夫婦別姓訴訟、最高裁へ

c0166264_10162225.jpg結婚しても、元の姓でいられるようにしたい。こんなささやかな願いが、またも退けられた。

富山の塚本協子さんらが、訴えていた裁判だ。

塚本さんたちは、「夫婦別姓を認めていない民法の規定は、個人の尊重を定めた憲法13条や、両性の平等を定めた24条、女性に対する差別法制度の改廃義務を定めた女性差別撤廃条約などに違反だ」と、2011年2月、国を相手に損害賠償を求めた。

3月28日、東京高裁は、改姓による不利益や、社会の変化を一部認めたが、原告側の請求を棄却する判決を下した。東京地裁に続いての理不尽な判決に、怒りで震える。

判決は、「控訴人らが主張する『氏の変更を強制されない権利』が、いまだ個人の人格的生存に不可欠であるとまではいえず、また、長期間国民生活に基本的なものであったとはいえないというべきである」などとした。

だから、「夫婦別姓の権利は憲法上保障されない」という。

塚本さんは、判決を読み、涙がとめどなく流れてきたという。1人っ子の塚本さんは、子どもの頃から何かにつけて家制度に直面し、「その重さが苦痛でたまりませんでした」と私に話してくれた。フランス、ロシアなどのレジスタンスの歴史が好きになり、大学で歴史を専攻、高校の教員になった。そして結婚。結婚式はしても届けは出さなかった。子どもが3人産まれ、そのたびに出生届と婚姻届を出し、すぐ離婚届を出し、塚本姓に戻した。苦闘の半生である。

塚本さんは、あきらめなくてはいけないのかとも思った。しかし、「選択的夫婦別姓の庶民の歴史の棄て砂になろう、塚本協子で逝きたい」と、よいしょ、と立ちあがった。

4月10日、他の原告とともに、最高裁に上告した。すごいぞ、塚本さん! 

参考までに、私の好きなノルウェーが、夫婦別姓の権利を法的に認めたのは、1964年、半世紀も昔だ。

http://www.ne.jp/asahi/m/net/14_4_5.pdf
別姓訴訟を支える会
Another Feminist Legal Setback
別姓訴訟と「流れに逆らう女」
夫婦別姓訴訟、大きく報道
夫婦別姓求めて、初の違憲訴訟
夫婦別姓訴訟と「館長雇止め・バックラッシュ裁判」
『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-30 10:30 | その他

23日(水)、1人の女性が、イギリスで開かれた働く父親Cityfathersの集会で、講師の男性に向かって発言した。

c0166264_18444327.jpg「ここにはいないと思うが、あそこには、男が家事育児をすると、“男らしくない”と考えている恐竜たちがまだたくさんいます。あなたのような現代の働くパパたちは、声高らかに、さらに誇らしげに、子育てをしていることや子育てに責任があると言い始めました、そういう男たちは、男性ホルモンのレベルが下がってはいません、女性を本当に平等に扱う男性、それこそボール(cojones)の多い人ではないですか」

cojonesとはスペイン語で、男性の下半身についているあのボールを意味する。女性は、演壇でスピーチした男性に、まだ残るジェンダーの偏見に対してどう考えるか、と回答を求めたのだ。

演壇でスピーチを途中でとめられた男性は、ちょっと苦笑しながら、こう言った。

「あなたの言うことにもちろん全面的に賛成です。男が育児休業をとることは大事なことです。育児をするから男らしくない、とは、キャリアを続けると女らしくない、というのと同じです。馬鹿げた考えです。以前なら、男性は看護師を職業とみなさなかった、でも今は看護の職は男性もたくさんいます。時代は変わってきています」

質問した女性は、ミリアム・ゴンザレス・デュランテスMiriam González Durántez(45歳)。スペイン生まれの法律家で、国際法律事務所に勤務する傍ら、女の子の大志を育てるInspiring Women Networkでジェンダー解消に活動する。

実は、彼女はイギリスの副首相ニック・クレッグ(写真)の妻でもある。

この日、彼女が質問した相手は、ほかならぬ彼女の夫ニック・クレッグだった。副首相の妻が、大勢の参加者にまじって参加して、挙手してマイクを握り、副首相に質問したのだ。

