<   2014年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

c0166264_22111879.jpgソマリー・マム。1971年ごろカンボジアに生まれた女性で、人道支援家として世界中で活躍している。

日本でも、彼女の本が、『幼い娼婦だった私へ』(高梨 ゆうり訳)となって、文芸春秋社から2006年に出版された。2008年には来日講演もした。

彼女は、ベストセラーとなった本や、それに基づく講演などの収入で、自分の名を冠した「ソマリー・マム財団」を創設。有名スターや著名人をはじめ世界中から、何百万ドルという寄付金を受けてきた。

さて、5月30日発行のニューズウィーク誌は、そんな彼女の半生はつくりものである、と発表した。

記者Simon Marksは、ソマリー・マムが生まれたカンボジアの村で、彼女を教えた教師、親せきなどたくさんの村人への入念な取材をもとに、彼女が語ってきた半生は嘘だったとする長い記事を発表した。

ソマリー・マムの語る略歴はこうだ。

「カンボジアの少数民族としてモンドルキリ州に生まれる。父母の消息は不明。見知らぬ老人に引き取られ、14,5歳で兵士と結婚させられる。まもなくして売春宿に売られる。拷問を受け、暴行される日々が8年近く続く。やがてフランス人と結婚。フランスで暮らした後、1996年、女性救援組織「AFESIP(アフェシップ)」をカンボジアに設立」

彼女は、この壮絶な半生が、女の子や女性に対する人身売買の根絶活動の動機となったとしている。彼女の創設した「AFESIP」は、苦境に立つ女性のための行動という意味だ。人身売買の被害者たちを救出し、リハビリと技能職業訓練を通じて、社会復帰の道をつくっているとされている。本部はカンボジア。拡大をつづけ、現在では、ラオス、タイ、ヴェトナム、フランス、スイスにまで支部があるという。

強姦、性的搾取、人身売買の被害者が、地獄からはいあがって、自分と同じ境遇の少女たちのために人生を捧げる――涙なしには聞けないソマリー・マムが語ってきた自らの人生。

その彼女がペテン師だったとは。ニューズウィーク誌を読む限り、その可能性は高い。

ニューズ・ウィーク誌の記事が出版されるとわかって、ソマリー・マムは、財団のすべての役職を辞すると発表したという。なんとも救いようがない嫌な感じが漂う。

しかし、カンボジアの少女たちが置かれた悲惨な現実は、嘘でもペテンでもなく、存在する。

Somaly Mam: The Holy Saint (and Sinner) of Sex Trafficking
Anti-sex slavery hero in Cambodia resigns after Newsweek exposé
http://www.somaly.org/
http://www.afesiplaos.org/
国際子ども権利センター15周年事業 ソマリー・マムさん招聘事業各地で大盛況!
日本からAFESIP(アフェシップ)に寄付された事実
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-31 22:24 | アジア・アフリカ

マラッカ海峡より

c0166264_15134969.jpg
4月、秋田地裁に傍聴に来てくれた高橋芳恵さん、今、インドネシアを旅行中。海賊出没というニュースが多いマラッカ海峡を船で渡ったばかりらしい。その旅先から、こんなメールが届いた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「秋田おばこのデモクラシー」とは、さすがマリ子さんですね。取り戻した供託金の使い道、素晴らしいです。

でも、また苦労を背負いこむことになりますね。でも、それが、マリ子さんの喜びに変わるのではないかと思います。パートナーの支えがあってこそ、なのでしょうね。失礼な言い方だったらすみません。

供託金は、秋田の女性差別撤廃に向けて使うということですが、裁判が勝訴して慰謝料がはいったら、そのお金はもちろん自由に使ってほしいです。

高橋 芳恵@札幌市

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

高橋芳恵の旅日記も、了承を得て紹介したい。
「たまには海賊も出るというマラッカ海峡2時間強の船旅は快適でした。デッキで隣り合わせた女性と話をしていて、『船のつくドーマイは物騒なところなので、夕方、ブキティンギ(インドネシアの町)へのバスを一人で待つなんてダメ!私の家で待ちなさい!』と言われました。ということで図々しく彼女のお宅にお邪魔し、ランチをご馳走になりました。庭で採れた待望のマンゴーも頂きました。結局、ミニバスがピックアップに来てくれて、そのドライバーはブキティンギのホテルを探し、私をそのホテルまで届けてくれました。旅先では、こんな素晴らしい方たちにお世話になっています」
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-30 12:13 | 秋田

