襲(添付:東京都セクハラ相談事例をもとにセクハラの違法性を記載した「東京高裁への上申書」)
里美さんの性暴力裁判

 
(▲クリックすると読みやすくなります。セクハラ村長は別件で書類送検されていた。これも赤間議員が議会で追及。「おおひら議会だより2015/1/29」)
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-22 00:56 | その他

今日、秋田市で、三井マリ子さんが松浦大悟氏らを訴えた裁判がありました。非公開だったので、傍聴には行けなかったけど、松浦氏が出した反論を読み驚いてます。

あさましいことに、最も証拠として大事な2012年12月27日の録音についてまた難癖をつけてきたのです。

「録音反訳(録音テープ起こし原稿)は、途中から開始している」などと、言ってきたのです。

以前、松浦氏はテープを改ざんしたかのように言ってきましたが、それはマリ子さんがびしっと反論したので早々に引っ込めました。ところが、今度は、途中から録音した、というのだ。なんということでしょう。

c0166264_2022461.jpg

こんないいがかりをつければつけるほど、いかに松浦氏に録音内容が決定的に不利な証拠であるか、解ります。マリ子さんは、録音させていただきますと了承を得て録音スイッチを押し、そのレコーダーはずっと目の前に置かれていたといいます。

松浦氏の秘書らは、録音レコーダーを目の前にして話したのです。録音原稿を読むと、いかにマリ子さんをバカにしていたかがよくわかり、恐ろしささえ覚えます。

裁判を注目してきて驚きの連続でしたが、今回、その驚きはクライマックスに達しました。松浦氏の秘書たちは、「政党交付金を選挙資金に使うことができないと理解していた」と言ってきたのです。ことここに至って。

松浦氏側は、マリ子さんの後援会のお金や個人資金のお金をまず使って、できるだけ政党交付金をつかわないで残そうとしました。その言い訳に「政党交付金は選挙に使えない」とマリ子さんに言っていたのです。

「政党交付金は選挙に使えない」、とマリ子さんに何度も言っていることが録音されていて、これを「言ってない」とは言い逃れられないためにひねくりだしたのでしょう。ウルトラC級の大嘘だと思います。

マリ子さんの選挙があった半年後、松浦氏は、参議院選挙で、自分が支部長を務める政党支部から、政党交付金を自分の選挙活動に1500万円寄付していました(今回、1500万円を800万円だった、間違えたので差し替えたと言ってきた)。

報道によると、マリ子さんが出た2012年12月の総選挙で、安倍首相をはじめ自民党候補者239人が、自分が支部長を務める政党支部から政党交付金を自分あてに「寄付」していたとありました。その“お手盛り”額は17億6000万円以上でした。

自民党だけでないことは、松浦氏の“お手盛り”でも証明されます(政党交付金から自分の選挙に1500万円寄付)。

政党交付金は法的には何に使ってもいいとされていますが、もっとも大事な使い道は選挙に勝利するための政治活動です。それを知らなかった?!そんなはずはないでしょう! 嘘も極まれりです。

大倉由紀子 さみどりの会(*)

【写真: 「松浦秘書らは政党交付金は選挙に使えないと言ってる」と説明する近江弁護士(左)。2015年3月18日秋田県庁記者会見室。撮影:佐々木厚子】

(*)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。過去の報道や報告は、左下のMoreをクリックしてどうぞ。
c0166264_15134969.jpg

More
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-19 11:11 | 秋田

国際女性デ―に、DV撤廃法にゴーサインをしたブラジルのジルマ・ヴァナ・ルセーフ大統領(労働党)が、国民から退陣を要求されている。

3月15日、ブラジル全土の22州で、100万人以上がいっせいに大統領に抗議のデモを繰り広げた。サンパウロでは50万人以上が参加したという。ただならぬ数だ。

報道によると、大統領の高官や与党議員の汚職スキャンダルに責任をとろうとしない大統領への不満が爆発したとされている。

腐敗は、国営石油公社ペトロブラス(贈賄)と与党労働党幹部や与党議員(収賄)。石油公社は、特定業者に契約を受注させる見返りに、業者からわいろを受け取り、その一部を与党幹部などにキックバックしたということらしい。

政治腐敗は、女性・男性、左派・右派に関係ない。平均したら、女性のほうが男性より、左派のほうが右派より政治腐敗は少ないのが当たり前だろうが、それゆえ、いっそう厳しく律しなければ。

Big protests in Brazil demand President Rousseff's impeachment
ブラジル、女性デ―に女性への暴力撤廃法
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-16 08:39 | 中南米

