c0166264_17305885.jpg8月29日(木)、イギリス国会(下院)は、臨時議会を開き、シリアのアサド政権への武力介入にゴーサインを出すための政府案を否決した。

結果は、反対285票、賛成272票。13票差だった。政権与党の保守党30人、自由党11人が反対票を投じた。

FEM-NEWSは、労働党国会議員ダイアン・アボットの反対意見を紹介したが、その時点での報道によると労働党の賛否は明らかではなかった。しかし、29日、労働党ミリバンド党首は政府案に反対の論陣をはった。最新ニュースで、彼はこう語った。

「アメリカは我々の友人です。米英は特別な関係を持っていますが、イギリス外交政策にのっとったイギリスの決定が、かならずしもアメリカがイギリスにこうあるべきだというふうになるとは限らないと考えます」

イギリスの軍事介入反対運動をしてきた核廃絶運動CNDは、ブログでこう喜びを表した。

「シリアへの軍事介入政府案を国会が葬りさったのは、歴史的なことです。この何十年間で、初めて、国会は、戦争に反対するイギリス国民多数の声に耳を貸し、アメリカが仕掛ける戦争にノ―を示しました」

CND事務局長で、反戦運動家のケイト・ハドソン(写真上)は、「化学兵器の使用は断固非難されるべきです。しかし、唯一の解決はシリア国民による政治的解決しかありません。シリア国民の手で、自らの政治、経済、社会構造を民主的に選択する、それによってしかないのです」

今回のイギリスの選択は、「政府の決めることに何を言っても無駄」と思ってしまいがちな私に、“カツ”を入れてくれた。ありがとう!

http://www.cnduk.org/cnd-media/item/1737-cnd-anti-war-vote-in-parliament-is-historic
http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-23896034
http://www.theguardian.com/commentisfree/2013/aug/30/syria-debate-voted-against-military-intervention
◆英軍事介入に反対する議員
http://frihet.exblog.jp/20675974/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-08-31 17:40 | ヨーロッパ

c0166264_18303623.jpgイギリスの黒人女性ダイアン・アボット議員は、アメリカのシリアへの軍事介入に反対の意向を示した。

今、保守党のキャメロン首相が、国連安保理の全会一致を経ずに軍事介入準備をするアメリカに追随するとみられる。他党にも賛成が多く、イギリスの軍事介入決定がせまっている。

ガーディアンによると、アボット議員のシリアへの軍事介入に対してのコメントはこうだ。

「私はイラク戦争にも反対しました。現時点では、シリアへの軍事介入に私が賛成することを促す何ものも見つかりません。本質的に内戦です。リビアやエジプトを見ればわかるように、中東の状況は複雑です。善玉が白い帽子をかぶり、悪玉が黒い帽子をかぶっているのではないのです」

「私は、いかなる違法な行いも支持できません。この場合、唯一無二の合法的方法は、国連の合意です」

アボット議員は労働党の国会議員で、陰の内閣の保健大臣である。彼女の政治姿勢が変わらぬことを祈る。

ちなみに、私の好きなノルウェーはNATOのメンバー。しかし、「国連の合意がない限り、シリアへの軍事介入に追随しない」と、外務大臣が断じた。


http://www.theguardian.com/politics/2013/aug/27/diane-abbott-labour-syria

◆シリアで日本人女性記者銃撃死
http://frihet.exblog.jp/18365833/
◆シリア大統領夫妻のメール
http://frihet.exblog.jp/17682124/
◆シリアで外国特派員死亡
http://frihet.exblog.jp/17522156/
◆独裁者の妻
http://frihet.exblog.jp/17427320/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-08-29 18:31 | ヨーロッパ

比例制選挙がいい

9月9日はノルウェーの国政選挙だ。憲法で9月の第2月曜日と決まっている。だから、政党も候補者も腰をすえて準備できる。各政党は、他政党と明快に区別できる独自政策を練る。半年間、じっくり政策討論をする。中高生までも、加わる。

