<   2012年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

c0166264_21354943.jpg●連載● クオータ制は平等社会への一里塚 第5回

クオータ制が生んだ名物教授

三井マリ子(全国フェミニスト議員連盟国際部)

昨夜、私はノルウェー空港に到着した。友人ハンネ=マッテ・ナールッドの葬儀に参列するためだ。享年54歳。癌だった。

ハンネ=マッテは、オスロ大学の政治学の名物教授。入念な調査に基づいた事実をわかりやすい表現で伝え、メディアの人気者だった。彼女の死を伝える新聞には、「最も頻繁にコメントを引用される教授の1人」と書かれている。

ある日、彼女の兄のオーレは私に「ノルウェーのクオータ制がなければ、ハンネ=マッテがこんなに早く教授になれなかった。でも、彼女はクオータ制で採用されたことを快く思ってないんだよ」と言った。2001年秋だった。

ノルウェーのクオータ制については、本連載2回目で触れた。しかし象牙の塔でのそれについては書けなかったので、この機会に紹介する。

長年、ノルウェー政府は、社会のあらゆる分野に男女平等を浸透させるためさまざまな政策を実行してきた。大学も例外ではない。男性に偏っていた教授会を正すためにノルウェー政府は女性を増やす政策をとるよう大学に奨励した。

まず、大学側は、1990年代末、未来の教授の卵である博士課程に女性を増やすクオータ制を採用。その後、クオータ制は大学教授や準教授のポストにも及んだ。政府はクオータ制のための特別予算を組み、オスロ大学には3人の女性教授の特別枠を設けた。その枠にはいったのがハンネ=マッテだった。

しかし、大学教授へのクオータ制導入は賛否両論。ハンネ=マッテと同様、女性教授たちの多くの意見は「大学のポストは能力主義であるべきです。クオータ制には賛成しません」だった。

現在、大学教授にクオータ制は実行されていない。横やりを入れたのはEUだった。2000年、オスロ大学の同僚が、女性教授の特別採用は性による平等条項を定めたEU指令に違反だとEU法廷に訴えたのだ。2003年、EU法廷が判決を下しノルウェー政府側が負けた。以来、ノルウェーでは、女性教授を増やすクオータ制が禁止された。

ノルウェーはEU加盟を国民投票で2度も拒否した国だ。そのノルウェーが、EUの決定に従わなければならないとは、おかしな話のようにみえる。しかし、ノルウェーなどEU非加盟国は欧州自由貿易連合EFTAにはいっていて、そこがサービス・人・資本の自由移動をEU並みに保障している、という理屈のようだ。

ノルウェーのEU加盟反対を主導したのは、クオータで政治的な力を付けた女性たちだった。「EUに入るとこれまで闘いとってきた福祉や平等政策がEU基準に引き下げられる」と心配して、加盟を思いとどまらせたのだ。実際、この主張は当たっている。

クオータが、ハンネ=マッテを教授というポストに就かせたのは、事実だ。でも、それを言われることが、文句なしに優秀なハンネ=マッテの自尊心を傷つけたのも、これまた事実だ。まさしくクオータは、それなしで女性登用が進むようになるまでの暫定的制度なのである。

(2012年7月26日ノルウェーにて)

【全国フェミニスト議員連盟ニュースレターAFER 74号、2012年夏 より転載】

■生きること、それは愛すること(Å leva, det er å elska)
http://frihet.exblog.jp/18281201/
■オーレ・グスタフ・ナ―ルッド「重荷を背負って・・・」
http://frihet.exblog.jp/18305075/
■オスロ大学、男子への加算点認めず
http://frihet.exblog.jp/17952525/
■“取締役クオータ制”、ついにEUに
http://frihet.exblog.jp/16802719/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-31 21:29 | ノルウェー

ニコンサロンが中止通告した写真展・東京第2弾!ギャラリー古藤にて!
重重 中国に残された朝鮮人元日本軍「慰安婦」の女性たち 安世鴻写真展

(クリックすると大きくなります)

