c0166264_2157089.jpgドイツで、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟が大勝した。得票率41.5%。

といっても、安定多数ではない。連立を組んできた自由民主党は4.8%と、5%に達せず、1議席もとれなかった。だからメルケル首相は、連立相手を探している。ひょっとしたら、緑の党と組むかもしれない。

日本の選挙は、ドイツの小選挙区・比例代表制の併用制に学んだらしいと聞いた。しかし、日本の衆議院の「小選挙区比例代表並立制」と似ているのは、言葉だけ。

基本が全然違う。ドイツは、小選挙区制も加味された比例代表制といったほうがいい。ドイツの有権者は、小選挙区で候補者を1人、比例区で政党を1つを選ぶ(日本のように書くのではない)。基本は、比例区での各党の得票率だ。それに従って議員数が配分される。

つまり、ドイツは、多数派から少数派までその大きさに比例して代表が決まる、実質、比例代表制である。一方、日本は、選挙区で最も票をとった1人が当選する小選挙区制が基本なのである。

『この国の政治』(石川真澄著、旬報社刊)によると、ドイツでは、第二次大戦後、日本のような並立制が議会に2度提案され2度とも「否決された」。その理由は、「不公平な選挙制度だから」、だという。小選挙区制は、「民意をひどく歪めた政党の勢力分布をつくってしまう、非常に悪い制度」(石川真澄)なのだ。

昨年暮の衆院選を例にとると、自民党の比例代表得票率は27.6%にすぎなかった。そんな自民党が国会の議席の61%(480中294議席)を占めた。世襲議員のオンパレード。女性は10%にも満たなかった。なるほど、こりゃおかしい。石川真澄は正しい。

ドイツより純粋な比例代表制をとるのは、北欧諸国。その北欧ノルウェーについては、FEM-NEWSが報告してきたが、ドイツ同様、この9月、国会議員選挙があった。(続きは左下のMore)

c0166264_2154192.jpg


More
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-30 22:51 | ヨーロッパ

ノルウェー在住のリングダール裕子さんから、貴重なレポートが届いた。

彼女の報告のさわりは、9月16日、朝日新聞の『声』欄に掲載された。子どものときから生きた政治を学んでいるノルウェーの学校教育に目を見開かされた人もいたのではないか。

■■■■

9月9日にノルウェーの国政選挙が行われ、8年ぶりに右派政権の誕生となりました。

結果は、労働党55席、保守党48、進歩党29、キリスト教民主党と中央党がそれぞれ10、自由党9、左派社会党7、緑の党1、そして(中国系共産党の)赤の党は0。得票数は労働党が一番だったのですが、連立を組んでも中道右派(96議席)には勝てず、政権交代となりました。

オスロやベルゲンのような大都市では労働党と保守党がほぼ二分し、三番目に強いのが進歩党という傾向です。地方によっては、中央党が、労働党と二分するか、最大党となったところもあります。西ノルウェーから南ノルウェーにかけての保守的クリスチャン人口が多いところでは、キリスト民主党が強い傾向があります。

12歳の息子の通う小学校の話をします。ベルゲンのフィリングスダーレンにあり、伝統的に労働党が強い地域です。

選挙の数日前に小学校6年生と7年生対象のスクール・エレクション(模擬選挙)が行われました。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-30 18:45 | ノルウェー

デンマークのニルセンさだこさんから、先日、メールが届いた。

デンマーク女性協会Dansk Kvindesamfundで行われた「デンマークと日本の男女平等比較セミナー」の貴重な情報だった。

興味をひかれた点を2つ。

まず、デンマークと日本の比較の原点が、Geer Hofstedeによる男らしさ・女らしさ社会の調査であったこと。実は、この男らしさ・女らしさ比較は、FEM-NEWSが、6月18日「ノルウェー男女両性の徴兵制へ」ですでに紹介した。

あまり日本で知られてなさそうなので、再び紹介したい。Geer Hofstedeによると、スウェーデンやノルウェー、デンマークなど北欧社会は、女らしさの度合いが高く、協調、質素、弱者への優しさ、生活の質などを重視する。

反対に、日本社会は男性らしさの度合いが世界で最も高い国のひとつで、成果、英雄主義(任侠)、主張、成功への物質的結果に重きを置く社会だという。

デンマーク女性協会のセミナーは言うーー男らしい社会である日本は、デンマークに比べ、激しい競争中心である。よって、女性は会社幹部や政治家になることが非常に難しい。

c0166264_22334540.jpg

とはいえ、セミナーは、デンマークも男女平等にはまだ遠いと分析する。その例に、出産後に育児休業をとる男性は、女性296日、男性36日にすぎないことをあげる。日本の実態を知る私は、「男性社員が平均1カ月以上も休む」ことに驚かされたが。

