7月の参院選は法の下の平等からして違憲だ。こんなスカーッとした判決が11月28日、広島高裁から出た。今後、全国47選挙区から次々に判決が出るらしい。朝日新聞などによる。

広島高裁は「投票価値の不平等は甚だ顕著だ。国会には選挙制度を抜本的に改革する責務があった」と無責任な国会を厳しく断じた。

選挙は民主主義の基本のキだ。その選挙の不平等をこれだけ司法から指摘されても、なお、なすすべのない日本の国会。どうしてそんな国会から国民のためになる政治が生まれよう。

しかし、1人1票の選挙が本当に平等かというとかならずしもそうとはいえないと私は思う。人口密度の低い過疎の県を代表する議員がいなくなる恐れがあるからだ。

ノルウェーやデンマークなど平等意識の高い北欧諸国は、比例代表制だ。比例代表制という選挙は、最も多くの票をとった1人しか当選しない小選挙区制より、はるかに平等原則に近い。比例代表制では、大政党は大政党なりに、小政党は小政党なりに当選者が出る。死に票が少ない。

そして、問題の選挙区の議席数は? 北欧諸国は、人口比だけでなく面積を加味して決めている。たとえばノルウェーは憲法がこう規定する(憲法だぞ!)。

c0166264_22395892.jpg
「各選挙区から選出される国会議員の数は、人口数と面積の割合をもとに換算される。1人が1ポイント、1平方キロメートルが1.8ポイント。この計算は8年ごとに数え直される」(ノルウェー憲法 第57条)

だから、首都オスロの候補は、極北の地フィンマルク県(上の写真)の倍以上とっても、当選におぼつかない。でも、そうしないと、国会はオスロ選出議員だらけになってしまう。地方自治が崩れてしまうだろう。今でもオスロは19議席、フィンマルクは5議席だ。

さらにその上で、北欧諸国にはアジャストメント議席というおもしろい制度がある。

ノルウェーの場合、国会の169議席は、19ある県と同じ区画の選挙区ごとに選ばれる。つまり19選挙区だ。投票が終わると、まず各選挙区で、その定数から1議席引いた数の当選者が選ばれる。残った1議席がアジャストメント議席だ。ノルウェーでは、平等化議席(utjevningsrepresentanter)と呼ぶ。

その平等化議席1をどの政党がとるか。その1議席は、選挙区で獲得した票を全国で合計し、その割合から計算して、各選挙区で選出議員数のもっとも少ない政党がもらうことになる。

言いかえると、平等化議席とは、カウント方法――修正サン・ラグ式――の関係で1議席もとれなかった政党のために、設けられた特別な議席だ。

当選者は、比例代表制だから、政党の候補者リストの上から順番に決まる。ほとんどの政党は、リストを決める際、男、女、男、女と男女交互に並べるクオータ制をとる。つまり、女性は全国で全体の4割ぐらい当選する。

c0166264_22461981.jpg世界には、こういうふうに工夫に工夫を重ねている国がたくさんある。それなのに、日本の選挙は何なんだ。

もっと言えば、平等に大きく反するのは、日本の悪名高き供託金だ。衆議院候補は300万円、納めなくてはならない。投票数の10%をとらなければ没収される。こんな高額のお金を払ってまで、選挙に出ようという女性や若者がどれだけいるか。これでは、2世、3世、売れっ子タレントしか選挙に出るチャンスはない。

そうそう、北欧の友人に供託金と言っても通じなかった。

そのほか・・・あれとかこれとか。でも、今夜は、これで、おやすみなさい。

【写真上:冬はマイナス50°まで下がる、極北の地フィンマルク】
【写真下:平等化議席のおかげで当選したヘードマルク県の左派社会党カーリン・アンデシェン議員、2007年の国会議員選挙】

◆比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
http://frihet.exblog.jp/20789791/
◆世界一民主的な国
http://frihet.exblog.jp/19256560/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-29 23:09 | ノルウェー

ノルウェーの文豪イプセンが戯曲『人形の家』を世に出したのは、1879年。

弁護士の夫は、妻ノラを「うちのヒバリ」と呼んで可愛がった。でも、ノラには隠し事があった。病気だった夫を救うため、借用証書にニセのサインをしてお金を工面した。妻は、夫の許可なしには借金をする権利すらなかった時代のことだ。

偽署を知った夫は、ノラを犯罪者とののしり、「おれがお前の犯罪行為に加担していたと世間から疑われるんだ」と激高する。

夫の愛は、「寄る辺ないちっちゃな赤ちゃん」への愛であったと、ノラは悟る。そして「私は、何よりもまず人間です。あなたと同じくらいに」と言い残して家を出る。厳寒の12月、夫と子どもを捨てて。

