9月議会が始まろうとしている矢先、日本に、女性ゼロ議会がまたひとつ増えた。

2014年8月、徳島県藍住町議会の一角を占めていた唯一の女性議員がいなくなったのである。その結果、議場は背広にネクタイ姿ばかりとなってしまった。

[クリックすると拡大される]

藍住町は、吉野川の下流北岸に位置する。人口は3万4千人余り。町の議員定数は16。先月まで16人いたが、現在議員は15人。欠員1。その欠員欄に先月まで記載されていた議員――その名は西岡恵子。4期連続当選を果たしたベテラン議員だ。

その西岡を、町議会議員が議員資格を問う議会内の委員会にかけて、「光熱水費が少なすぎる、そこに住んでいないに違いない、だから被選挙権がない」と決めつけた。7月のことだった。

c0166264_2019845.jpg8月11日、藍住町で臨時議会が開かれた。徳島市の諏訪公子から、メールが届いた。諏訪は、徳島女性協議会会長として、長年、男女平等社会めざして汗を流してきた女性運動家だ(写真:左から4人目)。

 「今日、藍住町議会を傍聴してきました。西岡恵子議員は失職です。傍聴席は満席と職員から言われ、別室のモニター室で画面を見ての傍聴でした。西岡議員は立派に答弁し、三井マリ子さんのメッセージも読み上げました。それに反して、失職賛成派議員が、人権を口にした時はモニター室に失笑が漏れました。西岡議員を失職させる、が前提にあって、光熱費云々をこじつけているとしか思えませんでした。西岡議員は、徳島県へ不服の審査申し立てをするとのことです。今月末と思います。」

日本の地方議会には、この徳島県藍住町のように女性議員がただの1人もいないところが、数多くある。諏訪公子は、まずは徳島県内の女性議員を増やそうとがんばってきた。8月11日、矢も盾もたまらず藍住町に足を運んだという。

全国フェミニスト議員連盟「ゼロ撲」(増やせ女性議員!なくせ女性ゼロ議会キャンペーン)が定期的に調査している。それによると現在、日本列島の4,5つに1つが女性ゼロ議会だ。この恥ずべき日本の現状が、さらに悪いほうに更新されてしまった。

世界の男女平等をリードする北欧ノルウェーでは、女性地方議員率は全議員の約40%だ。それでも「人口に比べ少なすぎる」と、女性たちは50%をめざす。そのノルウェーは、今から27年前、1987年の統一地方選で、女性ゼロ議会を一掃した。それを成し遂げたのは女性たちの運動だった。
c0166264_1335873.jpg
            (女性候補への投票をよびかける80年代ノルウェーのチラシ)

まるで魔女狩り――徳島県藍住町の紅一点議員追放事件
唯一の女性議員を追放した藍住町議会
アテネ宣言
[PR]
by bekokuma321 | 2014-08-31 13:11 | その他

c0166264_21395575.jpg

ヘッレ・チュンは、大きなおなかをつきだしてパソコンに向かっていた。

私が訪ねたのは8月8日(金)の昼ごろ。8月初旬は、夏休み休暇を取る人が多く、彼女は1人でさまざまな仕事をこなしていた。午後1時半ごろ、男性職員が、「息子のサマースクールを見にいくので・・・さよなら」と、ヘッレにあいさつして職場から出て行った。

