宮城と福井の反原発運動

c0166264_18112241.jpg小さな町の住民が、政府の身勝手な動きを止めた。

指定廃棄物の最終処分場のため、環境省は、2014年1月、宮城県内で3候補地を選んだ。指定廃棄物? 福島第一原発事故によって放射性物質で汚染された廃棄物のうち、一定ベクレル以上のものを指す。

3候補地とは、栗原市深山嶽、加美町田代岳、大和町下原。

3市町とも基本的に建設反対だったが、栗原市と大和町は3カ所の足並みがそろうならばと、環境省の現地調査を容認した。

しかし、加美町は、すごい。調査自体を断固拒否した。

2014年7月、環境省は仙台市で町村長会議を開催。石原伸晃環境大臣が来て、宮城県知事に「調整依頼」して帰った。

その後、環境省による現地調査や、冊子の各戸配布などが、加美町の町民の意思とは無関係に続けられた。それに負けじと、加美町の反対の声はどんどん大きくなった。

「環境省は10月末、3候補地で一斉にボーリング調査を始める予定だったが、猛抗議で延期となった。農業へ深刻な影響が懸念されるだけに、農家側は『一歩も譲れない』」 こう、農業新聞は報道した(2014年11月5日)。

11月24日には「最終処分場建設断固反対する会」の反対集会には1200名が集まった。加美町にたった一人の女性議員、伊藤由子(写真上)もその1人。彼女は、町民の連帯をこう知らせてきた。

「今年ほど、早く山に雪が降ってほしいと思ったことはなかった――『最終処分場断固反対する会』会長の言葉であるが、山に座り込んでいた住民の誰もが同じ思いであった。勤務を割いて短時間だけでもと山に駆け付けたり、出勤前に駆け付けたり、山まで来られない人の思いを届けたり・・・抗議の形態はさまざまであった。晩秋の現地、座り込むには冷たい地べたであったが、不思議と寒さを感じなかった。何度も会っているうちに連帯感が生まれてきて敷物を貸しあったり、食べ物を分け合う姿が見られた」

c0166264_1812435.jpgもうひとつは、福井県の動き。

2014年12月、福井県高浜原発3,4号機の安全審査書案が了承された。鹿児島県の川内(せんだい)原発に続いて2つめだ。

安倍首相は、2015年春以降には再稼働したいと、勝手に考えているようだ。

しかし、そうはさせないぞという動きが起こった。

その運動体のひとつが、原発再稼働に反対する声を集約する、「もう動かすな原発! 福井県署名運動」だ。すでに20万人以上の署名を集めた。福井といえば、日本会議御用達議員と言える、稲田朋美の選挙区であり、山谷えり子の出身地だ。

武生市・越前市の議員歴の長い大久保恵子(写真右)は、その運動の共同代表4人の1人だ。県民運動の先頭に立って、署名活動をひっぱってきた。

「現在国内で原発は一基も動いていませんが電気は足りています。福島の事故を教訓に、将来に向かって『本当の豊かさとは』、『ほんとに大切なものとは』を真剣に問い直し、原発に頼らない社会をめざしたい」と語る。

昨年夏には、武生と今立の商店街を4日間、8時間ほど署名の意義を伝えながら歩いた。「福島の現状、避難計画が十分でないなかで、国は原発の再稼働を考えています。“再稼働を認めないで下さい”と知事へのお願いの署名です」と。

伊藤由子も大久保恵子も、たぐいまれなネットワ―カ―だ。生活感覚を政治に持ち込み、声なき人たちの権利を政治をつなぐために頑張ってきた。

こうした女性たちによる反原発運動が続く限り、日本も捨てたものじゃない。


c0166264_21433821.jpg
▲朝日新聞世論調査(2012年3月13日朝日新聞より)。こうした調査は何故かこのごろ掲載されない。

http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=30635
http://fukui.jpn.org/
http://fukuikenminsyomei.web.fc2.com/
http://uisystem.jp/kaze/cosmos
男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害
8月25日 男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害
女性の約7割、原発NO!
女性記者の質問に答えない東電
原発事故から考える民主主義
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-31 18:14 | 紛争・大災害