ノルウェーからのニュースによると、2013年の選挙結果は、4年前の2009年と様変わりしそうだ。現在は、労働党を中心とする中道左派連立政権だが、保守党を中心とする中道右派政権に交替するようだ。

保守党は、自営業主を支持基盤にする保守主義の政党だ。党首はエルナ・ソルベーグ。最大与党の党首が首相に選ばれるので、次期首相は彼女の可能性が高い。とすると、グロ・ハーレム・ブルントラント元首相(労働党)に次ぐ、ノルウェー史上2人目の女性首相となる。

保守党は、最右派の進歩党ほど鮮明ではないが、クオータ制に反対だ。最近、エルナ・ソルベーグ党首は、父親が14週間育児休暇をとることができる「パパ・クオータ」を廃止するような意見を述べて、議論をよんでいる。

彼女の意見に猛反対するのは、初の女性首相ブルントラントだ。エルナ・ソルベーグの「パパ・クオータ廃止は反動的です」とメディアで反対の声をあげた。ブルントラントは、1986年、女性が40%以上を占める「クオータ内閣」を世界で初めて組閣した歴史的政治家。今でも「ノルウェーの母」と呼ばれて親しまれている。

c0166264_2305990.jpg
もうひとつおもしろいニュースがある。国会にまだ議席のない「緑の党」の人気が徐々にあがり、初めて数人当選しそうなのだ。

前回の国政選挙を取材したとき、投票日の朝、投票所前に立ち、たった1人で「緑の党リスト」を配っていたハンナ・マルクッセン(写真上)も、当選ラインだという。彼女は、私に「グリーン・パーティを知っている? ノルウェー国会にはまだ議席がないけど、欧州全体では力があるんですよ、EUなんかとくに」と言った。

こうしたノルウェーの選挙から、日本の国政選挙を思い出している。

環境政策、原発反対政策、男女平等政策を優先課題にした小政党があった。でも、議席を獲得できなかった。なぜか? 原因は、小選挙区中心の選挙制度だからだ。小選挙区制では、最も多く票をとった候補者が1人勝ちし、それ以外の候補者に投票した人は代表を出せないのだ。

これに対してノルウェーは比例代表制。政党が決めた候補者リストから、投票者は支持するリストを選んで投票する。当選者は、政党の得票率に比例して候補者リストの上から順番に決まる。大政党は大政党なりに、小政党は小政党なりに当選者が出る。リストの順番は男女交互が多いから、女性もほぼ半数当選できる。実際、ノルウェー国会議員の約4割が女性だ。

比例代表制とは、「勝負をつけるのではなく、票数の多い少ないを正確に議席に反映させる。つまり多数派と少数派の双方がその大きさに比例して代表される」。三宅一郎の弁だという。小選挙区制は邪悪だと言いきった、石川真澄(元朝日新聞記者)の本に見つけた。

◆Gro angriper Høyre: – Et tilbakeslag for likestillingen
http://www.tv2.no/nyheter/politisk/gro-angriper-hoeyre-et-tilbakeslag-for-likestillingen-4104766.html
http://politisk.tv2.no/spesial/partibarometeret/maalinger/10597/
◆ノルウェー首相、タクシー運転手に
http://frihet.exblog.jp/20631969/
◆パパ・クオータ、7月1日から14週間に
http://frihet.exblog.jp/20031889/
◆NHKの不公平な選挙報道
http://frihet.exblog.jp/20592493/
◆ノルウェー保守党党首の人気上昇
http://frihet.exblog.jp/18425089/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-08-27 23:21 | ノルウェー

ノルウェーの首相イエンス・ストルテンベルグ(↓)は、オスロ市内のタクシー運転手になった。ウソじゃない。

c0166264_15382051.jpg
話は、こうだ。ストルテンベルグ首相が、タクシー運転手の制服を来て、サングラスをかけ、オスロのタクシーの運転席に乗る。彼が首相だとは、誰も知らない。乗客は、1人で、または何人かで後部座席に座る。乗客が運転手の正体を見破ったら、正直に彼は首相である身分を明かし、会話がスタートする。