彼女が働くのはノルウェー・ジャーナリスト協会事務局。オスロの目抜き通りにある。

ジャーナリスト協会のフルタイム職員に雇用されて6年になる。その間、2度、妊娠出産。育児休業を取りながら働き続けてきた。

ヘッレは、この職場に移る前に3人の子どもを出産した。長女を出産したのは大学生の時だった。大学内の保育園(オスロ大学;写真下)に子どもを預け、がんばってきた。

現在15歳、13歳、10歳、6歳、1歳と5人の子どもの母親だ。

フルタイム勤務を安心して続けられるのは、誰もが比較的簡単に入れる保育園がたくさん整っていることと、パパ・クオータと呼ばれる父親育児休業があるからだ。

ヘッレの夫も、今、パパ・クオータ中だ。末っ子(1歳)の子育てと家事にいそがしい。申請した12週間(3か月だ)の育児休業は、もうじき終わる。

6人目の子の出産予定日は9月12日。ヘッレは、8月下旬から母親休業にはいる。そして1年間の育児休業をとった後、またフルタイム勤務に戻る。

ヘッレのようなワーキング・マザーの輩出を可能にしているのは、がっちりと整ったノルウェー社会のサポートシステムであるのは間違いない。そして、こうした女たちの存在が、ノルウェー経済を支え、ノルウェー社会を多様で豊かにしてきた。

それにしても、土台は、何といっても女性たちのやる気だ。フレーッ、フレーッ、ヘッレ!
c0166264_22292459.jpg

Norsk Journalistlag
パパ・クオータが減る
父の日に
シングル・マザー、107倍の難関に合格
世界で最も家事をしない男性は日本人
女性が働きやすい国、日本はブービー賞
男女平等大臣、クオータ制反対を公言
パパ・クオータ、7月1日から14週間に
ノルウェー、父親の育休14週間に
ノルウェー女性運動、バックラッシュに勝つ
ハンディをハンディと感じさせない社会
Gender in Norway National Legislation

●下(More)はノルウェー在住の日本人「子育て体験記」

More
[PR]
by bekokuma321 | 2014-08-25 07:50 | ノルウェー

c0166264_12485925.jpg「ノルウェー教員の拘束時間は、ヨーロッパでは長いほうである」

今朝、アフテンポステン紙は、こう、欧州委員会の調査結果を報道した。

ノルウェーでは、「1日7時間半学校にいること」とする当局案に反対して、教員がゼネストをしている。

ストは、労働組合の強い北部地方から7月に始まった。ノルウェーの新学期8月現在、全土に及んでいる。今朝のニュースは、ストで闘う教員には願ってもない情報だ。アフテンポステン紙は最も権威のあるメディアの一つで保守系。

引用された国際比較は、「ヨーロッパにおける教員と教員幹部の基本データ」。欧州委員会から2013年に出された。

c0166264_0273179.jpgそれによると、教員の拘束時間を決めている国は、わずか3分の1にすぎない(上記のp75-77)。1週間の平均拘束時間は、アフテンポステン紙によると、こうだ。

ノルウェー   30
スウェーデン  31
フィンランド   13~20
アイスランド  20
スコットランド  28
イギリス     32
ポーランド   16
トルコ      23

一方、前回FEM-NEWS:教員ストに見た「北欧モデル」を読んだ日本の友人から、「我が子を通して見た公立学校や教職の友人たちから聞かされた話から、いつも10時間は拘束されている」と、フェイスブックに投稿があった。

日本の教員は1日10時間、つまり1週間に50時間も学校内で働かされているようだ。話にならない。

長いこと教員をしていた私は、都立駒場高校を最後に教員を辞した。その実体験からすると、クラスに出て生徒と向き合う時間のほか、クラブ指導や、生徒への個別指導、家庭訪問、翌日の教科準備、教職員会議など、時間がいくらあっても足りなかった。私は熱心な組合員だったので、組合運動にも時間が必要だった。

国際的に見ても、恐ろしいほど時間をとられている日本の先生たち。これでは先生たちが心身ともに病んでしまうのは当たり前ではないか。

教員の労働条件は、生徒の未来を決める。先生が病んでいて、どうして生徒が元気になれるだろう。

ノルウェーの先生たちは、「スト決行中」のTシャツをまとい人間の鎖で当局の建物を囲んだり(写真)、町に出てデモをしたり、集会をしたり、「生徒の未来のために」闘っている。