1月28日、水曜日、ノルウェーはゼネストだった。

電車、飛行機、学校、病院・・・ 報道によると、150万人がストに参加したという。

日本でいえば、連合から全労連にいたるまで、ほぼすべての労働組合が一斉にストをしたことになる。

理由は―― 「労働環境法」の政府改正案に反対だからだ。労働環境法は、ノルウェーが誇る、働く人たちの権利が細かく決められている法律だ。たとえば、週37.5時間労働、残業時間は年300時間以下という規制がある。さらに公務職場の全ての人に、フレックスタイム制が確保されている

スト参加者によると、政府改正案では、常勤労働者が減らされ、シフト時間が長くされ、長時間労働が増え、日曜日勤務が増えるから、これは改悪であり、許されないという。

飛行機がストで飛ばなくなってしまった乗客は、空港に足止めされて、「働く人たちに必要なことです。ストをすることはいいことです」とコメントしている(NRK)。

LO(連合)代表ゲル・クリスチャンセンGerd Kristiansenは、労働環境法が改悪されると、女性と若者に大変な打撃となる、と強調する。

ノルウェーの非正規労働者(非常勤職ではない)は10%以下であり、この割合は長年続いている。労働環境法で縛られているため、非正規労働者は正規労働者への転換が多い。

しかし、政府案のように改悪されると、雇用主は非正規労働者を簡単に雇えるようになる。非正規労働者は、自らの家を買うためにローンを組んだりできなくなるという。

LO(連合)代表ゲル・クリスチャンセンGerd Kristiansenは、北部ノルウェーの農家の生まれ。17歳で、シングルマザーとなり、バレンツ海のトロール船で働き続けた女性だ(写真下)。

ノルウェーは現在、保守中道の連立政権。

ノルウェーの人口は500万人ほどだから、日本の25分の1。つまり、日本で3750万人がストをして政府に異議を申し立てたことになる。ヒェーッ!


c0166264_1504349.jpg


Derfor er det storstreik i dag
Streikende møtte forståelse
World Democracy ranking
教員ストに見た「北欧モデル」
ストから考えた日本教員の長時間勤務
国をあげての論争「パートタイムかフルタイムか」 ノルウェー
世界一民主的な国
仕事と家庭の両立支援は企業の社会的責任である
妊娠した女性が差別される国、されない国
ノルウェーのワーキング・マザー
女性が働きやすい国、日本はブービー賞
ノルウェー 選挙で約束された賃金の男女平等
男尊女尊の国ノルウェー 最終回 賃金格差をなくせ!

追記:報道によると、ノルウェーではじめてノルウェー国教会の牧師たちもゼネストに参加した。アーメン!
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-29 18:19 | ノルウェー

c0166264_15464853.jpg雪国での裁判、本当にご苦労様です。

私は残念ながら行けませんでしたが、ブログの「傍聴記」経過報告を読んでいて、男社会の腐敗の根深さを、改めて思い知らされた感じがします。

この日本社会は、政治、経済、社会、教育、どこにメスを入れても、共通した問題が
底流に流れていると思いました。

「女はみくびってもいいのだ」という根深い女性蔑視意識です。

傍聴記に引用されていた三井マリ子さんの意見陳述(下を参照)を読みながら、三井さんの身体をはった、かつ貴重な人生をかけた衆院選への挑戦が、そのまま、裁判に引き継がれていると思いました。

率直に言って三井さんの能力を生かす道はもっと別にあるはずなのに、と思います。
でも、きっと三井さんは、秋田移住してまで挑戦したと同様、大変な茨の道を選び続けるんでしょうね。

遠くから応援しています。また、機会を見つけて傍聴にかけつけます。
私の分まで裁判を支えてくださっている皆様に感謝をこめて連帯のメールを送ります。

伊藤 由子 宮城県加美町町議、さみどりの会(注)


