7月22日、日本の小さな町で魔女狩りのような事件が起こった。

所は徳島県藍住町。吉野川の下流北岸に位置する。人口は3万4千人余り。

その町議会で唯一の女性である西岡惠子議員(写真)が、議員職を奪われることになった。

いったいなぜこんな事が起こったのか。

c0166264_051737.jpg魔女裁判のような判定をくだしたのは、資格審査特別委員会だ。議会内に設立されている。

西岡議員の資格に問題があるとする議案が資格審査委員会に出された。何回か審議があり、7月22日、失職を可決した。理由がふるっている。「生活実態がないから、選挙区に住んでいない、よって被選挙権がない」。

西岡議員は、プライバシーをすべて公開した。水道使用料と電気代が一般に比べて非常に少なく、ガス代なし、だった。見方によっては、エコ時代にふさわしい倹約家だと称賛される暮らしぶりだ。

ところが、藍住町議会の特別委員会は、自宅の水道光熱費が少なすぎる、だから、そこで暮らしていないに違いないとして、西岡議員の失職議案を賛成5、反対3の多数決で決めたのだ。

別の言い方をすれば、彼女を追放するために5月から計16回も会議を開いたものの、少なすぎる水道光熱費以外、何の疑念も探し出せなかったことになる。恥を知れ、と言いたくなる。

西岡議員を支援する女性団体や、徳島県の女性議員を増やす活動をしてきた諏訪公子さん、高開千代子さんらから背景を取材した。西岡議員は町長に反対する議員の1人。多数派から目の敵にされてきたようだ。

藍住町には、女性議員は、16人中、西岡議員ただ1人しかいない。西岡議員は当選以来、環境問題、高齢者介護問題、女性への暴力問題などの難問に果敢に取り組んできている。

水道光熱費が少ないという理由にならない理由で、町民が選んだ議員の職を奪い取ることができるのだろうか。そもそも、「西岡議員は選挙区に住んでないのでは」という近所の噂から始まったらしい。まるで魔女裁判のような資格審査委員会なるものの機能や権限に、強い疑問を持った。

 [徳島新聞 2014.7.23 クリックすると大きくなります]

委員会は、「西岡議員の議員職はく奪」判定を下したが、あきらめずに抗議をしよう。最終決定は今後の本会議だ。

抗議先は 藍住町議会事務局(藍住町合同庁舎5階)
〒771-1292 徳島県板野郡藍住町奥野字矢上前52番地1
電話:088-637-3127 ファクシミリ:088-637-3156
メール:gikai@town.aizumi.tokushima.jp

下(More)は、7月19日に筆者が出した要請・抗議文。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-30 00:22 | その他

c0166264_1954239.jpgノルウェーは、世界の危機対応がすばやい。

イスラエル軍の攻撃で、るいるいたる死傷者が出ているガザ地区。各国の利害対立があり、停戦調停はいっこうに進んでいない。

そんななか、先日、ノルウェー政府は、人道的支援金3000万クローネを拠出した。日本円で5億円近い。ブルゲ・ブレンデ外務大臣(保守党)は、病院の新設と救急医療体制の充実に使われると、発表した。

もうひとつ。ノルウェー政府が、ナイジェリア北部に、1000万円クローネ(約2億円)の資金援助を決めたのは、5月中旬だった。

ナイジェリア北部で、イスラム原理主義者「ボコハラムBoko Haram」によって少女たちが200人以上誘拐されたのは、4月だった。ノルウェー政府の支援の目的は、①少女たちが安全に通学できるよう、②少女たちの誘拐によって苦しむ地域社会の助けになるように、というもの。

ブルゲ・ブレンデ外務大臣(写真中央の男性)はこう発表したーー「少女たちを誘拐したボコハラムの残忍な行為を、あらん限りの言葉で非難します。私の心は少女たちとその家族とともにあります」

2つとも、ノルウェー政府のプレスリリースより要訳した。

加えて、7月12日の報道によると、ノルウェー政府は、さらに、ナイジェリア政府に対して1500万ドルの拠出を決めた。日本円にして15億2000万円。

こちらの資金は、ナイジェリアの妊産婦死亡を減らす目的に使われるという。世界の妊娠や分娩後の母体の死亡者は毎年36000人に上ると言われるが、ナイジェリアはその13%を占める。

北海油田を持つノルウェーの資産は豊かだ。それに税金は高い。所得の約半分がなくなってしまう、という。でも、国の資産や税金がこのように使われるのだったら、国民も納得するだろう。