この日、副首相は、彼が先頭に立って推し進めた男女ともの育児休業政策の大切さについて語った。3人の男の子がおり、自分たち2人で子育てをしたという。

彼女の発言は、もちろん働く母親から大喝采をあびた。

現在イギリスは、首相が保守党党首デーヴィッド・キャメロン、副首相は、この自民党党首ニック・クレッグだ。同じ保守政権と言っても、日本のそれとはだいぶ質が異なる。ちなみにニック・クレッグは、社会的弱者が当選しやすい比例代表制選挙を推奨する。

Nick Clegg's wife hails 'cojones' of men who do childcare
Miriam González Durántez: the Michelle Obama of the coalition
世界で最も家事をしない男性は日本人
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
イギリスの政党、女性議員増に動く
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-26 18:45 | ヨーロッパ

c0166264_13341627.jpg妊娠中絶するかしないかは女性が決める、というノルウェーの制度が守られそうだ。

ノルウェー保健・ケアサービス省ベント・ホイエ大臣は、金曜日、総合診療医(GP 注)は病院に照会しない権利を持つ、とする新政策を変更する、と発表した。

GPの照会なしには病院にかかれない。すると、女性は中絶できなくなってしまいかねない。この新政策は、女性たちの怒りをかった。

保守党のホイエ大臣は、この中絶問題に関して、そもそもGPが拒否できるという新解釈に、前は反対だったと報道されている。彼は同性と既婚しており、ゲイの権利の積極的擁護者でもある。

「妊娠中絶を必要とする女性をGPは病院へ照会することを拒む権利がある」との主張は、政権と閣外協力を組むキリスト教民主党から出された。保守政権の担当大臣として、ベント・ホイエは、賛成の立場をとった。しかし昨日、再び以前の考えに戻したといえる。NRKは、記事に「反対ー賛成ー反対 Mot – for – mot」という見出しをつけた。

妊娠中絶を決めるのは、女性自身ではなく医師になってしまう、これは、歴史を前に戻すバックラッシュだ、内閣にバックラッシュ政策を強行させたら大変だ――こう考えるノルウェー人は女性に限らず非常に多かった。

3月8日の国際女性デーには、オスロをはじめノルウェー各地で、何十万人というデモ行進が組織された。「新政策に反対である」という意思が全土をおおいつくした。私の友人たちは、70年代の女性運動を思い出させたとメールをくれた。

全国の自治体からも、党派を超えて反対ののろしがあがった。ノルウェーは、国会に限らず地方の首長・議員も所属政党を旗幟鮮明にして選挙を闘うので「A市は労働党、B市は保守党」と色分けできるのだが、保守党首長の53人が公然と反対に回った。政権をゆさぶる勢いだった。

今回の保健・ケアサービス大臣の変更は、女性たちの運動の盛り上がりがなければ、ありえなかっただろう。

ノルウェーは政治にコミットする市民が男女問わず多い。それは、このように市民の声が確実に政権に影響を与えられるからだろう。日本は、多くの市民がいくら声をあげても(時には死を賭して反対しても)、こうした政策変更はきわめてまれだ。それが、政治への無関心層を増やす。ったく、いたちごっこだ。

Ble kuppet av KrF, snudde Høyre om
En seier for det folkelige engasjementet!(3月8日国際女性デーのデモに集まった人、ひと、ヒト)
妊娠中絶の権利、大論争に
ノルウェー国際女性デ―、例年にない高まり

[注 General practitionerは総合診療医。日本には制度がない。イギリスをはじめヨーロッパの国々にある制度。救急を除いて、すべての人がまず地域にいるGPにかけつけ診療を受ける。この一次的医療を受けなければ、総合病院にはかかれない。GPは必要に応じて病院で受診できるようは紹介をする義務を負う。妊娠中絶も同じで、まずGPに行く。ノルウェーの医療は無料で歯科を除きすべて公費で賄われる]

[写真は、ノルウェーの友人から贈られた妊娠中絶の権利獲得運動の缶バッジ。70年代のもの。これと同じものが、2014年3月8日にも使われた]
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-26 13:48 | ノルウェー

女性の雇用率の高い国は

先進国で、女性雇用率の高い国はアイスランド、スイス、そしてノルウェーだ。

4月15日発表したOECDの最新統計によると、アイスランド79.6%、スイス75.1%、ノルウェー73.5%。OECD平均は57.4%なので、3カ国は平均をはるかに上回っている。

ノルウェーの報道によると、「保育園の充実、母親・父親育児休業保障などの社会福祉サービスがととのっていることや、社会保障システムが、女性を職場に出やすくしている」と、女性の雇用率の高さの要因を分析している。