正体がわかるまで、乗客が発する短い言葉が最高に笑える。まるでコメディ映画のようだ。英紙ガーディアンが、英語のサブタイトル付きで放映しているので、ぜひ、どうぞ。

ある乗客「ここのアングルから見ると、運転手さん、あなた、首相にそっくりよ」

ある乗客「なにかい、君、首相を辞めてタクシー運転手をやりだしたの」

ある乗客「ちょうどよかった、私、あなたに手紙を書こうと思っていたのよ」

この映像は、秋の総選挙に向けてのキャンペーンのひとつらしい。いま、首相のフェイスブックから流れている。タクシーにつけられた隠しカメラが可能にした。首相のたっての要望で、「市民の正直な声を聞きたい。それにはタクシー車内がいいのではないか」となったのだという。

さて、わが日本の首相安倍晋三も、選挙前に運転席に乗った。だけど、安倍首相が乗ったのは、タクシーではなく自衛隊練習機「731」だった。もちろん、彼にも確かな目的があったにちがいない。



◆Norwegian prime minister Jens Stoltenberg moonlights as a taxi driver - video
http://www.theguardian.com/world/video/2013/aug/12/norway-pm-jens-stoltenberg-taxi-video
◆世界一民主的な国
http://frihet.exblog.jp/19256560/
◆9月にむけて、選挙運動始まる ノルウェー
http://frihet.exblog.jp/20421022/
◆ノルウェーは今日、スクール・エレクション
http://frihet.exblog.jp/16817311/
◆移民女性のための移民女性による選挙キャンペーン
http://frihet.exblog.jp/16538174/
◆スーパーの制服からスーツに
http://frihet.exblog.jp/16104175/

c0166264_15411696.jpg
 ところで、ノルウェーと日本は、首相の選挙キャンペーンの違いに加え、投票ブースがとても違う。ノルウェーでは、投票する人が見えないよう、すっぽりとカーテンが囲む(写真)。日本の投票所には、そのカーテンがない。新幹線の化粧室には備わっているのに、なぜ投票所にないのだろう。しかも、背後には、暇そうな年配の男女が座っている。後から誰に投票したかを監視されているようだ。その居心地の悪さったら。
[PR]
by bekokuma321 | 2013-08-17 15:55 | ノルウェー

1人の女性がこう言った。

「今日、ここで『人形の家』のノラに出会うとは! 衝撃です。『人形の家』は高校生の頃の愛読書なのです。何回も繰り返し読み、気づいたら、いつも私の傍にはノラがいたという感じでした。私に自分と言うものを大切にしなくては、と教えてくれた1冊なのです」

c0166264_17101052.jpg
7月末、岡谷市で行われた「北欧からの風:三井マリ子のノルウェー取材より」という映像つき講演が終わった後だった。主催は長野県婦人教育推進協議会。やや興奮気味に、半世紀ほど前(おそらく)の青春の思い出を披露してくれたのは、その組織を束ねる横川靖子会長。

ノルウェーの文豪イプセンが戯曲『人形の家』を世に出したのは、130年前だった。

弁護士の夫は、妻ノラを「うちのヒバリ」と呼んで可愛がった。しかしノラには隠し事があった。病気だった夫を救うため、借用証書にニセのサインをしてお金を工面した。妻は、夫の許可なしには借金をする権利すらなかった時代のことだ

偽署を知った夫は、ノラをののしり、「おれがお前の犯罪行為に加担していたと世間から疑われるんだ」と激高する。

夫の愛は、「寄る辺ないちっちゃな赤ちゃん」への愛であったと、ノラは悟る。そして「私は、何よりもまず人間です。あなたと同じくらいに」と言い残して家を出てゆく。夫と子どもを捨てて。

北欧といえども、『人形の家』がすんなり受け入れられる時代ではなかった。反家庭、反社会的書物と非難されたという。

イプセンが作品に込めた問題意識は、今日でもあまりうすれていない。今夏、ロンドンでは3回、上演されるらしい。130年前、イプセンが問いかけた女性をとりまく社会状況が、時代を超え、国を超え、いまだ普遍性を持っているからだろう。