それに、女性が、国会も地方議会も約4割を占めるノルウェー政界ならでは、と思ってしまう。おっと、忘れてならないのは、ノルウェーは首相も財務大臣も女性、閣僚の半分は女性だ。国の方針決定を男性だけに任せてなどいないのだ。

日本政府が、こうした分野で世界貢献をしたという話は、聞かない。自国民の半分を第2級市民にしたまま平気な政府が、他国で苦しむ女性たちや子どもたちへの支援に腰をあげるはずなどないか。

Norway provides NOK 30 million for emergency aid in Gaza
NOK 10 million to girls’ education in northern Nigeria
Norway Offers Nigeria $15m Grant for Maternal, Child Healthcare
「少女らの誘拐は神の意志」 
「世界の母親レポート」、日本32位 
世界一民主的な国
最も再犯率の少ない国ノルウェーで今
「ノルウェーが幸運なのはノルウェー女性がいるからだ」―首相
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-21 19:10 | ノルウェー

c0166264_910689.jpg夏真っ盛り。野外ロックコンサートやジャズコンサートも真っ盛り。

ところが、ところが、楽器を演奏するバンドを見ると、バンドメンバーは世界中、圧倒的に男性だ。フーム...

その音楽界のジェンダーに切り込むのは、ノルウェーのNRK(日本のNHKにあたる)。人気歌手のインタビューで浮かび上がらせるところが、にくい。要訳して紹介する。

―スウェーデンの人気歌手ヴェロニカ・マッジョ(Veronica Maggio、33)は、子どものころ、音楽バンドは「男のもの」だと教わった。だから、彼女は、将来の世代にはそうならないように自分たちが頑張らなければいけないと信じている。

―ヴェロニカ・マッジョは、サマーフェスティバルも、男女平等ではない、と思う。子どものころから、女の子はかわいらしく、男の子はタフであれと言われながら育ってきている。だから、男女平等のカルチャーをつくりあげるには、私たち若い世代が今どう動くかにかかっている。

―ヴェロニカ・マッジョは、ポップコーロ(Popkollo)というバンドと一緒に歌うことが多い。ポップコーロは、スウェーデンの12歳から18歳の女の子だけで構成されるバンドだ。2006年、音楽バンドに女性を増やすことを目的にできた。ノルウェーにあるラウドと呼ばれる、11歳から17歳の女の子だけのバンドのスウェーデン版だ。

―音楽バンドは男性がするものというふうに育ってきても、ポップコーロにはいると、女の子は自信をつけていく。ベースもドラムだって演奏できるんだ、と女の子たちは教えられる。

―音楽ツアーやイベントで、楽屋などを歩いていると、よく「誰のガールフレンド?」と聞かれたり、「どのバンドのグルーピ―?」と言われたりする。

ー女性だけの音楽バンドは、「女のバンド」と呼ばれる。男性だけのバンドは「男のバンド」と呼ばれないのに。

ノルウェーやスウェーデンの政界は、世界がうらやむ女性進出をなしとげてきた。しかし、音楽界はまだらしい。では、どうしたらいいか。指をくわえたまま黙っていないのが北欧諸国だ。スウェーデンもノルウェーも、男性に偏った音楽バンドを打ち破るために、政府肝いりで、女の子だけのバンドを創設させ、力を注いでいる。ウン年後の音楽シーンが楽しみだ。

Skjevheten starter tidlig
Popkollo
Loudcamp
シャルロット・チャーチのポップ界批判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-20 09:25 | ノルウェー

ブラジルでのワールドカップが終わった。世界の目がブラジルの地に注がれていた。

日本のワールドカップ・サイトには、ブラジル女性をはじめ女性の顔がたくさん載っている。題して「美人サポーター」。英訳は、2014 FIFA World Cup Brazil Beaty Girls だそうだ。

そのサイトの右下には、「美人サポーターランキング」があって、サッカ―を応援する女性の顔が、獲得ポイントごとに1位、2位・・・と上から順に陳列されていた。闘うのは男のみ、「女は顔」だといわんばかりだ。

しかし、開催国ブラジルに目を向けると、大統領ジルマ・ヴァナ・ルセーフ(1947年生)をはじめ、闘う女性が多い。ルセーフ大統領は、若いころ、反軍政の地下運動で2度も投獄されたという。

私の所蔵する1枚のブラジルのポスターから、もうひとつのブラジルを追ってみた。

c0166264_1323281.jpg


オランダ対オーストラリア、ドイツ対アルジェリアの試合があったのはブラジル南部の大都市ポルトアレグレ。ブラジルを代表する港町で、140万人が住む。

このポスターは、そのポルトアレグレ市がつくった。

2002年1月29、30日「参加型民主主義と女性」と題する国際会議。会場はポルトアレグレ市議会議事堂。ポスターの真ん中のマイクの影が“メスマーク”だから、女性の声を届けるための会議だろうと察しはつく。

