c0166264_1510882.jpg政治家は人種差別に抗して闘う責務を持つーーーローマに集まった17カ国のEU加盟国代表たちは、こうした内容の「ローマ宣言」を採択した。

イタリア初の黒人の大臣で、コンゴ生まれのセシル・キィェンジェ(Cecile Kyenge)に対して、あからさまな差別・侮蔑発言が続いている。彼女は、間髪をいれずファイトバックしているが、攻撃は終わらない。

ローマ宣言は、彼女に向けられた幾度もの侮辱的な言葉を断固許さないという流れを強くするための緊急国際行動だという。キィェンジェは、大臣就任後5カ月間に投げつけられた軽蔑や脅迫的表現に対する力強く重要な回答となった、と参加者に感謝の意を示した。

ヨーロッパ政治家たちの、国を超えて連帯する心意気に拍手を送りたい。こういう行動こそ、国際平和をもたらす有効な方法だと、思う。

http://www.theguardian.com/world/2013/sep/23/eu-ministers-racism-cecile-kyenge
http://www.joellemilquet.be/IMG/pdf/23092013_de_claration_de_rome.pdf
http://www.theguardian.com/world/2013/sep/08/cecile-kyenge-quest-for-tolerance
◆イタリア ボニノ大臣のシスターフッド
http://frihet.exblog.jp/20876500/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-31 11:17 | ヨーロッパ

c0166264_13331252.jpgイタリアの外務大臣エマ・ボニノ(写真)は、イギリスBBCの番組で、セシル・キィェンジェ(Cecile Kyenge)大臣の勇敢さをたたえた。

キィェンジェ大臣は、イタリア史上初の黒人女性大臣。「彼女は立派な主婦だが、政治家とは思えない」「彼女はオランウータンのようだ」などというような、とんでもない差別語を投げつけられている(FEM-NEWS)。

ボニノ大臣の発言は、そのままではないが、こんなふうだった。

「権力の座にいる女性が安楽な生活のできる世界など、どこにありますか。教えてほしい。キィェンジェ大臣を見てください。なんと勇敢なこと。彼女は毎日、侮辱され続けています。しかし、彼女は反撃しています。彼女は、確実にイタリアの主要な文化を変えています。イタリアが彼女によって変化してきているのです」

ボニノ外務大臣に強いシスターフッドを感じた。

◆100 Women: Emma Bonino asks 'Do powerful women ever get an easy life?'
http://www.bbc.co.uk/news/world-24672373
◆イタリア黒人女性大臣、バナナを投げつけられる
http://frihet.exblog.jp/20589246/
◆「彼女は、オランウータンのよう」―イタリア右派政治家
http://frihet.exblog.jp/20505927/
◆イタリア黒人女性大臣、差別にさらされる
http://frihet.exblog.jp/20334907/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-26 13:44 | ヨーロッパ

日本136カ国中105位

c0166264_10455170.jpgダボス会議という名で知られる「世界経済フォーラムWorld Economic Forum」から、ジェンダーの世界ランキングが、10月25日発表された。

日本は136カ国中105位。上位にはいつものように北欧諸国が並んでいる。


『国際男女格差レポート2013 The Global Gender Gap Report 2013』日本語版は、こう記す。

「日本は前回よりも順位を4つ下げ、第105位でした。これは、女性議員が減少したことにより、経済活動への参加と機会でのスコア向上が目立たなくなったことが主な原因です」

レポートは、男女間の不平等格差の大きさを次の4分野から測定したもの。

1)経済活動への参加と機会– 給与、参加レベル、および専門職での雇用
2) 教育 – 初等教育や高等・専門教育への就学
3) 政治への関与– 政策決定機関への参画
4)健康と生存– 寿命と男女比

日本女性の寿命の長さや、教育程度の高さは定評がある。世界105位とは、それらを吹っ飛ばすどす黒い力――女性差別――があるからだ。これは、もう、この国の風土病としかいいようがない。政治家たちのネグレクトに強い憤りを覚える。

■The Global Gender Gap Report 2013
http://www.weforum.org/reports/global-gender-gap-report-2013
■日本、世界131カ国中101位
http://frihet.exblog.jp/18603988/
■日本の女性議員率、世界163位
http://frihet.exblog.jp/19872037/
■1位アイスランド、98位日本
http://frihet.exblog.jp/17052883/

今年と昨年の上位20カ国は、左下Moreをクリック。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-25 10:36 | その他

国連安保理決議2122号

10月18日、国際連合安全保障理事会は、決議2122号を全会一致で採択した。

和平構築プロセスへの女性の役割を求めた国連の新たな決議文である。「女性・平和・安全保障に実際に関わる具体策に向けて、より一層の組織的アプローチ」となる協定だ。

国際安全保障における、男女平等ならびに女性のエンパワーメントの重要性が強調されている。また、国連平和維持ミッションならびに平和会談を支援する国連和平調停チームの技術的専門家の発展・配備に対する具体策などがあげられている。

