c0166264_1953097.jpgアバABBAのメンバーだったベニー・アンダーソンは、スウェーデンのフェミニスト党(フェミニスト・イニシアティブ)に10万クローネを寄付した。日本円にして170万円。

フェミニスト党は、フェミニズムに基づくスウェーデンの政党だ。同党へのベニー・アンダーソンの寄付は、これで3度目だという。2009年に78万クローネ、2010年30万クローネ。

フェミニスト党は、2005年創設。翌年、初めて国会に挑戦したものの、0.68%、2010年は0.4%しか獲得できなかった。

スウェーデンでは、他の北欧諸国と同じく比例代表制選挙だ。政党が決めた候補者リストから、投票者は支持するリストを選んで投票する。当選者は、政党の得票率に比例して候補者リストの上から順番に決まる。大政党は大政党なりに、小政党は小政党なりに当選者が出る。リストの順番は男女交互が多いから、女性もほぼ半数当選できる。

比例代表制は、「勝負をつけるのではなく、票数の多い少ないを正確に議席に反映させる。つまり多数派と少数派の双方がその大きさに比例して代表される」。三宅一郎の弁だという。小選挙区制は邪悪だと言う石川真澄(元朝日新聞記者)が著書で紹介していた。

c0166264_20103332.jpgしかし、スウェーデンのフェミニスト党は、前回4%以下だったため当選者を出すことができなかった。でも、あきらめるどころか意気軒昂。

次の国会議員選挙は来年9月だ。今回、ベニー・アンダーソンが寄付したことによって、選挙キャンペーンがキックオフしたかのようだ。

ベニー・アンダーソンは言う。

「僕は、フェミニスト党Gudrun Schyman(写真)の男女平等の闘いに同感する」

「僕は資金提供で、この政党を支援する。フェミニストたちが今のスウェーデン国会に必要だからだ」

フェミニスト党は政党交付金を受けつけず、50万クローネを目標に個人寄付を募っている。ベニ―・アンデルソンの寄付によって、その5分の1が達成された。

スウェーデンは、世界一、ニの男女平等社会だ。そんな社会になぜフェミニスト党? とつい思ってしまう。いや、そういう社会だからこそ、あらゆる差別のない社会をめざす政党が生まれたのだろう。

アバの歌が大好きだった。それ以上に自由で爽快な4人のふんいきが大好きだった。よく踊った。

数年前、映画「マンマミーア」を観て、アバの歌に再び酔いしれた。

今年もあますところ数時間。そんな今宵、懐かしいベニー・アンダーソンさまにグッときた。今年、最後のいいできごと。来年は、もっといい年にしよう。

http://sverigesradio.se/sida/artikel.aspx?programid=2054&artikel=5745228
http://www.thelocal.se/20131231/benny-andersson-abba-feminist-initiative-riksdag-donation
http://gamla.feministisktinitiativ.se/engelska.php
■スウェーデン社民党は“おやじ政党”
http://frihet.exblog.jp/17440944/
■スウェーデン初の女性首相なるか
http://frihet.exblog.jp/15138984/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-12-31 20:20 | 北欧

「政権をとった暁には、保育園(幼稚園)をタダにしたい」

こんな公約こそ、少子化に歯止めをかける最も効果的な政策だ。というより、これ以上有効な方法などありえない。しかし、日本の政界では、こうした政策は隅に追いやられている。世界で最も少子高齢化に悩む国のひとつというのに…。

一方、イギリスは違うようだ。冒頭の「保育園の無料化」は、つい先日、イギリス労働党党首エド・ミルバンドが新年に向けて述べた公約だ。

c0166264_11471834.jpg
ミルバンド党首を支える影の保育大臣ルーシー・ポーウェルは「保育に公的資金を回すことは、長い目でみてかならず報われる。なぜなら母親たちが労働市場に増えるから」