ワールドカップの日本のホームページで女性が登場する欄は、「美人サポーター」と題されているが、この国を一皮むくと、闘う女性が現れるのである。

続きは、「叫ぶ芸術:サッカー王国の闘女たち(ブラジル)」 by I 女性会議を。

ワールドカップとジェンダー:ドイツ首相のスピーチ
ワールドカップとジェンダー
なでしこ一般席、男子チームはビジネスクラス
日本サッカ―協会を変えるか、日本女性の世界制覇
日本女子サッカー、強豪ドイツを破る
JOC、女子ボクシング出場機会奪う
女子サッカー選手を「オンナ」と呼ぶ週刊朝日
日本女子サッカ―、世界の頂点に
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-16 09:57 | 中南米

c0166264_22223750.jpg作家であり、反人種差別運動家ナディン・ゴーディマーが亡くなった。享年90歳。

ガーディアン紙の追悼記事を翻訳する。

「1923年、南アフリカ生まれ。10代から物を書き始め、第2次世界大戦の真っ最中に20代をすごした。アパルトヘイト政策が施行された時、25歳だった。ナチスの人種差別政策に反対した連合側の闘いと、後の南アの首を締める金具のような人種差別政策、この相矛盾する現実が、若くて政治的に敏感な作家を摩耗させた」

南アフリカのアフリカーナと呼ばれる白人は、オランダ、フランス、ドイツから移住してきた人たちだ。彼女はユダヤ系の裕福な家庭に生まれたアフリカーナ。彼女の生涯にわたる反アパルトヘイト闘争の原点だ。

地下組織だったANCに入党し、ネルソン・マンデラと自由を求めて闘った彼女は、後、そのANC内部の腐敗に敢然と立ち向かった。痛烈にANCを批判する彼女を、偶然ネットTVで見た。3年前だった。

さきほど、ガーディアン紙の写真集を見ていたら、闘いのこぶしを高々とあげるナディン・ゴーディマーがいた。70歳ごろだろうか。隣にいた男性はネルソン・マンデラだ。

ナディン・ゴーディマーの、臆することなく闘い続けた人生に、心から敬意と愛を捧げます。

Nadine Gordimer, novelist and anti-apartheid campaigner - a life in pictures
Nadine Gordimer: evergreen, ageless and an inspiration to all writers
ナディン・ゴーディマ―、南アを語る
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-15 22:23 | アジア・アフリカ

c0166264_10433237.jpg2014年ワールドカップは、ドイツ優勝で終わった。サッカー音痴の私だが、家族につられて見ていた。

ドイツ首相アンゲラ・メルケルは、ブラジルに飛んで熱烈応援をした。

このメルケル首相、だいぶ前のニュースだが、なかなか優勝にたどりつけないドイツ男性チームをこんなふうに励ましたことがあった。

「ドイツの女性サッカーはもう世界一になりました。女にできて男にできないわけなどありません」

さすが女性首相! メルケル首相のこのスピーチは、ドイツ開催が決まっていた2006 年の前年2005年末のことで、ドイツ女性チームが、2003年の女性ワールドカップで優勝したばかりだった。

首相メルケルは、2006年1月、ドイツ紙「Bild am Sonntag」のインタビューで、再びこう語った。

「私たちドイツ女性は、サッカーで世界のトップに立ちました。ヨーロッパ女性ワールドカップの最終戦は、ドイツの2つのチームで闘っています。なのにドイツ男性は、夢を見ているだけです」

しかし、2006年、開催国の首相の熱烈観戦にもかかわらず、ドイツ男性サッカーチームは、第3位に終わった。

というわけで、昨日、メルケルがドイツ初の女性首相に就任以来、ドイツ男性は初めて世界チャンピオンとなった。やっと、首相の期待どおり、ドイツ男性は、ドイツ女性の偉業に追いついたのだ。

さて忘れてならないのは、その強豪ドイツ女性チームを破って世界チャンピオンとなったのは日本の女性サッカーチームなでしこだ。世界が驚嘆し、ほめたたえた。一方、日本男性チームの惨めさは国内外の誰もが知っている。

「日本の女性にできて日本の男性にできないことはない」 とつぶやいてるのは、私だけではないだろう。

Neujahrsansprache: Merkel will Optimismus verbreiten
An interview with Theo Zwanziger: the future of football is female
Football interview with Angela Merkel: "Be fully fit at the right time –and anything is possible"
ワールドカップとジェンダー
なでしこ一般席、男子チームはビジネスクラス
日本サッカ―協会を変えるか、日本女性の世界制覇
日本女子サッカー、強豪ドイツを破る
JOC、女子ボクシング出場機会奪う
女子サッカー選手を「オンナ」と呼ぶ週刊朝日
日本女子サッカ―、世界の頂点に
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-14 10:51 | ヨーロッパ