そんな姿をテレビで見ながら、教員の労組を目の敵にし、さらには教育基本法改悪を先導した「日本会議」の幹部右翼政治家を首相に選んだ国の未来を思い、ムカムカしてきた。

Norsk skole i utakt med resten av Europa
Tror på løsning – venter med opptrapping
Norge på Europa-toppen i binding av tid
Key Data on Teachers and School Leaders in Europe
教員ストに見た「北欧モデル」
スウェーデン日刊紙 日本の危機を特集
北欧に対する偏見
再犯率の最も少ない国の刑務所
[PR]
by bekokuma321 | 2014-08-22 23:15 | ノルウェー

c0166264_12465650.jpgノルウェーで、8月18日(月)から、何万人もの公立学校の教員がストにはいった。

ほんの少しの例外を除き、ノルウェーの学校はすべて公立だから、全土が影響を受ける。幼稚園から大学までだ。

ことの始まりは、だいぶ前のようだ。公立学校の管理側にあたる「ノルウェー地方問題局」(KS)が、「教員は一日7時間半、学校にいること」という新しいルールを出した。それに、教員組合代表は一端賛成して協議は終わった。

しかし、ノルウェーはすべてが当事者同士の話し合いで決まる。組合幹部が当局と決めても、重要な政策は、労働組合員1人1人が最終決定をする。

どうするか。労働組合は、インターネットで全組合員に「賛成」「反対」の投票機会を設けるのだ(写真右下)。組合員はチェックをするだけでいい。もちろん匿名だ。

つまり“国民投票”だ。たとえば、EU加盟がいい例だ。政府はEU加盟を決定したものの、国民が国民投票で「ノ―」を突き付けたため、ノルウェーはいまだにEUに加盟していない。

c0166264_18183339.jpg今回は、一般教員の7割以上が「一日7時間半、学校内に勤務すること」とする新ルール導入に反対の投票をした。

国の仲介役が中に入って双方の協議が続けられた。しかし歩み寄りはなかった。「教員が教員でありつづけられるかが、問われてる。絶対に譲れない」と労働組合員は語る。

どの県・市のどの学校がストに入るかは、教職員組合の幹部が決める。小学校はできるだけさける、などの対策はとられているようだ。

ノルウェーは、パパもママも共働きが当たり前だ。小さな子どもを持つオスロに住む友人はこう言った。

「教員が7時間半学校にいなければならないなんてバカげてる。労組の決定を支持する。でも、オスロは別組合なので今回ストに参加していない。正直、助かる。ストにはいる学校の子の親は『おばあちゃんに来てもらう』と言ってた」

夏休みが終わって新学期が始まったが、生徒たちの自宅学習は続いている。

首相アーナ・ソールバルグ(保守党党首)は、ストのなかった学校の新学期に顔を見せ、こうメディアに語った。

「教員のストは合法です。私たち政府が介入できることはありません」

教員ストに、ノルウェー民主主義の一端を見た。「北欧モデル」を今こそ日本は真剣に学ぶべきだと思う。

Nei til avtale – lærerne går ut i streik
Lærermytene
5500 lærere demonstrerte i Trøndelag
Dette må gjere inntrykk på KS
Utdanningsforbundet
世界一民主的な国
世界一民主主義の国はノルウェー、日本は22位
[PR]
by bekokuma321 | 2014-08-20 06:21 | ノルウェー

阿波踊りで、にぎわう徳島。その徳島県藍住町のたった1人の女性議員西岡惠子議員の失職が決まった。

8月11日、臨時議会が開かれ、資格審査特別委員会から出された議案が賛成多数で可決成立したのだ。

徳島県で女性への暴力根絶のために活動を続ける東條恭子さんは、議会を傍聴した。彼女からメールが届いた。

「『西岡さんの光熱水費の使用が少ないから、藍住町に居住している裏づけがない』と、結論付けた資格審査特別委員会。その委員会の決定に対して、全議員15人のうち11人が賛成の起立をしました」