「しかし、全員無料の保育園にはいれるようにするには、きわめて膨大な予算がいる。一朝一夕ではなしえない」と長期的展望でと、くぎを刺した。

とはいえ、すでに労働党は、銀行への課税金を使って、1週間に25時間分を無料にするという具体策に取り組んでいる。さらに、労働党が議会を握るマンチェスターでの「シュア・スタート・サービス」の経験も生かすという。

「シュア・スタート・サービスSure Start Serevice」は、すべての子どもが、最善の人生のスタートを切れるようにする公的プログラムだ。5歳以下の子どもやその親たちが利用する。幼児教育、育児、健康、家庭支援など子育てのありとあらゆることに関して、あちこちに設置されたシュア・スタート・サービス・センターに連絡すると、幅広く柔軟に手助けが得られる。

労働党の影の保育大臣は、こうも語る。

「無料の保育園が提供されるなら、子どもたちが幸福になるだけではなく、経済効果もあがる」

「OECD内で母親の就労率が最悪の部類にはいっている。それが解消される。すると、女性が中途退職をしなくなるから、国庫に収入を増やすことになる。長い目で見て得だ」

日本は、女性の6,7割が第1子出産後に離職する稀有な国だ。私たちに最も必要な政治は、こういう政策を唱え実行する政治ではないか。

来年も、また、しつこく、繰り返し言って行こう!

◆Labour sets its sights on free childcare for all
http://www.theguardian.com/politics/2013/dec/30/labour-free-universal-childcare-miliband
■福祉は経済を発展させる
http://frihet.exblog.jp/17581845/
■日本男性の家事時間、OECD加盟国で最短
http://frihet.exblog.jp/20325708/
■男女賃金格差100対37 
http://frihet.exblog.jp/18011136/
■OECD事務総長「日本の最優先課題は、女性の社会復帰」
http://frihet.exblog.jp/17895410/
■保育園と職場のある町が若いママをひきつける
http://frihet.exblog.jp/18060220/
http://www.asahi.com/diversity/data/
http://www.european-agency.org/sites/default/files/Gen_Education_in_Norway.pdf

【写真はオスロの一家族。左端は4人の子の母。彼女の生き方については→シングル・マザー、107倍の難関に合格
[PR]
by bekokuma321 | 2013-12-31 11:48 | ヨーロッパ

ノルウェー最大の労働組合Fagforbundetの新委員長は、保守政権が唱える労働時間や税制の変更に対して、ストライキで闘う意欲を見せた。

新委員長c0166264_17213325.jpgメッテ・ノ―ルは54歳。看護師出身。20年間を務めていた男性の委員長からバトンタッチして、同組合初の女性委員長に就任した。

これでノルウェー社会は、首相、財務大臣、経団連、連合に加えて、最大労組までトップに女性を選んだ。つまり女性が、政策決定の最重要ポスト5つを独占することになった。

Fagforbundetは、ノルウェー地方公務員・一般職員労働組合のことで、組合員34万人の圧倒的多数が女性だ。2003年、地方公務員組合と保健・社会ケア職員組合が統合されて創設された。

彼女の明快な姿勢を示す言葉をいくつか翻訳して紹介する。日本社会の介看護労働者(女性がほとんど)にヒントとなりそうだ。

「これまで8年間、私たちが望む政策を実行する政府を選んできた。しかし、このたび政権が変わった。もし私たちを挑発するようなことが出てきたら、ストライキなどの手段に訴えることになる」

「政府予算に変更が起きている。富裕層に有利な減税政策をとっている。平等政策は脅かされ、保育園の最高額ははね上がっている。これらの多くは、選択という旗のもとに行われている。選択? そう、誰のための選択だろうか?」

「地方自治体の大規模な構造変革が提案されている。競争の激化、民営化の促進に対して私たちは闘わなければならない」

「サービス職の進歩に及ぼす影響力を失いつつある。サービス部門を公務員から民間に移すならば、政策決定はドアの閉められた取締役会でなされることを意味する。納税者のお金が、情報が開かれている管理下に置かれず、経営の秘密事項がどんどん増える。すなわち、私たち労働組合員の影響力は減ってゆく」


http://www.newsinenglish.no/2013/12/10/new-union-boss-to-challenge-government/
http://www.fagforbundet.no/