               意見陳述草稿

裁判が始まって1年が過ぎ、いくつか変化がありました。しかし、私の悔しさと憤りは、なくなってはおりません。

私は、長年、女性議員を増やす運動をしてきました。日本社会において軽んじられてきたおびただしい数の女たちの問題を解決するには、政治の場に女性が出ていかなくては・・・こういう思いで、女性候補者発掘に精を出してきました。女性議員の多い北欧の政策を紹介する本を何冊も書きました。これらは、超党派の全国的運動でした。

2012年当時、民主党は前代未聞の逆風下にありました。落下傘候補に等しい私が当選する見込みはゼロでした。固辞していた私は、悩んだ末に民主党公認候補となることを決意しました。

そんな私が、たった1度の落選で秋田を去るくらいなら、わざわざ自らに民主党員というレッテルを貼って、秋田に引っ越して、政治活動をしようと決意したでしょうか。

民主党の女性支援金を含む後援会の資金を土台に、女性議員の極端に少ない秋田で、女性候補者増につながる活動を続けようーーー私はそんな青写真を描いていました。

しかし、その思いは、打ち砕かれました。私の選挙ポスターは、公費分の半分以下の枚数しか作られませんでした。ポスター貼りのとりまとめ役がポスター貼り代を着服した結果、貼られることがなかったポスターが何百枚もありました。公選ポスターなどから、「横手出身」や「都議」という経歴が削除されました。

「政党交付金は選挙には使えない」と嘘をつかれて、私の個人口座や後援会口座の金が優先的に使われた結果、政党交付金が基金口座に残されました。私の名を使った銀行口座は、私の委任状なしに開設されていました。銀行との間で、慣れ合い関係がなければ絶対にできない、不法行為でした。

基金口座のおカネは、私が総支部代表である限り、私の意思で出し入れできますが、私を追い出せば、追い出した人たちが自由に使えます。

その追い出し作戦かと思いますが、選挙後、5日目の夕刻、松浦議員ら5人が私の自宅兼事務所に突然やってきました。私は1人でした。5人は上がり込んできて、私に罵詈雑言をあびせました。心底、恐怖を覚えました。このツルシアゲで、秋田で頑張ろうと思っていた私の心は、萎えてしまいました。

裁判を通じて、政党交付金を残したいがために私をダシに使ったことが、はっきりしてきました。これが、私に対する背信行為でなくてなんでしょう。

政党交付金は、国民全員が一人250円を出した血税です。政党の健全な活動のためにつくられました。つまり、私に対する背信行為は、国民に対する背信行為なのです。

政党交付金の間違った使い方を明らかにすることは、いまわしくも稀有な体験を積んでしまった私の義務だと思っております。

裁判長、厳正なる審判をお願いいたします。


(*)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。これまでの報道や報告は左下Moreを。
c0166264_15134969.jpg

More
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-25 15:47 | 秋田

裁判、お疲れ様でした。
次から次へと迫力満点のリポートが秋田から届き、
手に汗にぎる展開ですね。

しかし、いったい何なんでしょうね、
落選して国会議員でもない松浦大悟氏が代表する組織に、
はいっている巨額の政党交付金は。

余りの巨額さに、裁判所に提出された書類を確かめてみました。
そしたら、その通りでした。

近江直人弁護士作成の表をコピペしますね。
松浦大悟氏が代表となっている組織に入金された政党交付金の推移です。
c0166264_1013526.jpg

「参1総支部」は参議院議員の組織で、
「県連」は民主党秋田県連のことだそうです。

松浦大悟氏は、この2つの組織の代表です。

何年も前から政党交付金のうまみを熟知していたんですね。

三井マリ子さんには、「落選した時点で総支部長辞任、総支部長解任」と嘘を言って、追い出したのでは?

まったく腹立たしい!!