東條さんは、人権問題・環境問題に造詣の深い西岡議員の仕事ぶりを高く評価する。西岡議員は、女性への暴力根絶をめざして、東條さんたちとともに活動してきたという。だから東條さんは、議会の動きに疑問を抱き、委員会にかけられる前にまっさきに抗議の声をあげた。東條さんは言う。

c0166264_83316.jpg「西岡さんが男性だったらこんなことは起こらなかったのでは。封建的な女性軽視・蔑視体制を何とかしなければ」

藍住町は、女性が男性と同じパートナーとしてあらゆる分野に参加できるようにする・・・、などと定めている。立派な印刷物も出ている。「男女共同参画プラン」だ。

男女共同参画プランは、国の法律「男女共同参画社会基本法」や、日本政府が批准した「女性差別撤廃条約」にのっとって作られた。

「男女共同参画社会基本法」や「女性差別撤廃条約」に流れるのは、「男が決め、女は従う」とされてきた性役割分業社会は歪んでいる、だから変えよう、という精神だ。

東條さんが取り組んでいる女性への暴力も、この歪みと関係がある。「男は上で、女は下」とみなす男性はまだ多い。そういう男性は、女性は自分の所有物だから何をしてもいいと考えがちだ。つまり、こうした男と女の間の支配構造が変わらない限り、殴打され殺害される女性は後を絶たない。

藍住町の今回の決定 (光熱水費が少ないので在住してない、だから議員資格なし)に、似たような暴力性を、私は感じてしまう。

藍住町の男性議員には、「男が決め、女は従うもの、女にはこのくらいのことをしてもどうってことはない」と思っている人が多いのではないか。

とはいえ、徳島の女たちの怒りののろしは、消えないだろう。かならずや徳島を変えてゆくに違いない。

まるで魔女狩り――徳島県藍住町の紅一点議員追放事件
光熱費が少ないから・・・と、町内に住んでいないと決めつけ(矢澤江美子ブログ)
徳島県藍住町議会への抗議文(斎藤うめ子ブログ)
[PR]
by bekokuma321 | 2014-08-13 08:43 | その他

c0166264_531576.jpg「この太ったブタめ」

「ペニスに飢えたフェミニスト」

「お前なんか強姦されてしまえ」

女性に対して投げつけられた残酷なセクハラの数々だ。

1番目の言葉以外は、私も同じ捨て台詞を受けたことがある。しかし、実は上の3つの差別言葉をあびせられたのは、日本の女性ではない。ノルウェーの女性だ。

ノルウェーは、政財界での女性の活躍度で、世界1,2を誇る。首相をはじめ大臣の半数、国会、県会、市会の約4割が女性だ。

1番目の言葉を投げつけられたのはノルウェー首相アーナ・ソールバルグ、2番目は野党国会議員、3番目は与党国会議員だ。それぞれ自らが、これまで受けたセクシャルハラスメントを明らかにした。

この企画は、ノルウェーの有力メディア「ヴェー・ゲーVG」による。ノルウェー社会を動かす代表的女性9人から、彼女たちのセクシャルハラスメント体験を引き出して、特集を組んだ。

「ともに闘おうーー残酷なセクハラハラスメント」。ジーンと来るタイトルだ。女性と男性の記者3人による共同取材であるところもいいなぁ。

女性が政界や実業界で活躍していても、セクハラはなかなかなくならない。あらゆる場面で男女平等がなしとけられない限り、根絶は難しいのだろう。だからこそ、事態を深刻にとらえ、社会に警鐘を鳴らす必要がある。その担い手は、メディアのはずだ。

日本のメディアは、どうだ。

Den brutale hetsen
Oss fitter og horer imellom
Slik blir de hetset på nett
オスロ副市長「私は強姦されました」
ノルウェー新内閣は保守連立男女半々内閣
女性2人が担うノルウェー新政権
ノルウェー国会のセクハラ
トニーの性差別
『セクハラ110番』(集英社、三井マリ子)
[PR]
by bekokuma321 | 2014-08-12 05:51 | ノルウェー

c0166264_6145062.jpgコーレ・ウィロック(Kåre Willoch) は、ノルウェーの元首相で保守党元党首。保守党は、日本の自民党に当たる。

85歳の今も、ウイットに富んだ辛口評論で、マスコミに頻繁に登場する。彼の発言は、保守党政策に強い影響を与えるだけでない。国民が最も信頼する政治家の1人であり、多くのノルウェー人に考えるヒントを与え続けていると言われている。