ちなみに日本女性の雇用率は62.6%。平均よりは高い。その働きかたは、派遣などの非正規雇用が圧倒的だから、たいして自慢はできない。

女性が働き続けるために、保育園の増設、労働時間の短縮、柔軟な就業態勢は急務だ。それと同時に、”食えない働き方”を女性に押しつけることをやめることだ。女性にもっと正規職を、と声を大にしたい。

Kvinnene drar Norge til jobbtoppen
OECD Quarterly Employment Situation
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-23 21:16 | ヨーロッパ

c0166264_16212421.jpgノルウェーの西海岸は、そそりたつ高い山とフィヨルドに囲まれている。

その地にあるソグン農業園芸学校の女生徒イーダ・ベアテ・ルーケン(19歳)は、昨年5月から約1年間、岩窟暮らしをしていた。

親に勘当されたのか。いや、そうではない。

目的は環境への影響の少ない生き方を探るため、だという。彼女は環境問題の活動家で、ソグン・オ・フィヨーラネ県の「緑の党」青年部を創設した1人。昨秋の国政選挙では、ソグン・オ・フィヨーラネ県「緑の党」候補者リストの3番目に載った(下のリスト参照:注)。

洞窟生活を終え、ノルウェーTVで取材された。そのビデオを観た。長靴下のピッピのようなお下げ髪の女の子が1人、登山靴でゴツゴツした岩場を登って行く。たどり着いたのは、狭くて天井の低い洞穴だった。

「岩の洞窟暮らしでは、雨が降ったらどうしたらいいかと心配したけど、洞窟に着いて中に座ると、とても温かくて、なぜ私がこういうことを選んだかがわかった」と言った。マイナス20度にもなる厳寒の夜でも、藁の上にマットレスと毛布を敷いてつくったベッドの上で寝袋でぐっすり眠れたという。飲み水は雨水をためた。

洞穴生活を評して、”veldig fint”と言った。「とっても素敵」という意味だ。ヘアスタイルだけでなく、冒険心と独立心まで長靴下のピッピだ。

c0166264_1730915.jpg何と言っても、1人の女性の行動が、社会変革にむすびついていることがノルウェーらしい。

彼女の所属する「緑の党」は、ノルウェーでは超ミニ政党だ。しかし前回の国政選挙で、国会議員1名を当選させた。その後も、人気が出てきている。また人気があがるかもしれない。

Ida (19) bur i ei fjellhole

(注)ノルウェーの選挙権は18歳以上。高校3年になったら、国会や地方議会に立候補できる。イーダも18歳で国会議員候補になった。この県の緑の党は、獲得票が少なかったため、1人も当選できなかったが、票が多いと1番目から順に当選する。この県の緑の党リストには10人の候補者が登載され、3番目のイ―ダは、この県の緑の党の有望株だ。なぜ高校生が生徒会に立候補するみたいに国政に立候補するか? それは①中学生から党の青年部で活動する子どもたちがいること、②比例制選挙だから選挙運動は政党中心のため候補者に過度の負担がかからず勉強しながらでも平チャラだからだ。さらに、③供託金はないし、④選挙に候補者個人のお金を使うことはいっさいないこと、なども要因だ。
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-23 16:28 | ノルウェー

c0166264_1141790.jpg男女平等の国ノルウェーが、性差別賃金で訴えられた。

訴えているのはアメリカの50代の女性だ。

ニュースによると、エレン・エバルド(Ellen Ewald)は、ノルウェーに20年間住んだ経験を持つ。ノルウェー語にも堪能だ。修士号を2つも修了している。その履歴を生かして、2008年、アメリカのミネアポリスにあるノルウェー領事館に勤務した。

ところが、彼女の説明によると、彼女と同じ時期に同じような地位に雇われた若い男性アンダーズ・ディビッドソン(Anders Davidson)は、家族も対象となる健康保険手当を受け取り、彼女より高給であることを発見した。彼は、ノルウェーに滞在したこともなく、ノルウェー語もできないという。それなのに、彼は彼女より42%も高かったという。

「他の国でならありうることですが、男女平等の最先端を行くノルウェーです。驚きました」と語った。

「このケースは私だけの問題ではありません。多くの女性が似たような経験をしていると思います」

さあ、ノルウェーは、彼女の訴えにどうこたえるか。裁判の行方に注視したい。

http://www.kare11.com/story/news/local/2014/03/05/woman-who-sued-norway-over-pay-equity-talks-to-lawmakers/6096865/
Saksøker staten for kjønnsdiskriminering
ママが世界一幸せな国はノルウェー
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-23 11:43 | ノルウェー

