c0166264_20305082.jpg2015年1月1日から、スイスの大統領は女性となる。

初の女性大統領は、シモネッタ・ソマルーガSimonetta Sommaruga。54歳。

シモネッタ・ソマルーガは、元ピアニスト、そして男女平等推進論者であり、社会民主主義者。男女同一労働同一賃金めざしてがんばってきたという。とっても、クール!

現在ディディエ・ブルカルテール大統領を支える副大統領であり、、司法・警察相だというから、大統領就任は当然と言えば当然だ。選挙によって圧倒的多数を獲得し信任された。

スイスの連邦内閣は閣僚7人。その7名の中から担当相を兼任する大統領が1年ごとに交代で任命されるらしい。1年とはいえ、フェミニストが国のかじ取りをするなんて、素敵だ。

スイスの女性が参政権を獲得したのは1971年だった。連邦憲法で男女同権が定められたのは1981年だというから驚きだ。

しかし、である。現在のスイスは、連邦、州レベルの議会で多くの女性議員が議席を占めている。2011年の総選挙で女性議員は国会で31%。3人に1人が女性となった。お見事。

あー、それにひきかえ、日本の女性が参政権を初めて行使したのは約70年も前だ。なのに、なのに、女性議員は国会議員のわずか10%以下(衆議院)。

なんとかしよう!

High-stakes year ahead for Switzerland’s new president
Sommaruga elected as next Swiss president
女性の雇用率の高い国は
スイスの内閣、女性過半数に
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-27 20:43 | ヨーロッパ

c0166264_10365992.jpgオバマ大統領は、12月19日、金曜日、歴史に残るような記者会見をした。この日の質問者8人すべて女性にしたのだ。

世界各地からの報道によると、その日の記者会見は、オバマ大統領がハワイで家族と迎えるクリスマス休暇直前の、今年最後の記者会見だった。

「オバマ大統領のリストのおかげで、女性の政治担当ジャーナリストにとっては、最高の年だった」(ガーディアン紙)

「アメリカ大統領をカバーする報道機関には女性が多数いて、夜討朝駆けで激務をこなしています。質問者リストがそろった時点で、特別なチャンスではないかと考えたのです」(ジョッシュ・アーニストホワイトハウス報道官)

質問者は、前もって長いリストからオバマ大統領広報担当官が決める。大統領はそれを承認し、女性ジャーナリストだけだとわかっていた。“計画的”だった。

大統領の記者会見に女性が参加できるようになったのは、1960年代からだという。それまで長い間、ホワイトハウスの報道は男性に独占されていた。今でも、政治報道は男性記者が幅を利かせている。

大統領は、歴史的に排除されてきた人たちに対して“下駄をはかせた”のだ。

英語でアファーマティブ・アクション(積極的差別是正策)と呼ばれている。差別がなくなるまでの、暫定的な特別施策といった意味で、アメリカでは黒人差別を解消するためにはじめられた。しだいに、女性差別解消に世界で実行されるようになった。日本で話題のクオータ制もこの政策の一つと言える。

Women rule at President Obama's final press conference of 2014
President Obama Calls Only On Women During 2014′s Last Press Conference 
That time Obama called on only women at a press conference
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-25 10:47 | USA

ドイツは、2年後の2016年から、会社の取締役の30%を女性にしなければならない、と決めた。

昨日のBBC「ドイツ取締役会に女性増を」によると、30%と決めたのは女性クオータ法(Frauenquote law)。

c0166264_10362481.jpg国会で何カ月にもわたって激論が交わされ、その過程でドイツ社会における女性の地位も議論されたという。男女平等を扱う部署である家族省の大臣マヌエラ・シュヴェーズィヒ(社会民主党)はこう語る。

「会社の指導的分野に男女平等がなくて、どうやって会社が男女平等になるでしょう」

「さあ、女性クオータ法はできました。この数週間いや数カ月間にわたって、法について議論してきました。その議論で、いかに法が必要であるかが示されました。そして、いかにすべての文化がまだ男性の手にあるかも示されました」

ドイツの女性クオータ法のモデルになったのはノルウェーだ。

ノルウェーで、会社の取締役に女性40%を義務付けた法律ができたのは、2003年。保守党の産業貿易大臣の発言がきっかけをつくった。「株式上場会社は2008年から、国営会社は2004年から、両方の性の人が少なくとも40%いなければならない」という法律ができた。それ以前は7%だった。