◆ノルウェー新内閣は保守連立男女半々内閣
http://frihet.exblog.jp/20850197/
◆国をあげての論争「パートタイムかフルタイムか」 ノルウェー
http://frihet.exblog.jp/20320580/
◆保育園と職場のある町が若いママをひきつける
http://frihet.exblog.jp/18060220/
◆公務員のスト始まる
http://frihet.exblog.jp/18010734/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-12-21 17:22 | ノルウェー

ドイツ新内閣の女性たち

15日、メルケル政権の連立を組む、保守系キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU) と、左派系社会民主党(SPD)は次期内閣を発表した。

女性は首相を含め16人中6人を占めた。なかでも、ドイツ初の女性国防相に決まったCDUのウルズラ・フォン・デア・ライエンが国際的注目をあびている。クオータ制の賛成者で、男女平等推進者。子育てと家事を夫が担う自分の家庭をマスコミに露出させ、ドイツ社会に自らの生き方で範を示してきた。

メルケル後の次期首相はウルズラ・フォン・デア・ライエンだと、書く報道もある。

c0166264_14141039.jpg彼女よりも注目したいのは、労働相になったSPD書記長のアンドレア・ナーレスだ(写真)。彼女は、1970年生まれの43歳。高校生の時からSPD内青年部で頭角を現し、20代で青年部代表に選出された後、国会議員に初当選した。大連合政権をつくるにあたって、全国最低賃金制の実施の条件を譲らなかった立役者だと言われている。労働者の権利拡充のため非常勤労働者増に反対をし、最低賃金増を強く主張してきた。SPD内の最左派に属する。

ドイツ政権が働く者たちの権利をどう守るか、彼女の手腕に期待したい。ドイツの労働政策は、日本にも影響が少なくない。労働者の味方を貫け、アンドレア!

ところで、福島の原発事故の後、いち早く原発廃止を決めたドイツだが、その環境政策を担う環境相もSPDの女性だ。経済・エネルギー相は、SPDの党首ガブリエル(男性)だ。

http://www.theguardian.com/world/2013/dec/15/ursula-von-der-leyen-germany-defence-minister
■ドイツ国会、クオータ制を否決
http://frihet.exblog.jp/19880828/
■ドイツ女性国会議員229人、36.3%
http://frihet.exblog.jp/20816895/
■ドイツ国会、クオータ制を否決
http://frihet.exblog.jp/19880828/
■比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
http://frihet.exblog.jp/20789791/
■ドイツの町のジェンダー規定
http://frihet.exblog.jp/20001461/
■恒常的業務である館長職は有期にはできない--脇田滋意見書
http://fightback.fem.jp/wakita_ikensyo-1.html
[PR]
by bekokuma321 | 2013-12-17 14:16 | ヨーロッパ

c0166264_1951062.jpg昨日、チリの大統領が決まった。社会主義者ミシェル・バチェレ(62)が最終得票率62%で、やはり女性の保守主義者エベリン・マテイEvelyn Matthe(60)の38%を大きく引き離した。

任期満了に伴う大統領選の決選投票だった。バチェレは大企業増税、マテイは大企業減税、と政策を旗幟鮮明(きしせんめい)にして闘った。

ミシェル・バチェレは、2006年12月から2010年2月まで3年余り、チリ初の女性の大統領に就任。在任中は、女性の人権確立を前面に出してがんばったと言われていた。2010年秋に、国連に創設された新組織「国連女性UNWOMEN」のトップに就任した。

1973年のチリ・クーデターまで、大統領候補の女性2人は親しい友人同士だったと、ノルウェーNRKは報道している。

「女同士の争い」「女が女の足をひっぱる」--チリ大統領選は、こんな男社会の紋切り型悪口を吹っ飛ばした。

http://www.nrk.no/verden/brakseier-for-bachelet-i-chile-1.11419975
◆UNWOMENトップに前チリ大統領就任
http://frihet.exblog.jp/15131526/
◆ミシェル・バチェレ大統領の業績http://frihet.exblog.jp/10000786/
◆UNWOMEN国連女性についてhttp://frihet.exblog.jp/14733429/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-12-16 19:54 | 中南米