◆8月28(火)―9月9日(日)12:00〜20:00(最終日16:00)会期中無休
イベント中は写真のみの鑑賞はできません。イベント時間をご確認ください。

◆入場料:300円、大学生以下無料

◆会場:ギャラリー古藤 東京都練馬区栄町9-16  千川通り」沿い、武蔵大学前
(西武池袋線江古田駅南口徒歩5分、大江戸線新江古田駅A2出口徒歩7分、西武有楽町線新桜台駅2番出口徒歩6分) http://furuto.art.coocan.jp/ 道案内080-4056-8490

●●●● トークイベント(先着40名/要予約/10回連続) ●●●●

8回目 
9月7日(金)19-20時 「写真展を中止したのは誰か」三井マリ子(館長雇止め・バックラッシュ裁判元原告)

予約専用メール jjtenevent@gmail.com  予約専用TEL 080-4056-8490

☆正確には「写真展を中止しようとしたのは誰か」ですね。

●●●●●●●● 呼びかけ ●●●●●●●●

安世鴻(アン・セホン)さんの写真『重重』は、中国で暮らす元「日本軍慰安婦」の女性たちを見つめた記録です。

安さんの写真展は、今年の6〜7月新宿ニコンサロンで選考委員会の決定を受け、安さんがニコン側から招かれる形で開催される予定でした。

しかし、開催直前、ニコンは安さんの写真は「政治的だ」という理由から、中止を通告しました。安さんは、すぐさま東京地裁に仮処分(施設使用権)申し立てをし、それが認められて当初の予定どおり写真展は開かれました。しかし、会場はものものしい警戒のなか、取材もトークイベントも写真集販売も一切許されないといった、異様なものでした。

私たち練馬に暮らしたり、働く者は、この事態に深くこころを痛め、作品を落ち着いて観ながら、安さんと一緒に語り合う場をつくりたいと思いました。それが、今回の『重重』市民でつくる写真展in練馬です。

安さんの写真に写っているのは、北京・上海・武漢に暮らす女性たちです。彼女たちは朝鮮半島から、見知らぬ中国の地に連れて来られ、日本軍「慰安婦」とされました。安さんが女性たちのもとに通うようになったのは2001年からです。シャッターを切ることが許されるまで7年かかったこともありました。

安さんの写真は、多弁ではなく、静謐さをたたえています。印画紙は伝統の「韓紙」を使い、光沢を一切排除するなかで、水墨画のように人物が浮かび上がってくる、そんな作品です。

タイトルの『重重』は、歳月の重み、悲しみの重なりを表わすものです。安さんは「真実をさがしだすということは難しく、またこれほど楽しいことはない」と言います。

重重写真展は8月に韓国ソウルで開催し、パリやニューヨークでの開催も決まっています。しかし、日本では、大阪ニコンサロン(9/13-19)での開催も危ぶまれています。

今回は、新宿ニコンサロンでの展示作品に加え新たな作品も数点展示します。私たちは、今回のニコン事件は、日本の言論と表現の自由を揺るがす重大な出来事であり、日本社会の歴史認識を問う問題だと考えます。ニコンサロンに足を運んでくださった方もふくめ、1人でも多くの方のご来場をお待ちしております。

◆主催:『重重』市民でつくる写真展in練馬実行委員会&重重プロジェクト

◆実行委員会問合せメール jjteninfo@gmail.com
実行委員会問合せTEL 080-4056-8494
重重プロジェクトホームページ http://juju-project.net/blog/

◆賛同協力:
日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
練馬・文化の会放送を語る会
川崎から日本軍「慰安婦」問題の解決を求める市民の会
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)
日本ジャーナリスト会議
憲法9条ー世界へ未来へ埼玉連絡会
東京演劇アンサンブル○在日の慰安婦裁判を支える会
アジア女性資料センター
差別・排外主義に反対する連絡会
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-30 12:49 | その他

c0166264_1121034.jpg酷暑の8月20日(月)、愛知県の「女性ゼロ議会」のひとつ豊根村に向かった。ここは、名古屋の大曽根駅から車で、愛知県、長野県、静岡県の境界の地だった。