もっともっと声をあげていかないといけませんね。

岡橋ときこ さみどりの会事務局(注)

(*)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。これまでの報道・報告は左下Moreを。
c0166264_15134969.jpg

More
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-25 10:30 | 秋田

c0166264_11565866.jpgやったぁ! チリ大統領のミシェル・バチェレは、悲願である選挙制度改革をついに成し遂げた。

チリ下院は、「多数2名制選挙」から「比例代表制」に変える法案を可決したのだ。すでに上院では可決済みだという。

現行制度は、ピノチェト独裁政権時代の名残で、その名の通り、2大政党に有利な制度だ。この選挙制度のもとでは、他の小政党が国会に議席を持つことなど不可能に近かったという。

チリは、今後、比例代表制選挙の国となる。

新選挙制度の特徴を2つあげると:

ひとつは、女性の政治参加を確実にする「クオータ制」を入れたことだ。候補者リストにおいて、男性でも女性でもどちらかの性を60%以上にした政党は、選挙に参加できない。素晴らしい!

もうひとつは、国会議員数を増やしたことだ。下院は120議席から155議席に、上院は38議席から50議席に増員となる。民意をより反映させるためだという。

2013年末の総選挙の際,社会主義者でフェミニストのミシェル・バチェレは、2度目の大統領職に挑戦した。中道左派連合に共産党を入れてウイングを広げた新多数派(Nueva Mayoría)の勝利によって、当選。再び大統領に就任した。

独裁政権打倒から四半世紀経て、バチェレ大統領の属する新多数派勢力が56%となり、国会で、法案可決に必要な多数勢力を獲得した。


c0166264_1926854.jpghttp://leydecuotas.cl/ (チリのクオータ制運動サイト 「数は重要。今、すぐクオータ制を」 右はロゴマーク)
El feminismo triunfa en la nueva ley electoral chilena
Chile: Voting system to be reformed to increase women in Congress
Chile: Congress Approves Reform of Pinochet-Era Electoral Laws
Chile Senate Votes to Modify Dictatorship-Era Electoral Law
http://michellebachelet.cl/fotos/
赤松良子賞と女性差別撤廃条約
南米チリの大統領に再びミシェル・バチェレ
今日、3月8日は国際女性デー
福祉は経済を発展させる
ダボス会議で女性に焦点をあてた特別パネル
チリ初の女性大統領がやってきたこと
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
女性の衆議院議員は1割に満たず
政治は男のものではない
日本の女性国会議員、189カ国中163位
男女平等なくして民主主義なし
女性議員を増やすために ~ノルウェー選挙に学ぶ~
連載「クオータ制」5 クオータ制が生んだ名物教授
連載「クオータ制」4 欧州連合EU議会は35%が女性
連載「クオータ制」3 インドの目標は33%
連載「クオータ制」2 それは政党の候補者リスト作りから始まった
連載「クオータ制」1 あの国でも、この国でもクオータ制
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-23 12:00 | 中南米

非暴力の出番

c0166264_2333105.jpg「シャルリー・エブド」社テロ事件から2週間。日本政府が日本人2人の命と引き換えに身代金を要求された。

イスラム過激派「イスラム国」による暴力の連鎖は世界を震撼させている。

そんな折、ノルウェーのコメディアンであるシャバナ・レーマン(Shabana Rehman)がおもしろいアイデアを出した。「非暴力運動の出番です。恐れたら、さらに暴力を産み出すだけ。抱き上げましょう」

「西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者(ペギーダPEGIDA)のマックス・ヘルマンシェンを持ち上げるときが来ました。私たちに必要なのはより急進的な非暴力運動です」

パキスタン生まれノルウェー育ちのシャバナ・レーマンは、こうアフテンポステン紙で呼びかけた。彼女はイスラム教徒で、抜群の人気を誇るコメディアンでもある。

彼女のアイデアは、無邪気すぎるようだが、10年前の武勇伝を知ると、本気だとわかる。ノルウェー友人によると、シャバナ・レーマンの″武勇伝“はこうだ。

10年前、彼女は、ノルウェー移民の過激派イスラム教徒ムラー・クレカール(Mullah Krekar)を持ち上げて大センセーションをおこした。ムラー・クレカールはイラク北部からの移民で、クルド系の武装グループを創設したとされ、テロリストとみなされている。その風貌は、見るからにイスラム教教祖。

10年前のある日、ムラー・クレカールは、自分の本の宣伝のため、オスロのナイトクラブでのブックトークにやってきた。大勢の前で彼は「僕を怖がるのは間違っています」と優し気な笑みで言った。彼の寛容ふうなものごしは、それまでも評判だったという。