国連防災世界会議と女性

c0166264_1251432.jpg仙台で、第3回国連防災世界会議が開かれている。

国連事務総長特別代表(防災担当) マルガレータ・ワルストロム(注)は、「世界の防災における女性の果たす役割の重要性」を、こう述べている。

「女性の実績と経験が全く有効に活用されていない実態があった」
「男性偏重ではなく男女バランスのとれた会議ブログラムにすべき」
「女性たちは組織の運営、地域貢献などに重要な役割を担っているが、しかし指導的役割についていない」

本当に同感だ。女性の意見がもっと原発政策に反映していたら、こうもやすやすと原発再稼働とはならなかっただろう。日本の防災政策ににジェンダーの視点を入れなくては持続可能な町づくりはできない。

では仙台の会議ではどうだったか。

c0166264_13213351.jpgその観点から、宮城県加美町の伊藤由子議員は、3月14日(土) 同会議で報告した。彼女は加美町議会たった1人の女性議員。

(スピーチ草稿は左下Moreをクリック)

More
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-15 12:54 | 紛争・大災害

3月13日、スキージャンプ女子ワールドカップが、オスロのホルメンコーレンで行われた。優勝したのは、わが高梨沙羅。

国際スキー連盟が女子ワールドカップを主催したのは、2009年からだ。女人禁制の長い歴史を破ったのは、ノルウェーのアネッテ・サーゲン(Anette Sagen)ら女たちだ。

さきほどホルメンコ―レンからのアネッテ・サーゲンのジャンプが茶の間のテレビに映った。引退を表明した彼女の業績をたたえる特別プログラムのようだった。

テレビ解説者の日本男性は、情けないことに、「おさげがトレードマーク。美人ジャンパー」と紹介した。「女子ジャンプをけん引していった人」という一言があったので少しホッとしたが、プロの解説者なのだから、女性のスポーツの歴史を勉強すべきだ。

アネッテ・サーゲンは、スキー発祥の地ノルウェーのスキージャンパーだ。

男性と同じように女性スキージャンプの機会を与えられるために10代のころから闘ってきた。男女平等の国であっても、女性の意義申し立てなしには前に進まないといういい例だと思う。

2003年ー2004年シーズン、サーゲンはまだ10代。この若い女性スキージャン―パーが、当時国際スキー連盟会長だったトールビョルン・イゲセット(Torbjørn Yggseth)に、異議申し立てした。

アネッテ・サーゲンは、ヴィケルスン(ノルウェー)で行われたスキージャンプ・ワールドカップでフォージャンパーとして174.5mを記録した。フォージャンパーとは、ジャンプ台の状況を確認するために飛ぶジャンパーで、審判はこの結果などからスタート位置を決めたりするのだという。

メディアによると、国際スキー連盟会長のトールビョルン・イゲセットが、「女性にはフライングヒルは飛べない」と言ったと言われている。、たとえ174.5mを飛んだ競技者であっても、ワールドカップ参加は認められなかったのだ。女性だからという理由で。

サーゲンはイゲセットにはむかった。大勢の女性スキージャンパーたちも、サーゲンの側について、男性と同じ権利を求めて発言していった。ここがすごいところだ。

現在のサーゲンは、当時を、こう思い起こしている(NRK)。

「18か19歳のころです。苦しいときでした。『飛べやしまい、お前は狂っている。たかが女の子だ』というまっただ中に巻き込まれたのです。私はこれを認めることはできませんでした。」

翌年の2004-2005シーズンには、スキージャンプ・コンチネンタルカップが女子ジャンプの最高峰として初めて開かれた。ここで、アネッテ・サーゲンはなんと8勝をあげた。

そして2009年、史上初の女子ワールドカップ。長年の闘いを経て参加したアネッテ・サーゲンは3位に。

女性のスキージャンプがオリンピック種目にはいったのは、2014年のソチ・オリンピックからだ。その前のカナダ大会までは女人禁制だったのだ。

さらちゃ~ん、今の時代に生まれてよかったね!

Skulle gjerne startet på nytt uten å kjempe den kampen
Women’s Ski Jumping Takes Aim at the Winter Olympics
ワールドカップとジェンダー
高梨選手と女子スキージャンプ
オリンピックに、女性スキージャンプ競技加わる!
女子スキージャンプとホルメンコーレン
女子スキージャンプ
まだ残るオリンピックの女性差別
c0166264_16431017.jpg
▲ ノルウェーのヘードマーク県レーナ。このあたりから「ビルケバイナーレース」がスタートする。ジャンプではなく54キロのクロスカントリースキー。誰でもインターネットで参加申し込みできる。photo by Ole Gustav Narud.
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-14 15:55 | ノルウェー