ノルウェーの女性政策を追ってきた私は、産業貿易大臣に何度か直接取材し、記事にしてきた。拙著『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店、2010)から要約する。

ノルウェーの保守党はクオータ制に反対だった。その保守党所属の産業貿易大臣が、企業の男女平等にはクオータの法制度しかないと口にした。“クーデター”ともとれる発言はメディアを通じて大々的に広がった。

男女平等をつかさどる子ども・家族大臣(キリスト教民主党)はクオータ制に賛成だった。彼女は、産業貿易大臣のクーデタ―発言に呼応した。彼女は「会社が自主的に取締役の40%を女性にしなければ、クオータ制を導入する」と脅し文句をつけた。結果は明らかだった。自主的に40%は無理だったのだ。

翌年、ノルウェーで取締役クオータ制の法が施行された。世界初のことだった。

当時ノルウェーは、首相こそ男性だったが、内閣の40%、国会議員の約40%は女性だった。すでに政界の女性進出はいい線を行っていた。それに対し、いかにも経済界は見劣りがした。

c0166264_10545883.jpgドイツはどうか。

首相は女性、内閣の40%近くが女性、国会議員の36%が女性だ。政党や女性団体が女性議員増をめざして運動してきた結果だ(写真右)。ノルウェーに比べさほどそん色ない。BBCは、「首相が女性で、内閣の4割が女性であるドイツで、会社の取締役の18.9%しか女性がいないのは驚きである」と書いている。

両国とも、クオータ法の流れは、法律を審議し決定する政界に女性が3割、4割程度進出していて、さあ、次は経済界をどうする、と始まった。

さて、わが日本。衆院に女性は10%もいない。この圧倒的男性偏重を変えずして、女性が輝く社会を唱えてもちゃんちゃらおかしい。

【写真右下:ドイツ社会民主党の女性議員増キャンペーンポスター】

"Viele Frauen werden Tag für Tag unterschätzt"
Germany wants more women in boardroom
アテネ宣言
大臣を訴えて勝った平等コミッショナー
ドイツ新内閣の女性たち
ドイツの町のジェンダー規定
ドイツ誌「シュピーゲル」、ノルウェーのクオータ制を特集
現地ルポ 「ノルウェー民間企業の取締役は4割が女性!!」の背景を見る
ノルウェーで女性重役旋風 私企業にもクオータ制導入の動き
連載「クオータ制」5 クオータ制が生んだ名物教授
連載「クオータ制」4 欧州連合EU議会は35%が女性
連載「クオータ制」3 インドの目標は33%
連載「クオータ制」2 それは政党の候補者リスト作りから始まった
連載「クオータ制」1 あの国でも、この国でもクオータ制  
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-23 10:40 | ヨーロッパ

衆院選秋田3区

全く盛り上がりに欠けた選挙でしたね。争点は見えず(見えないようにしたのでしょうね)、野党は追及するテーマがあやふやで選挙に突入し、そのまま終わってしまいました。わが家の有権者の半分は国民の義務と権利を放棄してしまいました。なさけない。

政治資金を、観劇会やらワインやらベビー服に私物化してやり玉に挙がった人も当選しました。禊が済んだと思った方もいるのでしょうね。これで、現政権に都合のよい国会運営がさらに進み、国民は置き去りにされてしまうことでしょう。

と、ここまで書いたら、小渕優子元大臣の事務所のパソコンのハードデスクが捜査前に破壊されていた、というニュースがはいりました。証拠隠滅をしようとしたのでしょう。捜査前といえば10月ですから警察はわかっていて選挙が終わるまで公表しなかったのですね。

c0166264_18184236.jpgこうして小渕さんだけではなく、あの大臣も、あの国会議員も当選しました。許されません。国会議員は特別公務員です。私たちの税金から給与が出ています。

ネットで調べたら、1人の国会議員に月約130万円が支払われています。これに加えてボーナス(期末手当)が約635万円出ますので、基本の年収は2200万円ほどです。それに文書通信交通費が月100万円で年1200万円。これは非課税の上、領収書を出さなくてもいいのです。さらに1人の議員につけられる公設秘書3人分の給与が年約1800万円出ます。