紛争地において強姦によって妊娠させられた女性へのあらゆる保健サービス(人工妊娠中絶へのアクセスなど)が明記されていることも注目される。

しかし、である。

世界の実態は、北欧諸国などを除いて、地方や国家の政府に議員があまりに少なく、女性が、国家の政策決定に影響を及ぼすことなどできない。これが、何より最も深刻な問題である。とくに、わが日本がそうだ

c0166264_1447243.jpg
同種の決議といえる「女性・平和・安全保障に関する国連安全保障理事会決議1325号」は、2000年に採択された。あれから13年が経った。しかし、日本政府や国会は、この1325号決議を知らせる努力をしてこなかった。FEM-NEWSの読者にも知らない人が多いのではないだろうか。

1325号は、史上初めて、紛争における女性への暴力は国際安全保障問題であると明記した画期的国際文書である。紛争防止・解決ならびに平和構築に果たす女性の役割は重要であり、平和と安全の促進に女性が平等かつ完全に参画すること、とうたう。あらゆる政策決定のメンバーの30%以上を女性にせよ、とした「北京行動綱領」の流れをくんだ国際協定だ。

採択10周年目の2010年10月には、同決議のどの程度実施されているかを指標で明らかにすることも国連は決めていたものの、日本国内で、このことを広くわかりやすく知らせる努力などどこにも見えなかった。2年後の2015年は採択15年になる。日本政府は、決議内容が実行されていないことをどう総括するつもりだろう。

必要なことは、決定機関に働く人たちが、平和と男女平等に向けて運動し続けている民間団体NGOの人たちと対話を持ち、意見や問題の指摘に耳を傾けることだと思う。

さらに、政党は女性議員を増やすために当選可能なところへの女性候補を増やすこと、加えて長期的には、選挙制度を女性議員増のカギといえる比例代表制へ移行すること以外ない。

http://www.theguardian.com/global-development/2013/oct/21/un-resolution-2122-women-peace-processes
http://www.theguardian.com/global-development-professionals-network/2013/oct/21/peace-building-gender-bias-funding?INTCMP=ILCNETTXT3487
http://www.un.org/womenwatch/osagi/wps/
◆国連安保理決議 1325 号にもとづく日本版国別行動計画策定について
http://ajwrc.org/1325/130928letter.pdf
◆初の「女性六カ国協議」開かれる
http://frihet.exblog.jp/9805434/
【上記写真は、この「女性六カ国協議」のハイライト。韓国と北朝鮮の国境近くで行われた。中央のブルーのジャケットの女性は元気なころの清水澄子元参議院議員】
◆比例区削減案に反対します!
http://frihet.exblog.jp/17810544/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-22 14:53 | その他

c0166264_11211026.jpg先週、BBCは、日本にも大ファンの多いシャルロット・チャーチ(27歳)のライブを放送した。

流れてきたのは、天使の歌声ではなく、女性蔑視が日常化しているポップ界批判だった。

シャルロット・チャーチは、キビキビした口調で、ポップ界の現状を語った。

「ポップ界の女性蔑視文化はあまりに深く浸透しており、日常茶飯事となっています」

「女性シンガーたちは、超セックスオブジェクトとして、非現実的あれ、マンガ的(つくり物のように)であれ、と奨励されています」

「女性たちは、音響ビデオという手段によって、おなじみの3つのカテゴリーに分けられています。第1は、“女の子のなかの女の子”、第2は、“犠牲となったシンガー”、第3は、“この世にありえないセックスボット”です」

シャルロット・チャーチは、3つ目の“この世にありえないセックスボット”に最も苦しめられたと告げた。セックスとロボットをあわせた造語と思われる。

バルバドス出身のリアーナや、マイリー・サイラスを例にあげ、彼女たちはキャリアのために、セックスアピールを強調するよう強要されているとも言った。

彼女は、スピーチの後半で、「ロックの殿堂」入りしたアーティストとその作品295のうち259は男性である、と述べ、この業界にいかに女性が少ないかを指摘した。そうした業界において、女性アーティストたちの優れた功績をたたえることも忘れなかった。