シャバナ・レーマンも、そこに招かれていた。彼女は、「それならば」と突如彼に腕をまわして持ち上げた。

“女性に抱き上げられた男性”は、どうしたか。笑みは消えた。ものすごい剣幕で怒り狂った。マイクをつかみ「イスラム教に対する冒涜だ、侮辱だ」と。そして彼女を侮辱罪で訴えるという騒ぎになった。

シャバナは、「私みたいな小さな女性が持ち上げることができるなら、彼の言ったことは本当で、危険人物ではないと思ったから」と言った。以来、彼女は警察の保護下にあるという。

今回、コメディアンの彼女が抱き上げたい男性は、マックス・ヘルマンシェンだ。彼は、ドイツに本部を持つ「西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者」(ペギーダPEGIDA)のノルウェー支部長といった地位にある。ペギーダは、ナチともファシストとも呼ばれる極右組織らしい。反イスラムや反移民を掲げてドイツ各地でデモを率いている。

ノルウェーは、ノーベル平和賞の国だ。また、かつてイスラエルとパレスチナ双方に友好関係を保ちながら、秘密裏に交渉を続け、歴史に残る「オスロ合意」を成立させた。しかし、その国で、数年前、労働党の若者ら77人がテロリストに襲撃されて死亡した。襲撃犯は白人男性で、政府の移民政策に反対していた。

こういう政治風土のノルウェーで、パリの「シャルリー・エブド」社のテロに抗議する大規模なデモがあったのは当然だ。

一方、それに対抗する勢力も黙っていない。代表格が「西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者」(ペギーダPEGIDA)のマックス・ヘルマンシェンだ。彼は、オスロでデモを組織。毎週月曜にデモをすると宣言した。彼は、「イスラム教をたきつけるような反動的動きに対して抗議をしている」と唱えている。

彼のそうした扇動を、多くの市民は恐れて心配しているだけである、とシャバナは言う。

「恐れは暴力を産み出すだけです。来週の月曜に、私はマックスを抱きあげようと思います。必要なら毎週月曜日にそうします。女性の皆さん、できるだけ多くの男性を抱いて持ち上げてほしい。大きく温かい愛の行動で」

これ以上の”積極的平和主義”はない。しかもお金がかからない。そう、小野洋子とジョン・レノンの21世紀バージョンだ。国会を包囲した日本の”赤い女たち”にもつながっている。

Et løft for ikkevold (ノルウェー語で「持ち上げる」は løft。ルフト。持ち上げられて一瞬笑っているイスラム過激派教祖の画像が出ている。その後怒った)
Anti-Islam group loses support in Norway
ブレイビク事件は名誉殺人
IS( イスラム国) による日本人人質事件に対する声明、Statement on IS (Islamic State) Japanese Hostage Incident
「シャルリー・エブド」編集長のパートナー
私もシャルリ― Je suis Charlie
イスラム風刺漫画を擁護する女性作家
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-22 17:15 | ノルウェー

c0166264_1849427.jpg昨日、スウェーデンからおもしろいアニメ動画が届いた。

漫画家ろくでなし子の作品ととてもよく似た女性器が画面に出てきた。こちらは男性器も一緒で、底抜けに明るい歌にのせて、踊ったりしている。

スウェーデン語はできないので意味はよくわからないものの、見ていると、のりのりの音楽にあわせ、つい体を動かしたくなる。

"Snoppen och Snippan“という言葉が何度もでてくる。スウェーデン語で、スノッペンSnoppenが男性器で、スニッパンSnippanが女性器らしい。

作ったのは、スウェーデンテレビSVTの子ども番組。日曜日の夕方に流されているそうだ。SVTは、BBCとかNHKと同じ公共放送である。このアニメの目的は、子どもに自分の体を知ってもらうためだという。