家出をしたノラは、その後どうなったのだろう。イプセンは何も語っていない。だから、世界中の読者が時空を超えて、もしかしたら…と想像を巡らしてきた。

イプセン没後100年余り。今年もc0166264_15281280.jpg現代イプセン演劇祭が11月末から12月中旬まで東京で開催される。今回はノルウェー、日本のほか、ベルギー、ルーマニア、チリのプロダクションがやってきて、それぞれ現代的で個性的な解釈でヘンリック・イプセンの代表作『人形の家』を演じるのだという。

現代イプセン演劇祭 芸術監督の毛利三彌さんは、こう語る。

「東京で開かれる国際的なイプセン・フェスティヴァルも2回目となる。3年前の第1回以来、イプセンの現代的上演の波はますます高まってきているが、その衝撃のしぶきは、これまでのイプセン上演の中心を占めていた西ヨーロッパをこえて、全世界に及んでいる。今回招聘する東欧のルーマニアや南米のチリのイプセン舞台が、そのことを如実に示してくれるだろう。12月2日・3日には、本フェスティバルの出演者や舞台関係者、イプセン、ムンク、そして女性文学研究者らによるシンポジウムが開催され、様々な面からイプセンにアプローチします。」

◆現代イプセン演劇祭2013(時、会場など詳細はこちら)
http://www.norway.or.jp/norwayandjapan/culture/literature/ibsenfestival2013/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-29 15:40 | ノルウェー

刑事サラ・ルンド

c0166264_1638369.jpgTV映画「キリング シリーズ3」が始まった。主役はサラ・ルンド。デンマークのコペンハーゲン刑事課の刑事だ。

ワーカホリック人間。現場にこだわり、どんな小さな物でも見逃さず、とことん推理を進める。いかなる残虐な殺人事件にも冷静かつ強靭な精神で立ち向かう。当然マイペースだ。周りには無頓着で、ぶっきらぼう。傷つけてしまうことが多い。冬の北欧の暗さに負けず劣らず、彼女は暗い。

男性刑事なら許容される仕事熱心な性格だが、サラは女性だ。そう、やはり笑顔や気配りがなくっちゃ――なぁーんていう安っぽい叱責など、意に反さない。

1人息子にさびしい思いをさせてきたことを悔いて、何とかよりをもどそうと努力する。でも、ぶきっちょな彼女は、いつもうまくいかない。日本の母親に似た世話焼き母親が、職場にまで立ち寄っては、サラを赤面させたりもする。

どんな仕事人間にもついて回る、食べること、寝ること、家族とのかかわりなど、私生活の難しさが随所に描かれる。それに、どこと連立を組むか選挙をひかえた政党党首たちの駆け引きや裏取引―――アップテンポの殺人ミステリーに、複雑な人間模様や、あらゆるポストに女性が多い政界の動きが加わる。絶品だ。

今回のシリーズ3で完結だという。デンマークなど北欧では昨年放映された。シリーズ1、2に魅了されたファンをまたまたとりこにしたらしい。わかるなぁ~。


http://www.superdramatv.com/line/the_killing/
http://nordicnoir.tv/tv-series/thekilling/
http://www.theguardian.com/tv-and-radio/tvandradioblog/2012/dec/17/killing-perfect-ending
http://www.theguardian.com/tv-and-radio/tvandradioblog/2012/dec/14/farewell-killing-guide-to-denmark
◆21世紀の探偵サラ・ルンド
http://frihet.exblog.jp/19135324/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-27 16:44 | 北欧

c0166264_1829368.jpg11月20日、衆議院法務委員会は、結婚していない親の子(婚外子)の遺産相続分を、既婚の親の子の半分とする規定を削除する民法改正案を自民、公明、民主各党などの賛成多数で可決した。

政府が委員会に提出した民法改正案は、9月の最高裁判所の違憲判断を受けたもの。改正案は民法900条の「嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1とする」との規定を削除する。そして、婚外子の遺産相続分を婚内子と平等にする。

今日、11月21日の衆院本会議で通過する見通しだ。

一方、民主党とみんなの党が「民法を改正して相続の差別をなくすのであれば、出生届への記載も見直すべきだ」として提出した、戸籍法改正の修正案は、公明党などが賛成したものの、自民党などの反対多数で否決された。