さらにセミナーは、赤ん坊を抱いた男性が掃除道具を持っている啓発ポスターを紹介する(上)。これが、デンマークの未来というわけだろうか。

題字は「He Can Do It! 男ならできる!」。言わずと知れた、戦争プロパガンダ用のアメリカ女性の「We Can Do It!」のパクリだ。このポスターは前に見たことがあるが、その強烈なインパクトに感銘を受けた。いつ、誰がこの男性版をつくったのだろう。

男性の顔を少し日本人風にして、日本中の会社の壁にはったらどうだろう。


http://danskkvindesamfund.dk/hvem-er-vi/vision.html
http://geert-hofstede.com/japan.html
http://www.aftenposten.no/amagasinet/--Norge-er-verdens-mest-feminine-land---bortsett-fra-Sverige-7209495.html
■TVドラマ「コペンハーゲン」
http://frihet.exblog.jp/20608001/
■3年前の強姦事件に200万円:デンマーク
http://frihet.exblog.jp/18029826/
■デンマーク初の女性首相誕生
http://frihet.exblog.jp/16859675/

[ニルセンさだこさんから追ってメールが来た。それによると、上記情報は、デンマーク男女共同参画目的で、デンマーク女性協会を視察した日本人訪問客のために、同協会コミュニケーション担当Helene G.Hansenが提供してくれたものだという]
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-17 22:43 | 北欧

「パンテオンに女性が少ないことは、議会や会社の取締役など現代社会において女性の認知度が低い事実を反映しています」

こう怒るのは、フランスの女性運動団体「あえてフェミニズム」のメンバーたちだ。

パンテオンはフランスのパリにある霊廟。そこにはフランスを代表する偉人たちが埋葬されている。その数74人。しかし、そのうち女性はわずか2人にすぎない。

「あえてフェミニズム」たちは、男性偏重主義をあらためるよう、今、フランス大統領に送る署名運動に躍起だ。

女性運動家らは、次の5人の偉大なフランス女性たちをパンテオンに埋葬してほしい候補にあげた。

c0166264_18395882.jpg
シモ―ヌ・ド・ボーボワール(哲学者)、ジェルメーヌ・ティヨン(反戦運動家)、ラ・ムラドレッセ・ソリチュード(奴隷解放運動家)、ルイーズ・ミシェル(無政府主義者)、オランプ・ド・グージュ(政治家)。

5人のうち私の知っている女性はボーボワールとグージュ(上の写真)のたった2人。今回、他の3人の生涯を調べてみた。無類の情熱と使命感で、時代や権力と闘った女性たちばかりだった。

歴史を変える原動力となった女性を明らかにすることは、勇気や正義は男性の特権ではないことを知らせ、少女たちに輝く自尊心を与えるだろうーーそんな気がする。


http://www.osezlefeminisme.fr/article/action-pantheon
https://www.change.org/fr/p%C3%A9titions/fran%C3%A7ois-hollande-panth%C3%A9onisez-des-femmes
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-23935837
http://www.thelocal.fr/galleries/culture/the-five-greatest-french-women-that-france-forgot

【写真はフランスの人権宣言に女権を入れるよう運動をしたオランプ・ド・グージュ。彼女の業績を称え、現代のフランス人に知らせるために作成されたポスター】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-15 18:56 | ヨーロッパ

物事を決める議会に女性は本当に少ない。政界と同様に、オーケストラで指揮棒を振る女性も本当に少ない。

9月8日、ロンドン恒例のロイヤルアルバートホールでの「ザ・プロムス」コンサートの最終日の写真が飛び込んできた。

会場全員が、女性指揮者マリン・オールソップを称える瞬間だった。なんと、「118年間の女人禁制が破られた」のだ、という。イギリスのメディアは驚きに満ち満ちた大げさな表現で報道した。

この、118年ぶりの女性指揮者を熱狂的に迎えた英国民の余韻は、世界の音楽界を変えてゆくのだろうか。

c0166264_11573697.jpg

日本の未来を知りたくなった私は、東京芸術大学音楽部音楽研究科に電話してみた。

「指揮科に女子学生はいま何人いますか」

電話の向こうから聞こえてきた答えは、

「男女統計はとっていませんが、えーと、女性はどの学年にもいません」

◆Eyewitness:London,UK
http://www.theguardian.com/world/picture/2013/sep/08/eyewitness-london-uk
http://www.telegraph.co.uk/culture/music/proms/10294279/Proms-2013-Last-Night-conductor-Marin-Alsop-shocked-there-can-still-be-firsts-for-women.html

【写真はスペインの男女平等推進ポスター。スペインのポスターにまつわる同国女性政策については『I(アイ)女のしんぶん』2013年9月10日号に詳しい】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-12 12:03 | ヨーロッパ