一方、所変わって、漫画家ろくでなし子は、昨年12月、女性器をかたどった「作品」を陳列したという理由で、わいせつ物陳列の罪で、逮捕され、起訴された。

私は、『週刊金曜日』に連載しているろくでなし子の漫画をよく見ていた。ファンだ。彼女の性器をデザインにした「作品」についても、「あら、かわいい」と思ったことはあったけれど、わいせつだなどと思ったことなどなかった。だから、逮捕の報道に本当に驚きあきれた。

何をもってわいせつだ、わいせつでないと決めるのか。まったく日本の警察は権力をかさにきてとんでもないことをするものだ。

「私のからだですので、性器は私の一部でわいせつではない」と、ろくでなし子は言っていた。こんな当たり前のことを主張するのに、裁判で闘わなくてはいけないとは。情けない国だ。

ろくでなし子逮捕・起訴への怒りをダウンさせるため、さきほどスウェーデンのアニメをもう一度見た。みなさんも、クリックしてどうぞ(↓)。

http://www.svt.se/barnkanalen/bacillakuten/
『週刊金曜日』、ろくでなし子さんと北原みのりさんの逮捕に抗議
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-20 18:51 | 北欧

c0166264_13314621.jpg
1月16日(金)、私は、法廷の傍聴席に座りました。これで3回目の傍聴となります。

法廷内はシーンと静まりかえっていました。固唾を呑んで待っている中、裁判官の歩く足音だけが耳に入りました。そして裁判官3人が入廷しました。

傍聴席から裁判官席、原告席、被告席を眺めながら、疑問がわいてきました。

この民事裁判の原告である三井マリ子さんは、遠い長野から8時間もかけて秋田までやってきて、欠かさず出席しています。しかし、被告である松浦大悟さんは、秋田市内にいるのに、昨年1月に1度出席しただけで、法廷に姿を見せません。

裁判は、代理人の弁護士さんだけでいいそうですが、なぜ不法行為で訴えられている当時者の松浦さんは出席しないのでしょうか。三井さんが間違っていて自分が正しいと言うのでしたら、三井さんの訴えを直接聞いたらどうでしょうか。

松浦さん、貴方は2012年の衆院選の前、三井さんに「全身全霊でお支えする」「24時間体制でお守りする」「盤石の態勢で支援する」などと言って秋田に引越しさせ、秋田で政治活動をするように懇願したのですよね。

それまで長年、女性議員を増やすために超党派で全国的活動をしていた三井さんは、貴方の言葉を信じて、悩みつつも、最終的には秋田に移住して、立候補する事を決意したのです。

そして解散、総選挙。2012年12月、松浦さん、貴方は三井さんと一緒に降りしきるあの雪の中を日夜、声をからして遊説したのではありませんか。

それなのに、落選して5日目、疲労の極致にあった三井さんに対して、約束もなしに、突然襲って、「出て行くように」と言ったのですね。

松浦さん、なぜ貴方は暗くなってからやって来たのでしょうか。なぜ貴方は三井さんが1人のところをねらいうちしたのでしょうか。なぜ5人もそろってやってきたのでしょうか。

貴方のした事は、たとえ話で言うと、疲れきっていた三井さんを、背後から思いっきり強く押して、深い谷間に突き落とそうとしたように思えてなりません。

亀田 純子  さみどりの会(*) 秋田市

(*)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。裁判報道は左下のMoreをクリック。
c0166264_15134969.jpg

More
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-20 13:43 | 秋田

c0166264_1148469.jpg

このまま春が来るかな、と思えた1月16日でしたが、甘かったです。冬将軍がやって来ました。今、外は雪景色、真っ白な秋田です。

春のようだった16日、秋田地裁の法廷の傍聴席に私は座っていました。

コツ、コツ、コツ。足音が廊下に響き、法廷の中央の扉が開いて裁判官が入廷しました。10ヶ月近く待ち望んだ公開裁判の始まりです。

三井マリ子さんによる「意見陳述」が行われました。この生の姿と声を松浦大悟さんに見て・聞いてもらいたかったです。

松浦大悟さんのプログをみると「支援者のお宅におじゃました」とか「支援団体で挨拶した」とか書いています。それも必要かもしれません。でも、ぼくちゃん、ぼくちゃんと甘やかしてくれる所よりも問題提起されている場に立ち、それを解決しようとする姿勢を見せてこそ、有権者の代表ではないでしょうか。