法務委員会を傍聴した田中須美子(なくそう戸籍と婚外子差別・交流会)さんは、こう語った。

「自民党の議員たちの発言を聞く限り、中身については賛成していませんでした。国連の再三にわたる勧告も、“外圧だ”と切り捨てました。しかし、最高裁の裁判官14人全員一致で、違憲だと判断されたことが、大きな力になり、改正に賛成せざるをえなかったようです。最高裁判決の重みをあらためて感じました」

出生届書に嫡出子、嫡出でない子の記載を義務づけている戸籍法49条の法改正は、自民党や維新の会などの反対多数で見送られてしまった。残念無念でたまらない。

◆婚外子差別撤廃への重い扉が開かれた
http://frihet.exblog.jp/20704599/
◆最高裁、婚外子差別を違憲と断じるhttp://frihet.exblog.jp/20697289/
◆婚外子差別、違憲へhttp://frihet.exblog.jp/19611473/
◆婚外子の相続差別は違憲http://frihet.exblog.jp/16931195/
◆元最高裁判事泉徳治さん、婚外子撤廃の集会へ
http://frihet.exblog.jp/17824766/
◆婚外子差別TEL 相談http://frihet.exblog.jp/18445427/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-21 13:36 | その他

c0166264_13171347.jpgメルケル首相のもと連立を組むことになる2大政党の家族政策担当は、会社取締役におけるクオータ制について結論に達したもようだ。

11月17日(日)、次期政権の主要政策となる取締役会の男女平等のため、「2016年から、上場株式会社の取締役の少なくとも30%は女性にしなければならない」と妥結した。

さらに、「上場株式会社は、2015年から役員、トップ管理職などに女性を増やすための強制的な数値目標を決めて、出版しなければならない」とも決めた。

こうした新制度は、雇用における女性差別をなくし、働きやすい労働界をつくることになるとする。もっともだ。

ドイツのシュピーゲル紙、またローカル紙ドイツによる。

それにつけても、日本の政治は! いま、秘密保護法案というとんでもない法律を通そうしている。市民の権利をしばることにやっきで、市民の権利を広げる家族政策など見るも無残だ。婚外子差別を容認している民法は違憲であるとした最高裁決定さえ、無視するありさま。あ~、なんて国だ。

http://www.spiegel.de/politik/deutschland/koalitionsverhandlungen-einigung-auf-frauenquote-in-aufsichtsraeten-a-934099.html
http://www.thelocal.de/20131118/merkel-and-spd-agree-on-womens-quota-in-coalition-talks-germany-boardroom-company
http://www.thelocal.de/20131030/womens-quotas-closer-in-coalition-talks
■ドイツ女性国会議員229人、36.3%
http://frihet.exblog.jp/20816895/
■ドイツ国会、クオータ制を否決
http://frihet.exblog.jp/19880828/
◆比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
http://frihet.exblog.jp/20789791/
◆ドイツの町のジェンダー規定
http://frihet.exblog.jp/20001461/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-20 13:17 | ヨーロッパ

c0166264_15123784.jpgボツワナは、南アフリカの北に位置する国。ネット情報によると、エイズ感染率が世界最高で、国の歳入の多くをエイズ対策に注ぎこまざるを得ないという。平均寿命は50歳にすぎない。

このボツワナから、先月、遺産相続の女性差別に怒って裁判をしていた4人姉妹が勝訴したというニュースが届いた。遺産は一家の長男が相続するもの――この国の習わしに闘いを挑んだ原告4人。その姉妹の年齢を知って目を丸くした。83歳、80歳、77歳、68歳だという。すごい!

その“闘女”の1人、エディス(80歳)の言葉を、BBCから紹介したい。

「ここまで来るには、気力と勇気が必要でした。家族にとってストレスばかりが多く、そのことで眠れない夜をどれだけすごしたか。やっと終わってほっとしています」

「私たちの勝利は、男性優位主義の伝統に抗して闘おうとしている他の女性たちに、それぞれの場所で、自分たちだけではないのだと、動機と元気を与えることになるでしょう。『あの人たちが勝訴したのだ』と言って、同じように闘おうとなるのです。最高にうれしいです」

実は、このボツワナという国には、わが日本ととても似ている点がある。

国会(第1院)に占める女性議員の割合だ。

2013年10月1日統計によると、女性議員率は、日本8.1%で世界157位。ボツワナは7.9%で世界158位だ。IPUが世界188カ国を調査した。

http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-24623692
http://www.ipu.org/wmn-e/classif.htm
■少女隊6人、真冬のオスロフィヨルドで水泳
http://frihet.exblog.jp/15577220/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-19 15:17 | アジア・アフリカ

c0166264_13574185.jpg
2013年は、ノルウェーの女性が参政権を得て100年にあたる。100周年を記念して、11月14日、15日には、オスロで国際会議「女性の政治的権利」が開かれた。