ポップ界は、世界中の若者や子どもたちに強い影響力を持つ。しかも、巨万の富を得る大産業だ。このシャルロット・チャーチの魂の叫びは届くだろうか。

私は思う――超人気歌手のなかに、こうした発言をする女性がいる国、このようなまっとうな発言を企画・放送するメディアのある国は、健康な国だ。

http://www.bbc.co.uk/programmes/b03d4d76 (10月15日から放送。明後日まで)
http://www.digitalmusicnews.com/permalink/2013/10/15/church
http://www.theguardian.com/music/2013/feb/24/charlotte-church-leveson-changed-outlook
http://www.theguardian.com/music/2013/oct/03/sinead-o-connor-open-letter-miley-cyrus?CMP=EMCNEWEML6619I2&et_cid=51547&et_rid=5170193&Linkid=http%3a%2f%2fwww.theguardian.com%2fmusic%2f2013%2foct%2f03%2fsinead-o-connor-open-letter-miley-cyrus
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-20 11:25 | ヨーロッパ

c0166264_11314010.jpgノルウェーの新内閣が決まった。

9月9日のノルウェー国会議員選挙の結果、8年ぶりの政権交代となった。

選挙で、保守党、進歩党、自由党、キリスト教民主党の“非社会主義政党”が過半数となった。その結果、政権与党の労働党、左派社会党、中央党による連立内閣から、保守党と進歩党による少数保守連立政権に交代した。労働党の党首ストルテンベルグ首相は、首相の座を保守党の党首アーナ・ソールバルグ(Erna Solberg)に譲った。

新内閣は18閣僚。選挙結果の獲得票割合にしたがって保守党11名、進歩党7名となった。ジェンダー(性)は、首相を含め、男性9名、女性9名。前のストルテンベルグ内閣と同じように男女半々内閣となった。

ノルウェーは、1986年以降、政権交代があっても閣僚人事は、一方の性が40%以下になったことはない。なお、同国の男女平等法は、公的決定機関は一方の性が40%を下回らないこと、と明記している。いわゆるクオータ制だ。

これで正式に、アーナ・ソールバルグ首相は、グロ・ハーレム・ブルントラント元首相(労働党)以来、ノルウェー史上2人目の女性首相に就任した。

自由党とキリスト教民主党は、当初連立政権に加わる予定で政策議論をつめていたが、結局、溝が埋まらず、政権内に入らなかった。最終的に、両党は、保守党・進歩党と政策合意に達し、閣外協力となる。

最新ニュースによると、早速、新大臣の発言が物議をかもしている。平等と家族政策を担う子ども・家族相は、「強姦された被害者にも責任がある」などと1年前に発言し、被害者を絶望に陥れたとされている。

【注:FEM-NEWSは、Erna Solbergをエルナ・ソルベーグとしてきたが、ノルウェー王国大使館の表記に従って、今後、アーナ・ソールバルグにする。】


http://www.nrk.no/valg2013/halve-lutefisklaget-i-regjeringen-1.11302177
http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/politikk/Dette-er-utfordringene-som-moter-de-nye-statsradene-7341175.html#.UmCridyCjGg
■女性2人が担うノルウェー新政権
http://frihet.exblog.jp/20823778/
■連立の3政党党首全て女性
http://frihet.exblog.jp/20711801/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-18 11:50 | ノルウェー

c0166264_8431728.jpgジョイス・バンダは、昨年、マラウィ大統領に就任した。アフリカに2人いる女性大統領の1人だ。女性の権利のために闘う運動家でもある(FEM-NEWS)。

ガーディアン紙によると、この10 月10日、彼女は、閣僚大臣を前に、「私は、閣僚たちへの信頼を失った」と告げ、汚職まみれ内閣の一掃を断行した。

これまで政府高官の10人が逮捕された。自宅内や靴に札びらを隠していたなどとする公費の違法使用と汚職が、その罪状だという。

先月は、こうした公務員汚職漬けの解明に熱心に取り組んでいた予算委員長Paul Mphwiyo銃撃されるという想像を絶する事件が起きた。

マラウィは、国家予算の40%を西側諸国の寄金に頼っている。報道によると、欧州連合EUは、汚職スキャンダルが解決しない限り、2900万ドルの支払いはできないと警告したばかりだという。

初の女性大統領ジョイス・バンダは、汚職にまみれた政治権力構造のまったただ中で、航海し続けている。彼女の腕に、マラウィの国民1500万人の命がかかっているといえる。同国は世界最貧国のひとつだ。女性たちの惨状は想像に難くない。負けるなジョイス!

http://www.theguardian.com/world/2013/oct/11/malawi-president-sacks-cabinet-corruption-scandal-banda?CMP=twt_gu
http://www.malawitoday.com/news/129870-malawi-budget-director-paul-mphwiyo-shot-planned-and-targeted-attack
http://www.nyasatimes.com/2013/10/09/malawi-president-joyce-banda-statement-on-cash-gate-scandal-i-will-not-shield-anyone/
http://www.theguardian.com/world/2012/apr/29/malawi-president-joyce-banda-women-rights
■マラウイの女性大統領
http://frihet.exblog.jp/17820759/
■マラウイに女性大統領
http://frihet.exblog.jp/17789611/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-17 10:04 | アジア・アフリカ

c0166264_1422953.jpgノルウェー初の“徹底した保守政権”(ノルウェーメディアによる表現)の人事が、来週、発表される。ずいぶん日数がかかっている。だけど、国民は、閣僚人事のあてっこゲームを楽しんでいるようだ。