自由と平等ーーこの2つの価値観を共存させている珍しい社会。それが北欧ノルウェーです。その暮らしぶりや学校生活、支える制度、今後の課題を映像中心に紹介します。お近くの方、お気軽にどうぞ。

 
▲クリックすると読みやすくなります。

参考図書
『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)

http://www.norway.or.jp/norwayandjapan/policy_soc/diversity/28sept2013/#.UjAvz9yCjGg
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-11 11:12 | ノルウェー

ノルウェー国会議員選挙が終わり、予想通り、社会民主主義政権から保守主義政権に交代することになった。

169議席のうち、女性67議席、男性102議席だった。女性の割合は39.6%。前回から1議席も増えなかった。

女性の議員の多くは労働党所属だった。しかし、首相は保守党党首エルナ・ソルベーグ。同国2人目の女性だ。

c0166264_21154861.jpg


http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/Kvinneandelen-pa-Stortinget-oker-ikke-7305915.html#.Ui7u5tyCjGg
http://www.newsinenglish.no/2013/09/09/the-importance-of-being-erna/
◆次期首相の写真http://www.tv2.no/nyheter/innenriks/slik-ble-hun-hele-norges-erna-4118539.html
◆日本の女性議員率、世界163位
http://frihet.exblog.jp/19872037/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-10 21:20 | ノルウェー

連立を組む政党すべての党首が女性となるかもしれない。

北欧ノルウェーの話だ。

明日9月9日は、ノルウェーの国政選挙投票日。世論調査によると、政権交替が確実のようだ。現在の労働党中心の中道左派連立政権に属する候補は、保守党など野党候補にだいぶ水をあけられている。その結果、保守党が進歩党と組んで、新しい政権を担う可能性が高い。

保守党と連立政権を組むとされる進歩党はノルウェーでは"極右"と称される。前回2009年の国政選挙で、労働党に次ぐ第2党になった。しかし、大量殺人者アンネシュ・ベーリング・ビレイビクが一時党員だったことが判明し、人気が落ちた。その後、また回復。

この進歩党のほか、キリスト教民主党、自由党があるが、両党ともに、保守党が極右の進歩党と組むなら連立を組めないと公言してきた。移民政策や税政策などに違いが大きいからだという。ところが、ここにきて自由党党首トリーネ・グランデは、連立にはいる意思を表明した。

一方、労働党党首イエンス・ストルテンベルグ(現首相)の人気は高く、依然として第1党と予測される。「最後まで、現政権―労働党、中央党、左派社会党――の当選をめざす」と強気だ。

選挙はまず国会づくりのためだ。次にその国会議員の所属によって政権づくりがスタートする。とはいえ、どの国の報道も、選挙前から政権づくりに目が行き、新政権のゆくえに焦点がいく。

さて、その保守党、進歩党、自由党の3党による保守中道連立政権づくりが成功すると、ノルウェーにまた新しい歴史がつくられる。現在、この3党、党首が全て女性なのだ。

保守党党首エルナ・ソルベーグは、ベルゲン出身。代理市議会議員に18歳でデビュー。以来、ずっと保守党の政治家。

進歩党党首シ―ヴ・ヤンセンは、フェミニスト運動家を曽祖母に、離婚後シングルマザーとして苦労した女性を母を持つ。

自由党党首トリーネ・グランデは、北部出身の教師経験者で2匹の猫とオスロに住む。

3人ともに政治家歴が長い。公表しているパートナーや子どもはいない。自由党以外の女性党首2人は、ノルウェー政治の宝石ともいえるクオータ制に反対してきた。

選挙結果しだいでは、他野党が連立の合意に達しない場合もあるかもしれない。その時は、労働党党首で男性のストルテンベルグがまた首相の座につく。

ノルウェー社会は、この労働党主導による男女平等政策で政界への女性進出が進んだ。オール女性党首の次期政権誕生は、その成果のひとつだといえる。

c0166264_19354531.jpg
【左から自由党(司会の後に隠れて見えない)、キリスト教民主党、進歩党、保守党、労働党、左派社会党、中央党の党首。ノルウェー国会議事堂にて】