先週、フランス下院は、買売春においてセックスワーカーではなく買う側を取り締まる法律を可決した。罰金は1500ユーロ(約21万円)。低すぎて抑止効果を疑いたくなる。しかし、セックスワークをやめたい人――外国人を含む――への宿泊施設の提供、安全・保護のために基金を設立することを同時に決めた。これはいい。

スウェーデン、ノルウェーなど北欧諸国にならったものだ。フランス国会の賛否は268対138。

今朝のガーディアン紙によると、次はイギリスの番だという。フランス同様に買う側を罰する刑法改正を迫られており、人身売買禁止法案の成立が予定されている国会で、買売春議論がさらに燃え上がる見込みだという。

メアリー・ハニーボール欧州議会議員(労働党)は、イギリス政府に「フランスにならって、北欧モデルを導入せよ」とせまった。彼女はさらに力説する。

「北欧のように、売る側ではなく、買う側を罰するという傾向が大きな支持を得ている。一方、ドイツやオランダのように、買売春を合法化している国には幻滅が広がっている。EU全体に通じるモデルが必要だ。そうしなければ、セックスツアー奨励につながるのは目に見えている」

EU諸国が北欧モデルに見習おうという流れはとまらない。ドイツ、飾り窓の女で知られる買売春に寛容なオランダでさえ、厳罰化への議論が起きているという。

日本の国会は、こうした女性の命や人権に直接かかわるテーマは議論にすらならない。ほとんどの政党は公約にさえいれていない。

日本には「売春防止法」があるではないか? いやいや、売春防止法は買売春を禁止していても処罰規定がない。歯のない番犬と同じだ。

公然勧誘罪という規定はあるが、読んで字のごとし、売春をする側――ほとんど女性――だけを取り締まるものだ。アジアの貧しい国々からだまされて連れて来られた女性たちが、性的搾取をされた上、さらにこれによって処罰される。

アジア女性だけではない、職がなくセックスワークに走らざるをえない貧しい日本女性も多い。シングルマザーにも多いと聞いた。知り合いの30代の女性は、私に「私の友だちにも、ソープランドとかファッションヘルスで働く人がけっこういる。ほかにいい職がないみたい」と言った。

あー、日本の国会で話し合って決めてほしいのは、こうした社会問題の解決策だ。秘密保護法案などではない。怒!


http://www.theguardian.com/global-development/2013/dec/11/uk-nordic-model-prostitution-clients-buyer-sex?CMP=EMCNEWEML6619I2
http://www.theguardian.com/society/2013/dec/04/france-law-fines-prostitution-clients
◆Prostitution in the Nordic Countries
http://www.norden.org/en/publications/publikationer/2009-756
http://www.thelocal.de/20131203/german-prostitution-laws-to-be-reformed
◆ノルウェーの買春禁止法の問題
http://frihet.exblog.jp/18145188/
◆買売春、減らずーーノルウェーの実態
http://frihet.exblog.jp/17816528/
◆フランス、性差別賃金会社に罰金刑
http://frihet.exblog.jp/19901893/
c0166264_2392914.jpg
▲ヨーロッパ買売春禁止マップ(クリックを)
[PR]
by bekokuma321 | 2013-12-12 23:20 | ヨーロッパ

南アフリカの元大統領ネルソン・マンデラを追悼する記事が世界のメディアにあふれている。日本の報道は少ないほうだ。

その中で、個人的経験を交えて書いた珍しい記事が手に入った。京都新聞12月10日。書いた人は、南アフリカについての数多くの著作を持つ京都精華大学教授の楠瀬佳子。

記事には、マンデラが釈放された年である1990年の秋、来日したネルソン・マンデラと直接会った時の写真が一緒に載っている。20年以上も前のマンデラだ。

楠瀬は、マンデラについての本『ネルソン・マンデラ伝』を翻訳して日本に紹介した一人だ。マンデラの闘いを通じて、南アフリカの現代史を知るようになり、その後、南アフリカに1年滞在したという。