豊根村の女性議員は昭和50年から54年に1人いただけで、ここ33余年もの長きにわたって、女性議員はゼロである。

村の議会は、見るからに立派な議場だった(写真上)が、ここが男性だけに占領されているのかと思うと、その不条理に怒りを覚えた。

村役場は、人口1317人の村とはいえ、広い敷地に、洋風赤レンガ作りの大きな美しい建物だった。役場すぐ近くにはごく普通の農家が点在し、和洋異質な風景のように感じた。

豊根村は、富山村と平成17年吸収合併したばかりの、新しい村である。愛知県最高峰の標高1415mの茶臼山、1級河川の天竜川、そして佐久間ダム、新豊根ダムをかかえる。

c0166264_115043.jpg伊藤実・村長と、伊藤浩亘・総務課長が対応してくれた。事前にアンケート依頼していたので、村の資料一式揃えての歓迎だった。伊藤村長は、村おこし、地域おこしに、やる気満々に見えた。観光、交流人口の増大による経済発展を、村一番の方策とし、茶臼山を拠点として、ブルーベリーの栽培、加工販売、芝桜の丘などにとりくんでおられる。

こうした観光業には女性の視点が欠かせない。伊藤村長も女性の参画を願ってはいた。高齢化率は44,3%。村の女性職員は10人で、保健所の所長と、係長1名が女性管理職であった。

村長によると、世代交代が進んできているので、3年後の次回選挙くらいには、女性候補が出てきてくれるのではと希望を語った。

愛知県の女性ゼロ議会は、阿久比町、飛島村、豊根村の3箇所。阿久比町、飛島村は調査訪問済みだ。今回、「女性ゼロ議会」をなくす運動体の新メンバー岡田夫佐子さんと私2人が豊根村を訪問したことによって、愛知県内ゼロ議会訪問調査は完了した。

これまで、女性ゼロ議会を探し、面会要請をし、実際に出向いて対話をしてきた。今回の豊根村は、名古屋の大曽根駅から車で3時間のドライブだった。これでわかるように、訪問は、簡単ではない。

こうした活動が女性議員の誰もいない自治体の変化につながってほしい、と願いつつ、また明日もがんばろう!

勝又 みずえ (全国フェミニスト議員連盟 ゼロ撲キャンペーン担当)


◆女性ゼロ議会の愛知県阿久比町、飛島村を訪ねて
http://frihet.exblog.jp/13039730/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-30 11:12 | その他

c0166264_22521651.jpg8月24日、ノルウェーのオスロ裁判所は、大量殺人容疑者アンネシュ・ベーリング・ビレイビクAnders Behring Breivikに判決を下した。

ブレイビクは精神異常か正常かが問題となっていたが、「責任能力あり」と判断され、「テロリズム行為」で有罪となった。その刑は禁固21年。

77人を殺した罪に対して甘すぎるのではないかという声が、ノルウェー国外から上がっている。彼が、社会にとって脅威であると判断される限り、刑期は延長される可能性は高い。

The Local によると、オスロ大学の刑法教授のジョー・シュタイゲンは、「ノルウェーの文化を反映したものです。法律の目的は犯罪のリハビリテ―ションに置いているからです」と語った。「最高刑である21年間以上、刑務所にとどめ置かれた犯罪者はいませんでした」とも。

もう一人の大学教授ハンス・グレイバーは「ノルウェーのシステムは、有罪者の人生を監獄で終わらせるのではなく、社会で再び生きていけるけるようにすることが原則です。ですから、ブレイビクも21年以内に自由になる可能性があります」と、言う。「ブレイビクが、15年、20年の間にどういうふうに変わるか、誰にもわかりません。社会自体も、時代とともに変化します」