今回の裁判に出された書類でわかったのですが、松浦さんは、参議院秋田第1総支部と民主党秋田県連の2つの組織の代表をしています。

その代表としての懐に、平成25(2013)年1年間だけで、7千150万円余りの政党交付金がはいっていました。

政党交付金は、私たちの血税です。あまりの巨額さに、普通のおばちゃんはビックリ仰天。いったい何の目的で何に使っているのでしょうか。松浦さんは、2013年の参院選で落選しました。選挙に落ちて 普通の人になったのだと、おばちゃんは、大変な勘違いをしておりました。

松浦大悟さんは、彼が代表する秋田県連と参議院第1総支部に、こうした巨額の国民の血税を毎年毎年受けているのです。秋田県民にわかりやすく、どういうふうに使ったかをプログ等で発信していただきたいものです。

法廷での三井さんの意見陳述に戻ります。短い陳述でしたが、胸をうたれました。

長年、女性議員を増やす活動を全国規模で展開してきた三井さんは、松浦さんの度重なる懇願で、固辞していた気持を翻して、秋田に引っ越しを決意しました。女性議員の極端に少ない郷土秋田に骨を埋める覚悟で、女性候補者を増やす活動をしようとしたのです。人生の集大成だと考えていたと言います。

その思いは、無残にも、松浦さん達の言動によって、粉々に打ち砕かれてしまいます。

もし、あの選挙の後も、三井さんが秋田におられたら、今頃は、4月の県・市町村議員の選挙のために秋田県内を走り回っていたことでしょう。立候補した女性も増えていたに違いありません。私たち秋田の女性は、大切な宝を失ってしまったのだ、と私は思いました。

裁判の後の記者会見では、三井さんの弁護団の一人森田裕子弁護士は、女性の立場からも全力で三井さんの支援をしていくとの言葉があり、その力強いメッセージに感激しました。まだまだ続く裁判ですが、私も、微力ながら全力で応援していきたいと思います。

c0166264_11315726.jpg来年は、秋田が誇る「和崎ハル」衆議院議員当選70周年です。この節目の年に、女性の政治参加を長年頑張ってきた三井さんに、吉報が訪れることを願っています。

我が家の小さな鉢に朝顔の種が落ちていたらしく、今朝、花を咲かせていました。裁判の勝利を予感しているような気がしました。

佐々木厚子 さみどりの会(*)秋田市


(*)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。これまでの経緯は左下Moreをクリックしてどうぞ。
c0166264_15134969.jpg

More
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-19 11:53 | 秋田

c0166264_938100.jpg1月16日(金)午前10時、「三井候補秋田追放事件を究明する裁判」が、秋田地裁で開廷しました。

私は、前日の秋田駅前でのチラシ配布から行動開始。好天に恵まれたものの、夕刻には北国の寒風はきつい。かじかむ手に手袋をしたかったのですが、チラシをさばくため片手だけ手袋をして、富山から来た山下清子さんたち4人で配りました。

16日の朝は、出勤前の官庁職員の方々にチラシ配布をしました。この後、裁判所へ。傍聴券を受け取って、法廷に移動しました。今回は第7回目。公開は久方ぶりでした。近江直人弁護士が準備書面の概略を述べた後で、三井マリ子さんが、現在の心境と、書面内容の心髄を述べました。心に残った言葉をそのまま紹介します。

超党派の全国的運動で女性議員を増やそうと

「私は、長年、女性議員を増やす運動をしてきました。日本社会において軽んじられてきたおびただしい数の女たちの問題を解決するには、政治の場に女性が出ていかなくては・・・こういう思いで、女性候補者発掘に精を出してきました。これは超党派の全国的運動でした」

「2012年当時、民主党は前代未聞の逆風下にありました。落下傘候補に等しい私が当選する見込みはゼロでした。固辞していた私は、悩んだ末に民主党公認候補となることを決意しました」