明日23日、日赤裁判判決

c0166264_473779.jpg廣瀬明美さん(写真)は、30代の元派遣社員だ。大手2社を相手に提訴している。明日がその判決だ。廣瀬さんはFacebookでいう。

「私の日赤派遣裁判もいよいよ明日13時10分東京地裁527法廷で判決の言い渡しです。ギリギリまで裁判所要請、この情勢下を吹き飛ばす運動をしています。みなさまのご参加よろしくお願いいたします」

●献血業務に3年間

8年前の2006年6月、廣瀬さんは日本赤十字社でいわゆる採用面接を受けて、日本赤十字社へ派遣された。3ヶ月ずつ更新を繰り返して、約3年間働いた。

職場の日赤血液センターでは、献血業務が主だった。拡声器やマイクで献血広報もやった。問診可否判断、体調管理、医師・看護師・他課との連携、血液集計と搬送、第三者の研修指導、機材の積み下ろし、会場設営、対企業や人との交渉などなど・・・。 正社員並み、いや時にはそれ以上に現場を切り盛りし責任を持たされた。

廣瀬さんは、輸血用の血液を確保するための最前線にいたのだ。もちろん仕事は恒常的だった。その彼女を赤十字社に派遣した会社の名は、スタッフサービス。派遣元といわれる会社だ。

●違法だと気づき

働き始めた廣瀬さんは、派遣法で定められた専門業務ではなくて、正社員がやるべき常用勤務だと、すぐ気づいた。自分の働き方は違法ではないかと考え、スタッフサービスに対しては違法性を指摘し、日本赤十字社に対しては直接雇用すべきだと申し出た。日本赤十字社は彼女の申し出をいったん承諾したものの、実際に雇いはしなかった。

●派遣切り

こうした中、2009年、東京労働局から、スタッフサービスに違法派遣是正をするよう指導がなされた。スタッフサービスは、彼女の契約内容の変更を日本赤十字社に申し出た。

ところが、である。日本赤十字社は、これを断わり、あろうことか契約自体を終了させた。スタッフサービスは、廣瀬さんと日本赤十字社と双方に3か月間の契約書を送ったが、会社間の契約自体がなくなったのだ。つまり、廣瀬さんは、事実上解雇されてしまった。

●労働局に申告

廣瀬さんは、打ちのめされた。しかし、泣き寝入りはしなかった。2009年10月、神奈川労働局へ「雇用復帰と違法派遣の是正勧告」を申告。2010年3月には、彼女のこの申告によって、厚生労働省と東京労働局から、スタッフサービスへ「事業改善命令」が下った。さらに、同じころ、神奈川労働局から、日本赤十字社に対して「是正指導」が下った。彼女の闘いの成果だと思われる。

●東京地裁に提訴

しかし、肝心の廣瀬さんは復職できなかった。そこで、廣瀬さんは、新たな闘いに挑んだ。2010年12月、東京地方裁判所へ日本赤十字社とスタッフサービスに対する「地位確認請求訴訟」を起こしたのだ。その第1審の判決が明日くだされる。

■日赤裁判・判決日
日時:4月23日(水)13:10~
場所:東京地裁527法廷
地裁前宣伝行動:12:00~
13:30頃?~報告会
14:30~15:30厚労省9階 記者会見

こちらもどうぞ
■Youtube:派遣法をぶっとばせ0416
非正規雇用労働者として働いたフェミニスト
パナソニック電工の派遣切り 佐藤昌子さんの訴え
「リストラされて パート労働者の試練」
「大企業と闘った派遣女性」
館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会
恒常的業務は非正規雇用ではならぬとする脇田滋論文
里美ドットコム
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-23 04:15 | その他

c0166264_1330113.jpgこの20余年、世界の行く先ざきで集めたポスターを、女性紙「I 女のしんぶん」に紹介している。

女性たちが何に怒り、何を求めていたかーー社会的背景がわかると、ポスターから女性たちの叫びが聞こえてくる。

世界の女性ポスター・シリーズ「叫ぶ芸術」。今日の1枚は、オーストリア。題して「レジスタンスに命をかけた女達」。

1930年代、オーストリアはヒトラー・ドイツに併合された。ヒトラーは、ユダヤ人、共産主義者、社会主義者、自由主義者、女性解放運動家を次々に逮捕し投獄した。

戦後、レジスタンス運動の掘り起こしが始まり、無数の本や映画が世に現れた。しかし女性といえば、レジスタンス闘士の男を陰で支えた妻、母、娘役ばかり。

そこで、新しい企画「女性を目立たせよう」がウィーンに誕生した。このポスターはその一環でつくられた。ポスターを目にしたウィーンっ子は、命がけでファシズムと闘ったたくさんの女性たちを、あらためて知ることになった。