1980年代。彼の率いたノルウェー政権は、イスラエル寄りだった。しかし、後、彼はパレスチナ自治区擁護へと政治姿勢を変えた。

最近も、新聞で、イスラエル軍のガザ自治区攻撃に対して、辛辣な批判を展開した。要訳するとーー

「まったく無意味でグロテスクな襲撃だ」

「イスラエルに自衛権はある。しかし、イスラエルがガザ地区の封鎖を断念して占領をやめるなら、パレスチナとイスラエルの憎悪に次ぐ憎悪にピリオドを打つことになることをイスラエルはわかっているはずだ。危機の原因は封鎖と占領である。つまりそこにこそ解決が存在している」

「イスラエルの国内でも国外でも、イスラエル政府を批判するユダヤ人がどんどん増えている。そこに一縷の希望の光がある」

ウィロック元首相の発言は、パレスチナ問題にとどまらない。シングルマザーや、その子どもたちに対する支援の充実を口酸っぱく語る。あるノルウェー紙上では、ノルウェーの誇る歴史上の著名人を、身近な女性との関係から、片っ端からこう批判的に述べている。

●戯曲『人形の家』で女性の自立を描いた文豪ヘンリック・イプセンは、愛人に産ませた子どもにむごい仕打ちをした。

●ノーベル文学賞を受賞した作家クヌート・ハムソンは最初の妻と2番目の妻に対して奇妙な態度をとり続けた。

c0166264_6152344.jpg●世界を股にかけて波乱万丈の生涯を送ったバイオリニストのオーレ・ブルは、妻と子どもたちを孤島に置き去りにした。

コーレ・ウィロック元首相にはパレスチナ人と結婚している娘がおり、彼女は共産党支持者だという。また、ダウン症の子どもを持つもう1人の娘は、外務省勤めのかたわら、障がい者運動にとりくんでいる。

保守党重鎮の、弱者への慈愛あふれる視点は、娘たちの生き方が影響していると見るのは、私だけではないと思う。

Willochs versjon
Bombingen er meningsløs og grotesk 
Willochs verdier
ガザ地区、ナイジェリア北部に緊急援助
世界一民主的な国
世界一民主主義の国はノルウェー、日本は22位
「ノルウェーが幸運なのはノルウェー女性がいるからだ」―首相
9月にむけて、選挙運動始まる ノルウェー
ノルウェーは今日、スクール・エレクション
移民女性のための移民女性による選挙キャンペーン
[PR]
by bekokuma321 | 2014-08-09 06:23 | ノルウェー

c0166264_612339.jpgイギリスの閣僚サイーダ・ワルシ (Sayeeda Warsi)が、辞任した。

8月5日の朝、サイーダ・ワルシは、ツイッタ―で、「政府のガザ政策をこれ以上支持することはできません、とキャメロン首相に、今朝、辞表を提出しました」と、公表した。

イギリスメディアによると、辞表には、「ガザ地区の危機に対するイギリス政府の対応と表現は、道徳的にまったく弁解の余地のないものです」と痛烈な批判が書かれていた。

敢然と1人、政府内から批判ののろしをあげた勇気をたたえたい。

1971年生まれのイスラム女性サイーダ・ワルシは、パキスタン移民の娘で、弁護士。白人男性が目立つキャメロン内閣にとって、彼女の存在は、多様性と寛容さのシンボルでもあった。

パレスチナ自治区ガザに侵攻しているイスラエル軍は5日、7時間の人道的休戦を行うと発表した。遅すぎる。すでにガザ側の死者1800人以上、負傷者約1万人。うち約7割が市民で、18歳未満の死者は350人以上だ(朝日新聞)。

Lady Warsi resigns over UK’s ‘morally reprehensible’ stance on Gaza
Cameron rejects Warsi criticism over Gaza
In full: Warsi's resignation letter and PM's response
[PR]
by bekokuma321 | 2014-08-06 06:14 | ヨーロッパ