このようなノルウェーの刑罰制度を初めて政治課題に載せた人は、インゲル・ルイ―セ・ヴァッレInger Louise Valle(1921-2006)だと言われている。

彼女は、1970年代初め、家族・消費者相として入閣した。NRKによると、当時、女性の大臣は彼女ひとりだった。(以前、女性大臣が複数いた時もあった)。

その後、インゲル・ルイ―セ・ヴァッレは、法務大臣に就任。彼女は、厳罰による抑止効果を否定し、犯罪予防を強調する画期的な考えを打ち出す「犯罪報告書」を国会に提出した。彼女の挑戦は多くの議論を呼び、「報告書」の提案は受け入れられなかった。しかし、その精神は、その後、次第に受け入れられていったという。

現在、ノルウェーは、再犯率が最も少ない国とされている。

◆Why Norway's maximum sentence is just 21 years
http://www.thelocal.no/page/view/why-norways-maximum-sentence-is-just-21-years
http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.519093
http://en.wikipedia.org/wiki/Inger_Louise_Valle
http://www.regjeringen.no/en/the-government/previous-governments/the-structure-of-the-registry/ministries-and-offices/government-secretariats-and-ministries-s/ministries-since-1814/ministry-of-children-and-equality.html?id=426282


■再犯率の最も少ない国の刑務所
http://frihet.exblog.jp/17985465
■ブレイビク被告とノルウェー人の価値
http://frihet.exblog.jp/17846108/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-29 22:53 | ノルウェー

原発ゼロ、政党内比率

c0166264_20332055.jpg
朝日新聞によると、自民党の「原発ゼロ」支持者は、ほぼゼロだ。当たり前だ。この自民党による長期政権が、54基もの原発を乱立させてきた元凶だ。

そんなとんでもない政党が、次の選挙で政権を返り咲いたら・・・・。

朝日の8月26日記事によると、2030年時点の原発割合など新しいエネルギー政策について、朝日新聞社は全国会議員を対象にアンケートを実施した。原発割合「0%」を支持する意見が全体の42%。民主党でも40%を占め、「脱原発」の志向が強まっていることがわかった。ただ、自民党はわずか4%にとどまった。

7月下旬から衆参両院の721人に書面で質問し、25日までに記者会見などでの取材を含め計434人(60%)から回答を得た。

今年初めの朝日新聞世論調査は下。圧倒的に女性は原発反対だ。そうした声を代弁する女性議員の比率も自民党は非常に少ない。

c0166264_21433821.jpg


■男性偏重政治がもたらす原発政策の弊害
http://frihet.exblog.jp/18384122/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-28 20:37 | 紛争・大災害

c0166264_9321438.jpg8月25日に開催された「男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害」の報告者のひとり勝又みずえさんから。


◆もはや手遅れ、にもかかわらず

昨年3月11日の東日本大災害、福島原発事故以来、全国フェミニスト議員連盟女性ゼロ議会撲滅キャンペーンとして初めての対外的企画でした。

地震・津波・原発事故、放射能漏れについて、私が人様の前で語る資格はないのではないかと、人知れず悩みました。そんな私が1ヶ月間あまり調査学習し、理解した、その結論は、これからの行政は原発事故処理問題に追われ日本に明るい未来はないーーこう言わざるを得ないものでした。それを私は報告しました。

原発立地近くの議員さんたちの報告は、さすがに生々しく、その大変さはこれからまだまだ拡大かもという、なんとも重い報告にならざるを得ませんでした。さらに、これからの行政は原発事故処理問題に追われ、未来への投資のための種はほとんど蒔けないという見通しも明らかになりました。にもかかわらず、脱原発ときっぱり言わない日本政府であり、これまでの選挙結果で見せた国民の姿勢です(たとえば山口県知事選挙)。