マヤ・アンジェロウ逝去

c0166264_10372477.jpgマヤ・アンジェロウが亡くなった。享年86歳。

アメリカの詩人、作家、人権活動家。私も、若いころ、彼女の代表作”I Know Why the Caged Bird Sings”を読む機会を得た1人だ。アメリカ南部の貧しい家に産まれた少女の壮絶な一生。アメリカ社会の人種差別、女性差別を知る、珠玉の1冊だった。

日本では、矢島翠の手で、『歌え、翔べない鳥たちよ』として翻訳出版されている。

最近では、ネルソン・マンデラを追悼するビデオで、マヤ・アンジェロウの艶のある美しい声を聞くことができた。

マヤ・アンジェロウのスピーチがネットでたくさん見つかった。私の好きな言葉を私なりに訳しながら、偉大な黒人女性に、信州の一隅から愛と感謝をささげたい。

あ・り・が・と・う、マヤ・アンジェロウ!

■I will have been as present as possible, and as courageous as possible、and not a bore.

私は、あらん限りの力でここに存在しようとした、勇敢であろうとした、私は退屈な人間ではなかった

■Courage is the most important of all the virtues because without courage, you can't practice any other virtue consistently.

勇気こそ最高の美徳である。勇気がなかったら、他の行いを続けることなどできない

■You may encounter many defeats, but you must not be defeated. Please remember that your difficulties do not define you. They simply strengthen your ability to overcome.

数えきれないほどの敗北に出会っても、あなたがそれに負けてはいけない。苦難によってあなたが決まることなどない、苦難は挑戦するあなたをさらに強くする

■Life is not measured by the number of breaths we take, but by the moments that take our breath away."

人生は何回息をしたかで決まらない、何回感動したかで決まる。



Maya Angelou, writer and poet, dies at age 86
Maya Angelou 'the brightest light' says Barack Obama
His Day is Done
シャーリー・チザム、切手に
ト二・モリスン、アメリカ大統領選挙をかたる
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-29 11:00 | USA

c0166264_1055787.jpgさみどりの会の岡田です。

5月20日の裁判は非公開協議でした。そのため傍聴はできませんでした。

その非公開協議後、三井さんと近江弁護士、澤入弁護士、森田弁護士の4人は、秋田県庁の記者会見室で会見をしました(写真)。

翌日、報道され、そのなかの読売新聞は地元の大倉由紀子さんからいち早くお知らせがありました。下は、毎日新聞と朝日新聞の記事です。


▲毎日新聞 秋田版 2014/5/21 (クリックすると読みやすくなります)



▲朝日新聞 秋田版 2014/5/21 (クリックすると読みやすくなります)

供託金が三井さんに戻ったため、争点から削除されたことが簡単に書か
れています。供託金について、私なりに「訴状」を読んで、付け加えます。

三井さんは衆院選に立候補したので、供託金は300万円でした。
そのお金は、どこから出たか? 

ある日、三井さんは個人口座から300万円が知らないうちに下ろされて
いたことに気づきます。三井さんは、松浦議員公設第一秘書(当時)に尋
ねたら、「供託金に使うもの。後で三井さんに戻ってきます」と言われまし
た。でも、没収されなかったにも関わらず三井さんには戻ってきません
でした。

私は、参院選に立候補した人の友人から、「政党の公認候補なら、供託
金は政党が出すもの」と聞きました。三井さんも公認でしたから、民主党
本部、または民主党秋田、または民主党秋田第3総支部(選挙区ごとに
ある政治団体)が供託金を出すべきものです。他の候補はみなそうした
ようです。

しかし、三井さんの選挙を仕切っていた松浦事務所は、そのどこからも出
さず三井さんの個人口座から本人の了解を得ずにお金を引き下ろし、三
井さんに聞かれてはじめて「そのお金は供託金に使うものです」と言った
のです。

今回、裁判長の提案で供託金は戻ってきました。裁判をしなかったら決
して戻ってこなかったと私は思います。

三井さんが訴えていることは、供託金の他にもたくさんあります

固辞していた三井さんに「盤石の態勢で支える」などと何度も懇願して
立候補を決意させたのに、政党交付金1300万円を三井さんの政治・
選挙活動にはできるだけ使わずに残して(投票日の夜500万円以上
あった)、半年後に予定されていた松浦議員の選挙に使えるよう画策
した、と思われること。これは、政党交付金1300万円の使途から逸脱
しています。