国会議員1 人に年5200万円が支払われていることになります。少なく見積もって。

その上、今、問題となっている「政党交付金」も国会議員の懐に入ります。各政党(共産党を除く)を通じて国会議員に回るのです。政党に属している国会議員は、年間1000万円から3000万円程度が、議員の代表する各県の総支部に出ています。

政治家には、庶民とはまったくかけ離れた巨額のおカネがはいっているのですね。

政治家は、このような政治家のおカネのほとんどは国民の税金で賄われていることを認識して仕事をしてほしいと心から願っています。

c0166264_18191474.jpg
今回は、前回2012年と同様に、突然の解散でした。秋田に引っ越してほどなく解散され、準備もできずに何もわからないままに選挙にはいった三井マリ子さんの選挙を思い出しました。

三井さんは落選後にいろいろ不審を抱き、法廷で結論を得ようと提訴しました。まだ係争中です。三井さんの闘いのおかげで、秋田県内の選挙屋さんたちは政治とカネに疑念を持たれることは避けようとしたのではないでしょうか。

我が秋田3区の民主党は、前回公認で闘った三井さんに代わる候補者を立てられませんでした。共産は女性を出しましたが、当然、自民と維新の草刈り場となってしまいました。そして予想した候補者が当選しました。秋田1区では、出口調査の結果、安倍総理より早く、開票時間の20時過ぎに全国1番に当確とでました。

秋田3区は豪雪地帯です。三井さんの選挙があった2012年の冬もそうでしたが、今年も雪がすごい。医師が大雪のため病院に来れないという話を聞いたばかりです。

横手市では毎朝10時半から流雪溝が動くので、雪投げをしなければなりません。1月16日の裁判の日も大雪だと雪投げのため動けないことがあるかもしれません。とにもかくにも1月16日には雪が余り降らないでね、と願っています。

大倉 由紀子 さみどりの会(*)
【写真上:2014年衆院選、写真下:2012年衆院選】

(*)2012年の衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。裁判報道は左下のMoreをクリック。
c0166264_15134969.jpg

More
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-19 18:21 | 秋田

12月18日「小選挙区制は女性の声を捨て去る」における円グラフと表の一部を訂正いたします。

自民党の女性当選者は、小選挙区16人、比例区9人です。その数字を逆に記してしまいました。その結果、比例区当選者は実際より多くなりました。全国フェミニスト議員連盟の竹花郁子さんはじめ読者からのご指摘に心から感謝申し上げます。円グラフとそのもとの表の一部を訂正し、心からお詫びいたします。

小選挙区は女性を捨て去るシステムだという主張や根拠に間違いはないため、本文に訂正はありません。(2014.12.21 FEM-NEWS)

==================

比例区があってよかった。自民党以外のほとんどの政党は、比例区があったために女性の当選者を出すことができた。

小選挙区は、1票でも多く票を集めた人だけを当選させるシステムだ。それ人以外の候補者に入れた票は全部死票になる。1番を決めたら、2番以下はポイと捨て去るというわけだ。

だから、小選挙区制選挙は、民意を反映しないひどいシステムだ。

つくったばかりのグラフを見てほしい。もしも比例区がなかったら、公明党、共産党、維新の党は、女性議員をひとりも誕生させられなかったことを示す。小選挙区制では、多様な民意、とりわけ女性の声が見殺しにされてしまう。

1強多弱は非民主的だと批判する声は多い。なら、それを生み出す小選挙区制を批判すべきだろう。小選挙区制をなくして比例代表制選挙にするしかない。それなのに、国会には、比例区の数を削減したいといっている政党が多いという。自分で自分の首をしめるようなものだと、思う。