私が担当した女性議員と原発政策の関係については、特に青森県下北半島1市3町4村が、女性議員比率1,85%と極めて少ない。これでは女性の声は全く届かなかったといえます。福島第一原発から半径30キロ圏内市町村、3市6町2村の女性議員比率は、7,56%。特に原発立地大熊町はゼロ、同じく双葉町は1人。こうした、女性議員の少ない自治体は、「命より金」という、危険な行政が行われがちであると私は思いました。

さて、ワークショップのタイトルは「男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害」でした。 このタイトルについて、黒岩秩子さんが、会場から「とても素晴らしいタイトルだ」と褒めてくれました。このすぐ後に「私は、この程度では、まだ甘いと思う」という厳しい意見がありました。ヌエックフォーラム全体のたくさんの企画の中では、きついタイトルのようですが、こうした意見を聞き、心強く、おもしろく思いました。

最後になりますが、私は、8月25日の企画は成功させなければと、23日夜、24日一杯は25日の宣伝一筋。チラシ200枚を、神永礼子さん、能登恵子さん、三井マリ子さんと手分けして配りぬきました。本番2時間はもちろんですが、人集めも同じ程度に重要。会場が充実して始めてしっかりした本番が実現します。その結果、まずまずの約60人の参加者を得ました。

原発と放射能汚染の問題は、半永久的な問題です。今後も定期的に集会を持ち、真剣に考える必要があると、痛感します。全国フェミニスト議員連盟創設20年。それなりの信用を壊さないように、今後も、全力を尽くしましょう。

勝又 みずえ(山口県岩国市民)


◆男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害
http://frihet.exblog.jp/18384122/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-28 09:13 | 紛争・大災害

c0166264_1739115.jpg『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』の書評が、「女性共同ニュースレター vol 22」(2012年7月25日)に掲載された。

執筆者は、女性共同法律事務所の高坂明奈弁護士。

高坂弁護士によると、「私は、怒りで心が震えたとき、喉の奥がきゅっと閉まり、体温が上昇する。本書を読んでいるとき、私は喉の奥が痛くなるほど閉まり、座っていた椅子は熱くなっていた」。

全文は、「女性共同ニュースレター vol 22」をどうぞ。
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-27 14:35 | その他

c0166264_14305457.jpg2012年8月25日(土)15:30、ヌエックにて、「男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害」があった。場所は、埼玉県嵐山町菅谷728 国立女性教育会館。

報告者は、山口県の勝又みずえさん、宮城県の伊藤由子さん、福島県の蛇石郁子さん、福井県の能登恵子さんの4人。現場の実態、住民の日々の苦悩を直接知る女性議員・運動家でなければ話せない珠玉の内容だった。

c0166264_14312275.jpg最後に野田総理大臣への要望書(下記)を採択して終わった。

■■■ 要 望 書 ■■■

内閣総理大臣 野田 佳彦 さま                 

私たちは、2012年8月25日、緑豊かな埼玉県嵐山の国立女性教育会館(ヌエック)で開かれたワークショップ「男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害」に参加しました。

昨年3月11日の東北大震災、その後の原発メルトダウンをきっかけに、日本の存亡さえ脅かすに至った原発行政に強い疑問を抱きました。そして、持続可能なエネルギー政策、ならびにいかなる地方に住む人(男女)でも自立して暮らせる雇用労働政策に向けて、生命と暮らしに直結した声を政策に反映させなくては未来はない――こう確信しました。

国会の女性議員は約1割(衆議院)。これは「世界191カ国のうち134位」でわかるように異常な少なさです。暮しに身近な市町村議会にも女性議員は1割程度しかいません。女性議員が誰もいない「女性ゼロ議会」は、全市町村の約4分の1にのぼります。とりわけ原発立地自治体の女性議員の少なさは特筆すべきです。たとえば福島県の大熊町・富岡町はゼロ、双葉町・楢葉町・浪江町は1人です(3.11後)。これでは、一方の性が関心を持つ政策に著しく傾くのは当然です。