さらに、その発覚をさけるため選挙後5日目に三井さんを選挙区の秋田
から追い出しにかかったこと。

こんなことを許していたら、また同じような被害者が出る、と裁判を起こし
たのです。

裁判は、これからです。

岡田ふさ子 さみどりの会(注)事務局


(注)さみどりの会とは、三井候補秋田追放事件を究明する裁判を支える会の愛称。裁判は、おととしの衆院選で落選した三井候補が民主党県連の松浦大悟代表らに不明朗な会計処理をされたと提訴したもの。詳細は以下を。

「供託金もどって一安心」_5.21読売新聞
女は使い捨ての駒か
5月10日のNHK、11日の朝日、読売、魁
供託金、もどった
秋田おばこのデモクラシー
4月15日の毎日新聞
裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検c0166264_15134969.jpg
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-27 10:33 | 秋田

国際ジャーナリスト連盟

c0166264_1647576.jpg国際ジャーナリスト連盟IFJの最新号は、ジェンダー特集だ。

特集をネットでのぞいた。そのひとつに、南アジアの女性ジャーナリストの声のまとめがあった。ジャクリーン・パークが巻頭で、こう述べている。

「女性のジャーナリストが、南アジア諸国に増えてきたが、まだ働く場や組合の決定機関に女性が少ない」

「女性のジャーナリストの地位向上には、組合自身の幹部に女性の代表を入れ、その声を反映させることだ」

なかでも、若いジャーナリストへのジェンダー研修本がなかなか鋭く、わかりやすい。以下に冒頭部分を少し紹介する。日本の新聞テレビ業界で、研修に使ったらどうだろうか。ジャーナリストがこういうことを肝に銘じたら、日本も多少は変わるだろう。

「メディアにおける性による決めつけは、性による差別が今日まで残っていることを示す」

「ジェンダーに焦点をあてた分野だけでなく他の分野を報道する際、一方の性に偏っていないかに注意せよ」

「できれば、ジェンダーに光をあてよ」

「性による“一般的”な役割に反するような記事にせよ」

「ジェンダーに関する問題を、女性特有の問題のように報道してはいけない」

「ジェンダーに敏感であろうとして、女性を過度に丁寧に扱ってはならない」

国際ジャーナリスト連盟は、1926年創設の世界最大規模のジャーナリスト組合。メンバ―は、100以上の国々から約60万人以上。本部はベルギ―のブラッセルにある。日本では、メディアフォーラムジャパン(IFJ)、日本新聞労働組合連合(新聞労連)、日本民間放送労働組合連合会(民放労連)が参加しているという。

May 2014 "Gender Equality Newsletter”
Gender in the Media
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-25 16:49 | ノルウェー

子どもが4人いても、女性がフルタイムで働ける・・・。
世界一女性が働きやすい国といわれるノルウェー。

職場、くらし、こどもたちは、いったいどうなっているの?
そういう国をつくってきたのは誰? 

FEM-NEWSを主宰する三井マリ子の撮影した映像を見ながらのセミナー。
6月14日、池袋駅すぐの「えぽっくテン」。

●2014年6月14日(土) 13:30~15:30
豊島区男女平等推進センター(勤労福祉会館 3階)


▲クリックすると大きくなります。

6月14日イベントチラシ(豊島区男女平等センター・ホームページ)
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-25 15:40 | ノルウェー

c0166264_104217.jpg5月22日から欧州連合(EU)の欧州議会議員を決める選挙の投票が始まった。

ガーディアン紙から、うれしいニュースが届いた。スウェーデンのフェミニスト党Feminist Initiativeから1人当選することが確実だという。当選なら、EU議会初だ。

今回、スウェーデンだけでなく、フランス、ドイツでも、フェミニスト党と呼べる政党がEU議会に立候補している。

女性の賃金の低さをはじめとする労働条件の差別撤廃、女性への暴力への解決、妊娠中絶を決定する権利の確保など、どれひとつとっても政治の光があたらなければ前に進まない。しかし、政治の主流からはじきとばされたままだ。

EUに立候補を表明した各国のフェミニスト党は、「男女平等問題は、社会市民問題や環境問題と同じように重要な政治課題である」と、元気だ。下は、スウェーデンのフェミニスト党の選挙ポスター。