◆Partibarometeret
http://politisk.tv2.no/spesial/partibarometeret/maalinger/10640/
◆Partitesten
http://valg.tv2.no/partitesten/
◆高校生が国政選挙に影響を与える社会
http://frihet.exblog.jp/20701686/
◆ノルウェー首相、タクシー運転手に
http://frihet.exblog.jp/20631969/
◆比例制選挙がいい
http://frihet.exblog.jp/20669975/
◆ノルウェー地方選:労働党と保守党の勝利
http://frihet.exblog.jp/16848444/
◆ノルウェー保守党党首の人気上昇
http://frihet.exblog.jp/18425089/
◆「ノルウェーが幸運なのはノルウェー女性がいるからだ」―首相
http://frihet.exblog.jp/15706931/
◆Norway is to be at the forefront of the fight for women’s rights
http://www.regjeringen.no/en/dep/ud/press/news/2013/rights_forefront.html?id=733667
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-08 21:02 | ノルウェー

c0166264_1829368.jpg三井 さま

ご無沙汰しています。お元気でお過ごしのことと思い
ます。

すでにご存じのことと思いますが、今日9月4日、婚外
子相続差別規定は憲法違反との決定が出されました。

とうとうこの日がやってきました。

8月28日朝の最高裁前ビラまきをしたその日の夕方、
9月4日に決定の通知が出されるとの一報が入りました。

このように当事者に事前におしえることはこれまでなかったことなので、これで
憲法違反の決定がだされることは間違いないと言われ、そのときまで、またも
合憲決定が出されるのではないかと心配と不安の中にいましたが、違憲決定
が出される!との思いにやっと切り替わりました。

それまでは、合憲決定が出された場合は、抗議声明を出し、違憲決定が出され
た場合は、法務省への要請をすぐにもしなければと要請事項を作っていたので
すが、抗議声明はもう必要ないかなと印刷するのをやめました。

そして9月4日に、歴史的瞬間に立ち会い、喜びを弁護団とともに分かち合おう
と呼びかけ、50人ほどの婚外子の母や父たちとともにその瞬間を最高裁前で
待ちかまえました。

和歌山裁判の弁護団が3時に最高裁から決定書を受け取って、私たちの前に戻
ってきました。

憲法違反の決定、しかも全員一致の決定でした。これはすごいことだと思いました。

この全員一致の憲法違反の判断は、今後の政府や国会への重しになっていくだろ
うと思います。

最高裁前の報道が終わってから、参議員議員会館で、法務大臣あての要請書を
法務省に手渡し、婚外子相続差別規定の撤廃を始めとした婚外子差別諸制度の
撤廃に向け、早急な法改正の実現をと要請しました。

そのあと議員会館の食堂で、乾杯し、皆で喜び合いました。

今日、婚外子差別撤廃に向け重い扉が開かれました。さあこれからです。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

2013年9月4日

田中須美子 (なくそう戸籍と婚外子差別・交流会

【以上は、4半世紀にわたって婚外子差別撤廃をめざして運動をしてきた田中須美子さんのメールです。個人宛でしたが、田中さんの許可を得て公開させていただきます。決してあきらめず闘ってきた当事者が、判決当日をどう迎えたかーー貴重なルポとしてお読みください。写真は明石書店刊『なくそう婚外子・女性への差別』】

◆最高裁、婚外子差別を違憲と断じるhttp://frihet.exblog.jp/20697289/
◆婚外子差別、違憲へhttp://frihet.exblog.jp/19611473/
◆婚外子の相続差別は違憲http://frihet.exblog.jp/16931195/
◆元最高裁判事泉徳治さん、婚外子撤廃の集会へ
http://frihet.exblog.jp/17824766/
◆婚外子差別TEL 相談http://frihet.exblog.jp/18445427/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-06 18:41 | その他

c0166264_228469.jpgまたノルウェーの話で恐縮だが、ノルウェー全土でのスクール・エレクションの結果が出た。

報道によると、保守党に投票した生徒は28.3%を超えた。その高い伸び率に、本番はさらに伸びるだろうと予測される。これまでスクール・エレクションでの保守党に投票する割合は、本物の選挙より低い傾向があるからだ。

スクール・エレクションは、1980年代から行われてきた高校生の“模擬選挙”。各高校の生徒会主催で行われ、強制でも何でもない。それでも生徒の参加率は約7、8割に上る。

次期首相をねらう保守党党首エルナ・ソルベーグは、スクール・エレクションの運動にがんばった保守党青年部に属する若者たちとともに、本番での勝利を胸に前祝いをした。大手新聞記事には、若者たちの歓喜の叫びが聞こえてくるような画像がついている(上)。彼女が首相に就任すると、ブルントラント元首相に次ぎノルウェー史上2人目の女性首相となる。

高校生たちが、スクール・エレクションに熱心に取り組むのは、自分たち高校生の動向が真剣に評価される社会だからなのだろう。

http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/politikk/Na-drommer-Erna-om-mer-enn-28_3--7299460.html#.Uihvz9yCjGh
http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/politikk/Tidenes-skolevalg-for-Hoyre-7299243.html#.UihvjdyCjGh(画像は、スクール・エレクションの保守党結果を知った10代の若者たちのはじけるような喜び、喜び)
◆ノルウェー首相、タクシー運転手に
http://frihet.exblog.jp/20631969/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-09-05 22:14 | ノルウェー