4人の報告者は全て、原発の近隣または原発予定地近くに住む議員ならびに市民運動家です。原発メルトダウン後、獅子奮迅の働きを続ける福島県郡山市の蛇石郁子さん、原発14基が立地する若狭湾の中心地・福井県小浜市の能登恵子さん、甚大な津波被害とともに女川原発をかかえる宮城県加美町の伊藤由子さん、30年間原発反対を貫く祝島に近い山口県岩国市の勝又みずえさん。

放射能汚染による家族離散、家族や家・仕事場を奪われた人々の避難生活、子ども・妊婦・高齢者・原発労働者たちをはじめ市民の健康と安全の崩壊、美しい自然の破壊。莫大な交付金による依存生活、「トイレなきマンション」と比喩される放射性廃棄物問題、賛否によって余儀なくされた友人どうし家族どうしの分断、裏金が流れ妨害が多発する選挙・・・原発推進策がもたらした負の遺産をいったいどう解決すべきか。祈りにも似た叫びが会場に響きました。心身がずたずたにされて、いったい何の発展がありましょう。

野田総理、私たちは、女性差別撤廃条約はもとより、男女共同参画社会基本法にそって、国会、地方議会のあらゆる政策決定の場に男女がともに参画してこそ、生命や暮らしの香りのする調和のとれた政策が産み出されると考えます。野田総理、クオータ制など政策決定の場への女性参画のための具体策を実行して下さい。ここに要望致します。

2012年8月25日

女性ゼロ議会をなくそう! 女性議員を増やそう!「男性偏重政治が原発政策にもたらす弊害」参加者一同 

(連絡先:全国フェミニスト議員連盟女性ゼロ議会撲滅キャンペーン担当 東京都八王子市議会議員陣内やす子  電話090-4125-9259  Email jinnaiya@mbk.nifty.com )

(クリックすると大きくなります)

■仙台市議会議員ひぐちのりこブログ「機械は使えば使うほど、調子が良くなるのです」
http://nohiguchi.jugem.jp/?eid=2022
■郡山市議会議員へび石郁子のチャレンジ「ヌエックフォーラム2012に参加」
http://h-cosmos.blog.ocn.ne.jp/ikuko/2012/08/post_60e0.html
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-26 14:40 | 紛争・大災害

c0166264_1311251.jpg8月23日、埼玉県の女性ゼロ議会、羽生市に出かけた。市レベルでは、埼玉県で唯一つ残ったオール男性議会だ。

頭もからだも溶けてしまいそうな熱射の昼下がり。ちょっと車を出てから戻った車内は38度に届く勢いだった。

羽生市の人口56000人。女性は28000人。その代表が誰も議会にいないという。市庁舎を視察後、面会場に指定された「羽生市女性センター:パープル羽生」に向かった。

応対したのは、市役所から車でやってきた羽生市の田沼利之総務部長、今西和雄人権推進課長、田中幸子男女共同参画係長の3名。こちらは、全国フェミニスト議員連盟女性ゼロ議会撲滅チーム。

c0166264_1313076.jpg「土地柄」「農業の多い地域性」が、女性議員誕生を阻んでいるということだった。女性の候補者も少なく、前回1名立候補したが、当選にいたらなかったという。

羽生市は女性ゼロ議会が10年も続いている。その事実が、市として問題になったことは一度もなかったようだ。市の女性センターもあり、男女共同参画の行動計画もあり、国立女性教育会館(ヌエック)もそう遠くないところにあることが、皮肉にさえ感じられる。

そして、田中幸子男女共同参画係長は、「ヌエックには行ったことがありません」と言った。埼玉県に残る2つの「女性ゼロ議会」 のひとつ、東秩父村の女性職員もそうだった。

c0166264_13143270.jpg部長は、男女平等推進に強い認識を持っており、今後、羽生市にある政党支部の人たちと対話をしながら、女性候補者擁立を話題にしていくことを約束してくれた。