7月8日のイギリス国会下院でのスピーチが大きな話題を呼んでいる。

スピーカーはハリエット・ハーマン(1950年生)。イギリスの国会議員。労働党副党首。フェミニスト。労働党政権時代は男女平等・女性大臣などを歴任した。重要な部分を紹介する。

c0166264_8461246.jpg―ゴードン・ブラウン政権時代、私は女性であるために、副首相という高官にあっても、隅に追いやられた。たとえば、G20サミットでは首脳陣の妻たちとの夕食に参加させられただけだった。

―私は、厳しい小選挙区を勝ち抜いて、副首相となった。しかし、ジョン・プレスコット副首相(男、前任者)の後を引き継いだわけではなかった。もしも副首相が男性だったらどうだったか? 私の受けた仕打ちを彼は我慢しただろうか。そうは思えない。

―私と似たような仕打ちを他の職場でされたら、労働裁判所への提訴ものだろう。

―政権のトップの座についても、男女平等には扱われない。

―議員たちは、自分が変わることなど思ってもいないで、男女平等を公言しがちだ。

―私は、あまり女性問題を″打ちかまさない“で、目立たないようにしたほうがいい、社交的な女性だと見えるように居酒屋をぶらついたほうがいいと男性の同僚たちから忠告を受けた。

―不平等をそのままにしておくには、平等は反対だなどと公言しなくてもいい、不平等の現状を変えようとしない人を政治権力の場に据えさえすればいい。

―いまだに女性の国会議員は、結婚しているかいないか、出産したかどうかという履歴で判断される。男性議員にはありえないことだ。

―もっと労働者階級出身の女性が議員に増えたほうがいい。政治に、女性・民族・階級からの代表者を産み出すようになるまで、まだ長くかかる


このところ、都議会のセクハラ野次で、何回か取材を受けたため、都議会議員だったころの数々の性差別がよみがえった。上のハリエット・ハーマンのスピーチには、都議会議員だった私が受けた侮蔑体験とほぼ同じものがいくつかある。

民主主義の母国といわれるイギリスでさえ、政界にはこれほどの男尊女卑がはびこっている、と見るか、女性差別は時空を超えた国際問題である、と見るか。

日本の性差別まんえんの男性主導政治を改革する際のヒントなりそうだ。

Harriet Harman savages Gordon Brown over sexism and inequality
Harriet Harman is right about sexism in politics – let's start a feminist party
都議へのセクハラ研修を
オーストラリア初の女性首相、去る
イタリア黒人大臣、差別にさらされる
A Bigoted Woman 頑迷な女
政治に関するジェンダ―ギャップ
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-12 08:59 | ヨーロッパ

EU議会、女性議員は37%

「議会も市民社会と同じく男女半々にしよう」

「ヘミスフィア(議場)の半分は女性が座る席だ」

こうしたスローガンを掲げて、さかんに運動したが、結果は、目標には遠く及ばなかった。5月行われたEU議会選挙の話だ。

選挙の結果、EUの女性議員は37%になった。前回35%からわずか2%増だった。

EU議会選挙の歴史を見ると、1979年には女性は6人に1人しかいなかったが、2014年は3人に1人に増えた。

倍にするのに、35年間もの長い年月が必要だったとは、何とも情けない!

女性議員が男性議員を上回った国は3カ国で、アイルランド55%、フィンランド54%、クロアチア55%。男女半々の国も3カ国で、オランダ、スウェーデン、エストニアだった。

さっそく明日7月9日、ブラッセルで、男女平等の議会づくりと民主主義を求めて、国際会議が開かれる。題して「弁解するな、EU議会選挙後の男女平等。次は何?」。午後1時から5時半までの長時間会議だ。

この日本は、女性議員率、世界189カ国中161位だ。情けなくて、恥ずかしくて、穴があったら入りたい。

女性議員を少なくとも30%にするために、具体的戦略を練るときではないか。国会議事堂を1日貸し切り、女性運動団体、政党、地方議会、国会など各分野の男女平等推進に責任を持つ人たちが一堂に集まって、2020年までにすべての議会の30%にするには、今、何をしなければならないかを決める――その潮時だ。

c0166264_1820414.jpg
(Graph by FEM-NEWS)

parity democracy
Support 50:50 Parliament
No More Excuses. Gender Equality after the EU Elections – What’s next ?
日本の女性議員率、世界189カ国中161位
フェミニスト党EU議会に当選
男女平等なくして民主主義なし
アテネ宣言
叫ぶ芸術_ポスターに見る世界の女たち
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-08 20:19 | ヨーロッパ