閣僚人事にさきだって、今週はじめ、選挙で多数を確保した保守党と進歩党党首2人(写真)は、次期ノルウェー政権の政策綱領を発表した。選挙終了後、約1か月間かかった。

新綱領は、あらゆる分野への民間資本の促進をねらっている。たとえば、スーパー開店時間の延長、日曜日の開店、アルコール専売店時間の延長、農業への補助金削減、移民政策の厳格化などが、報道されている。日本では、ほとんどノー・マークで導入されている政策ばかりだが、ノルウェーでは今後議論を呼ぶだろう。

連立政権の政策すりあわせ作業の期間中、当初、政権にはいるとされた中道路線をゆく自由党とキリスト教民主党は離脱した。政策で歩み寄りが難しかったとされている。“大臣病”にかかっている国会議員の多い日本からすると、その欲のなさそうな態度に非常に好感をもてた。

その、入閣を辞退した自由党とキリスト教民主党は、閣外協力の姿勢を見せており、さっそく記者会見で、「女性閣僚40%を下回らないでほしい」とプレッシャーをかけた。実は、残念なことに、新政権の2党首こそ、「クオータ制」に反対してきた女性たちだ。

さて、新政権の綱領が発表になったとたん、さあ、待ってましたとばかり、現政権の労働党・中央党・左派社会党をはじめ、労働者組合連合、農業者連合、小売店連合などから、痛烈な批判が続出した。

労働党青年局幹部は、「富裕層への減税、学校の民営化、妊娠中絶の攻撃、教育へのキリスト教指導強化、父親休暇の削減など、これらは過去のもの、未来は見えない」

現政権は通称「赤緑政権」だが、新政権はどちらも青がシンボルカラーなので、「青々政権」と呼ばれている。環境大臣(左派社会党)はそれをもじって「環境政策の貧しさを見ても、青灰政権だ」などと批判した。

http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/politikk/Her-er-statsradkandidatene-7327923.html#.UlYxJtyCjSc
http://www.nrk.no/valg2013/godt-i-gang-med-regjeringskabalen-1.11289138
http://www.newsinenglish.no/2013/10/08/reaction-rolls-in-to-platform-priorities/
【写真は Nationen
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-10 14:07 | ノルウェー

「比例代表制は女性や弱者が当選しやすい」(FEM-NEWS 9月30日)に熊本からコメントが届きました。

◆◆◆

北欧諸国の比例代表の選挙制度は、合理的で、かつ民意というか、
人の気持ちを反映した、納得できる制度だなぁ~と思いました。

「『この党はいいけど、この候補者は嫌い』と思ったら、候補者名の
右横にバツをつけて削除の意志を示せる。また、『この候補はずいぶん
下だけど、1番にしたい』と思ったら、その候補の左横の四角い箱に1番
と書けばいい」

このように記載されてますが、こういう方法なら、政党の政策などに対し、
基本的には賛成であれば、投票もし易くなるというものです。人々の意見
が細かく反映されるように工夫した、本当に良い制度だと思います。
やっぱり、北欧は違うなぁ~と思うとともに、「これだ!」と膝をたたきました。

北欧諸国は、民主主義に関する考え方が日本と違い、民主主義を大切
にする方法をとっているんだな、という印象でしたが、とくに、今回は、選挙
制度に感心しました。

日本やアメリカの選挙制度は、利害やら利権が絡んで今の小選挙区制が
維持されているのでしょうが、北欧諸国は民主主義の根底を守るというと
ころを譲らない。気骨がありますね。

でも、リストに並ぶ1位は、労働党でも男性なんですね。政党や地域によっ
て違うのでしょうが、まだ1番は男性というところに、これほど男女平等が
進んでいる国でも、男女を完全に五分五分にするのは、難しいものなのか、
と考え込みました。

それを考えても、今の日本では、茨の道ですね。


深谷 智佳子(会社員)
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-08 17:56 | ノルウェー

c0166264_1242696.jpg先月のドイツの国会議員選挙で、女性は630議席のうち229議席を占め、全体の36.3%となった。ドイツ史上、初。

http://www.frauenrat.de/deutsch/infopool/nachrichten/informationdetail/back/11/article/frauenquote-auf-historischem-hoechststand.html


◆比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
http://frihet.exblog.jp/20789791/
◆ドイツの町のジェンダー規定
http://frihet.exblog.jp/20001461/
◆ドイツ国会、クオータ制を否決
http://frihet.exblog.jp/19880828/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-10-08 12:45 | ヨーロッパ