また、同行した矢澤江美子さん、勝又みずえさんの要望をさかんにメモをとっていた。以下はその一例。

「市役所玄関の目立つ所に、女性の裸体像が置かれていた。芸術・表現の自由にとやかくいうものではないものの、女性はこういうものという観念をうえつけかねない。そうした観点から、アート作品の公的施設への設置について、見直したほうがいいのではないだろうか。実は、市役所前には男性議員の立派な髭の銅像が置かれていた。男性は著名な議員、女性は名もなき裸体像・・・これでは」

c0166264_13185798.jpgさらに、今、羽生市あげてキャラクターをつくって観光資源に工夫しているが、そのキャラクターは、これまでの男女の固定的役割そのままのものが見られた。

たとえば、しらさぎは、上品で清楚な女性のイメージをだぶらせて「しらさぎ婦人」と名付けられている。しらさぎのメスにそのような特徴があるとも思えないので、思わず笑ってしまった。


c0166264_1332244.jpg(1) ムジナもん
(2) いがまんちゃん
(3) ザリガニ博士
(4) イナゴージャス
(5) いたっち
(6) しらさぎ婦人
(7) フナどん
(8) ムジナ三五八
(9) ムジナいが
(10) ムジナあんびん


■埼玉県八潮市議矢澤江美子通信
http://diary.e-yazawa.her.jp/?eid=875426

追記
(クリックすると大きくなります) 
毎日新聞埼玉版2012・8・28
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-24 23:00 | その他

(クリックすると大きくなります)

新宿ニコンサロンが中止を通告した写真展・東京第2弾!!

「重重 中国に残された朝鮮人元日本軍「慰安婦」の女性たち 安世鴻写真展」

◆会期:8月28(火)〜9月9日(日)12:00〜20:00(最終日16:00)会期中無休

ただし、イベント中は写真のみの鑑賞はできません。イベント時間をご確認ください。

◆入場料:300円、大学生以下無料

◆連続トークイベント開催(各回先着40名/要予約/詳細以下)

◆ニコンサロン展示作品に加え、新たな写真も展示します。

◆会場:ギャラリー古藤 東京都練馬区栄町9-16  千川通り」沿い、武蔵大学前
(西武池袋線江古田駅南口徒歩5分、大江戸線新江古田駅A2出口徒歩7分、西武有楽町線新桜台駅2番出口徒歩6分)
http://furuto.art.coocan.jp/ 道順案内は080-4056-8490

◆主催:『重重』市民でつくる写真展in練馬実行委員会&重重プロジェクト

実行委員会問合せメール jjteninfo@gmail.com
実行委員会問合せTEL 080-4056-8494
重重プロジェクトホームページ http://juju-project.net/blog/

●●●● トークイベント ●●●●

8.29(水)19-20時 安世鴻スライドトーク&「新宿ニコンサロンで何が起きていたか」報告

8.31(金)19-20時 安世鴻×土井敏邦(ジャーナリスト)

9.1(土)18-19時 安世鴻×中村梧郎(フォトジャーナリスト)

9.2(日)18-19時 安世鴻×(ゲスト未定)

9.3(月)19-20時 辛淑玉(在日3世)

9.4(火)19-20時 樋口健二(写真家)

9.5(水)19-20時 西野瑠美子(バウラック共同代表)

9.7(金)19-20時 三井マリ子(館長雇止め・バックラッシュ裁判元原告)

9.8(土)18-19時 奥平康弘(憲法学者)

9.9(日)16-18時 安世鴻スライドトーク&ミニシンポ(永田浩三、綿井健陽、千田有紀ほか)


イベント予約専用メール jjtenevent@gmail.com
イベント予約専用TEL 080-4056-8490

(呼びかけ文は、左下Moreをクリック)

More
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-23 23:11 | その他