今回、衆院選に当選した男女比は91%対9%。女性は1割もいなかった。卒倒しそうなほど惨めな数だ。

しかし、この9%でさえ、もしも比例区がなかったら6%か7%に減っていただろう。女性の多くは、比例区があったおかげで、議席を確保できたのだ。

▼小選挙区全当選者のうち女性は6% (赤:女性、青:男性)
c0166264_11522533.jpg


▼比例区全当選者のうち女性は15% (赤:女性、青:男性)
c0166264_11523880.jpg


▼女性当選者45 人。そ6割は比例区で当選 (赤:比例区、青:小選挙区)
c0166264_9225129.png


▼自民党でも女性の4割は比例区で当選 (赤:比例区、青:小選挙区)
c0166264_9205743.png


▼民主党では当選した女性の78%が比例区で当選 (赤:比例区、青:小選挙区)
c0166264_1158348.jpg


▼維新・公明・共産の女性当選者はすべて比例区 (赤:比例区)
c0166264_115816100.jpg


日本の今の選挙制度は、「小選挙区比例代表並立制」と呼ばれる。小選挙区と比例区が互角のように聞こえるが、基本は小選挙制だ。

『この国の政治』(石川真澄著、旬報社刊)によると、ドイツでは、第二次大戦後、日本の選挙制度のような小選挙区比例代表並立制が、国会に2度提案され2度とも「否決された」。その理由は、「不公平な選挙制度だから」、だったという。小選挙区制は、「民意をひどく歪めた政党の勢力分布をつくってしまう、非常に悪い制度」(石川真澄)なのだ。多くの国々で比例代表制選挙なのもうなずける。

今回、自民党の比例代表得票率は33.1%にすぎなかった。投票率が53%と低かったが、それを加味すると、17%の人しか自民党を支持していない。そんな自民党が国会の議席の61%(475議席中291議席)を占めた。人口の半分を占める女性はわずか45人で10%にも満たなかった。なるほど、こりゃおかしい。石川真澄は正しい。

小選挙区制、反対! 女性にやさしい比例代表制、賛成!

c0166264_911937.jpg

比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
女性の衆議院議員は1割に満たず
政治は男のものではない
日本の女性国会議員、189カ国中163位
男女平等なくして民主主義なし
女性議員を増やすために ~ノルウェー選挙に学ぶ~
原発事故から考える民主主義
男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害
女性の約7割、原発NO!
男女平等を嫌う反動勢力の実像
比例区削減案に反対します!
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-18 12:28

衆院選が終わった。
熱のないまま、あっと言う間に終わった選挙だった。

投票率は52%ぐらいであると報道されている。
2年前の衆院選59.3%より、さらに下がった。

人口の半分、有権者の半分を占める女性はどうか。
報道によると当選者475人のうち45人で9.4 %。
女性の当選者は、1割に満たなかった。

女性候補は1191人のうち198人と16%にすぎなかったから
結果は目に見えていた。

世界各国の議会でつくる列国議会同盟(IPU)によると、
日本の前回の衆院女性率8.1%は189カ国中163位だ。
IPUは、世界には女性議員が10%に満たない国が
まだ34カ国あると指摘した。

今回、またしても日本は、このお仲間から脱することができなかった。

女性の衆議院議員は、日本の半数を占める女性の
代表でもある。

非正規雇用から抜け出せない女性、
圧倒的貧困におしつぶされるシングルマザー、
高齢女性への暴力・虐待・・・

こうした声なき声を政治の場に届けてほしい。
党派を超えて待ったなしの政策のはずだ。


▼「政治は男のものではない」と叫ぶフランスのポスター
c0166264_15584827.jpg
女性議員を増やそうというフランスのキャンペーン。
「政治は男のものではない」
「あなたの地方で運動しよう」
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-15 08:51 | その他

12月9日、在特会(在日特権を許さない市民の会)のヘイトスピーチは人種差別だとする判決が、最高裁で確定した。本当によかった。

ヘイトスピーチとは、差別と憎悪に満ちた攻撃的言葉をさす。京都にある在日朝鮮人学校の生徒がそうした攻撃を受けて苦しんでいることを知ったのは、2009年ごろだったと思う。

在特会の関西支部長だった人から攻撃された経験を持つ私には、他人事ではなかった。

私は、2000年から大阪府豊中市の男女共同参画推進センター館長をしていた。あるときから、豊中市議会で、議員質問の体裁をとった男女平等攻撃が始まった。いわゆるバックラッシュ(男女平等推進への反動)である。

c0166264_10333661.jpg

議会でバックラッシュ攻撃をくりかえしたのは北川悟司議員らだ。と同時に、センターには自称市民という人たちがやってきて、受付の対応・施設利用方法・ライブラリー蔵書などに、いちゃもんをつけてきた。自称市民のなかには、増木重夫在特会関西支部長がいた。増木支部長は、なんと、北川議員の選挙を長年にわたって仕切ってきた参謀でもあった。