さみどりの会  岡田です。

「今朝の読売を読んで 『解散・返還は当たり前』」で、大倉由紀子さんは、7月4日の読売新聞をもとに書いてました。私なりに、訴状や他紙記事(下を参照)などから補足します。

衆院選後、元参議院議員松浦大悟さんの秘書らに「残金を入れる口座をつくらないと三井さんが罰せられる」と言われ、使い残した政党交付金を貯めておく口座を開設することに、三井さんは同意してしまいました。そして、「借家は年末まで。それまで出て行くように」と言われた三井さんは、秋田を去りました。

三井さんは、何度も「お金をどう使ったのか、残金は?」と松浦さんに尋ねましたが、まったく返事がなかったため、秋田に行って、銀行で「会計担当と連絡がとれない」と言いました。すると「紛失届を出したほうがいい」と銀行からアドバイスを受けたそうです。紛失届けが出されたため、松浦さんの秘書が銀行から残金を引き出そうとした時、引き出せなくなっていたのです。

というわけで、衆院選から1年半後の今も、政党交付金約440万円が口座に残ったままでした。今回、その440万円を三井さんは国庫に返還する、と決めたのです。

新聞によると、党本部から「総支部長退任か総支部解散のどちらかを選ぶよう求める文書」が届いたので、三井さんは、まだ自分が総支部長であることが初めてわかったため、第3総支部を解散して残金は国庫に返還する、と決めたということです。

以上は裁判の争点とは異なります。裁判は秋田地裁で進められています。

第4回裁判は、7月11日(金) 非公開です。
8月は裁判所は夏休みだそうで、本格的な裁判は9月以降の見込みです。

                     岡田ふさ子 さみどりの会(注)事務局


――2014年7月4日の秋田魁新報、朝日新聞、毎日新聞の報道―――

 [秋田魁 2014.7.4 クリックすると大きくなります]

 [朝日 2014.7.4 クリックすると大きくなります]

 [毎日 2014.7.4 クリックすると大きくなります]


c0166264_1973275.jpg(注)衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。右は「さみどりの会」のバッジ(ふじみつこ作)。裁判は以下を参照。

今朝の読売を読んで 「解散・返還は当たり前」
澤藤弁護士ブログを読んで
決定的証拠が裁判長に提出された
供託金は秋田おばこのデモクラシーに
秋田おばこのデモクラシーに大賛成
マラッカ海峡より
裁判をしなかったら供託金はどこに?
「供託金もどって一安心」_5.21読売新聞
女は使い捨ての駒か
5月10日のNHK、11日の朝日、読売、魁
供託金、もどった
秋田おばこのデモクラシー
4月15日の毎日新聞
裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-06 19:16 | 秋田

「死ね! すべての女たちよ、輝く日本のために命を捧げなさい」

安倍首相がこんなことを言っているらしい。
よりによって政府の男女共同参画のブログで……。

「ついに本音が出たか」---とは、いくらこの私でも思えない。選挙目当てに、女性活用アドバルーンをあげている彼が、こんな暴言を発するはずはないからだ。

安倍首相の心の深層を、彼に批判的な誰かが書いたのだろうか。今、この安倍首相の言葉が、海外ニュースで話題になっているというので、ブログを見た。なるほど、本当だった!

彼は英語が好きだ。やたらとカタカナ英語をスピーチに入れる。輝けと言えばいいものを、Shine(シャイン)と言った。これはまずい。Shi-ne(シネ)と読める。それを「死ね=Die」と間違って英訳したらしい。

安倍首相は、改憲を狙う日本最大の右翼的政治勢力「日本会議」の幹部だ。解釈改憲してまで戦争に突入しようとしているこのタイミングだ。あまりにリアルなミステイクではないか。

「日本会議」は、男女平等を目の敵にしては男女平等推進政策つぶしをするバックラッシュの司令塔でもある。詳しくは三井マリ子+浅倉むつ子 編著『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』

c0166264_21253613.jpg


輝く女性応援会議
Japanese Prime Minister Shinzo Abe accidentally tells all women to die
Japanese Prime Minister accidentally tells all women to die on female-targeted blog
Japan PM Abe Tells Women to ‘Shine,’ But Critics Find Unintended Meaning
「体罰は愛、体罰は教育」だとさ
[PR]
by bekokuma321 | 2014-07-05 21:28 | その他