国際会議の目的は、100年間の道のりを振り返り、さらに将来どのようにして新しい世代の女性の政治参加を可能にするかを探る事だ。

ノルウェー初の女性首相、国連の「地球の持続可能性に関するハイレベル・パネル」のメンバーであるグロ・ハーレム・ブルントラント、南アの元副大統領で、国連女性機関(UN Women)事務局長のプムズィレ・ムランボ・ヌクカ、国連開発計画の総裁ヘレン・クラーク、ノーベル平和賞受賞者の人権活動家シリン・エバディ、NGOである国際危機グループの議長ビネタ・ディオプなど、国内外から力強いスピーカーが登場し、女性の政治参画と民主主義について語り合った。

c0166264_859432.jpg100周年を記念して、今年は年間を通じて、ノルウェー全土のさまざまな地方で、女性団体が中心となって独自に、女性参政権100年記念イベントが開催されてきた。上記国際会議は、その一環で、ハイライトのひとつだ。

都合により、記念すべき行事に参加できなかった。主な内容は、ネットで配信されるという。楽しみだ。

http://demokratirogaland.wordpress.com/2013/10/04/internasjonal-konferanse-om-kvinners-politiske-rettigheter-14-15-november-i-oslo/
http://www.fokuskvinner.no/en/Frontpage-EN/Conferences/Stemmerettsjubileet/
http://stemmerettsjubileet.no/
http://digitaltfortalt.no/things/stemde-dei/H-DF/DF.4418?state_id=&query=stemmerett&js=1&search_context=1&pos=1&count=28.
■ノルウェー女性参政権100年から考える
http://frihet.exblog.jp/19227329/
■女性ディレクターが作成した働く母親の日々
http://frihet.exblog.jp/19525831/


【上のイラストはノルウェー女性の政治参画に貢献した歴史上の女性たち4人。4人の業績は『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)に紹介されている】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-16 14:03 | ノルウェー

日本、OECD統計でも最悪

c0166264_11141582.jpg日本は、OECD諸国の中で最悪。

女性が国会(第1院)にどのくらい占めているかの最新の国際比較だ。

IPUの今年4月統計で、日本の国会における女性率は190カ国のなかで163位だったから、当然の数字だ。何度も繰り返しになるが、これでは、天の半分を支える女性の声が公的政策や予算に反映するはずもない。

OECD報告書「How’s Life2013」は、次のようにコメントする。

「選挙権は男女にあるものの、国会議員における男女格差はいまだに大きい」
「女性議員の占有率は、15年前の17%より格差は解消されたものの、平均27%にすぎない」
「トップは北欧諸国と南アフリカで42%。続いて、スペイン、メキシコ、ベルギー3カ国が36%ないし38%。しかし他の国々は20%以下にすぎない」

堂々、最低にランクインした日本は、下のグラフの最左。JPNと記されている。10%以下だ。中央の黒い棒がOECD平均27%。

c0166264_1119477.jpg

男女共同参画社会の実現は21世紀の我が国社会を決定する最重要課題―――こんな言葉を明記した法律があったっけなぁ。あれは、たしか、1999年6月のこと。男女共同参画社会基本法という法律だっけか、森まさこ大臣。

森大臣、あなたは、安倍首相のいう女性の活用とやらで、当選1回ながら初入閣。だって、あなたは、選択的夫婦別姓は家族崩壊などと唱える「神道政治連盟」のメンバー。神道政治連盟こそ、民法改正運動に長年、圧力をかけてきた右翼的団体だ。そう、あなたは、これ以上ない“最適の男女共同参画担当大臣”だ。


http://www.keepeek.com/Digital-Asset-Management/oecd/economics/how-s-life-2013/gender-differences-in-well-being-can-women-and-men-have-it-all_how_life-2013-8-en#page9
http://www.keepeek.com/Digital-Asset-Management/oecd/social-issues-migration-health/close-the-gender-gap-now_9789264179370-en#page1
■日本の女性議員率、世界163位
http://frihet.exblog.jp/19872037/
■日本136カ国中105位
http://frihet.exblog.jp/20872767/
■南ア、女性50%に向け全国キャンペーン
http://frihet.exblog.jp/10972917/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-16 11:28 | アジア・アフリカ

c0166264_10198.jpg11月14日のガーディアン紙によると、バングラデシュの縫製工場労働者――ほとんどが女性――は、77%の賃上げ案を承諾した。ひとまず、おめでとう!