バックラッシュ攻撃は、陰湿で組織的だった。誹謗中傷の噂を流す、嘘八百ビラを配る、男女平等行政を攻撃する指南本をつくる・・・。一例をあげる。

ある土曜の夜、私は豊中市役所の会議室に呼び出された。そこには、北川豊中市議会議員、そして彼が代表をつとめ、増木重夫が事務局長をする「教育再生地方議員百人と市民の会」の人たちがいた。この会は「日本会議」、「新しい歴史教科書をつくる会」と密接な関係を持つ右翼的組織である。顧問をつとめるのは、山谷えり子参議院議員だ。

そのひとたちの嫌がらせ的攻撃は、ほぼ3時間にわたった。最後のほうで、北川議員が要求を通そうとテーブルをバーンと殴打した。閉庁日夜のひと気のない豊中市役所廊下に、彼の強打した音が鳴り響き、人権文化部の部屋にいた幹部は「ここまで聞こえた」と言った。

後に、豊中市議会議員らのバックラッシュに屈した豊中市行政幹部によって首を切られた私は、1年後に大阪地裁に提訴。足かけ7年、最高裁で、私の勝訴が確定した。

裁判を通じて、在特会など日本の右翼的組織が、なぜわがもの顔に悪行を続けられるかがわかってきた。

右翼的組織と議員はもちつもたれつの関係にあるのだ。議員は、選挙の集票活動に右翼的組織がほしい、組織は悪行を通すために議員がほしい。

こうして、右翼的組織の無理難題は、議員を通して、行政へと伝わる。議員の言動に過敏な行政幹部は、右翼的組織による違法的言動だとわかっても、手を打たない。

私が経験した豊中市のバックラシュ攻撃は、一地方自治体の嵐というだけでない。日本列島を吹き荒れるファシズム的運動の一断面なのだ。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-12 11:29 | その他

c0166264_2312826.jpg今、ノルウェーで、ノーベル平和賞の受賞者のスピーチが行われている。

さて、受賞者2人がオスロに到着したのは月曜の夜だった。

グランド・ホテルにチェックインするときをつかんで、マララ・ユスフザイ(17)への単独インタビューを成功させたのは、ヘードマルク県のオーモット中学校の新聞員たちだ。

ネットTVを見ながら私なりに和訳する。インタビューアーはマリ・ビルケラン、15歳。

「マララ、あなたに闘い続ける力を与えたのは何ですか」

「父と母です。私が自信を持てるように育ててくれました。そして今は、シリア、パキスタン、ナイジェリアの少女たちです。彼女たちの話は、すべての女の子たちが教育を受ける権利に向かって闘い続ける力を与えてくれました。私は1人ではないと知りました。すべての少女たちが、自分の意見に従って立ち上がること、それはとても大切なことです」

「ノルウェーの子どもたちにメッセージはありますか」

「社会に不正があったら、権利が侵されていると知ったら、それに抗議の声をあげ、立ち向かっていくことが重要です。学問を続け闘い続けることです」

オ―モット市は、オスロから電車で1時間半。森林に囲まれた、人口5,000人に満たない小さな町だ。冬は零下20度に下がることもある。

1996年、私は初めてそこを訪れた。その時、市長が女性で、市議会議員23人中女性は13人だった。それ以来、何回訪問したことか。友人や知人をお連れしたこともある。

私にとって、第二の故郷のようなオ―モットの女子中学生がノーベル平和賞受賞者にプロ顔負けの取材をした。なんだか、とてもうれしかった。

同じ年頃の女の子からマイクを向けられたマララも、うれしかっただろう。

c0166264_23145148.jpg


Var de eneste som fikk intervjue Malala(オ―モット中学生がマララ取材に成功したことを報道するノルウェー放送Web版)
Malala håper på fine dager
マララの制服
Jeg er alle de 66 millionene jenter som ikke får gå på skole
北欧福祉社会は地方自治体がつくる(オ―モット市訪問記)
『男を消せ!―ノルウェーを変えた女のクーデター』(オ―モットに滞在して書かれた本)

【写真上:オ―モットのシンボル、木造の教会。下:オ―モット市内のサイン】
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-10 23:26 | ノルウェー

昨年より1ヶ月ほど雪景色が遅くなり、少し儲けもんの12月の秋田市です。

1昨年とほぼ同じ時に、またまた選挙が始まりました。

2012年の衆院選は大雪でした。しかも民主党への逆風まっただ中でした。
そんな大逆風の中で起きた昔の事とされてはならないと、
先月、秋田市で、三井マリ子候補秋田追放事件のビラ散きをしました。
「なんの裁判?」「まだやってるの?」との声が耳にはいってきました。

c0166264_1050484.jpg

三井さんの選挙で起きたことは決して繰り返されてはならない、
だから、秋田県民から消えつつある記憶を呼び戻さなくては、
こう思いながらビラを1枚、1枚手渡しました。