私は、岡谷市での講演の中で、ノルウェーの変革には、文学の力があったと紹介した。その一例にイプセンの『人形の家』をあげた。それが、「自分というものを大切にしなくては、と教えてくれた1冊」だったという。うれしい偶然だった。


◆イプセンを上演する会
http://www.ibsenkai.com/
◆Why A Doll's House by Henrik Ibsen is more relevant than ever
http://www.theguardian.com/stage/2013/aug/10/dolls-house-henrik-ibsen-relevant
◆北欧からの風を吹かせて日本の議会を変えよう
http://frihet.exblog.jp/20557144/
◆7月27日、岡谷市で「北欧の風」
http://frihet.exblog.jp/20454166/
『ノルウェーを変えた髭のノラ:男女平等社会はこうしてできた』(明石書店)
◆ノラの国の130年後: 書評『ノルウェーを変えた髭のノラ』
http://frihet.exblog.jp/18236159/

【写真はヘンリック・イプセン。オスロにあるイプセン・ミュージアムで撮影】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-08-12 17:18 | ノルウェー

c0166264_2321679.jpg「コペンハーゲン/首相の決断」が待ち遠しい。デンマーク発のテレビドラマだ。

前回は、取締役クオータがテーマだった。クオータとは、企業の取締役の一定割合を一方の性にしなければならないという制度だ。

英国アカデミー賞など数々の賞を受賞した人気ドラマだ。なんといっても、この番組の斬新さは、主人公となる首相が女性であることだ。

子ども2人と専業主夫を持つ40代のビアギッテ・ニュボー。彼女は、デンマーク穏健党党首だ。惨敗した党の立て直しを迫られていたが、選挙前夜のTV討論会での彼女のナチュラルな発言が受けに受け、党に勝利をもたらす。そして小政党である穏健党が他党と連立を組み、党首のビアギッテが首相に。

前回は、産業大臣が、会社取締役にクオータ制を入れる法案を発表することから始まった。

この産業大臣も女性。経済界の猛反発やメディアの性的中傷の嵐の中、テレビ番組で論陣をはる。産業大臣への妨害は外からだけではない。平等省の領域を侵して、なんで産業大臣が、と怒る平等大臣の邪魔も。当然、平等大臣も女性だ。

この取締役クオータの政界ドラマは、ノルウェーで実際に起こった事実に基づいている(『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)参照)。ノルウェーでは、企業の取締役の40%から60%が一方の性でなくてはならない。世界で初めてのことだった。会社法を改正して実行した。改正案にいたるまでは、「ノルウェー大企業は、海外に逃げていく」と猛反発をくらった。

前回のTVは、このノルウェーの実話と同じように、トップ企業社長が首相に“脅し”をかけてきた。この攻防をどう描くのか? ビアギッテの鮮やかな交渉で、社長が折れた。このあたりのシーンに、過労した私の体が、少し軽くなった。

北欧政治の実態をかいまみることのできる貴重なドラマに、毎週水曜日の夜は、釘付けだ。

ところで、余談だが、なんでデンマーク語Mænd der elsker kvinder (女を愛する男)を、「罪深き女」(前回のタイトル)などと和訳するんだ!

http://www.superdramatv.com/line/borgen/
◆会社のトップにどうやって女性を増やすか
http://frihet.exblog.jp/15967081/
◆クオータ制は平等社会への一里塚 第2回「それは政党の候補者リスト作りから始まった」
http://frihet.exblog.jp/17897507/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-08-10 23:06 | 北欧

NHKの不公平な選挙報道

7月20日夜といえば、参院選前夜だ。「明日は、誰に入れようか」とTVを見てた人が多かっただろう。

そのきわめて重要な時間、NHKの選挙報道番組は、各政党に中立・公正・公平だったか。実態は、不公平に満ちたものだった。安部自民党党首は、福島社民党党首や谷岡みどりの風党首の4倍以上も、出まくっていた。