しかし、彼女/彼らが要求していた月100ドルには程遠い、月66ドルにすぎない。ILOによると、これまでの月額賃金38ドルは、世界で最低の賃金だったという。

バングラデシュは、中国に次いで世界第2位の縫製品輸出国。今春4月、縫製工場がはいっているビルが崩壊し、1000人以上の死者を出した。ほとんどは工場に働く女性労働者だった。5歳の娘を家に1人残して、15時間も毎日働かなければならなかった末、両足切断にみまわれた25歳の母親もいた。

この大惨事以降、労働者たちは、労働条件改善を求めて、断続的にストライキを続けてきた。しかし工場主は聞く耳を持たなかった。9月には、賃上げを求めてのストライキはさらに大きくなり、それに対して警察は水攻め、ゴム製鉄砲、催涙ガスなどで弾圧した。

c0166264_107479.jpgとうとう11月13日(水)の夜、シェイク・ハシナ首相(女性)が仲介に立ち、月66ドル、77%の賃上げで妥結するよう工場主や関係者に伝えた。ハシナ首相は、初代大統領ムジブル・ラーマンの長女。

報道によると、バングラデシュには、「ユニクロ」、イトーヨーカ堂「L& Beautiful」、「Gap」、「ZARA」、「H&M」、「IKEA」など、先進国の有名ブランドの下請け工場が多数ある。聞いたことのあるブランドばかりだ。

近所のユニクロに積まれている衣類の値札を見て、これが1000円で作れるなんて、と思うことが多い。その1000円の値札の向こうに、安い賃金と劣悪な環境で長時間働く、おびただしい数のアジア女性たちを思う。

http://www.theguardian.com/world/2013/nov/14/bangladesh-garment-workers-pay-rise
http://www.reuters.com/article/2013/11/11/us-bangladesh-garments-idUSBRE9AA0CF20131111
■バングラデシュ、劣悪な労働とグローバライゼーション
http://frihet.exblog.jp/20072145/
■バングラデシュ、工場崩壊と働く女性
http://frihet.exblog.jp/19922044/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-16 10:08 | アジア・アフリカ

c0166264_1839558.jpg女性器切除は子どもに対する虐待であるーーーこんな衝撃的報告書が、イギリスで提出された。

今日のガーディアンによると、イギリスにおける女性器切除の慣行を撤廃していく急進的一歩となると、保健専門家連合は推称する。この報告書の執筆者の一人であるジャネット・ファイルは語る。

「保健関係者が子どもへの虐待の事実を警察署に報告しないなんて信じられないことですが、それと同様に、FGMの事実を警察に報告しないこともそうあるべきです」

「子ども保護法を適用する場合、私たちの追及する子どもに対してどんな犯罪であるかを選ぶことはできません。私たちはお金や法律を求めているのではないのです。子ども保護法は、すべての子どもたちに適用されるべきだと求めているのです」

イギリスとウェールズで66000人以上の女性がFGMをされ、少女24000人は15歳以下で切られたという。世界では1億3000万人の少女・女性が被害者だという調査がある。

ガーディアンはFGM特集を組み、内外の貴重なニュースやヴィデオに常にアクセスできるようにしている。その中のイラク北部クルディスタンでのドキュメンタリー映画を見た。幼い女の子たちの火のついたように泣いている声が、なかなか耳から離れない。

■FGM: the film that changed the law in Kurdistan
http://www.theguardian.com/society/video/2013/oct/24/fgm-film-changed-the-law-kurdistan-video
■Female genital mutilation (FGM)
http://www.theguardian.com/society/female-genital-mutilation
■Report calls for female genital mutilation to be treated as child abuse
http://www.theguardian.com/society/2013/nov/04/uk-mutilation-girls-report?CMP=EMCNEWEML6619I2&et_cid=54807&et_rid=bekokuma@hotmail.com&Linkid=http%3a%2f%2fwww.theguardian.com%2fsociety%2f2013%2fnov%2f04%2fuk-mutilation-girls-report
■FGM を廃絶しよう!
http://frihet.exblog.jp/13588723/
■ウガンダ、女性器切除FGM違法へ
http://frihet.exblog.jp/13271286/
■スーダン、ソマリアの女性器切除
http://frihet.exblog.jp/10534467/
■FGM廃絶を支援する女たちの会
http://www.jca.apc.org/~waaf/
■FGMに関するユニセフ最新報告書
http://www.unicef.or.jp/library/pres_bn2013/pdf/FGCM_Lo_res.pdf
[PR]
by bekokuma321 | 2013-11-04 18:40 | ヨーロッパ