民主党の女性支援金を含む後援会の資金を土台に、女性議員の極端に少ない秋田で、女性候補者増につながる活動を続けようーー私はそんな青写真を描いていました」

「そんな私が、たった1度の落選で秋田を去るくらいなら、わざわざ自らに民主党というレッテルを貼って、秋田に引っ越して、政治活動をしようと決意したでしょうか。」

「政党交付金は選挙に使えない」

選挙を手伝った私もこの目で見て感じたのですが、三井さんの選挙を支える体制は、それはひどいものでした。三井さんは、その実態をこんなふうにあげていきました。

「私の選挙ポスターは、公費分の半分以下の枚数しか作られませんでした」

「公選ポスターなどから、『横手出身』や『都議』という経歴が削除されました」

「『政党交付金は選挙には使えない』と嘘をつかれて、私の個人口座や後援会口座の金が優先的に使われた結果、政党交付金が基金口座に残されました」

委任状なしに口座を開設

「私の名を使った銀行口座は、私の委任状なしに開設されていました。銀行との間で、馴れ合い関係がなければ絶対にできない、不法行為でした」

「基金口座のおカネは、私が総支部代表である限り、私の意思で出し入れできますが、私を追い出せば、追い出した人たちが自由に使えます」

「政党交付金を残したいがために、私をダシに使ったことがはっきりしてきました。これが、私に対する背信行為でなくてなんでしょう。政党交付金は、国民全員が一人250円を出した血税です。つまり、私に対する背信行為は、国民に対する背信行為なのです」

法廷は30分程度で閉廷。秋田地裁から移動して、「弁護士と三井さんによる記者会見・裁判説明会」を開きました。近江直人弁護士から、今回、提出した準備書面3本の解説がありました。その1例です。

被告松浦大悟参議院議員(当時)は、選挙が終わった5日目(2012年12月21日)の夕刻、三井さんを急襲して、人格攻撃をした後、次のような最後通牒を三井さんに告げました。

「あなたがいると票が減る。今後はいっさい連絡をしないように」

「ここ(借家)は12月まで。それまでに出ていくように」

c0166264_964795.jpg動かぬ証拠

ところが、松浦さんは、そうは言っていないと反論してきました。そこで、今回は、そう言ったのは間違いないことを再び証明しました。証拠は、12月27日に秘書らが、松浦議員が上のように言ったと、告げていたことの証拠を出したのです。21日にはテープ録音をしてなかった三井さんですが、27日は秘書らの承諾を得て録音していました。実は、このテープ録音とテープ起こし原稿は、だいぶ前に裁判所に提出していたのですが、被告は無視しているかのようでした。

女性弁護士はわずか18%

説明会の席上、三井さんの代理人のひとり森田裕子弁護士もコメントをしました。きりっと顔を上げ、よどみのない言葉で私たちを勇気づけました。この裁判にかける思いが伝わってきました。メモをとってないので正確ではありませんが、こう言う趣旨のことをおっしゃっていました。

「日本の弁護士における女性の割合は、わずか18%です。しかし、政治の世界における女性の割合はもっと少なく、とりわけ秋田県における女性議員が少ないことを、この裁判を通して知りました。そういう中で女性議員を増やそうと頑張ってきた三井さんや皆さん・・・。こういうふうに頑張った女性が秋田にいるんだと、将来きっと語り継がれる、と思います」

ハムレットのように

三井さんのお連れ合いも長野から参加していました。固辞していた三井さんですが、松浦議員から執拗な勧誘を受け続けて悩んでいた様子を話してくれました。松浦さんは長野の家までやってきたそうです。

「彼女は、まるで、ハムレットのようでした。出るべきか、出ざるべきか。今日、出るしかないかと言ったかと思うと、翌日、やっぱりやめたほうがいい、というぐあいでした」

身近で見ていた人ならではの言葉でした。

岡田 ふさこ  さみどりの会(*)事務局

(*)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。これまでの経緯は左下Moreをクリックしてどうぞ。
c0166264_15134969.jpg

More
[PR]
by bekokuma321 | 2015-01-19 09:13 | 秋田