報道によると、EU選挙全体では、極右政党やEUに反対を唱える政党の勢いが強いようだ。定数751。加盟28カ国ごとに、比例代表制選挙で選ばれる。

c0166264_10401558.jpg


We need a feminist voice in Europe – these elections can be a new beginning  
Feminist Initiative
Parity Democracy
Fórum 50
Electoral lists ahead of the European Parliament elections from a gender perspective
Meet the EU Parliament’s (Likely) First-Elected Feminist Party Member
Results of the 2014 European elections
アバのベニー・アンダーソン、フェミニスト党を支援 
スウェーデン社民党は“おやじ政党” 
男女平等なくして民主主義なし
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-23 23:57 | ヨーロッパ

c0166264_23244765.jpgノルウェーは、5月17日、憲法記念日だった。全土でいっせいに子どもたちが憲法を祝ってパレードをする日だ。子どもの日と言ってもいい。大人たちも、伝統衣装ブナ―ドでドレスアップしてお祝いをする。

何年か前、オスロの王宮前広場で憲法記念日を取材した。

オスロでは、小学生や保育園児たちが、王宮に続くメインストリートから延々と王宮まで歩く。校旗を掲げた代表を先頭に、学校ごとに隊列を組んだ生徒たちは、国旗を振り、バルコニーで待つ王室一家の真下まで来たら立ち止まって上を見上げる。

「王さま、元気ですか!」。小さな手に握った小さな国旗を振り振り、バルコニーの王に向かって大きな声で話しかける。王室一家は、手をふってそれに応える。バルコニーにガラスはついてないから、ガラス越しではない。

広場には来賓席があって、バルコニーに最も近い最前列に座っていたのは、隣国スウェーデンから来た重いハンディを持つ車いすの子どもたちだった。「招待されたんです」と私に言った。

国の最高法規である憲法は、子どもたちーー社会的弱者だーーのためにある、こう国をあげて叫んでいるようだった。

c0166264_23271990.jpg今年は日本で、ネットニュース動画を見た。

200年を迎える今年は特別だった。5月17日をはさんで何日間もお祝いが続くらしい。

ノルウェー憲法は1814年に制定されてから、400回以上修正されてきたという。それでもなお同一の憲法であると見なされているため、現行の憲法として欧州で最も古く、また世界でも2番目に古い成文憲法とされている(ノルウェー王国大使館)。

国会前では、首相、財務大臣がバースデーケーキを市民に切り分けてふるまった。首相も財務大臣も女性。政治家と市民の距離が近い国ノルウェーらしさが垣間見られた。

1814年、憲法草案が審議決定されたのはエイズボルという地。これまで何度も訪問した。全国から選ばれた役人、農民、軍人など112人がひとつの屋敷に寝泊まりして憲法草案をつくりあげた。もちろん男性のみだが、年齢の幅の多様さ、出身地の多様さ、職業の多様さは、19世紀初頭という時代を考えると驚かされる。

その歴史的地エイズボルでは、今年、盛大な行事が行われた、という。ノルウェーで最も敬愛されているシンガーソングライターの1人オーレ・パウスがあいさつした。彼のあいさつの中身がすごい。ダライラマを国賓として迎えなかった政府の姿勢を痛烈に批判したのだ。参加者は、わんわの大喝さい。目の前には首相はむろん、国王夫妻など内外からの要人がいた。

それを大々的に報道するメディアもノルウェーらしい。これぞ「人間は生まれながらに自由で平等である」というノルウェー憲法の精神だ。

さらにノルウェーらしいのは、この日に向けてノルウェー国民が望んできた政治的市民的権利が憲法に新しく加わったことだ。

ノルウェーの国会議員カーリン・アンデシェンKarin Andersen からのメールによると、子どもの権利、教育の権利、法の下の平等、公平な裁判を受ける権利、死刑の禁止、拷問や非人間的扱いの禁止などが憲法の権利として書きくわえられたという。彼女は左派社会党の国会議員で、「憲法委員会」のメンバーだ。

憲法改正案は、2009年から国会の常任委員会「憲法委員会」で審議を重ね、国会で決定された。その委員会の構成メンバーは、国会に議席を有する政党の割合によって数が決められている。労働党3、保守党2、進歩党2、キリスト教民主党1、中央党1、自由党1、左派社会党1、緑の党1の合計12人だ。