そうこうしていたら、12月はじめ、
三井さんが代表の民主党第3総支部に残った
政党交付金440万円余りを国庫に返還する事務が終わった---
というニュースがはいってきました。

衆院選から2年かかって、やっと第3総支部の残務整理を終えて、
政党交付金の残額を国庫に返すことができたということです。

普通のおばちゃんの私は、
「政党交付金っていったんもらってしまえば、国庫に返さなくていいのでは」
と、思っていました。

ところが、政党交付金は交付されたその年で使いきりが原則なのだそうです。
ただひとつ例外があって、「基金口座」を作ってそこに移しておけば
翌年も使えるのだそうです。
だから、政党交付金をもらった人はほとんど皆そうしているのだそうです。

三井さんは、落選後すぐ秋田を追い出されてしまいました
ですから、「基金口座」に残したおカネを翌年に使える可能性は
三井さんにはなくなりました。
使えるのは、三井さんを秋田から追い出した人たちだったのです。

これに疑問に思った三井さんが、さまざま手をつくした結果
政党交付金の国庫返還という、世にも珍しいことが行われたというわけです。

でも、裁判はまだ続きます。
三井さんが経験したような事が二度と繰り返されないよう 
立候補した皆さん、サポートの皆さん、正々堂々戦い抜いて欲しいと思います。

 
佐々木厚子 さみどりの会(注、Moreをクリック)

More
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-10 18:22 | 秋田

c0166264_21195040.jpgスウェーデンは、今秋、久しぶりに社会民主党党首が首相となった。ところが、少数与党を率いる首相スティファン・ロベーンは、政府予算案が否決されていまい、議会解散を表明した。

大喜びするのは、政府予算案を否決した極右の民主党ではなく、国会に議席をまだ持たないフェミニスト党だ(写真上)。フェミニスト党は、前回選挙の票に6万票上乗せすると、一挙に17議席誕生となるらしい。

ノルウェーの有力紙アフテンポステンによると、フェミニスト党創設者のGudrun Schymanは、今、スウェーデン政界の最大の争点は、極右政党がしがみつく移民反対問題であり、移民に寛容な制度を求めるフェミニスト党こそ、正しい方向に政策のかじ取りができると強調する。

スウェーデンは世界1、2の男女平等国家だ。国会における女性議員も43.6%だ。日本からしたら夢のような男女平等国に、なぜフェミニスト党が台頭するのかといぶかしく思うかもしれない。しかし、男女平等社会に近づいているからこそ、その先の、さらなる平等の実現を求める潮流が生まれる、と見ていい。

c0166264_21204459.jpg同じ国会の女性問題だが、お国変わると扱われ方が全く違ってくる。

中東のイスラム社会ヨルダンの国会で、女性をめぐって激しい議論が繰り広げられた。BBCによると、女性国会議員al-Fayezは、男性議員al-Saudから「座りなさい」と命じられたが、座らなかった。

すると激こうした男性議員は、「クオータで国会にいるすべての議員に神の報復あれ」と脅した。

さらに彼は、「神は、女性を化粧して夫のために料理をするように創りたもうた」と告げた。

ヨルダンは、クオータ制によって国会の105議席中15議席が女性に割り当てられている。通常の選挙によって女性が3人当選したため、現在、国会に女性は18人、17%いる。

ヨルダンの、この女性侮蔑国会中継がYouTubeで流れている。男性議員がものすごい剣幕で怒鳴りちらしている。大勢の男性議員のなかに女性がたった1人、果敢に闘っている。(写真下.黄色マル以外全て男性)。

以上、世界のホットニュース。日本の国会がどちらに近いか、それは言うまでもない。

Svenske feminister jubler over ny valgsjanse
#BBCtrending: The political gender spat that sparked endless memes in Jordan(ヨルダンの女性侮蔑国会中継YouTubeはlここ)
https://www.facebook.com/video.php?v=899750403377196
フェミニスト党EU議会に当選
アバのベニー・アンダーソン、フェミニスト党を支援
アテネ宣言
[PR]
by bekokuma321 | 2014-12-06 21:22 | 北欧