アパルトヘイト廃絶という偉業によって、世界の希望の星となった南アフリカ。しかし記事によると、深刻な経済格差がとまらないという。

 
(クリックすると読みやすくなります)

c0166264_20265943.jpg
◆マンデラとクオータ制
http://frihet.exblog.jp/21058057/
◆ナディン・ゴーディマ―、南アを語る
http://frihet.exblog.jp/16313803/
◆Maya Angelou's Poem on Mandela
http://www.youtube.com/watch?v=PqQzjit7b1w&list=UU6ZhpmNnLxlOYipqh8wbM3A

【右写真は南アの知人から買い求めたピアス。デザインが秀逸。筆者が持つ南アゆかりの品はこれだけ】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-12-11 19:51 | アジア・アフリカ

マンデラとクオータ制

c0166264_19492558.jpgネルソン・マンデラ(1918―2013)が亡くなった。彼については、全世界のメディアが報道しているが、私にとってのマンデラを一言。

マンデラは、1964年、国家反逆罪で27年間独房に投獄され、1990年釈放された。その時、彼はすでに70代。1994年、南アフリカ初の民主主義選挙で大統領に選出され、1期4年余りで自ら大統領職を辞した。

大統領就任後の1995年、マンデラは、国連の女性差別撤廃条約を批准した。さらに、1996年制定の新憲法には、あらゆる差別撤廃を明記し、女性の権利と男女平等の実現めざした。

マンデラが議長をつとめた政党・アフリカ民族同盟ANCは、1994年、党の綱領に30%クオータ制を入れて、実践した。

このANCのクオータ制が主因となり、南アフリカの女性国会議員の割合は、1994年、27.75%、1999年30%、2004年32.75%と伸び、最新IPU統計では2009年42.3%にまで到達した。これは国会における女性議員率、世界第8位だ。

肌の色の違い、性の違い、貧富の違いによって、人は差別されない。マンデラは、この普遍的真理を政治の力で実現しようと命をかけた人だ。彼の力がなければ、人種の法的平等だけでなく性による法的平等もなかっただろう。

慈愛に満ちた柔らかな笑顔の彼だが、40代のころは、カストロ風の髭をはやしていたという。当時、彼は、非情な人種差別政策を打ち倒すため、Umkhonto we Sizweウムコント・ウェ・シズウェ(民族の槍)という自警団を作り初代司令官に就任。白人の財産強奪や、サボタージュ、警察署襲撃など目的としていたが、彼の自伝によると、テロリズムを含む軍事戦争まで視野に入れていたという。

昨日、特定秘密保護法成立と同じ新聞紙面に、マンデラの死亡記事が載っていた。日本の秘密保護法の制定をいち早く歓迎しているのはアメリカだ。このアメリカこそ、2008年まで、ネルソン・マンデラをテロリスト名簿に載せていた恥ずべき国だということを忘れたくない。

(ANCにネルソン・マンデラ逝去のお悔やみを残しました。誰でもできます。あなたもクリックしてどうぞhttp://www.anc.org.za/nelson/list_condolences.php

http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-25273502
http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-20761223
http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-21965030
http://www.aftenposten.no/nyheter/uriks/Mandela-feature-7398440.html
http://www.nrk.no/emne/nelson-mandela-1.11098949
http://www.theguardian.com/world/interactive/2013/dec/05/nelson-mandela-interactive-timeline
◆ナディン・ゴーディマ―、南アを語る
http://frihet.exblog.jp/16313803/
◆Maya Angelou's Poem on Mandela
http://www.youtube.com/watch?v=PqQzjit7b1w&list=UU6ZhpmNnLxlOYipqh8wbM3A
[PR]
by bekokuma321 | 2013-12-07 19:57 | アジア・アフリカ