内野光子のブログは、いかにNHKが偏向的だったかを、放送時間の調査から立証している。これまで「公職選挙法あるいはNHKのガイドラインに沿って中立・公正・公平に対処している」と言ってきたはずのNHKの、この堂々たるテイタラク。

c0166264_18125676.jpg

上は、内野光子ブログより引用した。詳しくは◆「公平な選挙報道」って~各党への時間配分の基準とは

◆NRKとNHK--報道における女性
http://frihet.exblog.jp/17018798/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-08-06 18:26

c0166264_1510882.jpg先週土曜日、イタリア史上初の黒人女性大臣セシル・キィェンジェ(Cecile Kyenge)が、演説中、バナナを投げつけられた。

先月も「彼女は、コンゴに帰って働くべきだ。彼女は、オランウータンのようだ」などという差別語を投げつけられた。

彼女は、移民問題や差別撤廃を扱う包摂省Interguration Ministryの大臣。眼科医。コンゴ生まれの彼女は、イタリア留学後、イタリア人と結婚した。大臣就任以来、侮蔑と侮辱を受け続けながら、果敢にファイトバックしている。

ガーディアン紙によると、ツィッターで、キィェンジェ大臣は、悲しむべき、食物の浪費です、とつぶやき、さらに、こうも言った。

「物事の変革には勇気と楽観主義が必要です。そしてそれは、何よりも草の根から巻き起こり、当局に上がっていかなければなりません」

政治的見識の高さがうかがえる。

下劣な差別的言動は、極右政党の北部同盟党(Lega Nord)所属の人の仕業らしい。彼らの言動に対し、彼女が、さらに彼女の所属する民主党、彼女の任命権者首相エンリコ・レッタ(Enrico Letta)が、どうファイトバックするか、今後も追っていきたい。


◆Cécile Kyenge, Italy's first black minister, targeted with bananas
http://www.theguardian.com/world/2013/jul/28/cecile-kyenge-targeted-bananas-insult
◆「彼女は、オランウータンのよう」―イタリア右派政治家
http://frihet.exblog.jp/20505927/
◆イタリア黒人女性大臣、差別にさらされる
http://frihet.exblog.jp/20334907/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-08-05 21:32 | ヨーロッパ

麻生財相の妄言

「ドイツのワイマール憲法はいつの間にかナチス憲法に変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか」

麻生太郎、わが日本の副首相であり財務大臣の発言だ。7月29日、都内の会で、改憲について講演した際の発言と報道されている。

衆院選・参院選でバカ勝ちして本音が出た、という感じだ。

まさか、安倍首相や稲田朋美、高市早苗など気の合う仲間といつも気軽に話していることが、つい外でも口に出てしまった、などとは思いたくない。

アメリカのサイモン・ウィーゼンタール・センターは、ただちに麻生発言に抗議した。「第3帝国から学べることはただひとつ、政治的指導者は、あのような蛮行を絶対してはならぬということだ」と。

1930年代、ヒトラーのナチスドイツは、ユダヤ人はもちろん、共産主義者、社会民主主義者、自由主義者、女性解放運動家を次々に逮捕し、強制収容所、絶滅収容所に送った。

c0166264_15244364.jpg
写真はドイツのラーベンスブリュックにある女性の強制収容所。一部が博物館になっている。上の建物は遺体焼却所。欧州全土から、女性解放運動家、社会主義者、共産主義者、同性愛者が連行され、強制労働の末に虐殺された。その数13万人以上(http://lykkelig.exblog.jp/9309874/)三井撮影

◆Simon Wiesenthal Center to Japanese Vice Prime Minister: Which 'Techniques' of the Nazis Can We 'Learn From'"?
http://www.wiesenthal.com/site/apps/nlnet/content2.aspx?c=lsKWLbPJLnF&b=4441467&ct=13229277#.Ufpb2NyCjGg
◆Let elderly people 'hurry up and die', says Japanese minister
http://www.theguardian.com/world/2013/jan/22/elderly-hurry-up-die-japanese
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK059510920130121
◆Japan's PM hopeful fails to acknowledge family use of slave labour
http://www.theguardian.com/world/2008/sep/19/japan?guni=Article:in%20body%20link
[PR]
by bekokuma321 | 2013-08-01 20:03 | その他