国会議員わずか1人の緑の党からも1名が委員会に参画している。数が少なすぎる超ミニ政党でも代表を出せるル―ルがあるのだろう。

そもそも、選挙が比例代表制だから、日本の小選挙区制とは異なり、大きな政党も、小政党もそれなりに代表を出せるしくみになっている。それによって、国会はより民意に反映された議席構成となっている。日本と根本的に異なるのはここだ。

日本の国会の憲法審査会は50人。これで討論ができるのかというほど多い。うち31人、62%が自民党だ。議席を減らした社民党の議員は1人もいない。日本でも改憲論が続いているが、自民党は、自衛隊を国防軍に変え戦争できる国にしよう、家族の相互支え合いの義務、など、ぞっとするようなアナクロ案を出している。

国会の憲法審査会を嘆いていたら、事態はもっとひどいことになってきた。好戦的な首相が私的諮問機関をつくり、その人たちで憲法を勝手に解釈して市民に押しつけようとしているのだ。憲法は風前のともしびだ。

https://www.stortinget.no/grunnloven200
200 år og et blikk mot framtida
Grunnlovsjubileet 1814-2014
min stemme
Følg 17. mai-feiringen direkte
Folket jublet da Erna fikk Dalai Lama-refs
Hovedkomiteen for Grunnlovens 200-årsjubileum
Norway prepares for party of two centuries
2014年 <ノルウェー憲法制定200周年>
Eidsvoll 1814

【写真上:Helle Cheungの息子 下:Grete Bergetの娘】
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-21 23:43 | ノルウェー

今朝の読売新聞を見ました。供託金がもどってきて、まずは一安心ですね。

松浦さんたちは、選挙のとき、三井さんの個人口座から黙って引き下ろして、後でそれに気づいた三井さんが尋ねたら、「供託金に使うもので、後で返ってきます」と言っていたらしいです。三井さんの個人口座から勝手にとったのですから、三井さんの個人口座に戻ってきて当たり前なのに、その供託金を今度は「民主党総支部に寄付すべき」と言うのはおかしいと思います。

三井さんは、もどった供託金を秋田の女性の差別撤廃のために使うと言ってます。そのほうが使い道がはっきりしていて、私は納得できます。

三井さんが代表をしていた民主党秋田第3総支部にはもっと多額のおカネが党から出ていたようですが、それを供託金に使うのが筋だと思います。みなさん、どう思いますか。

大倉由紀子 さみどりの会(注)

c0166264_21381717.jpg
▲読売新聞 秋田版 2014/5/21

(注)さみどりの会とは、三井候補秋田追放事件を究明する裁判を支える会の愛称。裁判は、おととしの衆院選で落選した三井候補が民主党県連の松浦大悟代表らに不明朗な会計処理をされたと提訴したもの。上記は4月4日開かれた秋田地裁での裁判傍聴者から寄せられた投稿。詳細は以下を。

女は使い捨ての駒か
5月10日のNHK、11日の朝日、読売、魁
供託金、もどった
秋田おばこのデモクラシー
4月15日の毎日新聞
裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検c0166264_15134969.jpg
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-21 21:48 | 秋田

c0166264_11451290.jpg5月7日、フランスのサッカーリーグ「クレルモン・フット」の歴史が変わった。

初めて監督に女性が就任した。エレナ・コスタ(36)。ポルトガルのサッカー選手だ。

ところが、である。

「素っ裸に近い男たちがたくさんいるロッカールームでうまくやれるか?」 こんな言葉が、エレナ・コスタ監督を迎えたらしい。ひどい女性蔑視だ。

なでしこジャパンの佐々木則夫監督に、「女の子たちがたくさんいるロッカールームで、うまくやれるか?」などという言葉が投げつけられたと考えてみよ。

私は、サッカーファンではない。バックラッシュの首領である安倍首相が暴走する、この非常時に、あっちのTVチャンネルでも、こっちでもサッカー番組が多く、頭にきている。これまでも、よく、サッカーファンの連れとテレビチャンネルの奪い合いをしてきた。でも、まあ、クレルモン・フットだけは見てみようかな。

Helena Costa: A new era for the beautiful game?
15人の告発
日本サッカ―協会を変えるか、日本女性の世界制覇
サッカーチームに女性コーチ
[PR]
by bekokuma321 | 2014-05-16 11:47 | ヨーロッパ