女性紙「I 女のしんぶん」のホームページに、ポスター縮小版と解説の一部が載っている。全文を読んでみたいかたは、同紙の購読を。

「叫ぶ芸術:ポスターに見る世界の女たち」
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-22 13:43 | ヨーロッパ

4月15日の毎日新聞

民主党秋田県の大会があったらしい。毎日新聞で知った(↓)。

民主党秋田県の代表は松浦大悟前参議院議員だ。その松浦代表が訴えられている訴訟も載っていた。「供託金は三井さんに返却したら」と言った裁判長提案についてだった。

書いたのは松本紫帆記者。記事によれば、松浦代表は、「供託金は、三井氏とやり取りが途絶えていたため、やむを得ず県連で保管していた」「三井氏は党に寄付すべきだ」と主張したという。

三井さんは落選後、松浦議員秘書(当時)に選挙の収支を教えてほしいと繰り返し要求している。無視されたため、松浦議員に手紙やメールで依頼している。それでも返事がなかったので催促の手紙まで出している。それに答えなかったのは松浦議員だ(「訴状」)。

松本記者のおかげで、民主党秋田県の実態が明らかになってきた。

                       岡田ふさ子 さみどりの会事務局(注)

c0166264_1152562.jpg

▲毎日新聞 秋田版 2014/4/15

(注)衆院選で落選した三井候補は、民主党県連の松浦大悟代表らに資金の不明朗な会計処理をされたと提訴した。さみどりの会は三井さんの裁判を支援する会の愛称。c0166264_15134969.jpg「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津 英の短歌がある。女性は子どもを産むだけではない、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」はそれに由来する。右のマークは「さみどりの会」のロゴ(ふじみつこ作)。バッジもできた。

裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-22 11:30 | 秋田

公認料は、あくまでも党から公認された候補者個人に対する寄付金です。
だからこそ、党から候補者個人の通帳に入金されたのです。

それにもかかわらず、その個人通帳から本人に黙ってお金を抜き取って、
後に指摘されると、
「供託金に使うものです。選挙後に三井さんに返ってきます」
と嘘を言った相手側の行為は、言語道断です。

他のいろいろな点はこれからはっきりしてくるでしょうが、
裁判長が、第2回目の裁判で、「供託金は三井さんに返したらどうか(★)」と
提案したのは当然です。

一日も早く人間性を取り戻して、素直に罪を認めてほしいです。
そうなったら三井さんは、優しい気持ちと広い心で
「罪を憎んで人を憎まず」
となり、すっきりと決着がつくと思っています。

昨日はお花見に行きました。
今日もいいお天気ですが、4月20日は「穀雨」と呼ばれる日です。
「春の雨が田畑を潤し、穀物の生長を助ける」
のだそうです。

秋田市在住   さみどりの会 亀田純子(注)


★公認候補の場合、供託金は政党が出す。10%得票したら供託金は政党に戻る。1区(寺田学)も2区(川口博)も政党支部から供託され、選挙後は政党支部に戻された。しかし三井さんの場合、三井さんに断りなく個人口座から金が引き出され、「供託金に使うもので後で三井さんに戻る」と言われた。ところが、三井さんの供託金も没収とはならず政党に返金されたにも関わらず、その金は三井口座には戻らなかった。

(注)衆院選で落選した三井候補が民主党県連の松浦大悟代表らに資金の不明朗な会計処理をされたと提訴した裁判が4月4日開かれた。その裁判傍聴者から寄せられた投稿。裁判については下のリンク先を参照。さみどりの会とは三井さんの裁判を支援する会の愛称。c0166264_15134969.jpg「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津 英の短歌がある。女性は子どもを産むだけではない、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」はそれに由来する。右のマークは「さみどりの会」のロゴ(ふじみつこ作)。バッジもできた。

お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-21 12:00 | 秋田